借金返済なら弁護士法人 アディーレ法律事務所

債務整理・借金返済・過払い金のご相談ならアディーレ法律事務所

東京・池袋にあるアディーレ法律事務所(代表:石丸幸人弁護士)の弁護士・司法書士・事務職員のブログです。

好きな音楽とチケットのこと

2017年06月25日

こんにちは。ブログを書くのは二回目になります。事務員の八幡です。

前回はライブについて書きました。(凛として時雨、というバンドの横浜でのライブでした…懐かしい……)

まだまだ現役でライブにはよく行くのですが、最近はいつも行っているバンドがバンド結成20周年ということで、ライブラッシュで(お財布的にもチケットの入手的にも)大変困っています。うれしい悲鳴、というやつですね! 

前回も平日にお休みをもらいライブに行っていましたが、今年も平日にお休みを頂いてライブに行く予定です!

昔はソールドアウトなんてしなかったのに、最近はファンクラブに入っていてもチケットが取れない……。私たちにできることは申し込んだ後に祈るのみ。

ということで、最近はチケットの抽選申し込みをした後に、神社やお寺にお参りに行き、そしてひたすら当日のイメージトレーニングをする!という謎の、しかしかなり効果のある行為(?)を行っています。

私のおすすめは調布にある「深大寺」でお参りをすることです。なぜおすすめかといえば、鬼太郎茶屋があることですかね

20170601yahata
写真は先日、深大寺に行ってチケットとの縁結びをお願いしたときの写真です。

お寺でチケットとの縁を結んでもらうのをお願いする、ってとてもとても煩悩に満ち溢れていて、そろそろ罰が当たりそうな気もします。

友人は飯田橋にある「東京大神宮」(こちらは昼間に行くと女性だらけ!)にお参りに行き、チケットとの縁結びをお祈りしているそうです。

そして、抽選の結果が出るまでひたすらイメージトレーニングをします。当日グッズ販売に並んだり〜開場するまでどうするか考えたり〜終わったら友達と何食べようと考えたり〜どういう曲をやるのか考えたり〜というのをひたすら続けると、現実になり(そうな気がし)ます

最近では、チケットが取れなかったら「イメトレが足らなかったな」と一言ですっぱりと諦められたり、譲渡してくれる方を見つけたりと次のステップに進めるので、メンタル的にも良いです。

最近では舞台やライブのチケットの転売行為が横行していて、身分証明を求めることが多くなってきました。面倒くさいな、と思いつつ、そうしないと正規の価格で入場できない人がたくさん出てくるわけで、アーティスト側が「転売反対!」と声を上げてくれるのはとても嬉しいことですが、法律的にも何か罰則があればいいなと時々考えます。

以前、マキシマム ザ ホルモンというバンドが「どれだけバンドを愛しているか作文を書いて、採点が高い順にチケットが取れる」というようなチケット先行を行ったそうです(笑)。

最終的には「作文読むのが大変だったから二度とやらない」と言っていたのが面白かったですが、それだけの愛情があるのにライブにいけないファンがいるというのが現実なようです

これから夏フェスがあり、秋にも冬にもイベント盛りだくさんですが、皆さんも好きな音楽を見つけて、ぜひ生の音楽を体験してみてください!

あ、最近は観客の方も耳栓必須ですよ!ライブ用の耳栓、ぜひ買ってくださいね!

辛いたべもの

2017年06月24日

こんにちは。
事務員の瀬戸です。

今回は2回目の投稿となります。前回は確か鎌倉散策のお話をさせていただいたかと思いますが、GWに遠出したわけでもなくこれと言って…何を書こうかなと悩んでおります(*_*)。

…突然ですがみなさんは辛い食べ物はお好きでしょうか?わたしはとても好きです!巷ではテレビや雑誌で特集が組まれたり、激辛グルメのイベントなんかもやってますよね辛いものを『辛い!暑い!』と汗をかきながら食べるのが好きです(笑)

ということで今回は最近食べた辛いものについてお話させていただこうと思います。もし良ければお付き合いください(*^^*)

1、味八/新宿
  鉄火麺(激辛)
DSC_0275
新宿にてふらっとはいったラーメン屋さんでしたが、美味しかったです!見た目ほどではなく、食べやすい辛さという感じですね!卓上の調味料なんかもかなり充実しており味の変化も楽しめます★北海道ラーメンのお店なのでほかにも辛くない味噌、塩ラーメンもありましたので機会があればまた行きたいと思います

2、鬼金棒/神田
  カラシビ味噌ラーメン
DSC_0277
ここは池袋にも店舗があり有名どころかと思います。辛さ=唐辛子 痺れ=山椒の量を抜き、普通、増し、鬼増しから選べるようです。わたしは辛さを増しにして頼みましたが相当辛かったです。

辛さ増しに慣れてきたらいずれは鬼増しに挑戦したいと思います(*_*)知人が初回で辛さ・痺れともに鬼増しでの注文にしたらしくかなり苦戦していたそうなので徐々に増していったほうがよいかと思われます…!

3、郭 政良 味仙/神田
  台湾ラーメン、台湾まぜそば
Screenshot_20170513-212508~01

DSC_0274
こちらも神田ですね(^^)
台湾ラーメンは名古屋発祥らしいです。味仙でも辛さの程度が選べますがアメリカン(辛さ控えめ)、イタリアン(辛さ濃いめ)ということだそうですが通常の台湾ラーメンでもかなり辛いと思います!

写真の上が台湾ラーメン、下が台湾まぜそばです!どっちもにんにくもがっつりです!中国台湾家庭料理店なのでチャーハンや餃子などそのほかの辛くないメニューもちゃんとあります(^^)!ちなみに今年の3月に同じく神田に味仙の2号店がオープンしたそうで、こちらはコース等もあるそうです!

今回はたまたまラーメンばかりになってしまいましたが、韓国料理とかカレーとかそのほかいろいろ好きです★辛くてもまた食べたくなるのが魅力ですね

辛い物が好きで気になった方はぜひご賞味ください!最後までお読みいただきありがとうございました

【広報ブログ】超神ネイガーと街巡り。秋田の魅力を、発信!

2017年06月23日

こんにちは!広報部の加藤です

実は私、いま秋田に来ておりますいぶりがっこやきりたんぽなど、
おいしいものを堪能しました。

そして昨日はなんと、あの有名な秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」さんとご一緒させていただきました!

★ネイガー×弁護士 秋田の魅力を知る旅★
6月1日(木)に開設したアディーレの秋田支店。出店にあたり、支店長の藤澤亮弁護士が秋田の魅力を超神ネイガーに教えてもらいながら、街巡りをしました。

_DSC6449
まずは、千秋公園にある彌高(いやたか)神社を参拝。陽の光と神社の緑がきれいな写真超神ネイガーと神社、なんか合いますね…

_DSC6209_モザイク濃いめ
旅の中では、地域の皆さまとの交流も😚
街巡りでは、小さなお子さまからご年配の方まで、超神ネイガーが一緒に記念撮影を行ったりお話をして、皆さまと交流しました!ネイガー、本当に人気者!

_DSC6190
次は、駅ビルトピコにあるお土産屋さん「秋田特産 さいとう」さんを訪問。お店の方にもとても温かく迎えていただきました…(;▽;)
きりたんぽやいぶりがっこ、ハタハタなどを超神ネイガーに教えてもらいました。

_DSC6365
利き酒師いるという話題のお店「地酒と焚き火料理 とっぴんぱらりのぷ」さん。お店の方のおすすめ日本酒やおいし〜い比内地鶏など、秋田だからこそ味わえる食材を藤澤弁護士が堪能しました😚とっぴんぱらりのぷさん、取材協力ありがとうございます〜

こんな感じの旅でした。

実はこの街巡り、追ってWebサイトとして公開して、地域の魅力の発信源になるような企画を考えております…

ここではお見せしていないオフショットなども見れるかも

お楽しみにー

★取材協力
秋田市  千秋公園
(秋田県秋田市千秋公園)

地酒と焚き火料理  とっぴんぱらりのぷ
(秋田県秋田市千秋久保田町116-1秋田駅前ビル5F
TEL:018-801-1200)

秋田特産  さいとう  トピコ店
(秋田県秋田市中通七丁目1-2 TEL:018-832-8414)

アディーレの秋田支店
詳細はこちら→http://www.adire.jp/map/akita.html

本当に、秋田の皆さま、優しく温かく迎えてくださり嬉しかったです。

そして超神ネイガーさんカッコよすぎました!本当の正義のヒーローでした。

これからも、地域に根ざした法律事務所を目指して、さまざまな活動を行っていきたいと思います

大阪と幼馴染

こんにちは。
事務員の廣谷です。

みなさん、幼馴染や本当の友人と呼べる人は何人くらいいますか?新聞の記事では、SNSで繋がっていても本当の友人と呼べる人はいないと書いてあったような気がします。

私は大阪生まれの大阪育ちなんですが、幼いころから若干標準語で話す子でした。両親は大阪の人なんですけどね……。

幼馴染とは3歳くらいからの付き合いで、幼馴染の両親が八百屋さんをしていてままごとで遊ぶ野菜が売れなくなくなった野菜を切って遊んだりしたものでした。

夏には一緒にプールに行ったり、長居公園と言う場所があるんですが、そこまで一緒にピクニックに行ったりしたものです。時々けんかしたり、
でも、大人になってからはディズニーランドに幼馴染の妹と私の旦那との
4人で行ったり、バスツアーに行きました!(^^)!

バスツアーの時は私がその数日前まで体調を崩していて、参加できるか?できないの状態でしたが、強行突破で行ったものの、帰ってからはダウンしてしまいました。(>_<)でも、今となっては懐かしい思い出ですね。

その幼馴染が一緒に住んでいたおばあちゃんが怖い人で…。いつも笑顔なんですが、外に座って私や幼馴染が遊んでいるのを見守ってくれてはいたんですが、時折イタズラをしてしまうと、そのおばあちゃんが持っている杖を振り回す人で…。

幼馴染はそれで怒られるのが嫌でよく泣いていました。(>_<)それでも話しかけると、「うん・うん」と言って話は聞いてくれていましたけどね!(^^)!

でも、幼馴染が偉いなといつも感じでいたのは、上記にも書いた通り八百屋さんを両親が商売としていたので年末になると学校が終わったあとや、冬休み・社会人になってからも年末年始の休みの日はお店を手伝って
いました。私なら嫌と言いそうですが……。

幼馴染の両親も商店街での商売を辞めたころは、私が子供のころ栄えていた商店街もシャッター商店街と衰退していったようです。

たーまに大阪に戻ったときは商店街に行くと、何件か曲がると接骨院の多さにびっくりしたことを覚えています(T_T) 接骨院が開業するたびに商店街の近所に住んでいる人たちはタオルをもらっているそうです。

なので、近所のおばちゃんたちは、接骨院めぐりをしているらしく、今日は、どこどこの接骨院・明日は、別の接骨院と行っているようで、接骨院の院長たちは診療報酬請求の時に頭を悩ませているそうです(>_<)あと、内科もでした……。

私が幼いころから商店街で商売をしていたおじさんやおばさんも商売を辞めている人が多いので……さびしい限りですが、時代とともに変化するものですね。

その商店街の近くに地域医療の入院もできる病院がありましたが、数年前に病院からスーパーになり近所の人たちが困ったと話を聞いていましたが、実家から自転車で10分も行けば、また総合病院があるんですが、そこの病院が最近綺麗に立て直したと言う話を聞きました。

大阪の話になるんですが、大阪には今はなかなか戻ることができないので先日幼馴染のお見舞いに戻ったわけですが、東京から新大阪に着き、新大阪の改札をでるまではエスカレーターで左側に立ってじっとしていても問題はなかったのですが、改札を出て地下鉄の御堂筋線に向かうエスカレーターに乗ったときに東京と同じ感覚で乗っているとみんなの視線を感じ、「あっ大阪に戻ったから違う」と感じましたが、右に人がいたのでエスカレーターが到着するまでそのままでいました(>_<)

で、久しぶりの地下鉄御堂筋線でも少し前まで、こちらのスイカが使用できないかったはずなんですが、スイカが使用できるようになっていてビックリしたり、御堂筋線から途中実家に戻るために乗り換えをするんですが、自分が長く乗っていた電車のおじちゃんたちの相が悪く感じる自分にもビックリでした。

実家の近所には大きな公園があるんですが、そこで昔、歌手のアヤカが何かの番組で撮影もした公園なんですが、公園には3面くらい野球の試合ができるので、公園周辺はいつも路上駐車の車でいっぱいでしたが、今回帰ってみると路上駐車の車がなくビックリしていると今は、駐禁を切るおじさんたちが厳しくなって、みんな路上駐車をやめたようでした。しかし、こっちでの生活が長くなるにつれて大阪に戻るたびにびっくりなことが多くなっています。

私もこちらでの生活が長くなってきましたが、やっぱり生まれ育ったところは色々な思いでありますね。!(^^)!!(^^)!!(^^)!

実家の近くの橋を渡ると、通っていた幼稚園があり、その幼稚園で教育実習をした思い出が…。初めて「先生」と呼んでくれた園児が私を追いかけてきた場所でもあります)^o^(

みなさんの思い出の場所は、どんな場所でしょうか?久しぶりの大阪に戻って感じた一日でした。でも、大阪土産は「たこ焼き味」が多すぎですね・・・・(T_T)(T_T)(T_T)

成るように成る

2017年06月22日

こんにちは。
事務員の高原です。

ほのぼのブログと名付けられているこのブログですが、そんなにほのぼのしていないちょっぴり苦いお話をひとつ。

先日、そろそろその日の仕事を切り上げようかなとしていた時のこと、
10ばかり歳の離れた後輩からとある悩みを打ち明けられました。

彼曰く『自分が思う自分、自分がそうありたいと思う自分、人から見られている自分、人に合わせている自分…その間で悩んでいるんです。悩んでいるんですけど、都合よくその時々で自分を使い分けてて、狡いなぁ俺ってともわかってて。いつまでこんな感じなんだろう?って。』

あぁ〜この堂々巡りのどん詰まり最中は、自分だけそうなんだと思ってしまうんですよね。私は彼に「みんな似たり寄ったり。そのままで良い。歳を取って行くごとに諦めがつくから。」と答えたのでした。

しかし、彼と「お疲れ様。また明日。」と別れた後からどうもスッキリしない。私が言った「諦めがつく」との言葉。もっと上手く言えなかったか。

「諦める」との言葉はやはりどうしてもネガティブであります。スラムダンク世代ですと安西先生から『あきらめたらそこで試合終了だよ』との教えがございます。とはいえ、生きていると全てを都合よく叶えてばかりでは行けないものでして、希望は捨てずにいつつ離れて行くものや人が有ります。

離れて行くものや人がいたから希望が繋がると言う何とも摩訶不思議な展開もございます。さて、このことを後輩の彼にどう伝えようか。帰りの電車であるバンドマンの歌声を聴きながら、ちょうどいいかもしれない言葉を思い出しました。

ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトさんが、インタビューでおおよそこんなことをお話しされていたことを思い出しました。

『大人が不純で子供が純粋だというのは。実は逆なんじゃないか。子供はあれもこれもと次から次へ興味を持って行く。けれど大人になるにつれて、「これだ!」と思うものを一つ見つけて行って、清らかな心を手に入れるんじゃないか?』

後輩に一度ザ・クロマニヨンズを聴いてもらうかな。

さて、この記事は「後輩のお悩み相談を引き受けた俺ってめちゃくちゃ素敵やん」というものではございません。記事の書き手にもお悩みは尽きません。

私から「歳を取ったら諦めがつく」と言われ、「やっぱ経験重ねるしかないですよね」と本当にそう思ったのか先輩の顔を立てたのかいずれにせよひと通り話し終えた後輩は、「ご自分には今悩んでいることは無いんですか?」と問うて来ました。

有りますとも有りますとも。私は正直に答えました。『人が死ぬのが怖い。両親とか。もう若くないから、ひょっとしたら自分自身が先に逝ったらどうしようとか。それが怖いよ。』説教された訳ではない後輩を絶句させてしまいましたよね。

直近で誰かを喪う体験をしたものではありません。高校2年生の時に伯母を亡くし、7年前に祖父を亡くしております。家族の中で遠くから近くにその足音は迫っていて、祖父を見送る父を見ながら「順番で行けば今度は自分が父を見送るんだな」と考えた時から皆んなが歳を重ねて行く度にお祝いだけではないドンヨリした気持ちも漂います。

そうすうるちに私自身も歳を重ねて参りましたが、重なったのは年月と後悔と焦りでございます。両親にして貰ったこと・注いでもらったことと同じことを、自分の下の代にしてあげられていない。自分も家族を持って父になった姿を見せて初めて一人前じゃないかと考えているものの、そういった意味で全然一人前になれていない。どうしよう?どうなるだろう?

絶句させてしまった後輩に何かアドバイスを求めるのも酷ですので、自ら、これまたある言葉を思い出して自己解決したいと思います。

映画『そして父になる』に出演され日本アカデミー賞最優秀賞助演男優賞を受賞されたリリーフランキーさんは、授賞式のスピーチで、画家・大竹伸朗さんのある言葉を紹介されておりました。

『先のことなんか考えても仕様がない。だってその通りになったことが無いんだから。だから先のことなんか考えないで、今日、画を俺は描くんだ』

後輩と、この記事を見かけて似たようなことを考えていた方がいらっしゃったとしたらその方に、伝わるといいなと思います。

関連サイト
最新コメント
月別アーカイブ