借金返済なら弁護士法人 アディーレ法律事務所
返金保証サービス実施中!

債務整理・借金返済・過払い金のご相談ならアディーレ法律事務所

東京・池袋にあるアディーレ法律事務所(代表:石丸幸人弁護士)の弁護士・司法書士・事務職員のブログです。

NO RICE NO LIFE

2016年09月29日

ほのぼのブログに投稿している方の顔ぶれから,そろそろ自分の順番では・・・と思っていたところ,やはり回ってきました。事務員の関です。

飼い猫のネタはいい加減切れたので(猫はすこぶる元気です),旅の話でも。つい最近ロサンゼルスに行ってきました。

旅の思い出を綴る前に,「こんな事本当にあるのか」という出来事がありました。

ロサンゼルスから,少し離れたサンタモニカに出向いたときの事。
(旅ブログっぽく,写真は貼ります)
ロス



















↑ルート66(の,案内所)
ロス



















↑ビーチ(に,行く手前)

天候も良く,キリストの恰好した男性がビートルズを弾き語り,ピンクのボディコンを着た男性が懸命にブリトニーを踊り,そんな素敵な空間でジュースでも買ってデッキでボーっと海を眺めようかと歩いていた時,向いから一人の黒人男性がラップを歌いながら足元フラフラさせて階段を下りてきました。

歩きながら歌っている人が本当に沢山いるので,特に気にもせず彼とすれ違ったその数分後。

遠方から,けたたましくサイレンを鳴らし,何台ものパトカーがこちらに向かって走ってきたと思いきや,穏やかな景色に似合わないほど険しい顔した警官3名が,ものすごい勢いでデッキの下に降りて行き,誰かに向かって一斉に拳銃を構えます。

映画の撮影か何かかと思う程のスピードで動く警察官に圧倒され,飲んでいたジュースを吐き出すのを押え,恐る恐るデッキの下を覗くと両手を上げているのは先ほどの陽気な黒人。
すでに結構な騒ぎになっており,デッキの上に野次馬がワラワラ集まってきたところで「パン!」と破裂音が。倒れる男性。野次馬の「Oh・・」という声。

ロス



















↑ベニスビーチ(と,自転車に乗るオバちゃん)

こんな事ある?ここで?!すでに観念している感じじゃなかった?!
と冷静さを失いつつ,警官をよく見ると銃の先から,ビョーンと紐?が出ており,どうやらスタンガンだった様子(たぶん)。そして痺れた男性は警官に担がれ連れて行かれました。

怪我人がいた様子は無いので,結局彼が何をしたのかは,不明まま(TVニュースにもならず)でしたが,警官の動きの速さと,人数に圧倒されました。

この状況でも,歌を止めないキリストが雰囲気を元に戻してくれました。
さすが神。

こういう「本当にあるんだね」と思っていた事は映画ではなく,現実にありました。

私自身は,今まで一度も海外で危険な目に遭った事はありませんが,
財布を手に持ったまま歩いて盗まれたら自業自得という感覚の違いや,常識の違いはやはり感じるところです。

そう思うと,日本は治安が良いな・・と。

ですが飛行機に乗れば数時間で多くの国に行ける今の時代は,本当に素晴らしいと思いますし,皆さまも行く機会がありましたら,出来る限り現地の異文化を体感して染まってください。

まぁ,そんな私は,自分の顔以上あるバナナまみれのパンケーキを目の前に大田胃散を飲み,早々にスーパーで米を買うのでした。

やはり,私は日本人。

ロス



















↑最後にバナナまみれのパンケーキ

本当は旅行の中身まで書きたかったのですが・・えらく長文になりそうでしたので,非常に残念ですがこちらで失礼致します。

またの機会を

そうだ 乗馬 行こう!

2016年09月28日

こんにちは。事務員の坂巻です

やっと少し涼しく、過ごしやすい気候になりましたね

暑すぎず、寒すぎず、ちょうど良い季節なので、皆さんもどこかに出かけたくなりますよね!(どうでしょう?)

そんな皆さんに、私が今おススメしたいのは・・・乗馬
乗馬









私、先日、千葉県にある乗馬スクールにて、乗馬ライセンス5級取得の短期3回コースを受講してきました。ご存じない方のために初めにお伝えします。

乗馬ライセンス5級、真面目にやれば誰でも合格できるので、取得しても何の自慢にもなりません。運動が苦手な私でも難なく取得できました。まずは乗馬の楽しさを知るためのお試しコース、くらいで考えていただければOK。合格すると、↓こちらのような認定証をもらえます。
乗馬認定証








私が受講したコースは、下記のプログラムでした。

1日目:馬学講義乗下馬・常歩(なみあし)発進・停止・方向転換の
         練習 
2日目:1日目の復習・速歩(はやあし)・軽速歩(けいはやあし)の練習
         試験対策講習
3日目:2日目の復習・総合練習→ 5級試験(実技・筆記)

1〜3日で、それぞれ違う馬に乗りましたが、やる気の有無、歩き方の癖などそれぞれに個性がありました。私は、1日目→2日目→3日目と、どんどん乗りこなしにくい馬になっていきました。ただ、どの子も触れたり乗ったりすると、短時間ながらも愛着がわき、かわいく思えました

休憩中は暇なので、馬房を回って馬をなでたり、写真を撮ったり。
こちらは、夢中で勢いよく食べ過ぎて、エサの入ったカゴを倒してしまったお馬さんです。
乗馬



















(悲しそうな顔が、かわいそうだけど かわいい
 かと思えば、どこからか鳴き叫び、壁をガンガン蹴っている音も聞こえる・・・(ちょっと怖い)。いろんな子がいました。

ところで皆さん。「乗馬は楽しそうだけど、高いんでしょ?」とやはり費用面が心配ですよね。私が受講したのは、短期のみの割引コースだったのでそれ程高くはなかったのですが(破格の79%引き)、通常コースは確かに高いです

年会費と月に支払う分は何とか、何とか頑張れば捻出できるかなぁ、という範囲内なのですが、とにかく入会金が高い・・・。絶対に続けられる自信とやる気が無いと、なかなか二の足を踏む金額でした。

(ちなみに、お客さんが来ても来なくても馬は生きていて日々ごはんを食べるので、普通の習い事よりも価格が高い理由は、ほとんどがエサ代だよ、とのお話でした。)

そして結局、私は入会を断念しました。
高額な入会金もありますが、それ以上の問題が見つかったのです

短期コース受講中に、馬の手入れと馬装についても学びました。
・ブラッシングは良し
・蹄の手入れも良し
・馬の口に手を入れて、ハミを加えさせる・・・無理無理無理
乗馬が楽しくて忘れかけていましたが、私、もともと動物に触れるのが苦手なのでした

口に手を入れるのは、ちょっと・・・だいぶ・・・ハードルが高い。いくら手袋をしているとはいえ、その手袋は家の洗濯機で洗うんでしょ?と思ったら、途端に入会を迷う気持ちが無くなりました

私は残念ながら自身の致命的な欠点により入会できませんでしたが、動物好きな方には本当におススメです!興味のある方は、まずは試乗会に出かけてみてはいかがでしょうか

長崎旅行のススメ

2016年09月27日

みなさま こんにちは
事務員の片田です。

先日,長崎へ旅行に行ってきました
計画を立てている段階では,函館の予定だったのですが,なんとすべての飛行機がキャンセル待ちで(そもそも函館便がかなり少ないとのこと),現地に飛び立つ手段がなかったため,急遽行先変更となりました

東北は今年の初めに行ったし,
関東近辺じゃおもしろくないし,
関西方面はすごく暑そうだし,
沖縄は去年行ったし,
今から海外行くのもちょっと面倒だし(笑),

と,友達といろいろ悩んだ結果,九州ってあまり行ったことないよね??となり,高校の修学旅行以来の長崎に決定しました

当日,台風がちょうど関東を通り過ぎたころだったので,飛行機は雲の中を通るたびにかなり揺れました
でも現地はとーってもいいお天気でまだまだ夏まっさかりな感じでした

さっそく空港からバスで市内まで行き,中秋節のため黄色のちょうちんがたくさん飾ってある中華街でちゃんぽんを食べ,一旦ホテルに荷物を置いてから観光しようと思っていたのですが,なかなかホテルが見つからず(笑)。。。

時間がもったいないので,タクシーを拾い,せっかくだからいろいろ案内してもらおうということになり,
午後の遅い時間でしたが有名所をたくさんまわってもらいました
とてもいい運転手さんで,わざわざタクシーを降りて,ここがどんな場所なのか解説してくれたり,1番いい場所で写真を撮ってくれたり,おいしいお酒やご飯を教えてくれたり,とっても楽しかったです。

次の日は朝から,大浦天主堂やグラバー邸,夜には稲佐山(福山雅治ファンの友達のテンションがMAXでした笑)などをまわり,最終日も出島や眼鏡橋など,いわゆる修学旅行的な観光名所をすべてまわりました

長崎名物のちゃんぽん,皿うどん,トルコライス,角煮まん,杵ノ川(日本酒),チリンチリンアイスなどおいしいものをいーっぱい食べて大満足

高校時代とはまた違った思い出をつくることができました
学生のころに修学旅行で行ったところに,大人になってから行ってみるのは意外とおもしろいのでおススメです
路面電車を乗りこなせばいろいろな観光名所をまわれるし,ごはんもお酒もおいしいし,長崎に行ったことがない方はぜひ

ちなみに私の両親は新婚旅行が九州だったのですが,一緒に行った友達の両親も同じく九州でした

私「うちの親は1981年に行ってるんだけど,〇〇ちゃんの親は何年に行ってるの?」
友達「うちの親も1981年!!」
私「えーっ(驚)そうなんだ! ちなみに何月??」
友達「10月末って言ってた」
私「うちも10月末だよー(さらに驚)!」

お互いの両親がまったく同じ時期に同じ場所で新婚旅行をしていたことが面白かったです
それぞれの写真にお互いの両親が写っていたりして(笑)

韓国旅行のススメ

2016年09月26日

こんにちは!事務員の河原です。

唐突ですが,ここ数年韓国旅行にはまっております。

10年来の親友が,「去年,結局1年で8回韓国行っちゃったー」などと言っているのを聞き「わー,ヤバ(笑)。信じらんなーい」というまともな感想を抱いていましたが最近は,「うんうん。分かる」に変わってきました。
私もヤバーい。

そこで,韓国旅行になぜはまるのかと,オススメご飯をつらつらと述べさせていただきたいと思います。

【なぜ何度も行きたくなるのか】
[紅颪安い
京都に二泊三日行くよりも,安い!時期ずらせばわりといいホテルに泊まっても三日間で3万円程度で行けるところが素敵

△竿咾おいしい,安い
韓国だと注文したもの以外に,キムチ・ナムル・卵焼き・チヂミ・・・など,
4品くらい前菜?が無料で出てきます。しかもおかわりし放題なので,お酒も飲んで,いろいろつまんで,お腹いっぱいになっても一人1500円くらいで済んじゃいます。以前サムギョプサルを頼んだら,3人前くらいあるカムジャタン(じゃがいも鍋)がどーんと置かれた時には,「頼んでませんけど,これはもしやおまけ?」と,びびりました。(おまけでした)

いろいろ整ってる
地下鉄,リムジンバス,便利で利用方法もわかりやすいです。
ホテルも綺麗で,心地よく過ごせます(オススメホテルは,世宗ホテル,パシフィックホテル。駅近で,買い物して荷物を途中で置いたりするのに便利。お値段もお手頃。ミョンドン駅からすぐなので,ミョンドンで夜中まで遊んでいてもすぐに帰れて安心)

いい蹐い蹈罐襯
店員さんが,客がいるのに携帯を堂々といじっていたり,おやつ食べてたりと自由だなーと思いますが,反面,韓国でのコンサートは,写真も動画も自由に撮り放題です。日本だったら,カメラ持ち込み禁止だったりすごく厳しいので,ファンには嬉しいゆるーい文化です。

【オススメご飯】
/誓腑愁襯蹈鵐織
食にうるさい(あ,グルメでいらっしゃる)某部長も気にいってくれた朝ごはんにぴったりのお店です。店名どおり,おいしいソルロンタンが食べれますが私はなにげに,ここのキムチ・カクテキを食べに行くのが目的です。

▲札泪Ε訖堂
日本にも出店してから,韓国では行かなくなりましたがここのチゲがめちゃめちゃおいしいです。ご飯に好きなだけ韓国のりをかけまくってチゲと一緒に食べるのが幸せで,超満足・満腹になります。

8義張Εンハルメ・ソムンナン・タッカンマリ
タッカンマリは,日本でいう水炊きのような感じで,鶏一羽がひたすら煮込まれている料理です。ネギやトッポギ,じゃがいもなどが一緒に煮られていて,鍋の中身は想像どおり普通においしいけど,特にタレ(からし・ニラ・酢・しょうゆ・ニンニンク混ぜたもの?)がおいしくて初めて食べた時は「斬新〜」と,感動しました。

ぅ劵薀
カルチジョリムがおいしいお店です。太刀魚と大根を煮たものがアツアツで出てきます。真っ赤な色をしてますが,全然辛くなく,ダシが染み込んだ大根がめちゃめちゃおいしい。ここのケランチム(ふわふわの卵焼きのような,茶碗蒸しのようなもの)もオススメです。

・・・ただの食いしん坊で韓国旅行に行ってることを,今更ながら自覚しましたが「ちょうど韓国に行く予定なんだよねー」っていう方は,オススメしたお店行ってみてくださーい。感想お待ちしてます


子どもが生まれて思うこと

2016年09月25日

司法書士の手塚です。

タイトルのとおり、私にも息子が誕生し、早くも1年と5か月が経過しようとしています。

報道番組とかを見ていると、芸能人の子どもが犯罪を犯した場合に、その親の教育責任が問われているのをよく見かけます。

私も父親となり、今後息子をどう育てていけばいいのか、色々と考えてしまいます。そこで今日は、子どもの教育方法について思うことを勝手に書いていこうと思います。
※あくまで私個人の見解ですので、ご容赦ください。

まず、私の親の教育方法はどうだったかというと、まさに「自由奔放」というものでした。私が生まれてきてから一度も「勉強をしなさい」とか、「この学校に進学しなさい」とか言われたことがありません。

これに乗じて、私の学生時代は、中学3年と高校3年の時だけ受験のための勉強をするという超省エネ学生でした(笑)。今となっては、この教育方法で本当に良かったなと思っているのですが、その理由はまさに「自己責任」にあります。

勉強を「する」「しない」という選択も自分の意思で決定し、その結果責任もすべて自分に帰属するということです(事実、様々な結果責任が伴いました(笑))。

あらゆる物事に対し、自分で考え、自分で選択していかなければなりません。すべてを自分の意思で選択するので、他人のせいには絶対にできません。

また、私は学生時代に勉強時間を最小限にしたことで、勉強以外のほとんどの時間を遊びや部活等に時間を割けたため、友人関係を中心とする社会の厳しさを知ることができました。

具体的に言うと、小学生時代は、いわゆるガキ大将であり、学校が終ると毎日10人〜20人位の友達を引き連れ、遊び回っていましたが、そんな「お山の大将」であった私に転機が訪れます。

それは、小学6年の時でした。

この頃には、いわゆるいじめられっ子集団とも仲良く遊んでいたため、それを良く思わないメンバーが複数いて、まるで戦国時代の謀反のように一斉に反旗を翻し、お山の大将の座を奪われました。この時、初めて社会の厳しさというものを知ったのです(笑)。

友人という、基本的には趣味嗜好が合うメンバーの中でさえ、長期的な
信頼関係を築いていくことが難しいという社会の厳しさを知りました。

多感な学生時代に、その社会の中で生きていくには、何が必要かを考え、実践し、反省できたことが非常に貴重な経験となっています。

では、私が選択する教育方法は「自由奔放」かというと、現時点では自信がありません。なぜなら、すごく心配だからです。

人生の選択権をすべて子ども自身に委ねるということですから、どのような人生を送るかは、子ども次第だからです。すべての選択を私に委ねてくれた親の懐の深さと偉大さを感じます。

さて、突然ですが、私が33年間生きてきて思うことは、「人は、たった一人の人間でさえ、なかなか幸せにできない」ということです。「いろんな人を幸せにできる」と言っている人がいたら、その人はきっと神様なんだと思います。

まったく同じ価値観と考え方を持っている人は、存在しません。家族であっても同じです。

仕事に生き、家族との時間が作れないことを「家族の幸せのため」と言う男性がいるとします。その奥さんと子どもは、それが幸せなのでしょうか。逆に、収入にはこだわらず、家族との時間を最優先にする男性がいるとします。その奥さんと子どもは、それが幸せなのでしょうか。

答えは、その人(奥さんと子ども)次第です。

何を幸せに感じ、相手に何を求めるのかということは、すべて人それぞれだと思うのです。

結局、何が言いたいかというと、何が幸せか何が正解かは、人それぞれなので、子どもへの教育も、今から悩んでいても仕方ないなという結論に至ったということです。

決して育児放棄ではありません(笑)。

立派な教育論は持ち合わせていませんが、せめて、自分の子どものことを誰よりも知り、良き理解者でいてあげたいなと思います。

以上、新米パパの勝手なつぶやきでした。

関連サイト
最新コメント
月別アーカイブ