借金返済なら弁護士法人 アディーレ法律事務所
2016.05.02
返金保証サービス実施中!

債務整理・借金返済・過払い金のご相談ならアディーレ法律事務所

東京・池袋にあるアディーレ法律事務所(代表:石丸幸人弁護士)の弁護士・司法書士・事務職員のブログです。

弁護士 相川大祐

毛馬本駅

2015年04月07日

さまざまなところに出張で行くことも多い仕事ですが,全国に支店がある法律事務所であるということの関係で.1日だけの出張にとどまらず数か月〜数年単位での転勤もままあります。東京→京都と転勤をしてきて,色々なところを観に行きました。
1日から数日の出張というのも割としょっちゅうで,先日また新しい場所に行く機会があり,どこかというと熊本に旅行(プラス半分は用事)に行ってきました。火の国熊本。

もちろんネット等での下調べは欠かしていなかったのですが,実際行ってみるとイメージとの違いも大きかったです。イメージしていたよりも意外に都会だったこととか(失礼ですか?ごめんなさい),長崎の専売特許だった路面電車が走っていたこととか。別にこき下ろしたいわけではないですし,ここからはポジティブなことを。

_浩
熊本は本当にたくさんの温泉があるようです。県内だけでも,海,山などいたるところに温泉(熊本県内だけでも阿蘇・天草・黒川,その他いろいろ…)。色々事情もありタイミング的に次行くのは春頃になってしまうことは残念ですが,次の冬は休みのたびに色々と遠出してみようと思います。
先日,現熊本支店の方々と馬肉料理の店行かせていただきましたて,大変美味でした。馬刺し,レバ刺し,からしレンコン,人文字ぐるぐる,などなど。
食べた印象は、脂っこくないけど柔らかく,かつ独特の味が残り,国産和牛とは全く違う感じで,特別な日でなくても日常的に通える店をゆっくりと探してみようと思います。
0ち
噴火やら何やら若干物騒なニュースも最近はありますが,まずは,日本三大楼門らしい阿蘇神社。阿蘇神社の参道は,湯布院のような食べ歩きが売りらしいです。最近はマグマから辛さを連想させて,辛いものをごり押ししているみたいです。辛いもの好きなので非常に楽しみです。
カレーパンにボルケーノ?よく分かりませんが,名前だけで辛そうです。馬肉コロッケも興味あり。
冬であれば,温泉ももれなく付いてくる。阿蘇ファームランドという日本有数の巨大温泉があり一度行ったことがあるのですが,その広さには度胆ぬかされたことがありました。
ラーメンやスイーツもあって,一回の食べ歩きでは制覇できないそうです。次の冬には噴火が収まっていますように。。
ぬ喃亘椡
image2

よく分からないですが,今何かが熊本で起きているようです。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

image1


京都支店弁護士の相川でした。


福岡とは

2014年03月25日

こんにちは。
弁護士の相川です。

大学時代を過ごし,近々帰ろうと考えている福岡のいいところの案内などさせていただこうと思います。

_安

福岡に来たら屋台だと思います。
中洲や天神で飲んだ後のシメは屋台でラーメンがいい。
人情が感じられたり感じられなかったりして,とても温かいです。

⊃紊燭料亭 華味鳥

博多に本拠を置く水炊き料理のお店。
唐津にある自社の養鶏場で育てた鶏だけを使うこだわりの水炊きです。
ここは全国に支店を設けており,どこにいても楽しむことができるので,
気になったかたはぜひ。

G鄲織蕁璽瓮鵝〜
今は福岡のいろいろな所にあるとんこつラーメンのお店です。
昔は小さな店舗ひとつだけのお店でしたが,
気づけば福岡の主要な場所にいくつも支店を置くまでになりました。
小さかったころからのいきつけでしたので,自分が育てたという思いが強いお店でもあります。
おいしいのでぜひ。

ぐ賤

とんこつラーメンの「一蘭」です。
上のお店は福岡にしかないですが,ここは全国にあるのでメジャーかと思います。
気になった方はぜひ。

ヅ型
三越・大丸・岩田屋などのデパートが立ち並ぶ、
福岡最大の繁華街です。
経済活動も人の動きも盛んで,
かつ裁判所や福岡各所からのアクセスもよいです。

そのほかにもこのブログのほのぼのという趣旨にはそぐわないような現実的なところでいろいろな魅力があり,
最近非常にシックになっております。
今はいろいろな事情で関西に在住していますが,
こういうことを書いているとまた帰りたくなってきました。
福岡のネタのみでいこうと考えておりましたが,
すこし寂しげなので,
故郷の長崎について語ろうと思います。

.薀鵐織鵐侫Д好謄バル
今年はもう終わったようですが,
長崎の冬の一大風物詩「長崎ランタンフェスティバル」

長崎新地中華街をはじめ、湊公園,中央公園,眼鏡橋周辺、
浜市・観光通りアーケードなど長崎市内の中心部がランタン(中国提灯)や大型オブジェで幻想的に飾られ
街を彩ります。
高校時代はまったく何も感じませんでしたが,
修習生時代に久々に長崎で暮らしていたときには違った趣があり非常によかったと思います。

五島列島
豊かな自然に恵まれた風光明媚な景観に寺社や教会が数多く点在する島です。
ここでは毎年8月に五島マラソンという,
真夏の南の島でマラソンするというなかなかアレな企画が催されています。
かつて参加し死にそうになりました。
そういう人は是非参加してみてください。



偏った趣味

2013年04月28日

弁護士の相川です。
ダルビッシュの完全試合惜しかったですが,今回はパーフェクト逃したとしてもすばらしいピッチングだったと思います。

わざわざブログに書くようなことでもない気もしますが,私は読書が好きで,特に行きたいところとかがない日は部屋に引きこもり,怖い小説を読んでは満足して眠りについています。

とはいっても,私は貴志祐介さんという特定の作家しかほとんど読まず,そのほかの作家のものは,一部例外もありますが体質的に受け付けないことが多いです。
そこで,この偏った趣味を世に広めたいため,ランキングと感想を勝手につけようと思います。

※角川書店の回し者ではありません。

 第5位
「硝子のハンマー」「狐火の家」「鍵のかかった部屋」シリーズ

女弁護士と泥棒が主人公の作品です。
密室をひたすら破っていくという偏った推理小説ですが,
ひとつひとつにいろいろな薀蓄が詰まっていて,読むと鍵とか防犯に詳しくなったような気がしてきます。
昨年,「鍵のかかった部屋」というタイトルでドラマ化されたので見た方もいるのかなと思います。
ただ,主人公の泥棒を嵐の大野君が演じていましたが,自分の中でのイメージは堺雅人だったので,
イメージと映像のギャップに苦しんだのは残念に思います。

4位 黒い家

怖いです。
見てないですが,これも映画化されてますね。
変に幽霊とかが出てくるような作品ではなく,現実にいてもおかしくないような化け物が出てくるのでなおさら怖いです。
あと,これを読むと生命保険に詳しくなったような気がしてきます。
この映画はとても古いです。

3位 天使の囀り

物語後半に明かされる秘密が結構意外で,後半は手が止まらなくなります。
ただ,そこまでが結構長い上に,なかなか秘密の正体がつかめないので,気が短い人はそこまでたどり着かない懸念があります。
この場を借りてネタバレしたい気持ちでいっぱいですが,出版社に怒られそうなのでやめておきたいと思います。

2位 青の炎

最後が非常に複雑な気分になる小説ですが,この人の作品でハッピーエンドって見たことがないですね。
実は途中の,いろいろと工夫して試行錯誤する部分が最も面白いのですが,映画版ではそこがまるまるカットされていた(そもそも文章でなければ無理っぽい部分ですけど)ので,小説を読んでください。

1位 悪の教典

表の顔は優秀で生徒に慕われる教師,裏の顔は悪人という教師の話です。

でもこれはわかる気がして,映像にするとただのバトル・○ワイアルになると思いますので,もっともな感想かなともいう気もしないではないです。
この作品も,ディティールが面白いので,ぜひ小説で読んでください。
これもラストが味方によってはバッドエンドですが,私は支持したいと思います。
最近映画化されて,そのイベントで某アイドルが,「私はこの映画が嫌いです」と 発言したことで話題になりましたね。

以上,初ブログでした。
一部批判も入りましたが,映画・ドラマ関係者の方ごめんなさい。



関連サイト
最新コメント
月別アーカイブ