気ブログランキングへ

毛馬マシュマロ(牝3、吉田)が1番人気に応えて2勝目を挙げた。スタートは良くなかったが、川田騎手が向正面で積極的に前へ押し上げて3番手を追走。直線に入るとしぶとく伸び、サクセスセレーネ(2着)に1馬身1/2差をつけて快勝した。不良馬場でも真っ白な馬体を泥で汚すことなく、力の違いをアピール。これで3戦2勝となり、今後が楽しみになった。
 マシュマロは昨年11月の京都で、白毛馬初のJRA新馬戦Vを達成。2戦目の前走は5着だったが0秒4差と健闘し、今回も勝ち負けが期待されていた。