2017年06月24日

閉店ガラガラ宝塚

2週前の土曜日の午後、散歩した時に通りかかった店舗に
衝撃を受けた告知があった。

IMG_5015


中央通りの中ほどにある文房具店が閉店していたのだ。
今から20年近く前に仕事でかかわったこのお店のロゴ。

今までいくつものお店や会社のロゴづくりに関わったが、その大半が倒産してきた。
最短で数ヶ月だったりはざら。
中には長く続いた地元では大きな企業が俺の作ったロゴマークに変更した2年後に
歴史的な倒産という事件も。。とにかく皆んな終わってしまうのだ・。
そんなデスロゴな俺の唯一の心の支えがこの文房具店でした。

唯一残っていただけに、、ちょっとした衝撃だった。

厳密には1階の不動産屋の社長の会社が残っているものの、、
社長は1日の大半を愛人宅で遊んでいるので、、時間の問題か?

閉店といえば、今年の春にショッキングな閉店があった。
それが、地元でも1番巨大なボウリング場が閉店したのだ。
今から25年近く前に半分のレーンを閉めて、、
空いたスペースにトイザラスがオープンした。

IMG_4920


半分閉めてトイザラスができちゃうというスケール感。
残ったレーンが半分でも、、おそらく60レーンぐらいあったのではないか?
70年代初頭のボウリングブームの後でも120以上のレーンがあって、、
週末には順番待ちのお客も多数。
こんな田舎町に、そんなにボウリングをやる人がいたとは
今となっては考えられないが、、

高校時代に、このボウリング場でアルバイトをしている時期があった。
どんな仕事かというと、稼働してないレーンの奥のピンを並べる機械を
石油のついた布で汚れを落とす作業。

隣のレーンでは普通にボウリングしているわけで、
間近でボウリングの球がピンを弾く瞬間の衝撃は結構怖いのだ。

もともとこの作業係は2人の年配の男性がいて、、
そこに俺と友達の2人が配属された形になったのだ。
ところが、このおじさんたちは何もしないのである。
「腰が痛くて辛いから」と
俺たちが機械の中にもぐりこんで油まみれで磨くのを、外から見ているだけ。

で、ただ見ているだけのおじさんは30分が限界らしく
30分ごとに「疲れたから休憩しようよ」と、、30分の休憩タイムがあった。
30分働いて、30分の休憩。お昼は1時間の休憩で
この休憩タイムでお茶を飲みながら
自称元陸軍バイク部隊だというおじさん達の、戦争中の話を聞かされる。

最初は面白く聞いていたのだが、何度も同じ話を聞かされているうちに
大半がフィクションなのでは?と思うように。。
作業よりも、30分ごとにこの陸軍バイク部隊の話を聞かされる方が辛かった。

終了後はヴォウリング場の経営するサウナに入ってから帰っていいのだが
1〜2度入ると、中にいるのは危ない業種のおじさん達のみで、、
怖かったので、以後は陸軍バイク部隊のおじさんが外に設置していた
小さな簡易露天風呂で体を洗ってから帰宅していた。

そんな思い出のボウリング場も閉店してしまうというのは感慨深いものだなと。

火曜日は近くの銀行の営業マン、キクチ君がやってきて
2ヶ月に1度の年金デーにお年寄りに配られる、おみやげのお菓子をくれた。
今月の年金デーに我が家のバア様はデイサービスに行ったので
このお菓子をもらえず、相当悔やんでいたので、、嬉しいだろう。

翌日水曜日はお昼の弁当を食べ終わった後に
「今日、パートさぼっちゃったので遊びに来ました」とラモスが事務所にやってきた。

おみやげにアンパンとソーセージパンを持ってきてくれたので
弁当を食べた後にもかかわらず、、それらを食いつつ
パートをさぼった人妻と仕事をしない怠け者のおじさんが世間話を楽しむ昼下がり。

なんというか、、また俺は太ったなと。

IMG_5086


翌日も、息子のいっ君を病院に連れて行くのでパートを休んだそうで
ハワイアンの店の前に集合して、3人でハンバーグを食う。
このハンバーガーは旨いのだが、、ボリューム感が凄まじく

IMG_5083


こんな感じのパーツを合体させて食うのだ。
ハンバーグを食いつつ再び世間話をしたりして、、2時過ぎに解散
俺は事務所に戻り、パソコンパチパチ地道に作業。

そして夜は、遅くまで事務所にいることになったので
駅ビルで半額に処刑された弁当を買いにいったところ
19時20分頃だと30%OFFだった中華惣菜のお店が19時35分過ぎには「オール半額に」
で、さらに、その斜めうしろの店舗で「山賊焼き」という

鳥の唐揚げがも100g220円が半額になっていたので、、
100g(110円分)ください。と注文すると。
なけなしの小銭を握りしめたホームレスのおじさんと思われたようで
「おまけしておきますね」とお店のおねーさんが余分に入れてくれて。。

いやいや、、そんなに食えないよ。と思いつつ。。

IMG_5087


こんなに購入してしまい、、全て完食してしまった。
昼のハンバーガーから、この夜の半額お惣菜ディナーまで、、
俺は果たしてこの日何カロリーを摂取してしまったのでしょうか。

夜は実家に宿泊し、、お腹がいっぱい過ぎて眠れなかったので
ケータイのダウンロード済みの海外ドラマを見ていたところ
目の前の襖に沿って、12cmくらいの赤くて太い紐のようなものが移動、、
何だ?と思って凝視すると赤いムカデだった。。。

うわーーーーとパニックになり、、格闘の末ムカデを半失神状態に追い込み
窓の外へ捨てた。。ああ怖かった。

翌日金曜日のお昼は前日の高カロリー摂取を反省して
スーパーで購入した流水麺の日本そばというヘルシーな食事をした後。

何を食ってもお腹がいっぱいになると眠くなってしまう「お昼寝病」という
不治の病にかかっている俺は
意識を失い、、椅子を倒して熟睡。

途中、事務所にツル君がやってきて目が覚めた時に
「俺はいったい何時間寝ちゃったのか???」と思ったら
40分程度だったと知って驚く。

お茶を飲みながらツル君と、世の中のあれこれを語り合う。
生まれた時からよくよく知っているツル君の息子シンちゃんは
この春、中学2年生になった。他人の家の子供の成長というのは本当に早く感じる。

そして夜は4階のOLのアッキーナと、彼女の親友のルミちゃんと
近所の居酒屋に酒を飲みにでかけた。
俺の息子とほぼ年齢が変わらないこの2人のお嬢さん、前回は
あまりに会話がかみ合わず5回TKO的な敗北を喫してしまったので、
若いイケメンのM田君も誘って4人での飲み会。

厳密には、お嬢さん2人は車を運転して帰宅しなくてはならずソフトドリンクで
俺とM田君が酒を飲み、、酔っ払う・・。
2人のシラフのお嬢さんに酔っ払ったおっさんの俺がセクハラトークをするも
好青年のM田君の絶妙なフォローで、今回は13R引き分け的な感じで終了か。

帰り際に、スマホで写真を撮影したりして、自分の両親と同じ年齢である俺と写った
ルミちゃんの憮然とした表情とは裏腹に、、
好青年M田君とのツーショットで満面の笑みじゃないっすか。

いやいや、ここで判って欲しいのは、
家では威厳のある感じで座っている俺と同じ歳のルミちゃんのお父さんも
夜の街では酔っ払って俺みたいな感じになっているはずだよと。。

IMG_5110


なんというか、、若い人々のキラキラ感が眩しい初夏の夜でした。

そしてあっという間の1週間。
気がつけば週末、本日も競馬の開催だ。

今週は平地重賞は1鞍。
春のG1シリーズの最後を飾るグランプリ「宝塚記念」阪神芝2200m。

グランプリというには寂しいメンバー構成の11頭。
G2レースと言ってもいい組み合わせ。
そんなレースに春競馬の絶対王者キタサンブラックが登場する。

中学生の相撲大会に白鵬が参加するようなイメージであり、
キタサンブラックがこの相手に負ける姿が想像すらできない。。。

他の馬が1コーナーを回ったところでゲートを出ても
手綱を持ったままでも勝ってしまうのではないか??
今年の宝塚記念はほぼ98%くらいの確率で、キタサンブラック圧勝するだろう
そのキタサンブラックの単勝が土曜の午後の段階で1.3倍もつくのだ。

1000万円馬券を買う人が300万円の利益を得るためのレース
それが今年の宝塚記念である。

通常はこんなに鉄板臭がするレースでは、直線追って伸びずの
伏兵が差し切ったりもするケースも過去の競馬の歴史では度々目撃されている。
が、キタサンブラックの脚質が「先行・時々逃げ」であり
悪天候予報も相まって今年の頭鉄板度はかなり高いと思う。

そういは言っても98%の確率で圧勝と書いたものの、競馬に絶対はない。
残る2%のマイナスのファクターについてまずは考えてみたい。

過去10年天皇賞春を勝った馬が宝塚記念を勝ったケースはゼロ。
過去20年遡っても天皇賞春→宝塚記念の連勝は
ディープインパクト、ヒシミラクル、テイエムオペラオーの3例だけ。
ともに前年に菊花賞を勝った4歳でのできごと(テイエムは旧馬齢表記のため5歳)

今年のキタサンは5歳馬である。
天皇賞を連覇した絶対王者のテイエムオペラオーも5歳時には宝塚の連覇は不発に終わった。

しかも今年の天皇賞春はレコード決着である。
これが、機械であるなら話は別であるが、サラブレッドは生き物だ
長距離馬としては巨体の部類の536kgのキタサンブラックに負担がなかろうはずはない。

ただし、今年の宝塚の相手もイマイチな顔ぶれで、
近1年でキタサンブラックに先着した馬3頭は不在。
肉薄した馬も前走天皇賞春の2着シュヴァルグランのみ。

しいてあげれば、昨年末の有馬記念キタサンが2着の0.1差に追い詰めた
有馬3着馬02ゴールドアクターが打倒キタサンブラックの筆頭格。

ただ、このゴールドアクターは阪神コースが初体験なうえ
勝ち鞍の全てがホームの中山・東京コースと滞在競馬の札幌コース
3度遠征の京都コースでは勝てないレースが続いている。

反面、前走天皇賞春で敗れて宝塚を勝った馬は、
阪神コースと似た直線急坂の中山コースでG1レース勝ちのキャリアの持ち主。
一昨年の有馬記念の勲章を持つゴールドアクターが
急坂の阪神コースで復活するシナリオも無いとはいえない。
危うい部分を持つわりにオッズ的な魅力も少ないのも事実。

キタサン絡みで馬券勝負するなら、
02ゴールドアクターと10キタサンブラックの馬連に
抑えは02→10の馬単のみに太く投資が正解だろう。

が、少額投資の馬券勝負生活。グランプリなので夢を見て穴馬から攻めてみたい。

狙いたいのは07レインボーラインだ。
阪神急坂コースで産駒の好走ケースが多い父ステイゴールド。
そして母系に流れる、重馬場巧者、レインボーアンバーの血。
菊花賞2着はあるものの、元々は京都や東京コースでは用無しの馬。
変わるとしたら2戦2勝の得意な阪神コースで1発に賭けてみたい。

相手筆頭は同じくコース巧者の06シャケトラ。
3番手に02ゴールドアリュールと10キタサンブラック。
堅実な05シュヴァルグラン、11サトノクラウン

大穴ならば3歳時に重の阪神芝2200mのすみれステークス快勝経験を持ち
阪神の芝中距離では大崩れの無い03スピリッツミノルが熱い3着候補。

07レインボーラインの単勝
07→06、02、10、05、11、03の馬単に
07→06、02、10→06、02、10、05、11、03の3連単フォーメーション15点で。

2番人気の紅一点08ミッキークイーンは昨年の牝馬マリアライトの勝ちもあり人気だが
未勝利勝ち以降、牡馬の混合戦でことごとく敗れ去っている部分を重く見て無印に。

競馬は世相を映す鏡と言われているが、、
今年の上半期1番の話題は 「組織的犯罪処罰法改正案」。

そこで勝つのは「陰謀」の文字を持つ
「レ陰謀ライン」というオチだったりしたら笑う。


冒頭に閉鎖した田舎町の大型ボウリング場に人々が列をなした時代
こんなドラマが放送され、、熱狂して毎週楽しみにしていた。




キツイ目力が魅力の新藤 恵美、、今でもイケそうなオネーさんです。


おしまい。。

adlyan at 15:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月20日

集会

先々週の土曜日に競馬の予想をアップした後、
お昼を食べに出たついでに、久しぶりに街を徘徊してみた。

子供の頃よく行ったプラモデル屋さん、、その名も「トーキョードー」
10年程前の日記に書いたけど、この昭和の田舎街のちびっこ憧れの「トーキョードー」の
店舗が鉄道模型のミニチュアとして販売されているという
ローカル紙の記事を目にして、、「いつか買いにいかなくちゃ」と思い

その「いつか」が10年も経ってしまったという、ものぐさな生き様。
さすがに、、もう売り切れているかも、、と思っていたが

IMG_5014


残ってましたトーキョードーのミニチュア!!
実店舗(写真左)を忠実に再現、、看板はTOKAIDOになっているものの
いや、もう、、なんというか、モーレツに素敵なミニチュアだ。

かなり久しぶりに店に入ると、いつもいたおじさんは不在で、、
おじさんの娘さんが「父は病気で私が後を継いだんです」と言っていた。

この娘さんは推定年齢が俺とほぼ同世代で、、
ということは、ちびっこの憧れ「トーキョードー」で暮らしていたわけで
小学生の頃はかなりモテモテだったのではないでしょうか。

店内は、「あれ?こんなに狭かったっけ??」と感じたが

IMG_5013


俺が3倍くらいの大きさの大人になったから。
古いお店とはいえ現役のプラモ屋なのに、ガンプラが置いてないところが凄い。

とはいうものの、、俺がミニチュアを購入している直後に3人のお客さんが来てたので
それなりに重要なニーズが今もあるみたいで嬉しい限り。
そのうち、プラモデルも買いに行こうかなと思ったりした土曜の昼下がりでした。

夜は、中学の同級会。
あまりにも頻繁に開催するので、、もはや少人数の集まりで
おばちゃん達のグチ大会という感じが悲しい。

ひとりのおばちゃんは旦那としばらく口をきいてないそうで、
その理由というのが、、
「海苔巻きを一生懸命作ったのに、、美味しいの一言がなかった
冷奴が一番美味しい、と言われてブチ切れたんだよね」と、、、

それって、、酢飯にするのに、ご飯普通に炊いたから
酢飯が柔らかくなりすぎてさ、、海苔巻きが美味しくなかったのではないか?
と思ったが、、怖いので口には出さず・・。

先週の火曜日は、お昼に郵便局に荷物を出しに行こうと思ったら。
若いお嬢さんの2人組が俺を見て、「ああ!」と。。
娘の幼なじみの、スーちゃんとカヨっぺでした。

俺の顔を見て「ウケる〜」と言われた・・・ウケるのか俺の顔は。。

IMG_5025


で、一緒に写真撮ったりして。
カヨっぺは就活中で、、その合間にスーちゃんとお昼を食いに来たらしい。
スマホを見ながら、横文字のレストランを捜索中だったので
そこのビルのところだよ、、とイケダヤを教えてあげました。

金曜日は、仕事をサクサクっとかたずけて、、
午後の新幹線で東京へ。

途中、大宮で下車し、、電車を乗り継ぎ赤羽でカメラのS君に
印刷物を渡した後に、再び電車を乗り継いで恵比寿のS木事務所へ。
すでにA君もいい感じで酔っ払っていた。

恵比寿某所のデザイン事務所にて
3人で酒を飲みながら、ヤマシタタツローの「甘く危険な香り」のCDをかけ
語り合う。。文字にするとお洒落な週末だが、、、

黒ラベルだったり、チューハイだったりを飲み
海苔巻きを食いつつ、、懐かしの歌謡曲を聴いている一環での「甘く危険な香り」
音楽がなければ、、絵的には、、こ汚いおっさんの公民館の寄り合いだ。
「俺はジュンコの黄色いリボンが聞きてーな」と、、そんな感じの夕暮れ。

3時間ほど飲んだタイミングで、俺の息子が
パジャマにゴムゾウリという夏の正装でS木事務所にやってきた。

「何も食ってないんだろ」とS木君がパスタを作ってくれたり、
冷蔵庫から勝手に酒を出して飲んだり・・・

ちなみに、このパジャマゴムゾウリ青年は給料日まで後2週間もあるのに
「サイフと銀行口座合わせて6円しかないんだよねゲラゲラ」と言っていた。
この日の昼は仕事ででかけた銀座の某おしゃれビルに、
自作の弁当を持参で行ったらしい。

終電もそろそろ無くなり「じゃあ、せっかくなんでもう1杯飲んで帰りましょう」と
S木君の案内で近所のライブバーへ。
お客の大半が外国の人で、、、ステージにも外国人のおじさんバンドが。

2階のバルコニーのテーブルで4人でビールを飲みながら
ライブを見ていると、、パジャマゴムゾウリ青年がいない。。
1階のステージ前で、、フラフラと踊っていた。

IMG_5046


その後、バンドマンとコミュニケーションをとり、、
足立区在住の黒人ベースマンと仲良くなったそうで
「今度飲みに行きましょう」と約束したらしい。全財産6円なのによく飲みに誘えるな。

ということで、またしても小遣いを渡したら、
「あーこれでホワイトファルコンの今月分のローン払えるよ」と言うので、、
冷や汗かきつつ、、もう1枚・・・。


その後、「明日早いから俺帰るよ」と、A君がタクシーで帰宅
ちなみに彼の「早い時間」って新大久保に10時である。全然早くない。

S木君とビールをもう1杯飲んで解散。
俺はタクシーで、パジャマゴムゾウリ青年こと息子のアパートへ。。
アパートに到着したら相当酔ったみたいでキモチ悪くなり、、
息子のアパートのトイレで胃液を吐いたりして、、そのまま就寝。


翌朝9時過ぎに起きて10時に息子のアパートを出て武蔵小山を目指す。
ちょっと早めに行って、、喫煙可能な喫茶店に入り午後からの会議に備え
資料作りをしよと、、アーケード入口のカフェの2階にある喫煙コーナーに
トレーを持って上がっていくと、、

「あーお久しぶりです!」と午後の会議に一緒に参加するSSさんに遭遇。
やがてKさんもやってきて、、世間話で1時間、、結局資料の最終確認はできず、、

このSSさん達の話が面白すぎて、、
あんた、そんなでかい声で、そんな話しいちゃったら
他のテーブルでパソコンいじりながら聞いてる人がネットの掲示板に書き込むんじゃない?
と、、ちょっと心配になるくらいのマシンガントーク。。


ちなみにこのSSさんも馬券好きで、、
「俺は負けないんだよね、的中率は低いけど回収率が凄いんですよ」などと言いながら
馬券で購入した、、こんな腕時計を見せてもらって、、、

IMG_5050


スゲー!!これを4つくらい持っているらしい。
ちなみに、、このベルトは、俺の外れ馬券なのかもと思ったり思わなかったり。。

ちなみに俺も昔、大勝ちした時に記念に高額腕時計を購入したが、
このSSさんがこの日はめていた腕時計で、俺のが4本も買えてしまうという
恐るべき金額で、驚きでした。


そんな感じで気がつくと11時半になり
一旦、馬券仲間のギムレット君と駅前で待ち合わせしていたので退席。

ギムレット君と、会議の前に軽く飲もうと、
「焼肉屋に行きたいな」というので、、さすがに昼から焼肉は
もたれて厳しいので、、お願いして鰻屋に行ってみた。

IMG_5051


で、酒を飲み、うなぎを食いながら1年ぶりの近況報告をしたり、、
午後からの会議の作戦をたてたりしたあと、、会議の現場の某公共施設の会議室へ。

IMG_5052


今年も白熱の会議が繰り広げられるも、、
また今年も俺のピントが他人とちょっとずれていたようで、、
白熱加減に加われず、、大いなる不安をかかえたまま会議は終了。。

そのあと、、参加者の皆さん総勢十数人で商店街の大阪居酒屋で
打ち上げ的な飲み会を始める。。

IMG_5053


ああ、昨日の夕方から俺はずっと飲みっぱなしだなと思いつつ、
この会議の人々とは年に1度しか合わないものの、、もう大分長い付き合いなので
話しもはずむ。。

さらに、SSさんを中心とした驚くべき話しの連続でまたしても大いに盛り上がり
3時間程度飲んで、、勘定は全て飛竜さん持ちという。。ごちそうさまでした。

そして電車で、、この日の宿でもある娘のアパートで、、
酔っ払ったのと前日からの疲労で、先に娘のアパートに侵入し
いびきをかいて寝ていると、、娘が駅に到着したよ。。と連絡があり
10時過ぎに合流し、、何が食いたい?と聞くと「焼肉」と、、

昼間ギムレット君と焼肉食わなくてよかったなと、、しみじみ。
「じやあ牛角にでも行きますか?」というと、、
「今日は部活帰りでちゃんとした格好じゃないから牛角はちょっと」と、、、


いやいや、牛角は、むしろちゃんとしてない格好で行く焼肉店では?と思ったが
結局、いつも行く格安焼肉店へ、、
ちなみに、この焼肉店がどのくらい安いのかというと、、
1番高いメニューが「厚切り牛タン」450円。。。汗。
大半のメニューが300円前後という信じられない良心的なお店。

IMG_5065


またしても、緑茶ハイを飲み、290円のカクテキをボリボリ食いつつ、、
娘のキャンパスライフの楽しげなお話を聞く夜の杉並焼肉店。。


飲んで、食って、、スーパーで洗剤や食物を購入して
アパートへ戻り、録画してあったリバース最終回を2人で鑑賞。
いや、、正直、、最終回の1つ前で終われば歴史的なドラマだったのに、、
最終回が余計でした。。などとブツブツ言いながら意識失う。。

翌日、日曜日は娘が部活のため9時半に部屋を出て、、
俺は翌週に娘の部屋に泊まる友達のミクのために、、俺の加齢臭の染み込んだ
シーツと布団カバーを洗濯し、乾燥機へ。
シンクの茶碗を洗ったり、、俺はなぜ娘のアパートで毎度こんなことをしているのか。

そして昼過ぎにアパートを出て中央線で西へ。
この週末は、諸事情でいくばくかのアブク銭が。。

そんな男の週末、やってきたのは東京競馬場でした。
IMG_5072


先月は暑くて熱中症になっちゃったけど
この日は曇り空で涼しくて、、いい感じのチューハイ牛すじ日和だった。

安田大明神にお参りした効果で序盤から的中も
全額転がし、、、そして失敗、、
気を取り直し、、どどんと3連単的中も、、またもや全額転がし失敗。。

起死回生を狙って、、各場のメインレースに再びドドドドンと入れて
全て不的中、、、

IMG_5077


今年は2月と5月に来た時はプラスだったので
「2度あることはサンドピアリス」有名な競馬の格言となるかと思ったが、、
世の中そんなに甘くない。涙雨が身にしみる。
まあいいや、、アブク銭なんだもの・・と自分に言い聞かせる。
この日も見知らぬ誰かのブルガリのネジ5本分くらいを吐き出したのかな。



途中、雨が降ってきたので、屋内の、
IMG_5076


こんなおしゃれな巨大モニターが便利だ。

そして最終レースの頭にしたルメールの4着を確認したあと
電車を乗り継ぎ、、大宮から新幹線に。
自由席は結構な混み具合で、立っているお客も多いのに、、
あきらかに未就学児童の子供にひとつの席を与えて、、
さらに隣におもちゃを置いて遊ばせている。
そのチビッコは電車代払ってないんだから、親のヒザに乗せろよ。。
と声に出す勇気はない陰気なおじさん。。

インド人の青年の隣の席が空いたので、疲れはて、、気が付いたら地元駅へ。

スーパー銭湯に行って、、家に帰り、、ビールを飲んで就寝という
慌ただしい週末でした。


A君が好きだと言っていた



ジュンコサクラダの黄色いリボンを聞きながら

おしまい。。。



adlyan at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月10日

69な野郎のエプソムカップ

金曜日は6月9日で「今日はロックの日です」と言っていた。
歳をとるにしたがって、、ロックという肩書きは自ら身にまとうものではなく
自然に醸し出すものなのではないか、、と感じるようになった。

見た目が昔ながらの雛形にあてはまったいかにも「ロックバンド」っぽい姿をしていると
「ロック」ではなく「ロック風」という感じが強くなって
本来のロックから、、かけ離れたものになってしまうような気がする。

逆にアコギ1本の熱唱でもそれが、「ああロックだな」と思うことも多い。

人によって感じ方は様々なので、、なんとも言えないけど
例えば「氷の世界」の曲間の空白に妙にロックを感じるようになったのは
やっぱり歳をとったからなのかも。


先日、某君が「自分はロックが好きなんですよ例えば・・」といって上げたのが
有名な日本のビジュアル系?の老舗バンドだったので、、
それって、、なんかロックというより、、ロック風というジャンルだよねと感じた。

その翌日イケダヤ食堂で食ったイケダヤ食堂の
甘いスープの醤油ラーメンのメンマまでが甘くて
味噌汁からラーメンまですべての食物をとことん「甘く」する
イケダヤの親父のひたむきさに「ロック」な魂を感じたり。。


まあ、なんというか、、6月9日にそんな思いが駆け巡ったりするわけです。

最近は、、あんまり人が来なくなった我が事務所だが、、
今週は珍しく色々な人がやってきた、最近ではレアなウイーク。

月曜日は、、毎年この時期にやってくる俺の大好物でもある
「新入社員の飛び込み営業」がやってきた。


今年は某社に入社したてのアキラ君という青年で、コピー機の飛び込み営業だった。
まあ「コピー機はいらないけど、中に入れよ」と事務所の中に招き入れて話を聞く

「あのですね、御社ではコピーの機械は」と聞かれたので
持ってたけど、12年前に捨てたよ、、使わないからね。。と。

そもそも今の時代にコピー機を売って歩くのは厳しいだろうと問うと。
「はい!全然売れません、話しすら聞いてもらえません」と

いやいや、、普通に飛び込みでコピー売りに来ました!なんて言っても
普通は取り合ってくれないでしょう、、
次からさ、、こうやって営業してみたらどうなの?と
次々と秘策を伝授してあげると、、
「ああ!それ、いいですね」などと感謝される。

都会の大学を卒業するタイミングで彼女に別れを告げられたそうで
さらに飛び込み営業の研修で手痛い洗礼の連続で心が折れていたそうで

「こんなに話しを聞いていただいてありがとうございました」と感謝されるが
いやいや、俺はコピー機買わないからね、、、
ちなみに驚いたことにアキラ君のお母さんの年齢が42歳だと。。
う〜ん、、次はお母さんと一緒に来てください。。とお願いしたりして。

そんな飛び込み営業マンを相手に遊んでいるタイミングで
ウォーリーが仕事の打ち合わせにやってきたので、
アキラ君に名刺交換させたりして、、でも、ウォーリーもコピー機買わないけどな。

頑張れアキラ!


翌日火曜日朝、東スポを読みながらコンビニで購入した
「コールスローサラダパン」を食べ終わったタイミングで、
いっ君を保育園に送り届けた帰りにラモスがドーナツと大福を手に遊びに来た。

なので、引き続き世間話をしながら、大福とドーナツを食べて、、
すこししてお昼になったので、一緒に定食屋に行き「カマスの塩焼き定食」を食という
朝から立て続けに食い過ぎだよね。。これじゃ痩せないはずだ。

ある程度太ってしまた後はその増加曲線が緩やかになり
2kg痩せた後に2.5kg太るという感じであったので
「もう、さすがにこれ以上は体重増えないだろう」と、、
なんの根拠もなく勝手に思っていたのだが。。

水曜日の昼に、、マトヤへお昼を食いに行ったところ
C定食1つ!と注文してカウンターに座ったところ、、
隣で唐揚げ定食を食っていたおじさんに「こんちは!久しぶり!」と言われる
ああ、ツルタ君じゃないの。。

俺が高校生の頃バイトしていたイベント会場に遊びに来ていた中学1年生のツルタ。
それから、、ずっとの付き合いなので長い。弟みたいな感覚だ。
当時から豆タンクみたいな体型の、いい感じの肥満児で、、
以後、、身長はさほど変わらないものの風船のように膨らみ続けている。

が、昨年だったか、、一緒に酒を飲んだ時に聞いた話では
その直前に無呼吸症候群から意識不明になり入院、死にそうになったと
なので、もう太らないようにしないと。。話していた。
確かに去年最後に会った時は、、もうマックスの状態という風貌で
さすがに、、もうお前はそれ以上太れないだろう、、なんて話していたが

水曜日、、唐揚げ定食を美味そうに食うツルタが一回り大きくなった気がした
あれ?お前、、また膨らんだ? と聞いたところ、、
「うん!20kg、、あじゃない10kg」と言っていたので驚いた。。
訂正したものの恐らく「20kg」の増加だったのだろう。無呼吸は大丈夫なのか?

死の危険と隣り合わせで食う「唐揚げ定食」のお昼。
これもある意味「ロックな魂」なのかも、、と思ったり思わなかったり

「もうこれ以上太らないだろう」などと思っても
太ることに上限はないのだなというお話でした。

事務所に帰り、作業をしていると、、
某銀行の営業マンのキクチ君がやってきた。
間も無く奥さんが2人目を出産間近だそうで、
「家にある車2台を処分してワンボックスカーを購入しようかと思っているんです」と

その現在2台ある1台がスズキの軽自動車で10年物のベージュの車だそうで、、
もしかしてこれ?と机の上にあったトミカを見せたところ、、
「おお!まさにこれですよ」とコーフンしていたので、、
そのベージュの軽自動車のトミカを進呈する。

という、、そんな感じの1週間、今週読んだのが
清水義範著「バスが来ない」という短編集。

51Gf4Gfk-7L


歩くと駅まで15分という路線バスのバス停で時刻通りにやってこない路線バスに
やきもきする男の話し。他、、吸いたいタバコの銘柄を求めて出張先の町を徘徊する男。
コケシを深く愛し、コレクションする男たちのお話と、、新作落語のような短編集。
淡々と進み、、淡々と終わる物語が、お昼休みの読書向きの1冊だった。

というような1週間の果てに、、週末がやってきた。
今週も競馬の開催。

春のG1も2週先の宝塚記念を残すのみとなり谷間感が漂う開催。
今週の重賞は日曜日のみで、日曜日は初夏の訪れを告げるエプソムカップ
東京コース、芝1800mの一戦。
非根幹距離である芝1800mには昔から巧者が存在する。
最近では昨年の勝ち馬ルージュバックがそんな馬だった。。

で過去10年の勝ち馬10頭中、実に7頭が4歳の馬たち。
4歳馬で、今後1800mでのみ活路を見出すであろう馬を探せばいい、、
そんなレースでもある。

フルゲートの18頭中、今年エントリーした4歳馬は4頭
その中で唯一1800mを2勝しているのが14タイセイサミットだ。

芝1800mに限れば5戦2勝、2着1回、3着1回で
唯一馬券外に飛んだのが、未勝利勝ち直後の東スポ杯2歳Sの6着で
これとて、勝ち馬からわずかに0.4差だった。

前走東京のオープン特別程度走れば、ここも勝ち負けだろう。

相手筆頭は、府中コースに高い適性を示す同じ4歳馬の07マイネルハニー
以下古豪の1800mスペシャリスト達
02フルーキー、04ヒストリカル、17レッドレイヴンの3頭に
1ハロン長いのでは?と思うけど素質の高い人気の4歳馬10ストラエンブレムに
安田記念をスライドして必勝態勢の06デンコウアンジュ

14→07、02、04、17、10、06の馬単と
余力があれば3連複で

そして日曜日は阪神で牝馬の重賞マーメイドステークス 芝2000m

昨年のオークス3着で、秋華賞で1番人気に押された11ビッシュ。
前走の中山記念で10着敗退も0.5差なら展開ひとつで上位進出も可能だった着差。

人気の下がった今回が狙い目! 阪神の急坂での復活を期待して頭は11ビッシュ
相手筆頭は、ちょっとハンデキャッパーのハンデのつけ方に情熱を感じる
01アースライズ。54kgじゃ重いのではないか?と思うが
逆に考えたら、、このぐらいの底力があるという証。

以下格上10マキシマムドパリ、04クインズミラーグロ、05トーセンビクトリー
穴なら、コース巧者の03プリメラアスールと07リーサルウエポンの2頭。

11→01、10、04、05、03、07の3連複で。

なんとなく、土曜日に重賞がないと平和な感じだ。

最近BSの番組でミソラヒバリの特集が多いのだが
先月末で生誕80周年だったらしい。。。




海の苦労をグラスの酒に、飲んで忘れちゃう、、
俺もそんなロックな男を目指したいと思いながら。。。


おしまい。

adlyan at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年06月03日

ヤギと安田

スマホのOSを更新した後にパソコンで同期するとなぜか出るメッセージ
それが

IMG_4936


これで「認証」ボタンを押すと、IDとパスワードを問いかけてくるので
入力するとエラーメッセージが。
なので「認証しない」を押すと、こんどはスマホ本体の方に
「あなたのIDを使って宇和島から不正アクセスしようとしていますが」とメッセージが

宇和島に俺のスマホを狙っている秘密結社の存在があきらかに、、、
なのでパスワードを変更し、また同期すると、パソコンに同じメッセージが

そして上記の作業を何度も繰り返して、、結局同期を諦めてしまったんだよね、、
という話しをカンちゃんにしたところ、、

「GPS機能の異常だと思うので『宇和島の〜』とスマホにメッセージが出たら
オッケーしてみてはどうでしょうか」とアドバイス。

でその通りにしてみたら、、治りました。
ちなみに調べてみたところ、、俺の暮らす田舎町と宇和島の距離は約800km
自動車で10時間、徒歩なら6日かかるらしい。。そんな離れた距離だけど。。

世界地図で見たなら、ほんのわずかな距離で、、まあGPSが間違えるのもしょうがないか。


そして、今朝から出ているメッセージは、、

メッセージ


同期セッションが開始できません、、てなんだよ。
何回やっても同じメッセージが出るので諦めたりしたが。

そもそも、ポケットに入れておくと、画面ロックしてあるのに勝手に電話かけちゃうし。
どーなってんだよ、、もうスマホ卒業したい。。

過去の日記を振り返ってみると、、毎年ダービー終了後の6月初めは暇で
今年も例年通りのゆるい1週間。。

お昼を食べに遠くまで歩くことも、、
週中、炎天下のお昼に、、食事に行こうとしてボーっと歩いていて
知らぬ間に横断歩道を渡ろうとしたところ「赤信号だよ」と、、、
偶然会ったツル君の奥さん、チーちゃんに注意される・・・

そしてその2日後夕方事務所に、「これから葬式に顔出さなきゃ」と言いながら
旦那のツル君がやってきた。1ヶ月ぶりか?
1ヶ月間蓄積した身の回りのの話題を語り合う。。

そういえば、、今週事務所にやってきた人は金曜の夕方のツル君だけ?
最近は、メールの添付と電話でほぼ完結してしまうので
生身の人間には中々会わなくなったのだ。

会話したのも、、他ではイケダヤ食堂のおばあちゃんに
「あーあんた、、たまには遊びにおいでよ」と。。言われたくらい。

「たまにはランチを食いにきなよ」が正しいのではないか?

このおばあちゃんは、、「風呂入りにこい」とか「遊びにこい」とか
俺のことをずっと近隣で寂しく暮らす「無職の可哀想なおじさん」と
思っているらしい。まあ当たらずしも遠からず。。

日中は、エアコンかけて、、涼しい部屋で読書したり。。
今週読んだ本の中で、、1番印象に残ったのが

81rd0RpON1L


「実録 あなたの知らないオカルト業界」という
オカルトというか、、精神世界や神秘的なパワーを仕事としている業界の
潜入ルポ的なお話だった。。
最近、よく読むこの「彩図社」という出版社の文庫。
なんとなく胡散臭い内容が俺向きだ。。

この本も、、様々なオカルト業界をレポートしているのだが、、
サンプルが少なすぎる点が内容の薄さとなってしまっているので
1時間程度で読み切れてしまう。
まあイマイチな内容も・・サブ的なストーリーが面白い。
オカルト取材で知り合った2人外国人男性との物語として読めば
悪くはないかと思ったりしたが。

誰にも会わないので。。俺の物語も薄っぺらい1週間。。
昨日は、卓球世界大会の熱戦を観た後に、、
録画してあったドラマ「リバース」を観た。
今期の民放ドラマではこれが1番面白いのではないか?

その中でちょっと感動したのが
主人公の大学時代の友人の県会議員とその奥さんのシーン。。

りば


この男性の父が三浦友和で、、母が山口百恵
そして奥さん役の女性の父が、水谷豊で、、母親がキャンディーズの蘭ちゃん。

もしも現実社会で、この2人が結婚したりして子供が生まれたら
かなりの良血なのだなと思うのは、、俺が競馬ファンだからか?

うーん、願わくば、、母方の血に山口百恵がいたほうが、、
そんなドラマとはまるっきり関係ない感想した翌日土曜日とその翌日の日曜日は
競馬の開催。。

ダービーが終了し、、春のG1シリーズも間もなく終了。
高松宮記念から始まった9つのG1レースで予想が的中したのが
オークスのみという、、今年も散々な結果となった。

そんな散々な結果の競馬ファンに向けて、、
なんとか回収させてあげようじゃないのというJRAからのサインが登場した。
それが、今朝のスポーツ新聞に掲載された1ページ広告だった。

今年のキャンペーンは男女4人のキャラクターを使用しているのだが
なぜか安田記念に登場しているのは、、その中の1人
柳楽 優弥(やぎら ゆうや)だけだ。。

名前に注目してほしい、、、「ヤギ」らゆうや。。
今週の安田記念は恐らく「ヤギ」に関連した決着になるのではないか?
そう思って調べたところ、、

3つ前のヴィクトリアマイルで黒い帽子の2枠3番ジュールボレールが7番人気で3着
2つ前のオークスでは1、2着が白い帽子の、
1番人気ソウルスターリングと6番人気のモズカッチャン
そして先週のダービーでは、、黒い帽子の2枠4番スワーヴリチャードが2着。

ヴィクトリア(3着2枠黒)→オークス(1、2着1枠白)→ダービー(2着2枠黒)
黒、白、黒と馬券になっている。。

ヤギと言えば「黒ヤギさんと白やぎさん」のお手紙の歌だ。
黒と白が2つでワンセットのこの歌、、、今週の安田記念は「白」の順番
これがJRAから発表された、馬券被害者への救済措置メッセージだ。。

ということで、1枠の2頭を見てみたところ
01トーキングドラム7歳
02ディサイファ8歳。。

過去10年、、馬券になった30頭は全て7歳以下の馬である
そんな点を考慮したら、、、01トーキングドラムの3着以内はカタイのではないか?
7歳馬とはいえ、今年5戦2勝、負けた3戦も大敗ではない。
現時点(土曜の昼)で16番人気。
先行可能な脚質でインの好枠をゲットした今回狙って面白いかも。



過去10年、馬券になった馬で最多なのが6歳馬で全30頭中11頭
7歳馬も3頭が馬券になっていて、6〜7歳馬で過半数に近い14頭が馬券になっている。

近年の古馬G1では4〜5歳馬が圧倒的に馬券率(3着以内)が高いという点からも
ちょっと異例のG1レースかも。

しかも内枠が有利で、過去の1〜2着馬20頭中13頭が9番よりも内枠にゲートイン

で、勝ち馬は前走マイル以下の距離の重賞で連対。
例外がオープン特別1着から勝った2010年のショウワモダン。
この馬は同年のマイル重賞、ダ0ビー卿チャレンジトロフィを勝っていた。

2012年のストロングリターンは京王杯SC4着からのステップも
前年の安田記念で2着だった。

勝ち馬のイメージ像は、、6歳以下の馬で
整理すると、前走マイル以下の重賞で2着以内か、
G1連対経験馬もしくは半年以内にマイル重賞勝の経験を持つ
前走マイル以下の重賞掲示板(5着衣以内)

06レッドファルクス
08エアスピネル
12ビューティーオンリー
13ロジチャリス
15イスラボニータ

勝ち馬はこの中にいるはず。
さらに、6歳馬、、内枠有利のフィルターで浮かび上がるのが
06レッドファルクス。
マイルは1戦で勝ち星はないが
直近1年の1400m以下での充実度が高く、、このメンバーならマイルでも

相手は、08エアスピネルと、15イスラボニータのマイラーズカップ1、2着馬
マイルの王道と勝手に思ってる東風ステークス〜ダービー卿と好走続きの12ロジチャリス
インに入った横山が怖い実力馬04アンビシャス
ヤギの法則でひっかかった阪急杯馬01トーキングドラムと
昨秋、同舞台のマイル重賞勝ち馬17ヤングマンパワー

ここまでか?
外国馬2頭で怖いのは昨年惨敗の05コンティメント
モレイラで必勝態勢が不気味だが、、多頭数では厳しいと思うので切りました。

06→08、15、12、04、01、17の馬単と3連複で

そして本日は鳴尾記念
地味なメンバー構成の阪神芝2000m。

開幕週の阪神で単騎で逃げられそうな09ステイインシアトルから

相手は人気の08スマートレイアー、05バンドワゴン、06デニムアンドルビーに
前走重賞2着の03マイネルフロスト
穴なら2頭の4歳馬02スピリッツミノルと10ミュゼエイリアンの復活。

09→08、05、06、03、02、10の3連複で。


本日は先週の事務所掃除の片付けをしながら
鳴尾記念の観戦予定。

外は6月なのに風が冷たく、、半ズボンとTシャツで出勤してしまったことを
やや後悔しながら、、

おしまい。。。

adlyan at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月28日

旅路の果てに2017

駅前に移転オープンした蕎麦屋はザル蕎麦が540円で大盛り無料。
移転前からたまに行っていて、安いなと思っていたが
天ぷらは別途、自分で選んで会計するスタイル。まあだいたい150円くらいか。

で、今日の昼は事務所に近くに遊びに来ていたラモスと息子のいっ君と
その隣りにある和食居酒屋のランチメニューを食べた。これが1080円
隣りの蕎麦屋の倍の価格だ。。
ちなみに、こちらはザルそば1人前+かき揚げ+握り寿司6貫付。
イメージ的に倍なので高いな。。と思ったが
冷静に考えてみると、、お寿司6貫とかき揚げが500円ってこと。
これは、もしかしたらそんなに高くはないのではないか?と思ったりしたが。
今日は競馬の祭典の日なので、蕎麦ランチを食いながら俺は生ビールを飲む。

4月から保育園に通ったいっ君は、怒ると眉間にしわを寄せ
怖い顔をするようになった。ラモスにはそれが気になるらしいが、、
恐らく保育園の友達の誰かがやっているのを覚えてきたのだろう。
誰かの真似ができるようになった事に驚いた。。
他所の家の子は本当に成長が早いなと感じる。

IMG_4991


ご飯を食べてもかき揚げを食べても、、アイスを食べても
必ず左の袖でゴシゴシと口を拭くので
彼のシャツの袖口は、さぞや美味しいエキスがしみこんでいるのだろうなと
思ったりして。




そして2時過ぎに、事務所に戻り、、モニターの前に正座し
ダービーが始まるのを心待ちにしていた。
8レースはダービーと同じ距離の古馬1000万下の青嵐賞の結果をみると
2分23秒8。。今年はダービーも速い決着になるのか?と思っていたが。

ダービーを待つ間に青嵐賞とダービーの連動性を発見してしまった。
直近の4年青嵐賞でビリに敗れた枠が2レース後のダービーで2着以内に来ているという法則。

今年の青嵐賞のビリは7枠だった。。
これはもう間違いなくダービーは7枠のカデナで鉄板なのではと思ったが。。

ちなみに去年の青嵐賞のビリの枠がダービーで2着し、ブービーの枠がダービで1着だった。

今年の青嵐賞のビリは7枠だけど、、ブービーは6枠だった。
そしてダービーを勝ったのは6枠のレイデオロ。
ああ、去年から連動性が変わったのかなと。。
来年は忘れずに、、青嵐賞のブービーの枠をダービーで狙いたい。


そして、ダービーはあんな決着に。
我らが福永騎乗のカデナは残念ながら11着。
1000m通過が61秒のゆるい流れだったので、もしかしてイケるんじゃないかと思ったが。。
そこからさらにペースダウンし、、勝ちタイムが2分26秒9という凡タイム決着。
騎乗している騎手18人中17人が、、このまま流れたら「俺の馬が勝つ」と思ったのだろう。

唯一そう思わなかったのが勝ったレイデオロのルメール。
バックストレッチでいきなり加速して上昇し驚いたが、、
それが正解だったのだろう。

今日のダービーの流れだったら、どの馬にも確かに勝つチャンスはあった。
ただし、ルメールが騎乗していればの話。
ルメールだったらどの馬でもダービー馬にさせていたのではないかと思わせる好判断。
騎手の勝負勘がこんなにも違うとは驚きのダービーだった。

今年の勝ち馬レイデオロはサンデーの血が流れていない血統。
母の母はディープインパクトのお姉さんで。

このレイデオロが今後活躍し種牡馬になるととても面白い。
そう考えると今年のダービー馬は意義のある勝ち馬だったのだ。

レイデオロの母の父はシンボリクリスエス。
3着のアドミラブルの母の父もシンボリクリスエス。

クリスエスはサンデーの血を持たない種牡馬として期待され
良血牝馬に種付けしまくったのだが、目立つのはエピファネイアくらいで、
それほど活躍馬を輩出できなかった。

が、そのうち母の父として活躍馬が誕生するのではないかと思っていたが
それが今年のダービーでした。


俺は、例年にも増して激しく入れ込んでいた今年のダービー、
パドックから13カデナを凝視し
道中も。。。直線でも。。。そして11着でゴール。
ルメールの投げキッスでどっと疲れちゃったのでありました。。

ダービー終了後、目黒記念で傷をさらに深くし、、
疲れ果てて、緩慢な動きで事務所の掃除をしながら、、相撲を見ていると
M村君が遊びに来て、おせんべいを食べながら
一緒に白鵬の全勝優勝を確認したりして。

俺も毎週末事務所に来て色々やっているが、、
M村君もほぼ毎週末、その前のGWも毎日働いていた。。
「いや、もう正直疲れたっす。」と。。

ついこの前ダービーでマカヒキが勝ったと思ったら、、
早くもまた新しいダービー馬が誕生
そして俺にとっての1年も終了した。

この1年は、昨夏からのシンゴジラブームに踊らされ、散財で疲弊。
ほぼ大きな病気もケガもアクシデントも無く無事に1年乗り切れたことを
今年も競馬の神様に感謝します。

身の回りでは、、仕事はとりたてて可も無く、見知らぬ業界に首を突っ込んで
やや不可もあったり。
3年間一緒に仕事してきて、毎回大いに助けてもらったお嬢さんが昨秋現場を卒業。
仕事ではこれが一番大きな出来事だった。

またしても仲の良かった友達がなんかイヤな奴だなと思ってしまったり
年をとるとこういうことが頻繁に起こるが、
毎回「あいつがおかしいんだよ」と思っていたが、
最近ようやく気がついた、まるっきり成長していない自分がおかしいんだと。
それを埋め合わせるように新しい友達もできたりするのでいいのだが。。

そんな反省を踏まえて来年度は友達の流出を最小限に食い止めたい。

友達といえば、今年はおめでたいことが立て続けに
かんちゃん、メイドさん、キタちゃんが結婚。
そして、姪も結婚し母親になった。

俺の息子は昨年のダービー終了後に転職し、有馬記念の頃に退社そして転職。
これで3社目、なんとか今度こそ2年以上の勤務を目指して欲しい。
ちなみに俺も大学を卒業後に就職した時に
「あいつはいつ退職するか」という賭けの対象になったこともあるので
これは正直、、血なのだろう。

娘は無事に大学3年に進級。こいつはハツラツ度が増している。
酒を大量に飲むのでちょっと驚いたりしたけど。

そして、ダービーが終了し、、明日から新しい1年が始まる。
目標は、事務所の整理整頓、体重減。必ず達成したいと強い決意。

次の1年も、変わらず現状維持のまま、、
ささやかな、いい感じの出来事が随所にちりばめられた
そんな1年を、俺と、俺にかかわる身の回りの人々が過ごせますように
競馬の神様にお祈りしながら。。



まだ名前のない、来年のダービー馬を探す長い旅路が始まるのでありました。

おしまい。

adlyan at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)