2024年02月24日

1986年 中山記念

●2024年2月18日 日曜日

競馬は、まず小倉で小倉記念。
非根幹距離の1800mを得意とする馬の中で軸に選んだ
3番人気のエピファニーが勝ち、、2着にはヒモで抑えていた4番人気のロングラン

と、ここまでは良かったのだが・・
3着に買っていない10番人気の今村聖奈ちゃん騎乗のセルバーグと
買っている1番人気のアルナシームが鼻面を揃えてゴール。

さあ、どっち?どっちなの??とコーフンしたのものの

スクリーンショット 2024-02-24 15.28.55


買っていない今村聖奈ちゃんがハナ差残ってしまって、、、無念。


続いて、、、今年初のG1レース、フェブラリーステークス
ダートの1800m。

下の日記の予想通りに買って、軸馬ウィルソンテソーロは8着で
馬券は全てはずれ。。

これ以外にパドックで馬を選んで追加で馬券を買ったのだが、
11番人気のペプチドナイルと13番人気のセキフウの出来が非常によく
この2頭を含めたボックス馬券にしようと思ったのだが
が、相手が絞りきれず、、結局本来の軸馬ウイルソンテソーロから流してしまい

パドックで選んで流して買ったヒモの5頭中3頭が1〜3着
出来が良く見えたペプチドナイルが1着、セキフウが3着という、おぞましい結果に脱力。


また来週頑張ろう。。と日曜日の夕方、
この言葉毎週つぶやている気がする・・・


●2024年2月19日 月曜日

朝から月に1度の脳の病院へ、、
脳はどこも異常がないので行く必要はないのだが

この先生は色々な薬を処方してくれるので
なんとなく最近は薬局的な感じになっている。

先月は肩こりのシップ薬を出してもらい、、
来月はアレルギー鼻炎の薬をもらおうと思う。

戻って少し作業して、お昼はチキンラーメン。

夜は自宅の、自分の部屋の開かずのクローゼットから
不要なものを色々と物色してオークションで売ろうかなと。

色々なものにのめり込むタイプの性格なので
深く調べるために、様々な書籍を買っていたのだが
買ったその日に読んだまま、、山積みになり、、クロゼットにしまうという
そんな繰り返しだった。

それが20年以上も続いていたのでクローゼットは本で溢れかえり
一昨年、その大半を知人の古本屋さんに1冊50円程度で買い取ってもらった、

しかし、そういう本でもニーズがあるようで、
最近調べたら、買った時と同じくらいの値段で
時にはやや高値で取引されていることを知った。

ああ、失敗したなと思ったが、、後悔先に立たず。
しかしながら、まだクローゼットの中に少し残っていたので
フリマサイト等で売れそうな書籍を選別する作業。

10冊くらい発掘した。

自宅のクローゼットには、これまでの人生を凝縮したものが入っていて、、
特にアナログLPレコードがたくさんあるはず?と思っていたら、、

自分で購入したものは30枚くらいしかなく、
残る50枚くらいは、昔暮らしていた代々木の駅前にあった
某カフェで使用していた残骸だった。

ここのカフェのオーナーが、アナログからCDに入れ替えるために
友達のカッちゃんと2人で暮らしていたアパートの入り口に
全て置いていったのだ。

当時は、ソフト&メローが流行だったのか?
そんな感じのLPが大半の印象で、
一生聴かないだろうと思ったが
ボロボロなので売るに売れず、かさばるので捨てられず
半分引き取って、

その後、引越しの度に一緒に移動していた。


今、改めて大人の目線で見てみると、
フィリーソウルやアーバンソウルなどが中心で
なかなか趣味がいいレコードばかりだったんだなと、、


あのエロビデオを副業で販売していたおっさんが
選んだとは到底思えないけど、、、

カフェに置いてあったのでジャケはボロボロ、
ラベルシールが貼ってあり、しかも大半が輸入盤で価値は皆無だろう。
アナログプレーヤーが壊れて聞けないけど。。。

中の1枚マンハッタンズの「ブラックタイ」をサブスクで聴いてみた。
なんとなく1980年代の都会の音でした。


●2024年2月20日 火曜日

お昼は前日にスーパーの半額処刑で購入したピザを食べる。

夕方久しぶりにケンタローくんがやってきて雑談。

最近東京に遊びに行き銀座で色々と見て回った話を聞く。
「高くて何も買えないす」と。


彼の実家は数年前の台風で水没被害にあったと聞いていた
てっきりハザードマップにひっかかっているのか?と思ったら

「氾濫した川は、自宅から2km以上も離れているんですよね」

家が窪地なので、流れ着いた川の水で床下浸水したらしい。
ハザードマップ外とはいえ、安心できないのだ




●2024年2月21日 水曜日

今週は月曜日の病院以外、日中は1歩も外出せず。
お昼はまたしてもチキンラーメンを食べながら海外ドラマ。

最近なぜかチキンラーメンにハマっている。
夕方までフツーに作業し、フツーに帰宅。


●2024年2月22日 木曜日

翌日が祝日なので、この日で今週も終了。
諸々、今週出しのものを処理して
何事もなく1日が終了。


●2024年2月23日 金曜日

祝日、、朝10時まで寝てしまう。
その後事務所に出社して、簡単な作業。

休みなのに競馬の開催もなく、安息な1日。

お昼は出社途中に買った「全部のせのり弁」。
普通の「のり弁」で良かったかも。

帰宅後、ゴミを捨てに行ったら
あまりの寒さに驚く・・・。

夜はアベサダヲのドラマ「不適切にもほどがある」の第5話目を見る。
クドーカンクローの当時の記憶や知識が
さりげなくセリフに使われていて、すごいなと、、。

このドラマの舞台となった同じ頃(1986年)の俺は、
件の代々木駅前のカフェのレコードを大量にアパートの入り口に置いていかれ
そのアパートは6畳で陽が当たらず、梅雨時は衣類にカビが生え
むさ苦しい男2人同居
2階に暮らしていた夫婦の奥さんはジャンキーで、、
月に1〜2度大声で絶叫するという、、凄まじい環境だった。

カフェのオーナーにウラビデオのリストを「売ってこい」と託され・・・
1本も売れなかったけど、、預かった「センタクヤケンチャン」を見たり

馬券で給料を月初に全て使い果たし1日1食で凌いだり、、
いい思い出はほぼ何もなく、生まれ変わったらソフト&メローな青春をやり直したい。

ちなみに1986年の中山記念、俺は馬券を外したが
勝ったのはクシロキングだった
その後、距離3200mの春の天皇賞を勝つことになるのだが、、
距離不安が指摘されていたクシロキング。
この時鞍上の岡部が「マイル(1600m)を2回乗るイメージで」と言ったとか。。
その後、競馬史に残る名言として長く語り継がれていく。



という感じで週末
●ここから競馬の予想です。

中山では芝1800mの中山記念。

今回はなぜか華やかなメンバーが集結した。

距離、コースともに実績がある馬の争いとなるのは明白。

おそらく昨年の皐月賞馬03ソールオリエンスと
昨年の勝ち馬で、このレース2勝の古豪05ヒシイグアスの一騎打ち濃厚

馬齢の若い03ソールオリエンスを軸にしたが
相手は05ヒシイグアスに
一昨年の皐月賞馬、04ジオグリフが中山の芝に戻って注目

距離適性の高い08マテンロウスカイと09エルトンバローズ

穴は、2走前のキャピタルステークスで5着に敗れたが
末脚が炸裂した11タイムトゥヘブン。
全2勝の中山に戻って見せ場以上があっても不思議じゃない。


なかやま




阪神では芝1400mの阪急杯

外か内か極端な枠順にゲートインが好走の条件

今年は最内枠にゲートした01ウインマーベルで鉄板。
前走の阪神カップ勝ち方も良かった

相手は芝1400m2戦全勝の4歳馬16アサカラキング

休み明けが気になるが、底を見せていない09サトノレーヴ
コース巧者の07スマートクラージュ
1400mに戻り目が離せない15ダノンティンパニー

穴は全勝ち鞍が芝1400mの05メイショウチタン
前走ダートで13着だが芝に戻ったここは1発の予感。


はんしん



といった感じで

おしまい。

adlyan at 17:30|PermalinkComments(0)競馬 | 1980年代

2024年02月18日

本年もフェブラリーステークスから

息子の子供(俺の孫)が、奥さんの職場復帰にともない
1歳を前に保育園に入園が決まったのだが
驚いたのは、その保育園に応募した人の数、、、なんと6000人だとか

何人を受け入れるのか知らないので抽選倍率は不明だが
せいぜい、多くても100人未満だろう。
孫のくじ運の強さにちょっと驚いた。
競馬の予想もお願いしたいところ・・・。


しかし、6000人の応募って、、
都会は本当に待機児童が多いと実感したできごと。

俺の暮らす田舎町の未入園児童を全員集めても6000人もいないのではないか?

●2024年2月11日 日曜日

事務所のテレビでグリーンチャンネルで競馬観戦。
M村君も仕事に向かう途中にやってきた。

まずは京都記念

1番人気のベラジオオペラから3連単、3連複も
3着のバビットが拾えず、、

隣でみていたM村君が9番人気3着のバビットの複勝をゲット
配当が970円、、複勝でこんなにつくなんて凄い、、

そして続く共同通信杯は
今週も軸馬の2番人気ミスタージーティーが7着で熱狂に参加できず。

先週から計5レースの重賞レースで馬券を買い
軸馬が4レースで7着だった。。
ここまで7着馬を的中させるのはもはや芸術的。。呪われているのか?

M村君がまたしても3着で9番人気パワーホールの複勝を仕留めた
こちらの配当は1620円だった。

こんな穴馬の複勝を仕留められるなら、もっと高配当が見込める
3連単、3連複にシフトすればいいのに、、と思うが
まあ、欲を出さないから当たるのだろう。


●2024年2月12日 月曜日

3連休の最終日。。
いつもと変わらず朝に事務所にやってきて地道に作業。

夜は外食でスシロー。。
カウンターに座ったら、隣のおっさんが
口に手を添えずに大きな咳を何回もしててイヤな感じ。

レーンに寿司が流れていないので、まあいいんだけど。


帰宅後、アマプラで映画「グリーンブック」を観る。

1962年、黒人ピアニストが差別が根強く残るアメリカ南部に演奏旅行にでかける。
その黒人演奏旅行の運転を任された粗野で無教養な白人ドライバーとの
心の交流を描いたロードムービー。



なんとなく、ありがちな設定だが、素晴らしくいい映画だった。
主人公の白人ドライバーが、なんとなく寅さんみたい。
随所に笑いもあり、実話というのも驚きだ。

見終わった後に調べてみたら、2018年のアカデミー作品賞だとか。



●2024年2月13日 火曜日〜16日 金曜日

普通に朝来て、年度末が近づき少し忙しく働き
お昼はチキンラーメンを食べながら海外ドラマ
『グッドドクター』のシーズン1を見終える。

自閉症でサヴァン症候群の青年医師が、仲間と成長していく物語



1話まるごと無料公開されていた。元は韓国発のドラマらしい。

こういうタイプの主人公設定は刑事や探偵ものが何本かあるが
医者というのが新鮮だったが、、

病気→手術の繰り返しで、少々飽きてきた。

今季は日本でも医療ドラマが多く、、3本ほど放送されていて
そのうち2本は「天才外科医」が登場してイマイチな感じも

が、残る1本、木曜日のテレ朝の「グレイトギフト」が思いの外面白い。



心臓発作で亡くなった患者から見つかった
証拠を残さない殺人菌「ギフト」を研究のため培養していた反町隆史が
病院幹部の野望に巻き込まれてしまう、、というお話し。。

ちょっと殺しすぎなのでは?とは思うが。


、、で夜まで作業、、という繰り返し。

水曜日が冬なのに暖かかったらしい、陽気も満喫しないまま。

そんな中、金曜日の昼はゴミ袋を買いに出たついでに
久しぶりに外食でラーメンを食べた。

事務所で、ラーメン、外食でラーメン、、1週間小池さんウィークでした。

51T4mAgSACL._AC_UF10001000_QL80_




●2024年2月17日 土曜日

朝から、2ヶ月に1回通っている胃腸の病院へ行き採血

昼に事務所でウドンを食べたあと競馬を見ていると

アンノヒデアキ展を見に行った帰りのM村君がやってきて
おみやげに「シン・ゴジラ」のポストカードをいただく。

土曜は重賞が2鞍で、、
京都牝馬ステークスは2着馬から買い、3着の人気薄を抑えられず

府中のダイヤモンドステークスは
3着のワープスピードから3連単がはずれ、抑えに買った3連複も
上位人気馬がワンツーを決めたおかげで、、トリガミでした。


そして明日日曜日は、2024年のG1第1弾、
府中でダート1600m「フェブラリーステークス」

ダートの実績馬の多くが海外遠征するため
とても地味なメンバーになりました。

が、公営馬も3頭が出走で興味深いレースになりそうな予感もしますが

1番人気が予想される05イメガギネスはデビューから戸崎が手綱をとっていたが
なぜかルメールに乗り替わり。
公営出身の戸崎の方がダートだし、そのままでも良かったのでは?

2番人気はウィルソンテソーロ、
G1で連続2着に好走させた相棒の若手騎手、原優介から松山にチェンジ
原は今月の頭に落馬負傷で騎乗が困難?と思われての松山に乗り替わりと
そんな感じのイメージだが、
原は翌週から普通に騎乗しているので、降板させなくても、、
ネット上の噂では、若手の原から松山への乗り替わりは
落馬負傷の前から決まっていて
JRAの重賞未勝利の馬主が鞍上強化したとか??

初芝の07ガイアフォースは
こちらも西村が「乗りたい馬がいる」と公営の01イグナイターを選び
長岡にお鉢が回ってきた。

長岡騎手は、2020年のこのレースで16番人気のケイティブレーブを2着に持ってきていて
現在5番人気で発ダートのガイアフォースも1発の魅力を秘めている


そんな人間模様が満載の今年のフェブラリーステークス
馬の能力的にも人気通りには治らない気がするが。

府中コース2戦2勝、ダート1600m2戦2勝と
条件的にパーフェクトなのが
松山に乗り替わった14ウィルソンテソーロ。

降板させられた原優介、JRA初重賞タイトルが欲しい馬主、調教師の
思惑を背負って、松山は負けられない一戦。軸はこれで。

相手は1番人気05オメガギネス
芝1600mなら前走のような不発がなさそうな10タガノビューティ
ダート向きの血統で人気の04ドゥラエレーデ
昨年の公営3冠馬03ミックファイヤー

穴は、2走前の霜月ステークスのドトーの追い込みが再現できれば
レイチェルキング騎乗の16の1発があっても不思議じゃない

フェブ


小倉では、芝1800mの小倉第賞典

非根幹距離の芝1800mで4勝している馬が3頭出走。
中でも馬券内率が上位なのが自在脚質の12エピファニー
軸ならこの馬ではないだろうか。

相手は同じく4勝馬の14ゴールドエクリプスと
07アルナシーム。

前走オープンのレースを勝っている好調な2頭
03ダンディズムと11ロングラン


穴は、芝1800mなら復活しても不思議じゃない
良血の06アドマイヤビルゴ
近走も着順ほど負けているわけではなく1発の魅力は大いにありそうな予感

こくら


映画グリーンブックの中で運転手のトニーが
ラジオから流れる黒人流行歌を聴かせるシーンで
中で、流行歌とは無縁の黒人ピアニストが「これはなかなかいい」と言ったのが
チャビーチェッカーだった。。



劇中のラジオで流れたのはこの曲ではないが
チャビーチェッカーの曲ではこれが一番有名なのでは?

当時のツイストの映像がいかしてる。。


おしまい。。。



adlyan at 12:36|PermalinkComments(0)競馬 | 映画

2024年02月11日

買い物ブギで共同通信杯

仕事帰りによくスーパーに立ち寄り
半額処刑されたお惣菜を買うのだが、

俺同様の「半額ハンター」の人が増加したため
スーパーDでは、最近2割引のシールを貼ったままにして
売り抜こうとしている。

根負けした同志が2割引に手を出し、結構売れている日もあるのだが

スーパー側では、そんな半額ハンターを疎ましく思っているのかと思ったら
先日このDでお惣菜コーナーにて、副店長?の白髪のおじさんに

「今。半額に貼り直すから待っててね」とニコりとされた・・・汗。

ちなみに、このDで、主に割引きシールを貼っているのは
店長?と思われるおじさんで、この人は主に2割で売り抜こうとしているのに対し
この店長がお休みと思われる日に、割引シールを貼る副店長のおじさんは
比較的早い時間に2割引→半額シールに貼り替えてくれている。。

なので「半額ハンター」のリーダー格である
長髪、ポニーテールおじさんは、店頭に店長がいる日はDには立ち寄らず
大手スーパーのSに突撃しているようだ、、、
まあ会話したことないので、本当にそうしているのかどうか不明だが

何度か目撃したので、おそらくそういうことなのだろう。。
Sは小太りのカートおばちゃんが割引シールの担当で
ここはマニュアルに沿って割引シールを貼るので

だいたい、そのタイミングが読めるという利点もあるのだが、、
もともと、そう高くもないので
割引シールを貼る対象の商品が残っていないことも多い。。



そんな中、駅ビルの肉屋さんのお惣菜コーナーが熱い。

ここは、まず7時前に売れ残ったお惣菜に、2割引シールを貼り
そのあと7時10分に「4割引」に変え、、さらに「半額」に貼り直す。

会社員の帰宅者が多い平日の7時過ぎには
だいたい4割引になった時点でほぼ完売するのだが、


週末、土日になると勤め人も少ないからか
「4割引」でも売れ残り、、「半額」でも売れ残る、、
これは、売れ残ったらどーするのか?と手に汗を握るタイミング。

そして7時40分になった頃に、今度は半額シールが貼られたまま
元の定価のシールの上に「200円のシール」を貼るのである。。
すでに「半額」シールが貼られての「200円化」なので
場のお惣菜が一律「100円」になっちゃうのだ!!

しかし、ながらこの駅ビルにも難敵が登場している。
それがインバウンドで訪問中の外国人旅行者で、、

「4割引」〜「半額」に貼られた時点で、、
「おーワンダフル!!」といった感じで大量に買い
イートインスペースで家族で食べ始めたりしているのだ。。。

そう、俺たち「半額ハンター」は、、こうして毎晩
スーパーのスタッフや外国人と終わりのない戦いを繰り広げているのだ。

まあ、大人なんだから早い時間に定価で普通に買えよ!!という話ですが。



●2024年2月4日 日曜日

事務所にDスケ君がやってきてグリーンチャンネルで一緒に競馬観戦。

大いに期待した「きさらぎ賞」は7着のブエナオンダ(7番人気)から馬券を買い
何事もおこらず。。。

気を取り直して東京新聞杯
こちらは5番人気のアヴェラーレの3連単、3連複を購入し応援、、
しかしながら見せ場すらなく、、またしても7着。。。

レースは、混戦の中から抜け出した
レイチェル・キング騎乗の7番人気07サクラトゥジュールが抜け出し
7歳にして重賞初制覇。。で、Dスケ君が「やった!」と、、
え?単勝取ったの???
綺麗なオネーさん騎手だから一応押さえたらしい。。凄い!

レイチェルキングは、今年来日して、重賞をすでに2勝
この週は、平場で2勝、この重賞で3勝目と絶好調だった。。

レイチェルは、ちょっと妖しいガーターベルtトのような感じの下着が
白い乗馬ズボンから透けて見えるのが画面越しにもわかる、、

これは叩き合いになったら、、
他の男性騎手は気が散って馬が追えない、、ような気がするが、、考えすぎか?

Dスケ君が帰ったあと

WOWOWオンデマンドにアップされていた
映画「FALLフォール」を見ながら確定申告の整理。

高さ600mの古い鉄塔に登った2人の女性のお話。




高い=怖い、、というただそれだけの薄っぺらな仕立ての映画、、
作業しながら観るのにちょうどいいかも。。


●2024年2月5日 月曜日

年度末なので、何かとバタバタした1週間。
午前中は、前日売れたオークションの品を発送しに郵便局へ。
もはや何屋さんなのかわからない状況。

昼頃から雪が降るという予報だったので、
朝のうちに全て発送してしまいたかったのだが、

入金の処理の連絡が遅くなったものがいくつかあり
昼過ぎに雪降る中、荷物を何度か出しに行く。

今年は降らないのかな?と思ったが、、
今回は結構な降雪量で、夜帰宅するときに
自動車の屋根に25cmくらい積もっていいた。

IMG_0572


以前はこのくらいの雪なら毎日降っていたのに、、
最近は、年に1度くらいになってしまった。

帰宅してから、自宅前の道路の雪かきをして汗まみれに・・・


●2024年2月6日 火曜日

前夜、、結構積もったのに、午後には道路の雪もほぼ消えていた。

お昼はハカタヤタイでソースかつ丼を食べる。
ソースがブルドックソースのままなのでひと工夫欲しいところ。

午後、ツル君がやってきて雑談。


昔の映画、いわゆる名画といわれるものを見る機会も多いが
古い日本の映画は、早口で、なおかつセリフが聞き取れないことも多く、
正直、クロサワもオズも、見るのが辛い映画も多いよね、、と
正しい映画マニアの方が聞いたら怒りそうな話をする、、

そう考えると、寅さんが今も多くの人に見られている要因の1つが
渥美清やサクラのセリフが聞き取りやすいからではないか?と思ったり。

まあ、どうでもいいけど。


●2024年2月7日 水曜日

KRさんの会社に書き直した請求書を届ける。
歩いて約10分、、なんか寒いし、わざわざ届けるの面倒だなと思ったが。。
この会社が入っているオフィスビルの、共通の受付のオネーサンが
都会的で非常に綺麗方なので目の保養にきました、、とポジティブに。

午後から地道に作業し、、普通に帰宅


●2024年2月8日 木曜日〜9日金曜日

確定申告の整理も山場、、なおかつ年度末で
なんとなく、終日慌ただしい2日間。

金曜日の午前中に、ツルくんが新入社員のT子さんとともにやってきた。

T子さんは、いまだに眼帯を装着していて、
目の周りが黄色く腫れていて、引かないんだとか。。

ツルくんが
「予算達成したら、その眼帯に黒目を描こうよ」と
しょーもないことを言っていて笑う。

お昼はマトヤにて日替わりラーメン

あくまで個人の感想だがここの日替わりラーメンは、たまに当たりがあるが
今週の日替わりラーメンは当たり、、

IMG_0574


辛味のひき肉が大量に乗っかった味噌ラーメンでした。

夕方、これから屋外のイベントの立会いに向かうM村君がやってきて雑談。
日中はまあ少し暖かいけど、夜は激しく寒いのでちょっと可哀想。
この日から4日間、毎晩イベントにでかけなくてはならないのだとか。


帰宅後、アベサダヲのドラマの3話目を観る。。
見所のひとつでもあった昭和のネタも、ちょっと厳しくなってきた感じ。

このドラマを作っている人たちの多くが当時子供だったんだよな・・
と、そんな感想も、、これはこれで面白い、、今季1番のドラマかも。


ドラマ内で「トゥナイト見たい」というセリフが出てくるのだが
今週、当時トゥナイトのMCをしていたおじさんの訃報が
新聞に掲載されていた。

当時このトゥナイトのフーゾク店紹介のコーナを見ていたら、
5階だての5つのドアがあるフーゾク店の紹介で
中高と同級生だった今は亡きT君が
この店の受付をやっていて驚いたことがあった。

●2024年2月10日 土曜日

午前中は、先日買ったヘビーウエイトのパーカーが
アプリ会員対象に500円値下げされていたので
追加で2着購入しにジーユーへ。。

お惣菜といい、俺はどんだけ割引が好きなのか?
いや、嫌いな人はいないよね、、普通。。。
かっこ悪いから、普通はブログになんか書かないだけで・・・。

昼前に事務所に出社し、
確定申告の素材整理をしながら、競馬観戦。

土曜のメインは3歳牝馬のマイル戦クイーンカップ。

7着のテリオスサラから、3連単、3連複で沈没。。
先週の日曜日から「7着馬」ばかりを買っているような気がする

競馬が7着馬を当てるゲームだったらいいのに・・・。

終了後、奥さんに申告書作成をお願いしている高校の同級生のアゴ君がやってきて
整理が間に合わず、、完璧に終了していない、素材一式を託す

共通の知人の親が亡くなり「相続で兄弟が絶縁したらしいよ」という話を聞く。
相続とか、そういう年頃なんだよな。。
というかこんな田舎町の相続で兄弟が絶縁するほど資産が残っていたのが驚き。

我が家の場合は、もし相続することになったら
負の遺産しかないので、心配もないけど、喜ばしくもない。

そして、本日は3連休の中日の日曜日
今週も競馬が開催される。

まずは日曜日に東京競馬場で3歳馬の1800m重賞「共同通信杯」

昨年末の朝日杯を勝った2歳牡馬チャンプの09ジャンタルマンタルが
1番人気で登場する。

今年の朝日杯は、前週に行われた同じ舞台の牝馬の阪神JFよりも
1.2秒も遅い決着だった。
昨年の朝日杯の勝ち馬ドルチェモアは
阪神JFよりも0.8遅いタイムで、、朝日杯以降勝ち星がない現状。

今年は1.2秒も遅いのである。1番人気なら「最優秀2歳牡馬」の看板は
疑ってかかった方がよさそうだ。

その朝日杯の後に行われた2歳G1レース「ホープフルステークス」は
牝馬が勝ち、今年の牡馬は劣勢が予想されるのだが。。
このホープフルで2着に入ったシンエンペラーと同じ矢作厩舎が
ホープフルでミスタージーティーを出走させ、
直線前が詰まっての5着という結果だった。


現在の牡馬勢力図では中距離においてシンエンペラーが
頭ひとつ抜けているのはホープフルの戦前からわかっていたにもかかわらず。
同じ調教師があえてぶつけてきたということは
世界の矢作が素質を高く評価していたというこ。

1800mで、広い府中コースなら04ミスタージーティーで間違いなさそう。
相手筆頭は朝日杯馬の09ジャンタルだとしても
関東圏のレースに戻った05ショーマンフリートも目が離せない。
以下レジェンド騎乗で朝日杯2着の06エコロヴァルツ
初戦が好内容だった01ベラジオボンド

穴は、末脚勝負に持ち込めば1発がありそうな02ディマイザキッド

きょうどう



京都では2200mの京都記念。
有力馬が、来月末の海外遠征に多数出走するため
3番手グループが集結した寂しい顔ぶれ。。

父ロードカナロアで+200mに一抹の不安が残るが
05ベラジオオペラが抜けた存在、1番人気でもここは軸で

相手は実績1番の11マテンロウレオ
それ以外はどれが抜け出しても驚けない。。
穴は最近騎乗馬に恵まれないデムーロにとって
矢作厩舎の06ラヴェルの結果次第で今年の騎乗馬の質が飛躍する可能性が高い。
そんなデムーロの渾身の手綱さばきに期待してます。


きょうと



今週は「買い物」について深く考えた1週間
この曲も、今後朝ドラでシュリちゃんが歌うのだろうか?





おしまい。

adlyan at 12:39|PermalinkComments(0)競馬 | ジーユー

2024年02月03日

バーニングハートできさらぎ賞

とある事件でメディアに取り上げられ注目を集めた
元ボクシング界のドン、男・山根さんの訃報を新聞で目にした。

この人の不条理な発言や見た目が現代では受け入れ難かったのかも
一時は、面白おかしく取り上げられていたが、俺は嫌いではなかった。

ボクシングといえば、
先月末にキックボクシングのチャンプからボクシングに転向した人気選手の
転向第3戦をアマプラ生配信で見るためにスイッチを入れたところ

セミファイナルで岡山のボクシングジムに所属した選手が
見事世界のベルトを獲得し、そのセレモニーが行われていた。。

で、リング上にいたそのジムの会長の顔を見て、、おお守安選手!

今からだいぶ前の学生時代、
陽の当たらない、裸電球の4畳半のアパートで
カビのように暮らしていた時代、、

深夜で放送されていた地味なボクシング放送
ダイヤモンドグローブを毎週見ていた、、

番組内のチャンピオンカーニバルで、幸運にも挑戦権を手にし、
挑戦した日本スーパーライト級で
驚きの勝利を収めてしまった選手が
岡山の農協系スーパーで働きながらボクサーをしていた守安竜也だった。

当時、日本チャンピオンとはいえこの快挙が、、なんかロッキーみたいだなと

以後、防衛戦の度にテレビで応援していたのだが。
確か、3〜4回の防衛の末、亀田昭夫に敗れてしまったが

その守安さんが、数十年の時を経て岡山から世界チャンピオンを育てるとは。
ひたむきな努力は裏切らない、、という見本のような出来事。

若い頃、ただTVで見ていただけの地味なボクサーなのだが
なんとなく、懐かしい感じがしたのはちょっと大げさか?

これからはユーリ阿久井 政悟選手を応援したいなと思った。

●2024年1月28日 日曜日

競馬は、シルクロードステークス
軸馬の1番人気のアグリは2着でまず3連単ははずれたが
同じ買い目の3連複が的中。。が人気サイドの決着で取りガミ、

続く府中の根岸ステークスは軸にした、
これまた1番人気ののエンペラーワーケアが勝ち
6番人気のアームズレイン、2番人気のサンライズフレイムの順に入線で
3連単、抑えに買った3連複ともに的中。。

ここまでで、、土日の負債をほぼ回収したのだが
勝ちではない。一番疲弊した勝っても負けてもいないそんな結果。。

メインレースの準的中で「なんか、今の俺は運が向いている」と思い込み、
府中と、京都の最終へ突っ込むも、、、
「今の俺は運が向いている」と思ったのは気のせいだった。。

終了後大相撲の初場所千秋楽。
最後は琴ノ若と横綱照ノ富士の相星決戦を横綱が制し
久しぶりに見事な千秋楽となりました。



帰って、金曜日に録画したクドーカンクロー脚本のドラマ
『不適切にもほどがある!』の第1話を見る、、

昭和の終わりの父親アベサダヲが現代にタイムスリップする
ミュージカル仕立ての奇妙なドラマ。。

コンプライアンスだとか、、◯◯ハラだとか、
そんな縛りに疲弊した現代に一石を投じる、、といった内容なのだが

これ見た若者は、昭和の時代を勘違いしちゃうのでは?と。。
昨日放送の第2話も面白かった。。


●2024年1月29日 月曜日

さほど忙しくもないが、それほど暇でもない、、そんな1日。
銀行に記帳にいったところ
バァさん用に契約してある、ほぼ使っていないスマホの基本使用料が
なぜか今月は引き落とされてなかった、、

夜は帰宅後、
朝倉かすみ著「田村はまだか」を読み終える。

タムラ


25年振りの小学校時代の同窓会の夜、2次会で集まった男女5人が
遅れてくる「田村君」を待っていて、
それぞれの物語が短編の連作で描かれている物語。。。

特に共感もしなければ、終盤に展開されるクライマックスも
俺の嫌いな展開・・・

なのだが、一番最後に特別収録されていた、、
この5人とは別な行動をとった同級生のアナザーストリー
「おまえ井上鏡子だろ」がとてもいい感じで終わり、、救われた。

表紙が非常にかっこいい。。「ジャケ買い」的な一冊。


●2024年1月30日 火曜日

朝から、ボチボチ作業。。
テレホン人生相談のタイミングで、近所の金融機関のカズオ君が喫煙にやってきた。
なぜ君は、いつもキッチリ11時5分にやってくるのか?


昼は外食、ハカタヤタイで焼肉丼を食べる。

午後は、いつものように作業したり、、昼寝しちゃったり。。
いつものような1日。

夕方、金融機関で働くユカちゃんから「転勤することになりました」
と電話があった。。
交通の便の悪い山あいの支店に転勤になるそうで、若い乙女には厳しいのでは?

近年、若者たちが集まって俺の事務所で何度か飲み会をした人の
7〜8人のほぼ全員が遠くへ行ってしまった。


●2024年1月31日 水曜日

朝から、ボチボチ作業。
恐怖の月末。。諸々支払いを済ませ、今月はプラマイゼロ。。

昼は外食、イソマル水産で厚切り塩鮭定食を食べる。

午後は、いつものように作業したり、、昼寝しちゃったり。。
前日と何も変わらない、、そんな1日。


●2024年2月1日 木曜日

昼にブッチ君がやってきて、一緒に本屋にでかけて立ち読み。
この日発表の短文コンテストの結果掲載の雑誌を一緒に立ち読み。

最後の最後にブッチ君の名前が載っていて歓喜。
記念に一冊購入していた。

そのあと、一緒にお昼を食べて、事務所に戻って雑談。
営業の仕事しているんだから、
もうちょっといいクツ履くように、、と指導する。。
余計な御世話か?


髪がボサボサでも、スーツがヨレヨレでも
いいクツを履いているだけで、、よく見えちゃうからね。
あくまでも個人の感想ですが。



●2024年2月2日 金曜日

今週、最終日。。
朝から急ピッチで作業をして、、昼に無事提出。

お昼は、前日スーパーで半額処刑コーナーで買ったエビ天丼。

午後は、新入社員のT子さんがやってきた。

貼るタイプの眼帯をしていて驚き!!
コスプレなのか?と一瞬思ったが、、、

「自転車で自動車のバックミラーにぶつかって腫れてしまいました」とか。

白い眼帯をしていたので、
「目玉描いてあげようか?」と言ったところ
ツル君にも同じことを言われたらしい。。

T子さんは先日コロナになり、そして今週は交通事故。。
「なんか最近ツイてないんですよね」とションボリしていた。


●2024年2月3日 土曜日

朝、自宅にてお湯を沸かしながら、換気扇の下で喫煙していたら
新聞が突如燃えあがり、、一瞬パニックに、、、すぐにシンクに入れ
水道の水で消化したが、、

新聞って、本当によく燃える。。。心臓が止まりそうになった。。

そんなバーニングハートな週末、、今週も競馬だ。

●ここから競馬の予想です。

今週は日曜日に重賞レースが2鞍。

まずは京都で3歳馬のきさらぎ賞、芝1800m。

今から24年前にクラシックを賑わせたハイセイコー晩年の傑作ハクタイセイ。
当時騎手だった須貝がデビューから手綱を取り
5戦目で勝ち上がると破竹の勢いの快進撃
6連勝で皐月賞馬となった。

そのハクタイセイが5連勝目で制したのが1990年のきさらぎ賞。
デビューから騎乗していた須貝騎手(当時)が
最後に手綱をとったレースでもありました。

その後、中山の経験不足を理由に、皐月賞1戦のみ乗り替わりということで
皐月賞では南井克巳が手綱を取り、勝利、、
皐月賞を勝ってしまったので須貝騎手に手綱が戻らず
ダービーでは武豊がハクタイセイに騎乗し5着、、、で故障。

今回、須貝調教師がこのレースに送りこんだのが
10ブエナオンダ。

前走、若駒賞からのステップは当時のハクタイセイと同じ。
(ハクタイセイの時は勝って中2週で、今回は中1週で3着からの臨戦)

現代競馬では中1週は異例のステップに思えるが、
当初から、この「きさらぎ賞」が目標だったのではないか?

レジェンド騎乗にイマイチの不安があるが
馬をまっすぐに走らせることに関してはまだ枯れていない。

ここは須貝調教師の情熱に期待して10ブエナオンダから

相手は、前走、素質馬を下した09ジャスティアースで
荒れた京都の馬場で好走以上の期待のキズナ産駒。

割って入れば、初戦楽勝だった12ビザンチンドリーム
重賞3着の星がある2頭、03ウォーターリヒトに08ファーヴェント

穴は、京都に戻った02インザモーメントの末脚。
この馬もキズナ産駒。

3連単と、同じ買い目の3連複10点も追加で

きさらぎ



東京では芝1600mの東京新聞杯

昨年から充実一途の16アヴェラーレの末脚に期待
前走もハンデ戦で56kgで僅差の4着。

今回は別定56kgで条件が好転。
府中のマイルなら安定感は抜けている。

相手は昨年の3歳女王に肉薄した2頭
人気の06マスクトディーヴァ、12コナコースト
実績が抜けている07ジャスティンカフェに
左回りなら信頼出来る04ルージュリナーテ

穴は、4走前から2000m以上で凡走を繰り返した15フリームファクシ
前走の京都金杯ではマイルに戻って掲示板確保。
こちらも今回得意の左回り、関東の星!菅原騎乗と条件が好転で注目したい。


東京



といった感じでおしまい。

adlyan at 13:23|PermalinkComments(0)

2024年01月27日

地道な冬の1日の果てに、根岸ステークス

お笑いタレントの大御所コンビの1人が大変なことになっているようだ。

そもそも、この人の考えるお笑いのセンスが
「お前ら、今から笑かしたるからな」という感じがして
俺には全然笑えないので、この人の番組はほぼ見ていないのだが

面白いことを言ったときに、同時に自分も吹き出す顔がいただけない。


なんとなく今のお笑いの世界は反社の組織図とちょっと似ているなと
そんな気がするが、、
週刊誌の記事によると、意外にケチなので、、その点はちょっと違うのかも。

この事件が何事もなく解決したとしても
ますます、笑うことはできない。

まあ、どうでもいいんだけど。

●2024年1月21日 日曜日

競馬は重賞が2鞍
まずは京都で、東海ステークス。

本命にした2番人気のウィリアムバローズが勝ち、、
2着の馬も買っている・・・のに
なのに、3着の4番人気のヴィクティファルスを買っていない。。


気を取り直して、中山のメインAJC杯。

軸にした7番人気のショウナンバシットが絶好のポジションも
直線半ばで、タレてバシッと9着というむなしい結果。。

大相撲を見て、少し作業をして帰宅。

夜はこの日から始まったNHKの海外ドラマ
「アストリッドとラファエル」のシーズン4を観る。。

シーズンを重ねる度に面白くなくなっていくのはなぜ?
今後に期待します。


●2024年1月22日 月曜日

お昼は、ホットモットでノリ弁とご飯を4個購入。
最近は、月曜にノリ弁を食べて、買ったご飯を冷凍し
火〜金に解凍して食べるパターン。


で、お昼を食べながらWOWOWオンデマンドにアップされている
「ツインピークス」を見ながら食事している。。

今から35年位前に一大ブームになった海外ドラマ
当時は見ていなかったのだが
自称海外ドラマファンなので、見ておこうと、、見始めた。

が、仕立てか古すぎるのと、、監督のデビッドリンチの美意識が
俺には辛すぎる、、、何度も見るのやめようかと思いつつ。。

頑張って見続けているが、もはや修行のような感じ。

こんなのが、なぜ当時あんなにブームになったのか?
当時の海外ドラマは1話完結物が主流に対して
ツインピークスは当時としては珍しい続き物だったのと

当時、人気のあったデビッドリンチが監督しているからなのか?

それにしても辛すぎる、、早く事件を解決してくれないだろうか?



●2024年1月23日 火曜日

午後、タクマ君がやってきて雑談。
久しぶりに会ったが、「なんか痩せた?」と思ったら

「肉がお腹にたまっただけで全然痩せていないです」という話を聞く。

夜は自宅にて、録画したまま未見だった映画
「ミニミニ大作戦」を観る。

ベニスの悪者から金塊を盗んだ犯罪者チームが
仲間の1人に奪われて、リーダーが射殺され、、
残りのメンバーとリーダーの娘がリベンジのために金塊を取り戻す
というそんなお話し。


この映画は1969年の同名の映画を2003年にリメイクしたもの。
オリジナルの1969年版は見たことがないのだが、、

どちらも、モーリスミニが活躍する物語。
で邦題が「ミニミニ大作戦」、、原題は「イタリアンジョブ」。

で、昔のモーリスミニクーパーは確かに小さく、小回りがきき
面白い映像になっただろうが、、

現在のミニは横幅も大きめで、さほど小さくもないので
邦題の「ミニミニ大作戦」には違和感しか感じない。



映画のヤマ場で、ミニを3台使って建物の中から金塊を運び出す計画をたてるのだが
リメイク版では、この計画が相手に見破られてしまい

もはや、ミニじゃなくてもいいんじゃない?というそんな映画。



●2024年1月24日 水曜日〜金曜日

水曜日は、
前日オークションで売れた怪獣のお人形を郵便局へ。


今年も年賀状が1枚、年賀切手が当たったので交換してもらった。。
それが今週、俺の身の回りに起こった最大の出来事。

郵便局の窓口で、死んだときのための保険を激しく勧められ
他人から見ても、もはやそういう風貌だと思うと悲しい。。

「85万円(年齢により異なる)を一時的に預けると
もしもの時に100万円がおりるんですよ、」と、、、

85万円も預ける余裕があるならば、別のことに使いたいけど。。
なんかあんまり得な気がしないが、
今の時代それだけあるなら、運用するのではないだろうか?

しかしながら、この保険に入ると、オプションの医療保険が格安で加入できるのだ。

死んだら100万よりも、
オプションの医療保険の金額の安さをアピールしたほうがいいんじゃない?


それ以外は、、朝来て、新聞(東スポ)読んで、、作業して
お昼はツインピークス見ながらご飯を食べ、、

午後は作業しつつ、、ウトウトしながら、、
夕方初場所を見てから、作業して帰宅、、、

そんな、ハンで押したような3日間。


●2024年1月27日 土曜日

午前中はスーパーを巡って買い出しのお手伝い。

午後は事務所に来て
本日の新馬戦、未勝利戦のレース映像のチェック。

午後から本格的に競馬を観戦。
M村君もやってきて、馬券で遊ぶ土曜の午後。。

俺は本日もまるっきる的中せず。
M村君はボチボチ的中させ、少し回収。


●そして重賞は日曜日に2鞍

まずは東京競馬場で今年最初の重賞
ダート1400mの根岸ステークス。

3走前以外ダートではほぼ完勝の
07エンペラーワーケアで絶対のレース
しかも勝ち方が素晴らしい。
相手もダートで6戦5勝の10サンライズフレイムで
この2頭の一騎打ちが濃厚のレース。

一応順調度で、07エンペラーワーケアを軸にした

相手筆頭は10サンライズフレイムで

割って入れば実力馬12タガノビューティに、11パライバトルマリン

前走が強かった16アームズレイン

穴は好枠ゲットで先行できれば
01アイオライト団野の粘り込みに期待

根岸



京都では芝1200mのシルクロードステークス

毎回軸にしているが、期待に応えてくれない13アグリだが
今回、最後の直線が平坦な京都で末脚炸裂に再度期待

安田調教師の引退の花道に花を添えてくれるのではないか?

相手は本格化の気配04ルガル

1F短縮で注目の05エターナルタイム

持ちタイムNo1の14テイエムスパーダ

連勝中の17オタルエバー
穴は直線の平坦コースを単騎で逃げれば
1発があっても不思議じゃない
若武者田口騎乗の02リバーラの1発大駆けに期待

シルク





という感じで、地味に1月の最後を締めくくれたなら

おしまい。。。



adlyan at 19:24|PermalinkComments(0)競馬