2009年08月09日

お立会い臨界点現場

 「今を生きるロック・・・じゃない、パンク野郎だ!」と好き勝手に期待を膨らませながら眺めていた酒井法子の逃走劇があっさり解決して、少ししょんぼり。
 とりあえず、この一連がすっぱり片付いたら、国内の映画会社はコイツを主役に据えて、外道の女シリーズを直ちに撮るべきではなかろうか。舞台は西成区か豊島区でお願いしたい。

 それにしても、もうコミケ1週間前なのか。サークルチェックもろくにやってないんですが、今回は掘骨砕三の『下水街』覚書まとめ本が手に入れば、他は全部おまけみたいなもんになるかも知れん。

 避暑も兼ねて再び帰省している実家から戻ったら、ペーパーの作成とサークルの準備をして・・・、あと某フィギュアの発売が参加前日までに間に合うか気がかり。


 以下、見た映画とか。

 『サマーウォーズ』

 よくよく考えて見ればかなりアラのある物語を、よくまとめ上げたなぁと。
 各所で突っ込まれている『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』は未見なんで、それ以上は何とも言えないのだけど、頭半分空っぽにして診るなら十分に良作じゃねえかなあと。
 舞台設定上、都市未満の地方を出ている人ほど楽しめる映画という気はするけども、個人的には、泣き所であるラストよりも、主人公と栄ばあさんの問答と、その一夜明けた後の展開に少し感傷的になっちまいましたよ。


 『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破』

 久しぶりに2回鑑賞。
 
 無駄にセックスアピールしまくりな式波が可愛い。
 蓋を開けてみれば魂斗羅ビッチの真希波が可愛い。
 カレー作りで手に絆創膏たくさんの綾波が可愛い。
 酒をしこたま呑んでへべれけの葛城が可愛い。
 初登場の鈴原トウジ妹がやたらと可愛い。

 「要するに勢いだけで突っ走ってんじゃねえのか!」と突っ込むのは次回の新作内容次第だよ!というくらいには面白かった。それはそうと、スクリーンで十年ぶりに嫁に会うのって何だか少し怖いなぁ、とつぶやいていた友人の心中は今えらい事になってるやも知れん。


 『ターミネーター4』

 これまでの作品と本作品のシナリオの整合性が云々とか、ラストの展開がどうのこうのよりも、舞台造詣のセンスが致命的に皆無だった。
 単にアクション映画として観るならば良作という擁護意見はあるだろうけども、それでも、この作品には断固として09年度最低作品の烙印を押す。

 あの製造現場はいくらなんでも無いだろ!

 
 ハーラン・エリスンの『38世紀から来た兵士』で描かれるラスキー&チンク戦争のような、極限の戦場描写を次回作でやらないようなら、俺ぁもう観に行かない。

 
 『ロシア革命アニメーション』

 プロパガンダ視点を抜きにしても、びっくりするほどの完成度の高さ。
 特にAプログラムの『射撃場』はマッド具合が突き抜けていて、白眉の出来だった。石川賢の「千点につき暴力(バイオレンス)を一発だ!!」ってレベルですよ、ありゃ。幸い今月の28日までやるみたいなので、Bプログラムも見ておかねば。


 あとはレスラーと劔岳 点の記かあ。 

 それにしても、観ようと思っていた『ボルト』と『コネクテッド』、『3時10分 決断の時』が揃って夕方からのレイトショーというのは、どういう魂胆なのかと>川崎



admantium256 at 02:09コメント(0)トラックバック(0)雑記 | 映画 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
dorihekoの最近読んだ本
livedoor プロフィール

admantium256

  • ライブドアブログ