この八女提灯は、火袋の絵柄は手書き
職人が一つ一つ丹精込めて制作しています。

火袋は外側が正絹(シルク)内側は紙貼りで、
内側、外側共に絵柄が描かれています。

明かりを灯していない時は、ぼんやりと映ります。

この八女提灯の土台となる足や手板の
真っ黒に近いダークブラウン色は
黒檀などの唐木仏壇や黒塗りの金仏壇にも良く合う色です。

またリビングなどに置かれる場合にも
スッキリした単色なので意外に良く会います。

電球はシャンデリア電球です。


御盆の飾りとしての盆提灯。

この八女提灯
初盆はもちろん、毎年の盆飾りにもお使いいただけます。
幅広い設置場所に似合いますのでおすすめです。