2017年04月19日

春の嵐

正月から一気に新年度です。
群馬の桜は赤城山の中腹の千本桜が満開のころでしょうか。もう終盤か?
前橋は葉桜です。
今年は桜の開花が遅く、いつもは上旬の春の嵐が今年は今頃になって吹き荒れています。
昨日と今日は強風です。
昨日の午後は真夏のような積乱雲が発生しました。
春の嵐 積乱雲
















こうして春から初夏へと進むのですな。
今頃から5月までは最高の気候です、体を動かすのにいいですね。湿度が程よくて。




adshimx at 14:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年01月06日

新年

  あけましておめでとうございます  2017 正月


2017年(H29年) きのうから始動しました

新年 NEWYEAR駅伝で始まる群馬県の元旦。

初日の出を拝んだその帰り県庁前はいつもものすごい盛り上がり。
初陽

















本年もよろしくお願いします。


adshimx at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月31日

今日は大晦日、行く年来る年

今日で2016年も最後、大晦日です。

今日は天気も良く穏やかな壱日でした。
今日の前橋の様子を記録しておこう。
大晦日1
















 ↑ 雲があって谷川岳や三国連山はみえない。 

大晦日2
















 ↑ 榛名山ですね、くっきり見えていました。
   利根川では4人くらいの人が釣りや川遊びをしていたなあ。

一年が過ぎるのが早くてびっくり!などという人が、周りにも多くなってきた。歳をとったという事か、と思うようにしている。
同じようなことを繰り返すようになると、そう感じるようになるらしい。
今年も終わりますが、来年のことを言うと鬼が笑うらしいから、明日以降に考えようか...(と言って自分が笑う)
最後におまけ写真、↓ (自宅近くの赤レンガ塀):見事なパースペクティブ!!

大晦日3

















さらに、おまけ!
大阪花園の高校ラグビーでは昨日二回戦、農大二高が昨年ベスト4の石見智翠館に負けたなあ。
でも、後半の後半にいいところを見せていた、来年からまた強い農二が見られるかも…と期待している。
(ちなみに1回戦は見事な戦いぶりで勝利していた)
がんばれ農二、がんばれぐんまの高校ラグビー。


adshimx at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)暮らし | 写真

2016年11月17日

上から目線

トンビです、かっこいい!上から目線
トンビ1
















ですが、鳴き声はぴーひょろろ〜ぴーひょろろ〜と、、、切ない。
もっと威厳のある鳴き方できないのかい?
トンビ2

adshimx at 16:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)おもしろネタ | 写真

2016年11月14日

高校ラグビー群馬県予選・決勝

今年の高校ラグビー県予選決勝戦、2016.11.13sun10:30

今年も決勝は、明和県央vs農大二高
ラグ決4

















ラグ決2


















rugby決勝1
















最近は明和県央が県内最強チームを維持し、かつての花園常連校、農大二高は準優勝以下にあまんじていましたが今年は違いました。監督が代わりチームの戦術もかなり変化を遂げた様子。
県央を1トライのみに抑えて優勝。なんと8年ぶり。
いろいろと問題もあったようで、もはやラグビー部の強化から手を引いたかような8年間でしたが、今年の戦いを見て蘇った!と感じました。
また強い農大二高として花園の地で暴れてきてほしいものだ。
県央高校も来年に向けてガンバレ!
ラグ決3

















試合後の表彰式の様子。
スタンドにはまずまずの観客数。復活を祈る農大二高の応援団が多かったなあ。

2016の秋、快晴、無風の最高のスポーツ日和でした。


adshimx at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)写真 

2016年10月17日

カガミ

時々こういう車に会いますね。
凸面鏡2
















つい、近づいて写ってみようと思うのでした。

広角です、走る凸面鏡ですね。

adshimx at 10:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)写真 | おもしろネタ

2016年09月24日

まえばしクリテリウム2016

今日県庁周辺で、まえばしクリテリウム2016を見てきました。
みなさんカッコイイですね。
旧前橋合同庁舎−日本銀行−県庁前−東照宮・るなぱーく交差点−中央大橋西  約3.5km特設(周回)コース
20160924M.クリテリウム2







































20160924クリテリウム3













明日は赤城山ヒルクライム。

 

adshimx at 18:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)写真 

2016年08月31日

彼は突然現れるのだった!

ここ10年くらいこんにゃく芋を植えている。。。
特に好物で食べたいから植えている訳ではないのですが、キゴを絶やさないように、という気持ちで植えている感じだ。気が向けば一回くらいは秋から冬に収穫した芋でこんにゃくを造る程度です。

芋虫2

















害虫がつく時期がこの暑い夏の時期で、びっくりするのです。ある日突然発生する大っきな、大っきな芋虫くん!!
前日まではどこを見てもいなかったはずなのに...!
毎年のこと葉の裏や茎にしがみついている、それを見つけた瞬間びっくり!するのです。
芋虫1


















こちらは別種の蝶か蛾になるやつ。
成虫の姿は分からない。すごいデザインです、かっこいい感じもするが、びっくりの方が大きいのです。
芋虫3


















どちらも、ボールペン大の太さ...
前日の夕方などに入念に茎や葉の裏をチェックしているのに翌日の朝に驚きの発生!
数匹もいるとドッキリ!なのです。
どこで育ってくるのか謎、突然のように現れてくれるもんで…
夏休みの研究にぴったりかも、ですが数年来の課題のままです。

リオ・オリンピック、高校野球、お盆休み、台風が過ぎ去り明日から9月です。残暑が厳しいかな?
頑張りましょう。






adshimx at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)写真 | 暮らし

2016年07月24日

大黒柱、発見!

少し前になりますが、自転車でぶらぶらして、たまには通ったことのない道を行ってみようと思い、とある川沿いを走っていると見事な大木を見つけたのでした。
あまりに見事な出で立ちに見とれてしましました。
拡大してご覧ください ↓
大木4




















大木1





























根もとの直径は、、、下の写真から予想。大体自転車の巾から推定しても1.0mは軽くありそうです。
もしかしたら、上の写真の軽自動車の巾くらいあるかもしれませんね。
大木3




















高さは全くわかりませんが、最初の枝までの高さはNO.2の写真から見て、9m以上はあると思うのですがどうでしょうか?

民家の通しの大黒柱はこんな大木からつくったんだろうなあ、と想像してしまいます。
昔は屋敷の廻りにこんな樹を持っている家がたくさんあったわけでしょうね...

樹齢はどれくらいでしょうか?100年以上,150年くらいか。

見事です、枝分かれしないように手入れをしたきた人がいるわけですね。
あんな上まで上がれるんでしょうか、不思議ですね。

樹種は、、、ケヤキかと思いたいのですが、上の自転車のある幹の写真から見て、どうもそれではないような気がします。たぶんこれは「椋の木」。わたしの事務所の前の樹(樹齢はたったの15年程)と同じような表情です(つるっとしてるし、白っぽいですね)。秋になり葉が落ちる頃に葉を観に行って確かめたいとおもいます。(ケヤキに似てますがざらざらしていて、大きいですし、1cm位の実が生ります。)まあ、ケヤキでなくてもいいのですけどね。(笑

こんな見事な樹木も 邪魔だとか落ち葉の処理が大変とかの理由で切り倒されるのでしょうか?
大木2
























 

adshimx at 18:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)写真 | 一言二言

2016年05月31日

セミナー終える

セミナーを実施しました。
予約者の関係で、会場をWOODS環境計画さんに変更し実施しました。

家づくりの基本的であり重要なことの解説とディスカッションを行いました。
当初1時間半の予定でしたが、2時間半にも及ぶ白熱したものになり、大いに盛り上がりました。
やはり、家づくりに関心のある方は、基本的なことをたくさん学びたい様子でした。
これからも、気軽に聞いたり話したりできる場を気の合う建築家仲間と開催していこうと思います。

今回参加できなかったかた、次回の参加をおまちしてます。

16セミナー2

adshimx at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)住まいづくり | ぶんか・建築・表現