男性アダルトバイト

男性のアダルトに関するバイトを紹介します。 ストレートにエロいバイトから見かたによってはアダルト、仕事は普通だけどアダルト業界のバイト、など興味がわきそうなものを中心に。

キャバクラボーイの仕事

女性だらけの店内で影となって働く

キャバクラのボーイの仕事

繁華街で煌くネオンの行く先は、さらに輝くキャバ嬢の巣窟…
そんな女だらけの園で時に縁の下で、時に影となって彼女たちをサポートするのがボーイの仕事。
華やかな世界の裏側でアダルトな仕事を始めますか?

給仕はボーイのメイン業務

給仕とは、雑用や飲食の接待をすることです。
キャバクラのボーイにおいては来店したお客を店内に案内し、注文や指名)を確認する。
キャバ嬢を送り込み、注文のあった酒やフルーツ盛りなどをテーブルに運びます。
これらの仕事は一般の飲食店とそれほど変わりません。
また、仕事中は当然立ちっぱなし、案外体力勝負なので注意が必要です。

時にはパシリとなることも

ボーイの店内における地位は最底辺と言っても過言ではありません。
雑用の他、キャバ嬢からちょっとした買出しを頼まれる(命令される)事もあります。
また、お客からパシられることも…
「それは俺の仕事の範疇じゃないから」という理屈は基本通用しません。
素直に従っておくほうが身のためです。
※キャバ嬢は待機中にあまり外に出れないので変わりに買い出しをするのは仕方ないといえば仕方ないです。

どのキャバ嬢が相性がいい?つけ回しで店の売上は左右する

ボーイの中にも序列があり、マネージャーなど役職がつくようになると仕事の中身も変わってきます。
大きく変わるのは「つけ回し」を任されること。
簡単に言えば、お客にどのキャバ嬢を接客させるか指示する役割です。
初めて来店したお客、2度目だがまだ指名嬢を決めていないお客、以前指名していた子が辞めてしまった常連のお客、などお客の状況は様々。
その日に出勤しているキャバ嬢の中で誰が一番適任なのか判断します。
短期的な売上の他、リピーターの獲得と言う長期的な売上アップにも関わってくる重要な仕事。
お客については現場での情報収集をする必要もありますが、在籍のキャバ嬢に関しては接客スタイル、どういったお客と相性が良いのか日々の仕事を観察したり、コミュニケーションをとることで把握しておく必要があります。

色仕掛けしてくるキャバ嬢に惑わされるな

下っ端のボーイは見下されるほうが多いので良い思いは少ないかもしれませんが、上記のつけ回しなどを担当するレベルに昇進するとキャバ嬢の対応がやや変わってきます。
見下すような態度は影を潜め、親しみのある対応が増えてきます。
ちょっとした気遣い・プレゼント、コミュニケーション頻度の増加。
これ見よがしの色仕掛けを仕掛けるキャバ嬢もいます。
悲しいですが、当然これには裏があります。
つけ回しで優遇してもらえれば接客回数が増えますので収入も増える。
指名を貰えるチャンスが増えてリピーターが増える。
結局は金、と言うことです。
それまでの底辺を味わっているとついついその誘いに乗ってしまいたくなりますが心を鬼にしてビジネス上の関係を保ちましょう。
なぜなら、店舗の売上アップが自分の給料に繋がるわけですから一時の感情に任せて合わないとわかっているキャバ嬢をテーブルにつけるのは悪手。
また、ボーイとキャバ嬢の恋愛は基本NGでばれたらクビになる可能性が高いです。
ボーイとキャバ嬢の恋愛は業界用語で色恋(いろこい)と呼ばれます。

例外的に認められる?ボーイとキャバ嬢の恋愛

ボーイとキャバ嬢の恋愛がNGなのは仕事に支障が出る、贔屓する、といった店舗にとってマイナスな要因があるためです。
その他、客にバレた場合のイメージダウン、客離れも深刻です(噂レベルでも影響はある)
悪いことずくめの恋愛ですが、例外的に認められるケースがあります。
それは、その恋愛がキャバ嬢の退店を止める、または仕事のモチベーションアップに繋がる場合。
キャバクラで働く女性たちは多くのストレスを抱えていて、そのはけ口として・救済を求めて恋愛に頼りたくなることがあります。
一番身近な存在のボーイがその相手としての役割を担うことで精神の安定をはかり明日も元気に働いてもらうのです。
キャバ嬢の管理方法の1つとして色恋管理と呼ばれます。
あくまで管理するために許されただけなので本気で恋愛関係になるのはやはりNG。

キャバクラのボーイの仕事に興味が沸いたなら

男性向けバイト情報サイトをチェック!

⇒アダルトバイト一覧ページへ

風俗店の店員の仕事

男性の性欲処理を影ながらサポート

風俗店の店員の仕事

男性の様々な性的欲求を発散できる場所、それが風俗店。
当然サービスを行うのは女性スタッフ(風俗嬢・ソープ嬢)ですが、店を運営するのは男性の仕事。
主な仕事内容と注意点を紹介しましょう。

受付の仕事

風俗店に来店するお客さんの他、デリバリーヘルスなど店頭案内をしていないお店の場合は電話での対応を行います。
お客さんにシステム・遊び方や料金の説明をします。
指名嬢を決めていない人には出勤中の女の子のなかから好みの条件に合う子を選んであげましょう。
風俗店といえどサービス業です。
明るく朗らかに対応しましょう。

料金の受け取りやお客の案内も行います(待合室)。

女の子の管理

風俗店はそこで働く女の子がいないことには営業できません。
所属している子の出勤管理も男性スタッフの重要な仕事のひとつです。
正直に言って、時間にルーズな子が多いですし、ストレスなどで急な休みを取る子もいます。
日々のやりとり・コミュニケーションで彼女たちの状態を把握して声をかける、相談に乗るなど先手を打っておく必要が時にはあります。
開店時間になったのに出勤人数がゼロ、これは洒落になりません(笑)

事務作業・雑用

風俗店もHPを持つのは当たり前。
ツイッターやフェイスブック、LINEなどのSNSを駆使してお客さんを集めます。
受付などの仕事が無いときはこれらの更新などを行います。
その他、女の子達は出勤後はいつお客がくるかわからないので何か必要な物があっても外になかなか出れません。
そのため、男性スタッフがお使いに出されることもあります。簡単に言えばパシリですね(笑)

風俗店スタッフのアダルト体験

いくつかパターンが考えられます。

講習の相手
風俗店では女の子の接客技術のチェックや向上のために講習と言うものがあります。
面接時や入店後の接客前に行われます。
最近は減りつつありますがこの相手として店員が借り出されるのです。
しかし、気をつけたいのが射精不可な点。
店によってはそれが守れなかった人はクビなるくらいです。
そこまで行かなくとも1回分の給料を女の子に支払う必要があるので懐は痛くなります。
生殺し状態でもかまわなければおいしい体験といえるでしょう。
義理風呂
特にソープランドで行われます。
グループ、系列の店舗のソープ嬢がお茶を引く(お客が1人もいなかった)場合に店員がお客としてサービスを受けにいくのです。
ソープ嬢が「稼げない店」と判断して辞めてしまうのを防ぐためのものです。
おいしい話と思いきや、支払う料金は店員持ち。
しかもそこまでして辞めさせたくない女の子・店舗ということはそれなりの高級店。
懐へのダメージはなかなかのもの。
一部料金を負担してくれるお店もあるようですが系列の店員だとばれるわけにも行かない妙な緊張感があるので結構大変です。
全裸の女の子がうろつく
店内にサービスルームがあるファッションヘルスやソープランドで見られる光景です。
仕事に慣れると裸になること、見られることの抵抗感が薄れていきます。
また、店員は男性として意識されていないことも多いのでこんなサービスショットも楽しめます。
但し、店員側もだんだん慣れていって最終的にはなんとも思わなくなるらしいです(笑)
恋愛関係
店員と風俗嬢も結局は男と女。
長く一緒に働けば恋愛感情が芽生えることもあるでしょう。
しかし、これは茨の道。
店内に恋人がいる風俗嬢のサービスが質の高いサービスを提供できるわけがありません。
また、常連客にしてみれば自分が高い金を払って受けてるサービスを店員がタダで受けているのは納得いかないでしょう。
行き着く先は売上の減少。
店舗の責任者はこの関係を快く思いませんのでどちらかを辞めさせるのが基本です。
そのときに立場が弱いのが店員。
クビ覚悟で愛を貫くか、仕事を取るか、選択しなくてはなりません。

風俗店の店員の仕事に興味が沸いたなら

男性向けバイト情報サイトをチェック!

⇒アダルトバイト一覧ページへ

ビデオ試写室(個室ビデオ)の仕事

男性のセルフ性欲処理場

ビデオ試写室

風俗で性欲発散も良いですが、金額は結構しますしハズレも少なくない。
お手軽にササッを処理するには自家発電がピッタリ。
男性のニーズにマッチしたビデオ試写室についてまとめてみました。

ビデオ試写室とは

ビデオ試写室は言ってみれば大人の漫画喫茶みたいなものでしょうか。
店内には大量のアダルトDVDの他、一般のDVD(映画・ドラマ)や漫画などがあります。
それらを借りて時間ごとの料金を支払います。
個室にはプレイヤー・モニターがあるので、そこでDVDを見ながら性欲処理するわけです。
音盛れに関してはヘッドフォンがあるので心配要りません。
その他、ネットの動画配信サービスを利用できるようにPCがおいてあったり、より快感を高めるためのアダルトグッズを販売していたりと様々な方法で楽しめます。

仕事内容

受付業務がメインです。
お客は個室で見るDVDなどを選んだ後に受付にやってきます。
初めてのお客にはプランの説明を一通りしましょう。
PCの利用には身分証の提示が必要なのでそれもチェックします。
利用プランを確認後に料金を受け取り、鍵を渡して部屋に案内するのが一連の流れです。

店内で直接、または個室のインターホン(内線電話)で問合せを受けたり、グッズの購入の依頼を受けたりすることがありますのでその対応も行います。
特に年配のお客は機材の使用方法がわからない場合が多いのでその説明も行います。

店内にはアダルトグッズを販売しているスペースを設けている場合、そのレジ対応も仕事に含まれます。
自動販売機でグッズを提供している場合はその補充が仕事になります。

お客の利用後は個室の清掃、DVDなどの返却を行います。

仕事で大変なところ

受付に関しては特に難しいこともなく、大変さはないでしょう。
問題となってくるのは清掃業務。
ビデオ試写の利用目的がアレだけにその残骸を片付けるのに抵抗あるでしょう。
マナーの悪いお客は個室の中で用を足すこともあるので精神的ダメージが大きいです。
後は「臭い」の問題。
消臭は当然行っていますがお客が多くなればやはりそれだけでは対処できないことも。
まあ、幸いなことに鼻はよほどの悪臭でない限りしばらくしたらなれますので…

仕事ができるやつは出世が早い

ビデオ試写に限ったことではありませんが、アダルト系の求人は一般の求人に比べてハードルが低い分、あまり優秀とは言えない人が働いているケースがあります。
それを同僚として嘆くことは簡単ですが、より前向きに考えましょう。
つまり、自分はできる奴だとアピールしやすく出世しやすいと言うことです。
清潔感のある姿、ハキハキした受け答え、ミスのない仕事っぷり。
これだけしっかりやっていれば半年~1年で店長レベルに昇格することも可能です。
その後は店舗管理の他、大手ならエリアマネージャー的な上司がいるので店の改善点・新しいサービスの提案など更なる利益を生むための取り組みをアピール・実施することができれば本社勤務など上のグレードに行くことも可能、月収は50万を超えることも可能です。

ビデオ試写大手で店長を目指そう!

金太郎花太郎グループの求人情報をチェック!

I LOVE VIDEOグループ(大阪)の求人情報をチェック!

利用者層

最後に、ビデオ試写室はどういった人たちが利用しているかまとめてみましょう。

・サラリーマン(仕事中)
営業マン(外回り)です。
仕事がしんどい、次の営業先まで時間が空いてしまった、仕事してるフリ、など理由は様々。
監視の目のない外でサボったり暇つぶしをしたりしているのです。
・お父さん(子持ちの親)
特に家に自分の部屋がないお父さん。
性欲処理をしたいけれどアダルトDVDを1人で見るタイミングがない、PCが家族共有なのでエロサイトを見れないなど家で悶々としている人。
風俗とは違い、店内で自慰行為をするだけなので家族に対する罪悪感が少ないメリットがあります。
・カップル
たまにいます。
周りに見せ付けたいのでしょうか。
ラブホ代を浮かせたいのでしょうか。
店舗によっては女性の入店に制限がかかっていることもあります。
レンタルビデオのアダルトコーナーで遭遇したときよりはマシですが、男性客にとってみれば結構迷惑な存在です。
・宿泊客
ビデオ試写室は宿泊施設ではありません。
しかし、漫画喫茶などと同様に夜間から朝までのロングパックなどがあります。
快適さでは劣るものの、ホテルに泊まるより格安なのでこういった利用もあります。
寝るだけでDVDをそもそも見ない人もいます。
・浮浪者
宿泊目的であることは上記と同様ですが、いろいろと周りへの影響が大きいです。
夏場もそうですが、色々と着込んでいる冬もヤバめです。

⇒アダルトバイト一覧ページへ

オススメリンク
風俗・キャバ・ホスト、アダルトバイト情報
記事検索