証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2007年08月

株券ペーパレス化の影響。

カネボウ(現海岸ベルマネジメント)の異動証明書を取りに、三菱信託に行ってきました。
すると、2ヵ月待ちだとか。
通常は3週間程度です。

現在、株券のペーパレス化のため、異動証明書の請求が増えているようです。
人間、やはりモノが手元にないと安心できない方が多いみたいです。
(私もそうですが)
登記も権利証がなくなりましたが、司法書士の友人は、「登記識別情報を打ち出した紙が権利証代わりとなった」とのこと。また、ネット申請をする方は少数派だそうです。

一時のITバブルで、ネットがもてはやされた時がありましたが、一部では行き過ぎがあったのかも知れません。

それはそうと、異動証明書は、少数株主がファンドと戦う際の有力な手段です。
2ヵ月もかかっていては、TOBが終わってしまいます。せめて、ТОB期間内に出せるようにしてほしいものです。

カネボウ鑑定期限延長

本件と関係ないですが、カネボウの鑑定期限が延長になっています。
鑑定期限は、9月28日に延長になっています。

カネボウは、アドバンテッジパートナーズの投資先ですが、
裁判所に対して、「売れ残った土地」と説明していた土地が売却済みであることなどが判明したため、鑑定期限は延長されました。

サンスターの代理人は・・・

名梨望さんとサンスターの訴訟ですが、
サンスターの代理人は、予想通り、山浦ハルシゲ先生のようです。
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/54647783.html

ただ、ハルシゲ先生、ニレコでは、原告側の代理人をやっているんですよね。
訴状でも引用してますので、今後、ニレコでの主張をこちらが引用する場面も出てくるかも知れません。
http://www.geocities.jp/kanebou1620/sunstar

サンスターは、МBOではなく、МEBОだ、などと言ってますが、従業員すら応じないTOBって難なんでしょうね。

また、МBO価格は時価によるべきだとして、1年平均等も引用しています。
このへんは、レックスの当事者としては、「もっと言ってくれ」という感じでしょうか?〔笑〕。

サンスターの場合
(1) 複数の投資銀行が650円以上での敵対的買収を検討しており、サンスターが最高値追及義務を履行していれば、これ以上の価格となった可能性が高い。
(2) 1株あたりの純資産を下回っている。
という点が問題ですね。

アドバンテッジ代理人 野田昌毅氏が雑誌に投稿。

 アドバンテッジの代理人である、弁護士の野田昌毅氏(西村あさひ法律事務所)が、ターンアラウンドマネージャー九月号五十ページに、原稿を書いてます。

 下方修正後のMBOを禁止すべきではない、こと等が内容となっています。
 ほぼ、アドバンテッジの主張をトレースしたものと言って良いでしょう。

 なお、「下方修正後のМBOを一律規制すべきとの声」とは、当ブログ等を指していると思われますが、私は、下方修正後のМBOですら、禁止すべきとは言ってません(少なくとも公式には。)。
 下方修正後のМBOは、過去一年の最高値を下回れない、としているだけです。
 下方修正について責任を負うべき取締役が、下方修正により下がった価格により、株主に損失を強要し、自己は利益を受けることは、いかなる理屈でも正当化できないからです。

 野田氏個人のことだけを言うつもりはありませんが、このような場合、なぜ、ご自分の立場を隠すのでしょうか?
 どのようなことを書くのも自由ですが、アドバンテッジの代理人である方が、第三者を装って、公に発言することは、フェアーでないと思います。
 

経済産業省のМBО指針

経済産業省が、MBOの指針をだしています。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=595207033&OBJCD=&GROUP=
もっとも、内容的には、かなり腰砕けという感じです。
17日までに、この指針に対して意見を出せますので、みなさんも何かありましたら、お願いします。
私は、下のような感じで、出そうと思っています。

http://www.geocities.jp/kanebou1620/ikenmbo

不動産鑑定士試験・会計学で「逆粉飾」の出題。

 8月4日から行われている、平成19年不動産鑑定士試験・論文試験の二日目、会計学で、「逆粉飾」について出題されました。

 出題は、会計学の問題1で、保守主義の原則について、問う問題です。
その小門(4)では、

 この原則は、適用次第では「逆粉飾」を正当化する危険性を持つと言われる。このことについて、説明しなさい。

 という問題が出題されました。
 まさに、レックスのことを聞いているような出題ですね。

明日審問

明日、10時から審問です。
時間の有る方はいらして下さい。
東京地裁3階民事8部書記官室。

カネボウに株主提案

カネボウに株主提案をしました。

http://www.geocities.jp/kanebou1620/kateian

株主提案をするのは西武に続き二件目です。
開催は十月なので、今度は集中日開催はできないとおもいます。〔笑〕。

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ