証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。管理人 山口三尊 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2007年12月

決定と東京スター銀行

チャーチルの言葉に、「第二次大戦はやる必要がなかった」というのがあります。
これは、ヒトラーが弱体のうちに叩いていれば、こんなことにはならなかった、という意味だといわれています。

さて、12月21日が東京スター銀行のТОbです。

東京スター銀行は、二年ほど前に上場したばかり。
公募が四十三万円に対して、TOB価格は36万円です。

こんな破廉恥なTOBがあるでしょうか?

あまりにもふざけています。
いうまでもありませんが、こんな不埒なことをするのは決まっててます。
アドバンテッジパートナーズです。

そして、重要なことは、21日と言う日は、
19日の2日後だということ。

十九日は、東京地裁の決定でした。

ファンドの人間は、一つの案件が成功すれば、何億円もの利益を得ることが出来ます。
何億円も積まれて、マナーを守る人間がいますか?
彼らにとって見ると、違法でなければ合法なのです。
裁判所が懲らしめない限り、彼らはやりたい放題のことをしてきます。

甘い決定が、新たな紛争を引き起こしたように思えてなりません。

カネボウC種株は201円

カネボウの持ち株会社トリニティインベストメントが、機構からC種株を取得した価格は201円でした。
取得したのは、平成18年1月31日です。

カネボウの取締役である小森哲郎氏は、平成18年2月7日まで、
トリニテイの代表取締役でしたから、この譲渡価格を知りうる立場にありました。
にもかかわらず、
2月21日には、162円でのTOBに賛同しています。

201円という価格は、異常に安いと思いますが、
それでも、劣後株であるC種株でさえ、201円をつけていることを考えると、
普通株の価格はこれを上回るはずです。
カネボウの役員が、162円でのTOBに賛同したのは、違法行為ではないでしょうか?
http://www.geocities.jp/kanebou1620/201c

決定要旨

1 裁判所は、取得日における、客観的な時価に加えて、強制取得によって失われる期待権を評価した価額をも考慮することが、相当である。

2 取得日における客観的な時価は、20万2000円を上回らない。
 取得日における客観的な時価は、市場価格が、その企業の客観的価値を反映していないと認められる特段の事情がない限り、評価時点に近接した市場価値を基本として、本件株式の客観的な価値を評価することが妥当である。
 (1) 11月10日以降は、客観的価値を反映していない。
 (2) 下方修正は、株価操作を目的とした意図的なものと認めることはできない。従って、8月21日以降の株価について、客観的価値を反映していないとの申立人の主張は採用できない。
 (3) 他方、8月21日以前の株価は、下方修正を反映していないから、客観的価値を反映していない。
 結局、8月21日から、11月9日までの時価が基準となるから、20万2000円を上回らない。

3 期待権は、2万8千円を上回らない。
  なんらの鑑定も実施されていない、本件では、本裁判所が、強制的取得により失われる期待権の具体的な評価額を算定するにつき、専門的知見を反映した具体的金額を算出することはできない。
  仮に、理論的にはМBO後の事業計画に基づいて、実現されるべき価値について、従来の株主が受けるべき権利が含まれていたとしても、本件においては、これを的確に算定することが出来ない。従って、申立人の主張は採用できない。

4 株主利益を考慮した公正な手続きの観点から、本件におけるMBOの必要性に関する株主に対する説明や、価格の適正性を担保する手続きについて、批判の余地がないとする趣旨でないことはいうまでもない。これまで積み重ねられてきた議論を基にして、今後、MBOに関する公正なルールが確立されることが望まれるところである。


 コメントする気がしませんが、いくつか。
1 まず、AP8が設立されたのが、8月9日であり、この日の時価が319000円であったことについては、全く言及されていません。レックすの客観的価値が319000円より低いなら、アドバンテッジは、出資者に対する背任を働いたことになります。
2 下方修正後の時価を基準にすることが許されるのであれば、無能・怠慢な経営者ほど儲かることになります。下方修正について、経営者は責任を負う立場にあり、その経営者が、まさに自己の経営の失敗によって、利益を受けるのは矛盾でしょう。
3 期待権については、結局「鑑定しなければ分からない」で逃げています。鑑定費用を払えない少数株主は、結局保護されないことになります。理論的にも、非訟事件ではは、申立人には立証責任がないのに、事実条の立証責任を負わされています。
4 「公正なルールの確立」は、まさに、裁判所に期待された役割です。他人事のような書き方はいかがなものでしょうか。

19日に決定

レックスの裁判は、19日に決定が出ます。(時間未定)
これを受けて、12月22日に弁護士説明会を行います。
弁護士説明会は、
http://asp.netmap.jp/map/2500212866.html
中小企業センター(東急大井町線下神明下車)大会議室で行います。
9時半開場、10時開会、11時45分閉会でお願いします。

持参するもの・・・会場の地図をプリントアウトしたもの。又は手書きの地図。
マスコミの方は、名刺をお持ち下さい。

サイバード被害者の会

サイバード被害者の会のホームページは、
こちらです。
サイバード被害者の会

アドバンテッジ被害者牛角会のホームページから飛べます。

http://www.geocities.jp/kanebou1620/index.htmlアドバンテッジ被害者牛角会

Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ