証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2008年08月

竹井友二(アドバンテッジパートナーズ)らを訴えるようカネボウに請求

 平成20年8月26日、カネボウ個人株主の権利を守る会及びクラシエ被害者の会に所属する、株主733名は、カネボウ(現、海岸ベルマネジメント。以下「カネボウ」と記載。)監査役小森哲郎、代表清算人中嶋章義に対して、カネボウの取締役(アドバンテッジパートナーズの竹井友二、中嶋、小森、橘田、林)に対する訴訟を提起するよう、提訴請求を致しました。

 本請求より、60日を経過すると、代表訴訟を提起することができます。
 今回の代表訴訟は、平成18年に行われた中核三事業の譲渡について、譲渡価格と適正価格の差額を会社に返還するよう求めるものです。
 カネボウは、中核三事業を、441億円(貸付金含む)で譲渡していますが、東京地裁平成20年3月14日決定では、891億円の価値があると認定されております。
 その差額に相当する450億円を会社に返還するよう、当時の取締役であった竹井友二(アドバンテッジパートナーズ)に対して求めるものです。
 カネボウは、提訴しない可能性が高いと思われます。この場合、今回提訴請求をした株主は、60日後に株主代表訴訟を提起する予定です。

 竹井友二らは、東京地裁が891億円の価値があると認めた中核三事業をわずか441億円で譲渡しており、これは、善管注意義務に違反すると考えます。
 しかも、株主に分からないよう、株主総会に諮らずに、電子公告により譲渡しました。たった2週間、カネボウのホームページの片隅、それもトップ頁でもない場所にある電子公告を見なかっただけで株主は、中核三事業を安値で譲渡され、翌年には解散に追い込まれました。
 2週間以内に反対通知ができたのは、単元株主だけでも三万人いる株主の中で、わずか500人程度です。 

 この訴訟は、電子公告を見れなかったため、2週間以内に反対通知ができず、解散会社に取り残された3万人の株主の権利を守るために、非常に重要なものです。
 
 カネボウ個人株主の権利を守る会の会員は、543名であり(途中、相続があったため、2名増加しています。)、多数は反対通知を2週間以内にしていますが、64名の会員は反対通知が認められておりません。
 クラシエ被害者の会は、反対通知が認められなかった株主で構成された会で、200名ほどの構成員がいるものと推察されます。これは、本年結成された会で、カネボウ個人株主の権利を守る会とは別の会ですが、友好関係にはあります。
   以上

猛暑とタスポでコンビニ活況、7月は前年比11%増

コンビニの業績が絶好調みたいです。
以下は読売新聞の記事ですが、売り上げが1割上がると、利益は何倍ですかね?
結審していなければ、これも裁判所に提出したいところですね。


猛暑とタスポでコンビニ活況、7月は前年比11%増
8月20日19時36分配信 読売新聞


 7月のコンビニエンスストア主要11社の売上高(既存店ベース)は、前年同月比11・7%増の6891億円で大幅増となった。

 日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した。たばこ自販機用の成人認証カード「タスポ」の導入でたばこを買う人が一段と増えたほか、猛暑で清涼飲料などの売り上げが増えた。

 タスポが導入された自治体が23道県になった5月以降、3か月続けてコンビニの既存店売上高は前年実績を上回っている。伸び率は、5月の3・7%、6月の4・2%に比べ、7月が目立って大きい。来店客数も11・8%増の11億8123万人と大幅に増えている。

 7月からタスポの運用が全都道府県で始まったことが大きく、新規出店も合わせた全店ベースでは、たばこを含む非食品の売上高が33%増だった。

 また、清涼飲料水やアイスクリームを含む加工食品の売上高が9・9%増と2か月ぶりに増加した。協会では、たばこを買いに来たついでに清涼飲料水なども購入する「ついで買い」が売り上げ増の一因とみている。

最終更新:8月20日21時36分

アデランスがМBO?

アデランスにMBOの噂があるようです。

アデランスの株価はこちらです。

半信半疑でしたが、業績を下方修正しており、これは、MBOの前兆ですね。
サンスター、レックス、ツバキナカシマと、MBO前には下方修正してます。
これは、MBO価格を引き下げるための行為です。
ちなみに、サンスターは、ご丁寧にMBO直後に過去最高益予想を発表しています。
また、借入金比率が低いことやPBR1倍われも、MBOには好条件です。
例えば、アドバンテッジが手がけたポッカでは、PBR1倍割れの水準で
MBOしました。

もっとも、スポンサーのスティールパートナーズは、アドバンテッジほど悪質なファンドではないので、MBOのような酷いことはしないと思いますが。

携帯注意=痴漢事件、最高裁で逆転へ。

携帯電話を注意したところ、痴漢であるとして、女性から告発を受け、
不起訴となった沖田さん(男性)が、(虚偽の)告発をした女性を訴えていた民事訴訟で、最高裁が弁論を開くことを決定しました。

沖田さんは、地裁、高裁と女性に敗訴(請求棄却)していました。
最高裁が弁論を開く場合、結論を逆転させることが多いのです。

民事で、沖田さんの逆転勝訴となる可能性が高そうです。

沖田さんのホーホムペーじはこちらです。

正義は贅沢?

宝塚歌劇見てきました。

誘われたのは、昨日。電話の主は、某大学の准教授。
「山口さん、チケットあるけど、宝塚見に行きませんか?」
迷ったけど、行くことにしました。幼稚園か小学校の時に一度見て、衣裳がとても綺麗だった覚えがありますが、それ以来です。

印象としては、「よく練習しているなあ」ということ。それと、観客を飽きさせない工夫が随所に見られました。ちなみに、今日、役者さんは衣裳を何回着替えたんでしょうね?

さて、劇中、強い共感と反感を感じたのが、エジプト太守の台詞。

「正義は贅沢」

というものです。台詞としては、主人公の台詞でもなんでもないのですが。

まず、共感。
正義を実現するのは、本当に大変です。
正義は、空気や平和と違って、当たり前のものではありません。血と汗と涙を流して勝ち取るものです。正義を実現するコストは、ものすごく高く、このことを考えれば、「ぜいたく」というのも、納得です。
次に反感。
正義は贅沢だから、だから実現しなくていい、というのは、間違いです。
コストを払ってでも、実現すべきと考えます。

MBОは錬金術

夕刊フジが、すかいらーくに関連して、
MBOは錬金術である、とはっきり報道しました。

経営改革をしたいなら、MBOは有害でしかなく、主目的はマネーゲームです。
私は、錬金術が悪いとは公には言いません(いいたいですが。)。しかし、このような、錬金術のため、株主が犠牲になるというのは、本当におかしいことだと思います。

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_08/t2008081310_all.html

フェアプレイの精神

 谷亮子選手が、銅メダルを獲得しました。
本人は不満も残ったようですが、5大会連続のメダルというのは、すばらしいことだと思います。
 大きな拍手を送りたいと思います。

 さて、谷選手は、本当によく頑張ったと思うのですが、彼女の周囲の人たちは、フェアだったでしょうか?
 谷選手は、2007年にも、日本の選手に敗れています。また、北京五輪代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権では、山岸絵美選手に2本も有効を奪われ、完敗しています。
 これが、指導や、注意で負けたなら、単に運が悪かったとも言えます。しかし、2回も技をかけられての完敗です。しかも、昨年も負けているのですから、やはり、実力的に山岸選手らが上だったと思わざるを得ません。
 彼女が、日本最強の選手であったとは、全く思えません。

 谷選手を選んだ方々は、日本が金メダルをとるために、ベストを尽くしたでしょうか?
 彼らは、フェアだったでしょうか?私には、到底そうは思えません。

フェアプレイの精神というのは、とても大切なことだと思います。
もちろんこれは、アドバンテッジパートナーズに対して、言いたいことです。

痴漢でっちあげ、執行猶予の衝撃!

8月8日の痴漢冤罪虚偽告訴事件の判決があり、実行犯の阪田真紀子容疑者に対して、
執行猶予判決が下されました。

確かに、阪田容疑者が自首したため、今回の犯行が発覚した経緯はあります。
また、厳しい刑を下せば、今後、自首しない加害者(自称被害者)が増加することも考えられます。
従って、刑事政策的観点から、寛大な判決をするということに、理由はあると思います。

しかし、痴漢冤罪の被害者の男性は、多くの場合、実刑に処されます。
また、世間の批判を受けて社会的地位を失います。
そのことと比較して、均衡を欠くのではないでしょうか?

以下は共同通信社の記事です。


痴漢でっち上げ女に有罪 「被害者に大きな屈辱」
2008年8月8日(金)17:05

 大阪市営地下鉄で痴漢事件をでっち上げ、被害者に成り済ましたとして虚偽告訴などの罪に問われた無職阪田真紀子被告(31)=奈良市=の判決公判で、大阪地裁は8日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。樋口裕晃裁判官は「司法手続きをよこしまな方法で悪用した。平穏な生活をしていた被害者に大きな屈辱を与えた」と述べた。一方で「自首し、被害者に直接謝罪している」とした。

著作権と「おふくろさん」

7月6日、知的財産管理技能検定3級を受けてみました。
同検定は、今回から国家資格となっています。まあ、初回だから、やさしかったです。
そこで、勉強したことを少し。

森進一さんが、川内康範作詞の「おふくろさん」を改変した問題は、著作権法でいうと、著作者人格権といわれるものです。
著作者人格権は、著作権法で認められた権利で、公表するかしないかを決める公表権、実名を使うか等を決める氏名表示権、改変を禁じる同一性保持権があります。
この、同一性保持権があるため、森さんは、「おふくろさん」の歌詞を勝手に変えたりすることはできません。
しかし、一方、改変せずに、元の歌詞のまま歌うのであれば、「歌うな」という権利は、著作者にはありません。

森進一さんが「おふくろさんを歌えなくなった」等といわれていますが、法律的には、そんなことはありません。法的な問題は全くないのです。改変さえしなければ。
森さんが、改変前の「おふくろさん」を歌わない理由は、道義的なものです。川内氏は、改変に激怒し、「二度と歌わせない」と言って亡くなりました。繰り返しますが、川内氏には、「改変するな」という権利はありますが、「歌うな」という権利はありません。
にもかかわらず、森さんが歌わないのは、川内氏の気持ちに配慮したからとしか、言いようがないのです。
そして、誰もがそれを当然だと思っています。法的にはともかく、道義的に許されないということです。

このあたりは、アドバンテッジらにも見習ってほしいですね。
アドバンテッジらの考えは、「違法でなければ合法」「法に触れなければ何をしても良い」「一枚目のイエローは反則ではない」というものです。
彼らのしていることは、違法だと思いますが、彼らはそう思ってません。
しかし、道義的に許されないことであるのは、明らかです。
道義的に許されないことはするべきではないと思うのですが。

わたし、男子校出身です。

最近、人気のモデル、椿姫彩菜さんの書籍と同じタイトルをつけてみました。
ただ、私がつけても、全くインパクトはないですね。当たり前すぎて。〔笑〕。

タイトルは全くその通りで、中学、高校と、男子校でした。

中学一年のときに同じクラスだったのが、

澤本嘉光 ソフトバンクのCM等を手がける。
羽田 寛 元ライブドア役員
秋田一郎 都議会議員

です。当時は個人情報保護法なんてないから、しっかり中一から高三まで、
全員の名簿がありました。
年賀状出して、返事を保存しておけば、今頃ヤフオク長者だったかも〔笑〕。

羽田からは間違いなくもらったのですが、その後捨ててしまいました。
先見の明がないというべきですね。


ちなみに、学校のすぐ近くに、悠仁様が生まれた産婦人科医院があります。
6年間、前を通っていて、産婦人科医院であることすら知りませんでした。
悠仁様が生まれた時、この医院がテレビで映し出され、懐かしさを感じました。
同時に、テレビ報道で始めて、「産婦人科だったんだ」と気づきました。〔笑〕。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ