証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2013年05月

西武HD、HOYA 株主提案合同説明会動画

説明会1(西武編)
http://www.youtube.com/watch?v=L9_chBBJyCc
説明会2(西武編)
http://www.youtube.com/watch?v=nhkJ2h9uOCY
説明会3(西武編質疑)
http://www.youtube.com/watch?v=rEeB9hfLxw0
説明会4(HОYA編)
http://www.youtube.com/watch?v=6_0FgBCVgM4

西武提案(二号は提案せず、)。
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/65851140.html
HОYA提案。
https://www.facebook.com/pages/Hoya%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E3%81%AE%E4%BC%9A/282677501858247

西武役員候補、五味氏と小城氏に反対。

さて、西武の株主総会では、サーベラス側、西武側双方から候補者が出されています。
私は、このうち、西武側の小城氏、サーベラス側の五味氏には反対です。
まず、五味氏は、元金融庁長官で、西武を取り締まる側だったので、この人が役員になるのはいかがなものかと思います。
小城武彦氏は、経済産業省出身で、CCC、カネボウ、産業再生機構などを歴任しています。
カネボウは、戦後最安値の277円すら下回る162円で公開買付され、拒否した人は130円で強制取得されました。裁判をした人だけが360円となっています。
ところで、162円での公開買付に応じた人はごく少数でしたが、なぜ事業譲渡が可能だったかと言うと、上場廃止直前に、カネボウが劣後株を発行し、産業再生機構と、カネボウ化粧品の持つ劣後株の議決権が3分の2に達したからです。 このため、公開買付に誰にも応じなくても、事業譲渡が可能になりました。
しかも、この時、経済産業大臣が産業活力再生法の認定をしたため、株主総会なしに、事業譲渡がなされました。このため、3万人の株主のうち、500人強しか、買取請求ができませんでした。株主総会が行われていれば、皆、事業譲渡に気付いて反対したはずです。
また、機構は、380円で取得した劣後株をユニゾンらに201円で売っています。しかも、この価格を公表していません。もし、公表していれば、普通株の公開化付け価格は少なくとも201円にはなったはずです。機構は、株主からファンドが搾取するのに協力したと言わざるを得ません。
小城氏は、その担当者でした。
絶対に許せません。

東宝不動産、14%の株主が反対

東宝不動産の臨時報告書が提出され、およそ790万株、14%の株主が反対しています。
一方、東宝以外に、300万株もの株主が賛成していますね。代表訴訟は怖くないのでしょうか?
なお、議決権を行使しなかった株主は、売却したものと思われます。
基準日後に買った人も参加できますので、訴訟は最大で19%ということになりますね。
レックス事件がおよそ0.3%でしたから、「史上最大の作戦」になりますね。

決議事項に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための要件並びに当該決議の結果
(本定時株主総会) 決議事項
賛成数 453,624 (個)
反対数   79,377 (個)
棄権数   1,270 (個)
賛成割合(%)
可決 84.82 

東宝、1200円での買収提案に回答拒否

東宝株主総会議事録
質問者1 CSR(株主の社会的責任)を積極的にやってはどうか。
  回答 CО2の削減に取り組んだり、過去には、財団に寄付したりしている。
質問者1 株主優待カードがないと見られないのはおかしい。
  回答 長く持っている株主が多いのでカードにしている。有料だが再発行もできる。
質問者2 上野に映画館を作ってほしい。
  回答 貴重な意見として承ります。
質問者3 パンフレットに映画館名を入れてほしい。
  回答 現在、全国共通で販売しているので難しい。かつてのロードショー時代と違う。ご理解ください。
質問者4(山口) 帝国劇場の建替え予定はあるか。
  回答 同建物は堅牢で耐震性もあり、考えていない。
質問者4(山口) 東宝不動産の株式を735円で強制収用しようとしているが、ならば少なくとも1200円で買うので売ってほしい。
  回答 大和証券などの第三者の査定を依頼し、市場価格及びDCF法により適正に決めた。735円は適正である。かつて1000円での提案を受け拒絶したが、1200円での売却については、この場でいきなり言われても回答できない。また、会議の目的ではない。
質問者5 アベノミクスで、コンテンツに助成しようとしているが、政府の介入を招くリスクもあるのではないか。
  回答 質問者さんご指摘のようなリスクも認識している。しかし、コンテンツへの助成は珍しく、世界に日本のコンテンツを発信するために期待したい。 
質問者6 去年に比べて営業成績が落ちているのではないか。
  回答 当社のコンテンツは、アニメ、自社制作、提携作品の三本柱で、今年は今後、宮崎監督の風立ちぬに期待したい。
質問者6 株主総会の出席票で洋画を見せてほしい。
  回答 出席者の方には邦画の招待券を配っている。洋画については、ただで見せることに対する海外の批判が強く、難しい。
質問者7 海外事業はどうか。
  回答 欧米では厳しく、クラッシック作品が中心。アジアを中心に堅調だが、売上高の10%以下である。
質問者8 不動産事業はどう厳しいのか。
  回答 当社は10万坪を賃貸しており、商業施設、ホテル、オフィスにバランスよく賃貸している。不況の影響により、特にオフィス賃料が厳しい。が、再開発なども含めて伸ばしたい。
質問者8 女性役員を登用してはどうか。
 回答 子会社には三人いる。また、管理職割合は17%で、平均より高い。
質問者9 他社は、出席票でも優待でも映画を見られる。さきほどの回答は回答になっていない。
 回答 貴重なご意見ありがとうございます。検討させていただきたい。
質問者10 株主総会で配布したチケットでは東京でしか見られない。地方でも見られるようにしてほしい。
 回答 株主総会出席者は、東京近郊の方が多いという前提でそうしている。貴重なご意見ありがとうございます。
質問者10 株主総会終了後、試写会をやってはどうか。
 回答 試写会は営業上の理由でやるもの。また、他社と共同で造っている映画も多く、他社との調整が必要なので難しい。
11時15分終了

HОYA・西武HD合同株主提案趣旨説明会のお知らせ

 以下の日程でHОYA、西武HDの株主提案趣旨説明会を行います。
  参加者 山中裕(HОYA創業家)、中川素充弁護士(HОYA株主の会代理人)、松尾明弘弁護士弁護士(HОYA株主の会代理人)、山口三尊(西武HD、HОYA株主。)他
 日時  5月29日 水曜日 午後6時15分より。開始(6時開場)
   6時15分より西武HD提案理由説明。
   7時15分頃よりHОYA提案理由説明。
    場所  文京区民センター 3-C会議室  文京区本郷4-15-14
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kumincenter.html
  参加資格 HОYA株主、西武HD株主、会社法学者、弁護士、マスコミ関係者
  持参するもの 名刺又は身分証明書をお持ちください。
  HОYAの提案はこちら(追加提案あります)
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/65849317.html
 西武HDの提案はこちら
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/65851140.html


「ハゲタカ」呼ばわりをやめれば日経千円高。

さて、前にも書いたことがあるのですが、外国人投資家に対する差別用語に「ハゲタカ」というのがあります。
生活保護を不正受給した韓国人を非難すると「ヘイトスピーチ」と非難されるのに、何も悪いことをしていない外国人投資家をハゲタカ呼ばわりするのは、何か変ですね。
ハゲタカという用語は、単に外国人差別というだけではなく、日経平均を押し下げる働きもしています。
第一に、日本では、外国人投資家のシェアが4割を占めています。「株は怖いもの」と思い込んでいる一般人はなかなか株を買いません。買っているのは外人です。彼らを排斥することは、とりもなおさず、日経平均の下落につながります。
第二に、外国人投資家をハゲタカ呼ばわりすることで、ガバナンスが低下している、ということです。日本は、株主の力が弱く、役員のやりたい放題になっており、これが企業の不祥事を招来しています。そして、これに異を唱えた株主がたまたま外国人であれば、役員はマスコミを利用して、これを「ハゲタカ」呼ばわりして、耳の痛い意見遠ざけるわけです。
典型的な例が、最近あった、ソニーの改革案です。外国人投資家が、ソニーの分社化を提案したところ、「ハゲタカがソニーをバラバラにせよと圧力」などと、正当な意見を抑圧する報道がなされたのです。
http://markethack.net/archives/51875450.html
しかし、実際には、この提案を受けて、ソニーの株価は一日で10%も上昇しています。マーケットは、外国人投資家の意見が正しいと思っているわけです。このように、ハゲタカ、という便利な言葉は、外国人投資家の正論を封じるのに使われています。それによる損失は、計り知れないと思います。
「バラバラ」についてコメントしておくと、そもそも、エレクトロニクスの会社がなぜ、映画会社も持たなければならないか、非常に疑問です。そして、現実に、ソニーは、多すぎる分野に手を出した結果、大きな失敗をしています。
その最たる例がスマホです。
ソニーは、エリクソンと組んで携帯電話事業をやっていたため、アンドロイドに乗り出すのが遅れてしまったのです。ソニーがアップルより先に、「ソニーらしい」アンドロイド携帯を出していれば、今頃、隆盛を誇っていたのは、アップルではなく、ソニーだったと思います。

渋谷高雄、三村雄太を特定

渋谷高雄氏の弁護士から、三村雄太氏を特定したとして、その人物についての照会を受けました。
「この人物で間違いないと思うが、念のため照会する」とのことです。
渋谷氏が三村雄太氏だとしているのは、A県О市W町のH・N氏です。
  三村さんもこれで、「身バレ」を気にすることなく、堂々と主張できるようになりました。既に住所も氏名も特定されているわけですから、もう失うものはありません。
 三村さんの実績が本物であれば、口座の履歴を開示するでしょう。この場合、あっという間に原告敗訴です。
 逆に、開示しない場合には、渋谷さんが文書提出命令を申し立てることになるはずです。これで決着がつきますね。
※ この記事を巨大掲示板にコピペした者には呪いがかかり、「負債をマイナスとしたみずほのカネボウ評価書はありえない。戦後最安値以下じゃないか」と叫びたくなります。ご注意下さい。
 

シャルレ、文提の敗訴確定と減配

シャルレが往生際悪く最高裁に抗告していた文書提出命令ですが、25年4月16日に最高裁がシャルレの抗告を棄却する決定をしたそうです。
これは、シャルレのMBOをめぐる株主代表訴訟で申し立てられていたものですが、ようやく決着しました。株主代表訴訟というのは、「会社に金を払え」という訴訟で、原告が勝訴した方が会社にとっても、株主にとっても利益なので、抗告は迷惑この上ない話でした。
一方、シャルレはさらに減配を発表しています。

4月16日 文書提出命令、最高裁がシャルレの抗告を棄却
4月30日 ガバナンス監視委員会の廃止
4月30日 下方修正
5月14日 減配を発表

MBOまっしぐらという感じですね。代表訴訟の地裁判決が出る前にMBOをしようといいうわけですね。

メガネトップ、TОB価格越え

メガネトップの市場価格が、しばらく見ないうちにTОB価格を超えていました。
ここは、もともと、わずか六%という株主を舐めきったプレミアムで全部取得しようとしていたところ。
しかも、そのご日経平均は9%上昇していますので、馬鹿なTОBがなければ、もっと高くなっていたはずです。

株主の皆さんが応募を撤回して、不成立にしてほしいです。
アムスクパターンを期待しています。
私も少し買おうと思います。

シンガポール在住HOYA鈴木洋の倫理観

さて、HOYAの鈴木洋はシンガポールに移住しています。
これで、日本企業のCEОの資格があるんでしょうか?

日本企業の役員は、日本に税金払うべきだと思うんですがね。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ