証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。管理人 山口三尊 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2013年06月

東京地方裁判所、HN氏を三村雄太と認定。

本日、やっと、29部の書記官に閲覧できると言われ、閲覧してきました。
それによると、原告は、三村雄太とみられる人物(HN氏)に内容証明を送り、面談を求めたが、三村が選任した弁護士に拒否されたため、当事者表示の変更の申立(三村→HN)などを行いました。その結果、6月19日に、東京地裁は、分離されていた三村雄太氏の審理を併合することを決定しました。つまり、裁判所も、HN氏を三村雄太氏と認定したことになります。
原告は、6月14日付で準備書面5を提出。42頁もある大作です。なお、三村の本名のところは黒塗りになっていましたが、税務署の名称はそのままでした。
「品質」の議論が13頁ほどあり、続いてソニー株 南野建設の矛盾を指摘しています。また、釈明の矛盾点(親の口座を借りていたのを隠したいなら、口座の開設時期を修正すればよいだけで、1冊目と2冊目で齟齬を生じる理由にならない。)の指摘をしていました。
 もっとも頁数を割いていたのは検証の方法。
 ○税務署に調査嘱託する他、楽天証券の口座の検証方法(ログインして、資産状況の中から資産残高の推移の項目を選択、など、)について、かなりページを割いて説明しています。
また、母親の口座から三村氏の口座に資金を移した方法などについても検証する必要があるとしています。
三村氏側が口座の開示を拒めば、O税務署や楽天証券に対して調査嘱託ということになりますが、これは裁判所認める可能性が高そうです。というか、開示を拒んだ時点で心証は真っ黒、ですよね。
 三村氏は言葉通り、正々堂々と勝負してもらいたいものですね。
 今後は、7月12日までに原告が調査申出書を提出、三村と扶桑社がそれぞれ8月12日までに反論。次回は夏休みを挟んで8月26日3時です。

みずほ「ソニーの役員は重要でない」

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/investors/Meeting96/96_nts.pdf
さて、ソニーの招集通知8頁には、取締役の安楽兼光(候補者番号7番)氏について、
2007年からみずほの役員をしていると書いてあります。また、再任とありますので、株主総会前から、ソニーの役員をしているはずです。
これに対して、みずほの招集通知20頁には、重要な兼職「なし」となっています。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/stock/pdf/callnotice_11.pdf
25日にみずほの株主総会に出席した株主が問いただしたところ、「重要な役職ではないという認識であります」との回答だったそうです。
ソニーもなめられたものですね。
ソニー招集通知
ソニー安楽
みずほ招集通知
みずほ安楽

西武HD株主総会議事録

サーベラスの提案への反対理由(スライド)
(1) 中長期的な企業価値
(2) コーポレートガバナンスについては、現行の体制がベスト
(3) サーベラスから独立していない。
質疑応答開始が11時45分。
Q1(A氏) 途中で打ち切るのはよくない。また、総会のお土産もなくなった。
A 貴重なご意見として承る。
Q2(A氏) 招集通知に「記載問題」とあるが、「虚偽記載」ではないか。
A 表現上の問題。ご理解下さい。
Q3(A氏) 女性の役員がいない。
A 大宅映子を入れた。
Q4(B氏) 吉成氏解任の動議 
A 動議と認めない。任期途中なので
Q5(B氏) 折り返し運転をしてほしい。
A 貴重なご意見として承ります。
Q6(サーベラス岩倉氏)事前質問への回答は抽象論に終始しており遺憾である。説明義務を果たしてほしい。また、通訳をつけてほしい。現在女性通訳が二人外で待機している。
A サーベラス側が、鈴木氏を通訳とするとの回答をした。
Q7(サーベラス岩倉氏)当方に支配の意図があるとしているが、監査役は業務執行しないし、4名のうち2名に過ぎず、過半数に達していないから、支配する意図はない。
A 監査役は、支配政策の一環である。
Q8(C氏) 堤氏、サーベラスと協調してほしい。
A 個別の株主との関係は答えられない。サーベラスとは協議を働きかけている。
Q9(D氏) 上場について、前向きにやってほしい。上場について明確に説明してほしい。
A 事前勧誘規制があり、投資意欲を引き付ける行為はこれに該当するおそれがある。
Q10(D氏) 遺失物センターの対応が悪い。
A お客貴様への対応はしっかりやっていきたい。
Q11(E氏) サーベラスと話し合いをしてはどうか。
A 早期かつ良い形での上場をめざし、収益力と財務基盤の強化、内部管理体制の構築をし、上場基準を満たしている。今後もサーベラスとの協議を呼びかけたい。
Q12(サーベラス) 2月14日では400億、2/26日には380億、5月14日には401億円となっている。いつ何が生じたのか。
A 3月数に開示規準を超えたので修正した。減損損失を計上するなどして、減額となった。その後、桜の開花が早かったことなどにより業績が急速に持ち直した。
Q13(サーベラス) 震災の影響に関する記述が矛盾しないか。
A 予想に対して小さかったが、前年より回復したということだ。
Q14(サーベラス) ファインバーグが後藤氏に宛てた私的なレターを公表するのは、礼節に反しないか。また、鉄道・球団の廃止は、あくまでも可能性としての部分に記載している。
A 金融商品取引法により、公開買付の意見表明において、重要な事実を記載する必要がある。
Q15(サーベラス) 上場につながるのか
A 当社の現経営陣こそが早期上場への実績とビジョンを持っている。
Q16(F氏) 大宅さんのからのメッセージをスピーチしてほしい。
A 本日、別件があり来ていない。
Q17(F氏) モリテックスでも会社側との対立を経験したが、モリ社は説明会などをしていた。うちはチラシのようなものを送ってきただけだ。また、上場をはやくしっかりやってほしい。
A 最優先課題である。上場の要件を満たしている。DMは、当社の考えを株主の皆様に正確に伝えるためのものだ。
Q18(F氏) 大震災の対応はどうなっているか。
A 自然災害時の対応マニュアルを作成している。復興する事業の優先順位なども定めている。また、このホールは十分な耐震性がある。
Q19(サーベラス藤本) 質問に対して解答が具体性がない。後藤さんがご検討いただいたのか。
A 法務アドバイザー、財務アドバイザーなどの意見を踏まえ、上場に有害な情報は回答していない。
Q20(サーベラス藤本) プリンスホテルが韓国産品を長野県産としたのは、従業員のJAS法、景表法の理解不足であり、管理体制に問題があるのではないか。
A 申し訳ない。返金対応している。今後はチェック体制の強化に努めたい。役員の責任は、チェック体制構築によって責任を果たしたい。
Q21(G氏) 役員に外国人をなぜ入れなかったのか。将来いれるつもりはあるか。
A 役員は国籍性別を問わない。将来的には適切な方がいれば検討する。
Q22(サーベラス) 営業利益は当初目標の550億円が400億円にとどまっている。また、EVITDAマージンが上がっているのは、単に売上高が落ちているだけではないか。
A 激変する環境のなか、絶対額では未達だが、効率性は上がっている。また、有利子負債は減少している。
Q23(サーベラス) 中期事業計画は今後修正されるのか。
A 中期事業計画はグループの事業価値に必要な事柄であり、全力で取り組んでいく。
Q24(H氏) 金で経営できるものではない(サーベラスへのヘイトスピーチ)。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q25(H氏) 安全が第一であり、お客様は大切である。サーベラスはおかしい。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q26(I氏) サーベラスは五路線廃止の意図はないというが嘘である。私は五路線の一つを利用している。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q27(山口) 小城氏のカネボウで何をしたのかを知っていたのか。
A 小城氏はカネボウで悪い事をしたとの認識はない。
Q28(山口) 今年中に上場できないと、税金が上がり、私の場合200万円の損失になる。今年中に上場できなかった場合、後藤さんは、どう責任を取るのか、例えば減報は考えているか。
A 収益力、財務力、内部統制の強化に努め、上場の規準をみたしている。サーベラスと協議したい。
Q29(J氏) 飯能市は、国際航業に3000万払ってバスを運行している。行政から補助金を受ける気はないか。
A あくまで自助努力で運営したい。地域の足としての重要性は認識している。
Q30(サーベラス) ハワイ事業の赤字額は14億である。
A コスト削減などにより、赤字額は30億→20億、14億と減少している。
Q31(サーベラス) 累積赤字の回収可能性は
A 早期の黒字化を目指す。
Q32(K氏) ロスは、GMが鉄道株を買収して路線廃止した結果、貧乏人だけが鉄道にのる町になってしまった。上場は慎重に。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q33(L氏) 貴重な施設を売ってしまわないようにお願いしたい。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q34(M氏) ライオンズの維持をお願いしたい。
A 当社の宝である。今年も日本一を目指す。
Q35(M氏) 上場できない理由を教えてくれ。
A 上場の基準はみたしている。早期に(サーベラスと)協議を再開したい。
Q36(N氏) サーベラスから書面が届いたが、個人情報はどうなっているか。
A 個人情報は、厳正に管理している。株主としての権利行使に関連する場合、株主名簿を閲覧する権利がある。
Q37(N氏) 社内でいじめがあり、再雇用されないなどの問題があったと聞いているが。
A グループをあげて指導していく。万一あれば法令により対処する。再雇用については、規準を設けていたが、今は原則として希望者は再雇用している。
Q38(О氏) 回答が紋切型である。一方的に相手を非難している。回答は熱意をもって、質問は冷静にお願いしたい。サーベラスを最初から入れないことを前提に議論するのはおかしい。もっと株主を大切にしてほしい。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q39(P氏) 所沢とまりが多い。小手指まで伸ばせないか。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q40(Q氏) 営業利益が毎年上がっているなど、経営陣は評価できる。私は会社案に賛成する。住民の声に耳を傾け、社会的使命を果たしてほしい。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q41(R氏) ハゲタカからのエグジッドを考えるべきだ。堤康次郎氏の墓参りはしているのか。創業者への経緯をもて。
A 墓参りはしている。
Q42(S氏) かつてハワイ事業の累積赤字額について質問したが、回答がなく、今回サーベラスのおかげでようやく369億円と分かった。どう埋め合わせるのか。
A 日本人にハワイは人気であり、コスト削減や営業の強化で早期の黒字化を図る。
不規則発言 回答になっていないぞ。
Q43(S氏) 借金を減らしたと言うが、そのうちみずほはいくらなのか。
A 営業秘密であり回答できない。
Q44(T氏) 上場をあせるな、社会貢献せよ。
A 貴重なご意見として拝聴した。
Q45(U氏) ハワイ事業を切るかどうか、役員は決断すべきだ。
A ハワイ事業は大切であり、黒字化を目指している。着実に価値を上げたい。
Q46(V氏) サーベラスと二人三脚できたのだから強調してほしい。今回貴重な意見が多数出たから、是非参考にしてほしい。
A 貴重なご意見として拝聴した。
三時五分終了

ご参考 株主提案趣旨説明会
説明会1(西武編)
http://www.youtube.com/watch?v=L9_chBBJyCc
説明会2(西武編)
http://www.youtube.com/watch?v=nhkJ2h9uOCY
説明会3(西武編質疑)
http://www.youtube.com/watch?v=rEeB9hfLxw0

ビー・エヌ・ピー・パリバがリンク債発行

ビー・エヌ・ピー・パリバが2016年1月12日満期円建 早期償還条項付 日経平均株価連動社債を発行するようです。
 年利は4%だが、日経平均が3割下がると(ノックイン)、元本は保証されず、日経平均になってしまう、というものです。
 これ、何を言っているのだか分かりますか?
 これは、客がプットオプションの売り方になる、ということです。
 はい、意味が分からなかった人、絶対にこの商品を買ってはいけません。
 別の言い方をすると、保険会社のような役割をしなければいけないということです。
 日経平均が上がっても4.1%しか受け取れず、半額になれば半分になってしまうのです。
 こんなものを買うくらいなら、ETFを買った方がましです。
 ETFなら、日経平均が半額になれば半額になりますが、倍になれば倍になります。
 リンク債は、半額になったときは半額になるが、倍になっても、4.1%(実際には早期償還条項により5%)にしかならないのです。
オプションに通暁し、ブラックショールズ式を使いこなせる人以外は、絶対に買ってはいけません。
 ま、そういう人は絶対に買わないでしょうが。笑。

ハーバー研究所総会議事録。

事業報告
純利益が落ち込んだ理由は、(1)化粧水は五度づけが正しい使い方だが、浸透していない。五度づけを推奨したところ、消費量が増えるのだから値下げしてほしいと言われた。このため、30年で初めて売り上げが落ちた。(2)信州製薬を解散し、特別損失を出した、ことが原因である。
今後は、苫小牧での砂糖に代わる甘味料の開発、成田での小型化粧品工場に注力したい。

質問
Q1 ドラッグストアとのコラボ製品を作ってはどうか。
A 既にドラッグストアで一部製品を販売している。ОEMも現在取り組んでいる。
Q2 子供向け製品を開発してはどうか
A 大学生向け講習会はやっている。中高生は、人生で一番きれいな時期であり、化粧すべきでない。なお、クリームは肌に悪いので販売していない。
Q3 信州製薬買収時にデューディリはやったのか。
A 専門家、弁護士のチェックは受けた。基本的にはデューディリよりも将来性を重視すべきだ。長谷川平蔵が将軍家より贈られた長寿薬の将来性、朝鮮ニンジンの技術などに期待したが、五年間赤字が続いた。この技術は、男性用シャンプーなどに応用した。
Q4 化粧水の使い方を若いうちから知らせるべきだ。
A 化粧水は中高生が使っても問題はない。このような知識は次第に広がると思う。セミナーで母娘出席は最近増加しており、高校生も来る。
Q5 知名度が低いが宣伝等はしているのか。
A 我々はマーケティングが上手でない。基礎をしっかりやる。他社は下請けに作らせるが、うちは自社制作に拘りたい。宣伝は利益とのバランスを取りながらやっている。
Q6 学校の父兄を対象とした講習会をやるよていはあるか
A 現在のところない。
Q7 甘味料の原材料は外国産のトウモロコシだそうだが、原産地はどこか。遺伝子組み換えのものか。
A 原材料は日本のメーカーが作っている。原産地は調査する。当社は無添加、安全主義であり、遺伝子組み換えのものを用いるつもりはない。
Q8 取締役を1名増員して強化するとはどういうことか。また、なぜ男性なのか。
A H+Bの梅津社長は証券会社での勤務や海外経験もあり人物で選んだ。関係会社の社長や役員は女性も多く、管理職は女性の方が多い。当社は育児休業後復帰する社員も多く、女性を大切にしている。
Q9 減損の内容と今後について教えてほしい。
A 岡山の土地はH+Bの移転に伴う減損。長野の土地建物は信州製薬の解散による、三重の土地は営業所の集約による。いまのところ、今後減損する予定はないが、仮にそのような事態が生ずれば適切に処理する。

以下は管理人の個人的感想。
小柳会長は薬局のおっちゃんという雰囲気で、プレゼンは下手ですが(笑)、非常に率直(愚直?)かつ丁寧に説明しており、個人的には好感が持てました。株主総会で「うちはマーケティングが下手」などと言ってしまう上場企業の会長はこの人位でしょう。なお、私の要約はあくまでも要約にすぎず、実際にはもっと詳細な説明があったことを付記しておきます(ここまで言っていいのか、とは思いましたが、会長がどのようなご苦労をされたのかがよくわかりました。)。

マネックスカプ主総会議事録

Q1 HPの質問1497には、MBOについて、強制的な株式取得を待つと、株式取得の価格が分からないまま判断しなければならないと、TOB応募を勧めるかのような内容になっていますが、実際には公開買付届出書で、「同一価格となる予定ですが、裁判をした場合はこの限りでない」との注記が必ずある。記載が事実に反するので訂正してほしい。
A 形式的には株主総会で決まるので、そのような記載になった。今後、貴重な意見を踏まえて検討したい。
Q2 MBO対策セミナーを実施すべきだ。
A 現在のところ予定はない。
Q3 株式会社松本は松本大氏の会社か
A その通り。
Q4 子会社の資本金が急増している理由は何か。
A 国際会計基準に従った結果だ。
Q5 子会社は他にあるか
A えーと、ちょっと待ってください。直接の子会社は収集通知記載のものだけです。他に孫会社があります。
Q6 オリックスが当社株を売却することが報道された際、抗議していた内容は?
A 場中の報道なので遺憾に思った。
Q7 自社株買いで損したのではないか。
A オリックスの持ち株売却を受けて、市場外で買った。その後、市場価格が下がった。当社としては、自社株買いか配当で株主に報いたいと思っており、また、当社株は割安と考えるので、オリックスから買った。
Q8 配当性向30%又は資本の高い方の意味が分からない。
A 普段は配当30%だが、利益が少なかった時の最低保証が資本の1%ということだ。
Q9 外資の売残が多いが。
A 売ったら買うので長期的には中立だ。
Q10 株価が下がっているようだが。
A 5月1日に対する昨日の株価は、当社74に対してカブコム64、松井71などとなっており、下落率は低い方だ。今後株主還元などを通じて株価をあげたい。
Q11 配当をあげるにはどうするのか
A 利益を伸ばすのが一番だ。足元では利益は出ている。
Q12 青年会館は老朽化しているのではないか。
A 東京都運営で賃料が安いので02年から使っているが、来年末に建替えるので早ければ来年から違う会場になる。国際フォーラムも安いが、二年先まで押さえられている。
Q13 日比谷公会堂に寄付したらどうか
A 寄付する位なら配当する。
Q14 取引履歴の昇順、降順の切り替えができない。
A 個別に対応します。
Q15 米国で25億減損し、57億損しているようだが。
A 国際会計基準による減損テストで25億減損した他、人員整理などで37億円の損失がでた。買収した米国子会社は、自力でシステムを組む能力があり、アジア事業強化も考えており有望である。米国事業は、近く黒字化する見通しである。
Q16 取締役がなぜ10人なのか、奇数の方がよくないか。また報酬が高すぎないか。
A 委員会設置会社に移行するため、監査役を廃止する。このため、役員数はスリムになった。個人的には11人にしたいがグローバル企業なので人材がいない。報酬は少し高いと思う。




西武に株主質問状

株主質問状
株式会社西武ホールディングス 代表取締役 後藤高志殿 
 平成25年6月20日
府中市 山口三尊 届出印
kanebo1620@tob.name

 私は、貴社株式20000株を保有する貴社の株主です。平成25年6月25日開催予定の株主総会において、以下の事項にご回答いただけるようお願いします。
1. 小城氏がカネボウでどのようなことをしたか、知っていて役員に推薦したのですか?
2. 今後、上場までの間に、新株を発行する予定はありますか?
3. 赤坂プリンスの解体工事について、建築を請け負った鹿島ではなく、みずほ系の大成建設に発注した理由は何ですか?
4. 後藤さんは、そもそも上場する気があるんですか?
5. 業績堅調にもかかわらず、わずか半年の間に企業価値が4割も低下すれば、サーベラスが怒るのは当然だと思いますが、予測できなかったのですか?
6. 野村證券は、当社の企業価値について、有価証券をゼロと評価していますが、このような評価は適切なのでしょうか?
7. 新株の株主割り当てについて、コミットメント型(引受がなかった予約権については、引受証券会社が買い取ることができるもの)とすれば、サーベラスの持ち分割合は変わりませんが、なぜ株主提案に反対するのですか?
8. 痴漢冤罪対策は何をしていますか?
9. 平成25年中に上場できなかった場合、後藤氏はどのような責任を取るのですか?
10. 宇野氏を役員から外した場合、サーベラスと話し合う余地がなくなってしまいますが、そんなことで上場できるのですか?
11. 業績予想に変更なしと開示した一か月後の3月26日に、下方修正し、サーベラスが公開買付に踏み切ると、5月14日には「最高益」としています。3月26日の下方修正は、野村證券の評価額を正当化するための「価格操作」だったのではないですか?
                以上



HОYA総会議事録

質問者1
Q1 一年以内販売の新製品の売れ行きはどれほどか。
A 新製品の定義は難しい。統計はとっていないが後日回答する。
Q2 営業利益はどれほどか。
A 営業利益を開示すると原価率が取引先に判明するなどの問題があり開示していない。
Q3 取締役候補者の1人は、73%しか取締役会に出席していないが。
A その点は議論したが、現職を退くので良しとした。
質問者2
Q4 中国の事業は予定通りか。
A 注文が激減し、稼働率は半分程度だ。
質問者3(※)
Q5 取締役が執行役と緊張感のあるやりとりをしたというが具体例を示せ。
A 鈴木「利益が上がっている」取締役「それは保険金が入っただけ」
Q6 海外工場の視察回数A 1回。海外工場を視察すると3日はかかるので。
質問者4 
Q7 宣伝はどのようにしているか。
A 年間103億円ほどでほとんどがコンタクトのIシティのものである。ネット、ティッシュなどの手段を用いている。
質問者5
Q8 株主提案の反対理由について、「定款は憲法のようなもの」とのことだが、具体的に。
A 憲法も変えるときは変えるべきだ。提案の趣旨に反対しているわけではない。まず、取締役の報酬は開示すると引き抜かれるおそれがある。白紙の扱いについては、そもそも一般に株主提案は少ないし、白紙で出した人は、会社に賛成という趣旨だと思う。また、ガバナンスが良ければ、株価が上がるというわけではない。
質問者6(提案株主Hさん)
Q9 鈴木さんの親族は、株式を売却しているか。
A 姉が二人いるが、関知していない。
※ この質問者は、非常に長時間質問していました。途中で鈴木洋さんが両手で「短く」という合図を送っていましたが効果なし。
お土産は、小さな本型のメモ帳と、アマンドリーフの焼き菓子でした。
(他社のお土産情報)
ソフトバンクはお父さん体重体組成計、ハウスオブロゼは、ボディソープだったそうです。

ソニー、サードポイントの提案にゼロ回答

ソニーの株主総会議事録です。今回は、要点の把握にはかなり苦労しました。回答の要約には不正確な部分があることをご理解下さい。
Q1 サードポイントの提案(エンタメ分社化)について(事前質問) 
A ソニーの戦略としては、エレキを黒字化するとともに、利益のでているエンタメ、金融はそのままというものだ。結論はこれから取締役会で決める。
Q2 内部出身者が少ないのではないか?(事前質問)
A 取締役会が経営を監視し、生え抜き中心の執行役が業務を行うという体制になっている。
Q3 技術者の流失を防ぐのにどうししているか。
A 一緒に議論するなどしている。
Q4 テレビ事業をどう黒字化するのか?
A コスト削減と商品力をあげることで黒字化したい。商品力、シェア、構造改革が大事だ。
Q5 技術者の流出防止について詳しく説明してほしい。
A 技術者の流出を防ぐことは大切である。高技術のエンジニアに残ってもらうスキームを考えている。開発した技術が製品に反映されることが大切ではないか。
Q6 お宅向け製品ではなく、大衆が使えるものを作るべきだ。
A 貴重なご意見として拝聴します。お客様にとって使いにくいものであってはならない。
Q7 サードポイントの提案について
A 内容は、新聞などが独自の解釈で報じている。当社の将来にとり重要なので、選任いただく新取締役で結論を出したい。
Q8 どんな覚悟で経営に取り組んでいるか
A お客様に感動していただけるサービスを提供したい。危機感をもって臨みたい。
Q9 技術開発はどうしているか。
A デバイス、ソフト、クラウド、ネットワークなどの開発に注力している。
Q10 労働分配率はどれほどか。
A 定義に各種のものがあるが、65%位だ。
Q11 スマホ、タブレットのテレビのセカンドファクター対応について
A テレビを見ながらスマホやタブレットをいじることが流行っており、当社でもソフト(テレビサイトビュー)を提供している。
Q12 テクニカルサービスに電話したら携帯からも公衆電話からもつながらなかった。
A コストとサービスのバランスを考えながら、会議で結論をだしたい。
Q13 競争力の強化をどうするか
A 競争力を高めるにはイノベーションが大事であり、イノベーティブな社員を抱えることが大切である。アイディアを社員で広くシェアし、面白い商品を作りたい。
Q14 ウィンドーズ8は初心者には使いにくい。また、音楽ダウンロードについて。
A ウインドーズはアップグレードで良くなってきている。音楽ダウンロードについては、例えば定額制のストリーミングなどをしている。
Q15 モバイルビジネスについて
A エクスペリアZの売り上げは、好調で、ソニーの象徴だがこれだけではいけない。商品力、マーゲティング、オペレーション力を高めたい。

この後議決。取締役の選任ですが、3分の1近くが反対した候補者もいた模様です。

お土産はボールペンと拭くための布、生菓子でした。

以下は私の意見です。
Q1の回答からは、平井氏は、サードポイントの提案を受け入れる意思はないようです。株主としては困ったものです。
また、平井氏はおしゃべりで、多分本人は「プレゼン上手」と思っていると思います。しかし、本総会では、平井氏のかっこよさは十分に伝わりましたが、最も株主に伝えるべき「不動産の売却益を除けば実質赤字だった」ことは全く伝わりませんでした。要点の把握にこんなに苦労したのは初めてです。

サーベラスに書簡

サーベラス代理人、岩倉弁護士(西村あさひ法律事務所)に株主提案への賛成と話し合いを求める書簡を送りました。さあ、どうなりますかね。 今のところ連絡はありません。
西武の今後ですが、

Aコース サーベラスとみずほの話し合いで後藤氏に替わるCEОを派遣してもらう
→ おそらく、最速で上場できる。ベストシナリオ。
Bコース サーベラスが代表を派遣
→ 上手くいけば最速上場だが、日本社会の反対にあって潰される。資産切り売りのリスクも。
Cコース サーベラス持ち株をJR東日本、東海に譲渡
→ 将来、不利な割合での株式交換が予想され、株主には不利。最悪のシナリオ。
Dコース 現状維持
→ 上場は遅れると思われる。

サーベラスとみずほが話し合うのが大事なような気がします。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ