証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2014年11月

有線総会 議事録

27日開催
総株主41200 議決権2044182出席株主4565 出席者議決権1179862
谷村監査役監査報告
 法令定款違反はない。指摘すべ事項なし。会計監査の結果も適正議案についても指摘すべき事項はない。
事業報告
 音楽配信、 売り上げは減少は、あるが増益。個人が減少。
 業務用システム あるメックスがホテル病院に売り込み。売り上げ、利益とも増加。
 Itc 中小企業向けの回線の販売。増収増益。線事業で増益。
対処すすべき課題 有料ユーザーの増加、無関心層の拡大。 CDの売り上げ減少。ダウロードもいまいち。
危機感をもって取組。スマホで有線などに注力。 店舗向けは優位性がある。 不正利用、参入障壁の低下、既存事業以外の事業を生み出すことが重要。  

事前質問
問 復配予定
答 無配申し訳ない。復配の時期については申し上げられない。適切な時期に伝える。

問 旅行業何をするか
答 具体的内容は検討中。オリンピックにむけてチャンスを生かしたい。

会場質問
質問者1
問 財務体質改善を心強く思っている。四頁。音楽配信いつもまで続くのか。十年後どうなるのか。
答 今まさしく、配信方法、デバイス、利用シーンが多様化。日進月歩で新しいサービスが生まれている。市場環境を見て適宜対応したい。具体的内容は差し控える。
問 サウンドデザインオフィスの具体的内容と今後。
答 うつ病の方にむけて解決ができないかを検討。多くのオフィスからサービスの案内をする。来年度の国会でメンタルバランスに伴う法整備が次期国会でも行われる見込み。
質問者2
問 その他事業の赤字が増えている。内訳は、ヒトサラ、著作権管理のどちら。
答 集客支援は安定。新商品、新サービスの立ちあげに伴うコストが発生したため赤字となっいる。
問 連結の意味がないのではないか。
答 あるメックスとの相乗効果はどうか。不完全な部分もある。ホテル病院などに自動精算機を入れているが、有線放送の顧客と重複している。重要な経営課題。
質問者3
問 優先株式、今後毎年二億五千万円の配当が発生。八パーセントの償還条項。八パーセントの確定利回りがないと、調達できなかったのか。
答 三月の総会で審議していただいた。当時、借入250億円。キャッシュ60おくえん。第一種優先株をどうするか。手元の現預金を取り崩すのか、銀行から借りるのか、優先株式でつなぐか。手元現金を取り崩すのは難しい。銀行から資金を引っ張ってくるのは難しい状況だった。資本コストに与える影響は小さい。資本充実を果たしながらキャッシュを残すには良い方法だった。ご理解いただきたい。
問 大株主の議決権行使状況。
答 差し控える。光通信とゴールドマンとの関係は良好。
橋本和夫 
動議 約束守れ。アクセスしろという約束を守れ。議長不信任。
採決 否決。
質問者4
問 旅行業についての勝算はあるのか。唐突な感じもするが。
答 具体的内容はご容赦いただきたい。政府が旅行者二千万人を掲げている。当社の事業の中であるメックスがホテルとの関係が深いのでビジネスにつなげたい。
質問者5
問 有利子負債、自己資本の目標は。配当は始まるのか。
答 具体的な基準はない。まずは内部留保。収益性を高め、自己資本比率などを総合的に勘案して配当を決定したい。
質問者6
問 チャンネル変更がなされた。具体的にどうやって意見を集めたのか。いつまたやるのか。
答 客の声を反映して適切なコンテンツを提供している。番組審議会を実施している。湯川れいこ氏らの審議をしてもらっている。
問 今、М七を使っているが440チャンネルしか聞けない。落語がなくなって苦情がきている。440やめるのか。
答 施設、マンションなどに一括でやっている契約もある。ユーザーの利便性を高めたい。当社にご一報願いたい。
質問者7
問 株主試写会をやらないのか。
答 過去にグループ内にギャガという映画会社があった。予定はない。社の経営方針としては、ビジネスマーケットへ注力。映像事業を行う予定はない。貴重な意見ありがとうございます。
質問者8(東川)
問 スマホで有線。合唱がある。吹奏楽部、などの中学校等に訴求したらどうか。朝日に変わり、有線が協賛したらどうか。 
答 合唱放送している。文化的な貢献等をする余地はある。いただいた提案を貴重な意見として検討。営巣事業も過去にやっており、業務店向けの映像配信も検討したい。
問 中国事業のリスク管理。
答 赴任先の上海の提携先に同居する形で事業を行っている。安全確ふ保のため諸施策を図っている。デモの際は、提携先がおり迎え。
質問者9
問 スマホで優先の希望。料金に対する不満があるから。個人向けも頑張っている。選曲者の顔が見えない。選曲者を売り込め。双方向性が活用できていない。
答 プレイリストを共有してユーザーの中で取り回すようなことは考えられる。担当に伝えたい。ご意見ありがとうございます。
質問者10
五十期なのに明るくない。
感想 事業者に工事用の車がある。タイやがいつも汚れている。ジャッキで立てて駐車している。
答 すぐにきれいにします。
質問者 「そういう意味ではなく、ご苦労頂いていることに感謝している意味だ」
問 七号議案。数日のことだし、有価証券報告書にしか書かない内容もある。努力してほしい。
答 会社としてはよりはやい開示をすることは賛成だ。正確かつ迅速な開示に努める。
問 五パーセントなのか八パーセントなのか。普通株主には配当はないのか。答 八パーセントが利回り。五パーセントを配当し、償却の際に三パーセント。議決権はない。流動性はない。ご理解を。
質問者11
問 使用人のベア
答 人件費は適切にコントロールしている。是是非非でどのように還元するかは、議論している。
問 役員報酬は返上したらどうか。
答 責任の範囲や経営の経験知識、業務執行の状況などを考えて適正な範囲である。

サボ、臨時株主総会で、取締役解任選任議案可決。

く29日にtmi法律事務所で行われたソーシャルエコロジープロジェクトの臨時株主総会で、小松氏らの解任議案と、北村氏らの選任議案を可決。議長の後ろには葉玉が鎮座。発言も。橋本和夫株主や、a氏も発言

気になった発言としては
「会社財産切り売りの予定は『現時点では』ない」という北村氏の発言。
なんで「現時点」と留保するのでしょうか?
また、キムヨンヒ氏の日本語は決して上手いとは言えないレベルでしたが、「日本語に堪能」と紹介されていました。ま、このあたりは、「仲人口」という奴なのかも知れませんね。

ローランド審問の疑問点

二十六日浜松地裁501号室で、ローランドの審問が行われた。
出席したのは4グループで、
山口、勝部弁護士、勝部グループの本人、大株主の弁護士2人の5人。
12号 山口
15号 大株主(弁護士2名)
18号 勝部弁護士のグループ(山中裕氏ら)26名
19号 個人 欠席
20号 勝部弁護士が代理する大株主

ローランドはこれに先立ち答弁書を提出。内容は
手続き面
梯氏は25年を最後に役職を離れており、三か人の企業価値を十分に理解しているとは言いがたい応募することが賛成の意思表示であり、時間と費用をかけてまで、株主総会に出席する必要はない。DGの売却については、将来の利益はへっても、今期の貸借対照表に反映される。参加人が、公開買い付け者と真摯に交渉すれば十分である。応募率は82.9だがセレブリックスは72.69もっと低かった。
服部評価書について
PERは東証一部の平均を使ってる。DCF法がより信頼が高いPERより EVITDAによるべき平均プレミアム四割にも根拠がない。現預金を考慮するなら、借入金等も考慮せよ
子会社株は、市場で売り出せばマーケットインパクトがあるから市場価格ではなく、DCFにすべき。
など。

なお、審問の日程は、勝部弁護士と、大株主の弁護士2名にのみ伝えられ、
山口のところは、日程の相談もなく、いきなり期日呼び出し状が送られてきた。
また、第二回期日も、審問開始後、1月7日午後3時と既に決められていることが判明。
2回続けて欠席すれば却下できるという法律の規定がある中、出席しやすい東京ならともかく、
浜松でこのような扱いをするのは、裁判を受ける権利との関係で、問題はないのだろうか。
古谷裁判官は、「個人が多かったので個人には(予定を)聞かなかった」などと言っていたが、
この日出席した個人株主は山口1人だけ。
欠席者を含めても2人であり、「多い」とはとても言えない。

トーメンエレク詳報

28日十時から品川プリンスホテルで行われたトーメンエレクトロニクスの株主総会で、全部取得議案が賛成71.58%の僅差で可決されました。
また、頭数ベースでは、議決権を行使した株主1304名のうち、賛成者は一割以下であることも明らかになりました。
ここで採決
一号議案 行使された議決権150,184 賛成 107,509 賛成率 71.58
二号議案 行使された議決権150,184 賛成 107,508 賛成率 71.58
三号議案 行使された議決権150,184 賛成 107,503 賛成率71.58


1304名
161713個

問 賛成、反対の人数
答 一号1304人中賛成129名
二号1304人中賛成128名
三号1304人中賛成126名

議決権 150,184 賛成107,502 賛成率 71.58

トーメンエレク、全部取得を可決

トーメンエレクの臨時株主総会で、全部取得議案が可決。賛成71.58%

浜田正晴氏、オリンパス笹社長の証人尋問を申請へ。

11月27日午後1時半より、606号法廷で、原告浜田正晴、被告オリンパス株式会社外の損害賠償請求事件(平成25年ワ30775)の口頭弁論が行われた。
席上、浜田氏代理人の光前弁護士は、笹社長の証人尋問を申請することが明らかにした。
この事件は、オリンパスが、浜田さんの降格人事等について、「本人の努力不足によるもの」と最高裁判例に真っ向から反する内容のメールを少なくとも828人に送ったとして、
浜田さんが、損害賠償を請求している事件。
笹社長も被告の1人となっていることから、裁判所が笹氏の尋問を認める可能性もあり、そうなれば、グリー田中社長に続き、上場企業の社長が裁判所から呼び出しを受けることになる。
笹氏は、みずから社長メッセージを発するなどしており、「知らなかった」として証人申請を拒否するのは難しそうだ。大企業の社長が法廷に立つのは極めて稀であり、実現すれば悪い意味で大きな話題となることは間違いない。
浜田氏の証人申請に対する裁判所の判断が注目される。
次回期日は2月12日午後1時半。606号法廷

ローランドが仮払い

ローランドが、価格決定の申立をした元株主に1875円の仮払いをすべく、用紙を書く申立人に送っているようです。
仮払いが定着してきましたね。東宝不動産もそうでしたし。

トーメンエレク

トーメンエレクの件で、私からのメールがまだ届いていない方は、再度メール下さい。
委任状と契約書の雛形を送っています。

みずほ代表訴訟で、被告側大江弁護士がスタンドプレイ

11月25日5時から603号法廷で行われたみずほの代表訴訟で、被告側の大江弁護士が、大演説をぶった。
この事件は、暴力団融資などを理由に、横浜の株主が西堀利らに会社のそんがいを賠償するよう求めたもの。
冒頭、裁判長が小野寺真也に変更し、裁判長が弁論の更新を宣言した。すると、
大江弁護士が、大演説。
「被告が時系列を示したのに対して、前の藤本裁判長が、
『原告は損害との因果関係を意識して主張してください、きちんとした準備書面を提出して下さい。』と発言しており、
原告の提出した準備書面はその要請を満たしていない」ことを口頭で長々と主張。
原告の前川弁護士は、
「被告の提出した時系列は、公表されているものと変わらない」と反撃。
裁判長が
「被告で時系列を追加する予定はあるか」と質問するとさらに
大江
「これでは結果責任に等しい」とさらに主張。
あまりのしつこさに裁判長もやや呆れ顔だったが、
裁判長
「原告はロジックを整理せよ。事前の防止策が問題なのか、発見後の解消義務が問題なのか。
特に前者については、義務違反の内容が不明である。」
と原告に主張の補充を要求。
また、被告がいつの時点の取締役なのかのついて、グラフの提出を求めたところ、
原告の前川弁護士が
「こちらでやります」と応諾。
裁判長はさらに、被告の経歴について争わないのであれば、その点書面に記載するように求めた。
次回は1月22日11時601号法廷。

原告側に主張の補充が必要という認識のようですが、それにしても、あんなに長い演説を法廷で聞いたのは初めてでした。

プラネックス申立て

プラネックス申立てしました。事件番号は平成26年ヒ407 号です。
 プラネックスは、1月に100万株の自社株買い(最高700円)を決議しながらわずか29200株しか買わない一方で、5月12日に下方修正と優待廃止を発表して株価を引き下げ、その三ヵ月後にMBOをしています。5月12日の終値565円に対して、MBO価格は600円です。
 しかし、同社の1株資産は800円以上あり、700円で自社株買いをしていれば、1株純資産はさらに上がったはずです。 
 また、5月の下方修正は、中古車の売れ行きが鈍ったことによる在庫の評価減などが原因ですが、4月の消費税率引きあげにより、4-6月期の消費が低迷することは、誰しもが予想していたこと。
 過去最大の税率引き上げの直後という、消費がもっとも低迷する瞬間を狙い撃ちにして、評価減をするとは、ちょっと悪質です。
 ちなみに、この株は7月4日に買いました。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ