証券非行被害者救済ボランティアのブログ

旧アドバンテッジ被害牛角株主のブログ。管理人 山口三尊 メルアド kanebo1620@tob.name ツイッタ sanson162 @kanebo162 電子書籍「個人投資家の逆襲」を刊行個人投資家の逆襲

2018年12月

よいお年をお迎えください。

2018年は株式投資にとって厳しい年になりましたね。
来年はよい年でありますように。
皆様よいお年をお迎えください。

12月4週気になった事件2

27日
平成30年ワ22541 スペクトラム対ソフトバンク 判決 35部 発信者情報
平成29年ワ41630 フォンス対 K氏 25部 損害賠償
→ K氏に訴えられ続けてきたフォンスの逆襲か。
刑事
 カルプレス 平成27年刑わ2274 刑事6部 横領
 勝俣恒久 平成28年刑わ374 刑事4部 業務上過失致傷。
28日
 平成28年ワ41665 О氏対イオン外 判決 39部 損害賠償

モテ男は人間のクズ

分かってはいた事ですが、モテ男は、人間のクズだということが判明しました。

松下ユイカさんは、モテる男の共通点として三件ぐらい予約しておくと発言。
さてそうすると、店側は少なくとも67%の確率でドタキャンされるわけで、営業妨害とも言うべき行為です。
刑事責任を負うかはともかく、民事責任は店側が請求すれば負いそうです。まあしないでしょうが。

あと気になるのは、モテる男性は、キャンセルの連絡を入れているのでしょうか?
連絡を入れれば、店側はまだ他の客を入れられますが、連絡なしだと、他の客を入れる事も出来ず大損害です。

モテる男は人間のクズですね、


06BD0CAE-42BC-4B86-A1B1-AF304A82DC22

12月4週気になった事件

25日
平成30年ワ22398 創価学会対NTTコミュ 発信者情報 32部 判決
平成30年ワ8258 辛淑玉 タイI氏 判決 45部 損害賠償
平成30年ワ15474 H氏対 東京弁護士会 東京都 損害賠償 弁論 39部
26日
平成30年ワ33925 N氏対山本一郎 損害賠償 16部 判決
平成29年ワ43360 朝日新聞対小川栄太郎 損害賠償 弁論 24部
平成30年ワ28684 Y氏対G氏 弁論37部 慰謝料半額負担等

ぼったくりに合わないためには。

忘年会シーズンで、ぼったくりの被害が増えているようです。
水だけで、60万円請求された例もあるようです。
ぼったくりにあった場合、「その価格には納得できないので、提訴してください」と言って自分の考える価格だけおいて帰るというのが一つの方法です。
ぼったくりの店が裁判する可能性は低いですからね。
ただ、暴力的に請求される可能性もありますし、このような目に合うこと自体きわめて不愉快です。

そこで、事前の防止策ですが、

「株主優待の使える店にしか行かない」

というのが最善だと思います。
株主優待をやっているのは上場企業ですから、コンプライアンスはそれなりにしっかりししています。
このような店がぼったくりをするのはかなりのリスクがあります。
また、優待券をもっている方も多数いることから、幹事になった人は優待を使える店を選ぶべきですよね。

吉澤ひとみ>澤田研二じゃね?

元モーニング娘の吉澤ひとみさんが飲酒運転で事実上芸能界引退となりました。
一方で、客が少ないのは嫌だとコンサートを中止した沢田研二さんは芸能活動を続けています。
私がアンケートをとっても
吉澤ひとみさんの方に厳しい見方をする方がおおいようです。

ただ、理屈からするとそうなのかなとも思います。
というのは、
吉澤ひとみさんの不祥事は芸能活動と直接の関係はありません。
また、一応は過失犯です。
これに対して沢田研二さんの不祥事は芸能活動そのものについてのものです。
そして、完全に確信犯です。

吉澤さんの法令違反は重大であり、特に被害者との関係では十分な償いをすべきだとは思います。
しかし、芸能界を引退すべきかというと、少なくとも沢田研二さんに比べて悪質性が低いように思います。

まあ、どっちもどっちだというのが正直なところではあるのですが。笑。

http://open.mixi.jp/user/32228229/diary/1963099167

ソフトバンクグループ株価の怪

親子上場にあたり、子会社株式の価値が親会社を上回ってしまう「ねじれ」現象は、親子上場に寛大な日本では結構あきており、ゆうめいなところでは村上ファンドがフジテレビの親会社だった日報放送株を買い占めたことなどが知られています。

ソフトバンクの時価総額は6.2兆円。
親会社のソフトバンクグループは7.6兆円と親会社の方が時価総額は大きいのですが、
ソフトバンクグループは、時価9兆円ほどのアリババ株を保有しています。
そう考えると、親会社であるソフトバンクグループの株価は安すぎ、
子会社であるソフトバンクの株価は高すぎるように思います。

とはいえ、保有株式や保有不動産の含み益を時価総額が下回るのはよくある話で、含み駅が実現する可能性は当分ないからというのが論理的な説明となります。

株1000さんがソフトバンクグループの株を買い続けているのは、アリババなどの保有資産の価値に比して株価が低すぎると考えているからでしょうね。

東京1番フーズ株主総会の議事録

25日新宿
10時開始
監査報告
事業報告
売上43億
営業1.2億
利益8500万
増収増益
10時35分質疑
問題 フグの日フォーラム。プレゼン資料を公開できないか。
回答 内容は、まだ公開していない。平戸が世界遺産になった。案内をWEBで。
問題 行ける人は限られるので動画を
回答 意見。
問題 出来高ショボい。
回答 まだ成長途上。長期的な成長を見て欲しいです。ご理解を。
42分終了。
採決。

さくらフィナンシャルニュース閲覧不能に。

http://sakurafinancialnews.jp/

さくらフィナンシャルニュースが閲覧不能になっていますね。
一時的な現象?

パイオニアの恥知らずな株式併合

NKさんの書き込みで知ったのですが、パイオニアがとんでもないことをしていますね。
12月7日に、希薄化率400%、50円での新株発行と、66.1円でのスクイズアウトを発表します。
50円という価格は、直近の株価に対して43%、6か月平均に対して60%のディスカウントです。
また、66.1円というスクイズアウト価格は、直近価格に対して25.7%のディスカウントしたものです。
また、2018年3月期の純資産は、一株あたり212円ですが、これも大幅に下回っています。
いずれも、市場価格を下回ったいますが、その点については、以下のように説明しています。

当社は、BPEAファンドとの協議および交渉の結果を踏まえて本新株式の払込
金額および本株式併合交付見込金額を決定するに際して、本件第三者割当に関して記載すべき
重要な利害関係を有していない第三者算定機関である赤坂国際会計から、本株式価値算定書を
取得している。この点、本株式価値算定書において赤坂国際会計が算定した当社株式の株式価
値は、採用する算定手法によって相当程度乖離がある。具体的には、赤坂国際会計が市場株価
平均法による算定結果を検証・補完する方法として使用することが可能であるとして採用した
類似会社比較法による算定結果(26円から55円)は、市場株価平均法による算定結果(89円か
ら105円)と相当程度乖離している。加えて、事業継続を前提とした場合の株式価値算定を行う
上で適切な手法であるDCF法による算定結果(33円から71円)は、類似会社比較法による算
定結果と近似する一方で、やはり市場株価平均法による算定結果とは相当程度乖離している。
このような類似会社比較法およびDCF法による各算定結果は、当社株式の株式価値算定にお
いては、上記の市場株価平均法を採用する論理的前提である、上場株式の市場価格がその期待
将来収益の現在価値を表示するという仮定が必ずしも当てはまらない可能性が高いことを示す
ものであると考えられる。そこで、本新株式の払込金額を決定する上では、本株式価値算定書
の類似会社比較法による算定結果(26円から55円)およびDCF法による算定結果(33円から
71円)を主に参照するのが合理的であるところ、本新株式の払込金額は、本株式価値算定書の
類似会社比較法による算定結果およびDCF法による算定結果の範囲内にある。また、本新株
式の払込金額は、複数のスポンサー候補との間の協議の結果も踏まえて、割当予定先との間で
真摯な協議・交渉を経た結果として、最終的に合意されたものである。


要するに、「市場価格が間違っている」というのですが、そう考える根拠は示されていません。DCF法による価格や類似会社比較法による価格は、算定に主観や恣意性が入ることから、これが市場価格とかい離しているというのであれば、むしろDCF価格の方が間違っているというべきでしょう。
また、直近の価格が投機的取引によって異常に上昇していたという事情もありません。
そうすると、市場価格を下回る理由はないように思います。

さて、これに対して、株主は株主総会で反対した上で買い取り請求をして、かかくの決定をもとめることができますが、最高裁判例の下ではどうなるんでしょうね。
わざわざ怪しげな会計事務所からフェアネスオピニオンをとっているところからすれば、裁判対策は一応しているということなんでしょうね。
それにしてもひどい案件ですね。
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ