M 負けるほど
B 暴利むさぼる
O おかしさよ

MBOは、経営者が買い手と売り手を兼ねる取引です。

さて、一般的には、

企業の業績がよくなる ⇒ 経営者も儲かる。
企業の業績が悪くなる ⇒ 経営者は儲からない。

こういう関係に成り立ちます。
このため、経営者には、業績をよくしようというインセンティブが働きます。
このような関係があるからこそ、投資家はこういう企業を応援するともいえます。

しかし、経営者がひとたびMBOを決断すると、この関係は逆になります。

MBOを予定する経営者にとって見ると、会社の業績を悪くすればするほど、
株価が下がり、ひいては自己の利潤を最大化
できる関係にあるのです。

ちなみに、ここでいう会社の業績というのは、実際の業績でもいいですし、
帳簿上の業績でもかまいません。
株価を下げる材料になればいいのです。

保守的な評価、というのも、一つの方法ですね。

初めての方はホームページご覧下さい。

引き続き、署名をお願いします。二番は削除してもいいです。