三村雄太事件を閲覧してきました。次回審理は4月12日二時です。
塗路塗申請ですが、3月19日付で却下されています。理由は、株の売買記録等は単なる事実であり、営業上の情報ではないということだそうです。
口座は母親の口座を使っていたということがわかりました。同時に楽天の損益の履歴を出してきました。2004年は母親のものと、三村氏本人のものと二つありますが、どちらがどちらかは分かりません。
2003年 益金6,293,138円、損金5,793,753円、トータル+499,385円
2004年A 益金103,644,623円、損金45,591,819円 トータル+58,052,804円
2004年B 益金306,707,844円、損金180,296,686円 トータル+126,411,689円
2005年 益金521,476,244円 損金340,735,861円 トータル+180,740,383円
さて、南野建設については、
(1) ループ取引について
3月19日に買って22日に売り、22日に再び買って23日に売りだそうです。一応筋は通っていますね。
(2) 受渡日
こちらに関しては完全スルーでした。すなわち、渋谷氏は、340万円で買って430万円で売った場合、340万円については、同日に銘柄を買えるが、利益の90万円については、受渡日の関係で、同じ日には買えない、と主張しているのですが、この点は一言も触れていません。

画面の表示について
 ◆1,802,700円 +23,012,500円
 当日A株を2000万円で買って2100万円に上昇し、他の銘柄が200万円値上がりした場合、は、+2300万円と表示される。
 なので、△醗磴Δ里鰐簑蠅覆  のだそうです。

これで、三村氏が3億稼いだ可能性は高くなったと思います。
ただ、未だに、受渡日の問題は解決されていません。また、「30万円から」なのかどうかは不明です。
個人的には、例えば親から預かった○000万円を3億円にした、というような可能性も否定されていないように思います。