会計基準については、国際会計基準を採用する会社とそうでない会社があるようです。
と聞くと、国際会計基準を採用している会社の方が国際的で良いように見えます。しかし、会計基準については、日本基準の方が良い面もあります。
その最たるものが、「暖簾」です。
のれん、というのは、買収企業の超過収益力、つまり、企業を買った値段と、その企業の純資産の差額になります。
日本基準では20年で償却するのに対して、国際基準では、減損処理が必要となる場合を除き、償却不要です。
しかし、国際基準だと、減損するかしないか、企業側の恣意が介在します。業績をよく見せたい経営者は、減損に難色を示し、その結果どうにもならなくなってから巨額の損失が顕在化することになります。
また、資産の裏づけのない「資産」が計上されるのも問題です。
この最たるものがMBOです。
MBOでは、通常、SPCが自己資金と借入金で企業を買収した後、SPCと合併させます。これにより、いわば「会社の金」で会社を買収できることになります。そして、借金を押し付けられた会社には、資産として「暖簾」が計上されます。この暖簾は、買収企業の暖簾ではなく、自らの暖簾です。
買収企業ののれんならまだしも、自らののれんが堂々と「資産」として計上され、そして、減損しない限り永遠に存続するのって、どうなんですかね。企業の財政状態を正しく報告しているといえるのか、はなはだ疑問です。
個人的には、のれんについては日本基準の方が優れていると思います。