JASRACは音楽教育の現場から演奏著作権料を徴収しないでください!音楽文化を守るために。
https://www.change.org/p/jasrac%e3%81%b8%e3%81%ae%e6%8c%87%e5%b0%8e%e3%82%92%e6%96%87%e5%8c%96%e5%ba%81%e3%81%ab%e8%ab%8b%e9%a1%98%e3%81%97%e3%81%a6-%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e6%95%99%e8%82%b2%e3%81%ae%e7%8f%be%e5%a0%b4%e3%82%92%e6%bc%94%e5%a5%8f%e8%91%97%e4%bd%9c%e6%a8%a9%e6%96%99%e5%be%b4%e5%8f%8e%e8%a6%8f%e7%a8%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e5%ae%88%e3%82%8d%e3%81%86?utm_medium=email&utm_source=notification&utm_campaign=petition_signer_receipt

ジャスラックが、音楽教育から著作権料を徴収しようとしています。
しかし、例えば著作権者である宇多田ひかるさんは以下のように述べています
宇多田ヒカル‏認証済みアカウント @utadahikaru ・ 2月4日
もし学校の授業で私の曲を使いたいっていう先生や生徒がいたら、著作権料なんか気にしないで無料で使って欲しいな。
https://twitter.com/utadahikaru/status/827795199040450560
考えてみれば、音楽教室から著作権料を取ってしまったら、うなぎをシラスのうちに食べてしまうようなもので、著作権者自身の首を絞めることにもなりかねません。
ジャスラックは、著作権者の保護をうたいながら、実は自らの利権を守ろうとしているように見えます。
まるで官僚が「国民のため」と称して天下り先を増やしているのと同じ構図です。
このようなことから、音楽教育への著作権料徴収に反対するという「音楽教育を守る会」の署名の趣旨に賛同し、署名させていただきました。ご賛同いただける方は、署名お願いします。