週刊ポストに、三浦弘行九段への補償金の話題がでています。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170531-00000019-pseven-life
疑問は二点
第一に金額はいくらなのか。
2-3000万円ではないか、という推論が載っていますが、本当にその金額なら堂々と開示すればよいのではないでしょうか。
師匠の西村九段が一億円を要求していた経緯もあり、もっと多い可能性もあります。こういうのはきちんと開示すべきではないかと。
なお、仮に竜王取ったとしても、税金を払えば2-3000万円しか残りません。渡辺竜王にダブルスコアで負け越していた三浦九段がスマホなしで渡辺竜王に勝てた可能性は極めて低いでしょうから、2-3000万円でも多すぎると思います。
第二に誰が負担するのか
そもそも、三浦休場の判断をしたのは谷川九段らの理事ですから、本来なら理事が払うべきですが、そうではなさそうです。
また、渡辺竜王が払うとすれば、「三浦が自ら休場した」という会見での説明や第三者委員会の認定と矛盾します。さらに、寄付金という形で支払い、それを流用するのであれば、会計上問題ですね。