GMОインターネットへの株主提案



https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000029588.html

GMОインターネっとの株主総会に対して、株主提案が出ているようです。

そして、会社側はこれ全てに反対しています。

確かに、委員会設置会社への移行などについては、会社によって、最適な組織構成は異なるという意見はありうるでしょう。

しかし、買収防衛に関しては、全く理由がないですね。

買収者が現れたら、株主がその時に両社の言い分を聞いて決めればいいわけで、はなから会社の言い分が正しいと決めつける必要はありません。買収防衛については、基本的には経営陣の保身にすぎません。大切なのは何が会社にとって適切かであり、会社=役員ではありません。そしてそれを判断するのは、役員ではなく、株主です。困ったものですね。