先週、バーハンドル化した山カブ号。
image


問題点がいくつかあったので、いくつかカイゼン!

先ずは、丸目のノーマルハンドル固定箇所にハンドルクランプを取り付けたのですが…

前後に動かすとグネグネと動き、これだばダメだな~(^_^;)

と思っていたら…

先日のカブミーティングで、やっぱり指摘された(笑)

普通に乗ってる分には気にならないのですが、激しい衝撃を受け続ければいずれ曲がるとか、溶接部が接がれるとかのトラブルになると思います(激汗)

「ここに、補強を入れればいいよ~。」

と、アドバイスを頂いたので早速カイゼン!

image


相変わらすカネがないので…(笑)

何か適当なステーがないかと漁っていたら、自転車の子乗せを固定するステーを発見!

「これなら長さがちょうどいいし、まあまあ頑丈だな~。」と思い、付けてみました。

試してみたら、フロントフォークと一体感が出た感じで、良くなりました♪

とりあえずは、コレで試してみます。


あとは、ブレーキワイヤー。

ハンドルの高さがアップしたことにより…

ノーマルワイヤーではパツパツになって、ハンドル角度を変えれませんでした(>_<)

とりあえずギリギリのところで固定した位置だと、ハンドル端が結構上がり気味で…

普通にスタンディングしている時は、「良い感じだな~」と思っていたのですが、シッティング時は長く走っていると「めっちゃ手首痛てぇ~(汗)」

あと、起伏の激しい所だとスゲー乗りにくくなった感じ(大汗)

と、ハンドルが高すぎたようですね~(^_^;)

師匠からも、「これだば上りが全然上れなくなるぞ」とダメ出しを頂いた…(*_*)

とゆうわけで、こちらも早速ロングブレーキワイヤーを購入してカイゼン!

ハンドル端を水平にして様子見。

コレだと、スタンディング、シッティング、共にまずまず納得できる位置ですかね?

調整幅も増えたので、乗ってみながら良い位置を探してみたいと思います!

即行トラ練に行きたい所ですが…

次の休みまでは行けないので、自宅前で近所迷惑にならない程度に練習したいと思います(笑)