キツネの嫁入りマドナシのブログ「まずいラーメン屋は滅びてしまえ」

バンド「キツネの嫁入り」、イベント「スキマ産業(〜vol.49)」「スキマアワー(〜vol.6)」主催。2017年P-VINE RECORDSより 4thAlbumリリース。サメ映画とホラー映画ばかり見てる。

軽いノリでね★3

軽いノリで思う 色々と破壊したいね☆ そいつが目の前にあるからってなもんだ 多分お怒りなのは 彼女の図星だったからよ。 ネガティブだろうがなんだろうが 目的があるからそれをするんであろう。 たとえソレが無意識的なもので 非生産的なものだとしても そいつ一個人には必要だったんであろう。 軽いノリで昔話に関心がない というか 自分の記憶があいまい過ぎるんであろ 思い出だとしても 必要なんは覚えてるがね。 忘れたくても忘れられんわ。 思うに 僕は すごいアングラな人間だと思うわ。 恐ろしく偏っていて しかも ネガティブ そんな人間のイベントに 100人さらっと超える人々が 集まってくれるってな 妙な話だな。 そういうのはスマートだと思うが。 時々振り返ると 見たくないものまで見えるわね。 馬車馬のように働く人々は きっと 立ち止まるのが怖いんであろう。 動かない風景は圧倒的にリアルだし。 サメと同じだ。 泳いでないとくたばってしまう。 正しいとかそうでないとか やるべきとかどうでないとか 後で誰かが決めてくれるであろう。 きっかけは 常に負の部分からあった 某J氏にも 勝手に定義づけられたが 僕はどうも 闇よりナ人間らしい でもそれは向かう先でないのね。 卑屈な笑いは一生続くよ どこまでも。 シアトルのヒッピー アイリッシュは 額にサードアイの タトゥーをいれていた。 最後に アイリッシュはこういった。 「選んだんなら それは逃げ道でもなんでもないよ 私だってそう。 TPもそうよね。 、、、、、」 後半はややこしい宗教用語乱立の 英語で解読できなかった。 ははは くそったれめ。 何回でも繰りかえすさ。 えー 業務連絡 私 マドナシの織り成す ロックバンド ドーマンセーマンでは ドラムを募集している。 そこのアナタ とりあえず 茶でもしばこけ ミスドがええね。

職場はオキテやぶり4

本日職場にて 経営企画課のねーちゃんより 「あの、、昨夜 阪急電車のってませんでした?」 「ぎく、、いや、そそそんなことは」 「やっぱり!なんか似てるなぁ って思って主人にも話てたんですよ! あの服装は、、 なにか地下組織でもされてるんですか?」 「まぁ、、似たようなものです、、」 作夜の ギューン祭り帰り 阪急電車で揺られる僕は 職場のねーちゃんをみかけ 思わず タリバンよろしく いつもの服装に マフラーを口元まで ひきあげ これが紫やったら キシリアさんやな、、 とか思ってたわけで。 そのままばれずにクリアした と思っていたら 今朝の出来事(上記) である。 はぁ 職場の人間は 別人間 プライベートでの 付き合いなど皆無 めんどくさいだけである やれやれ スマートじゃあねぇな しかし 地下組織ってあなた。 やるな。 んで今日は 夕方から デスクユニオンに納品用の 音源焼き増しが手に余るため 某エンジニア ユキノリ氏に手を借りる事に なり お好み焼きやへいく。 いっぱつで決まった店のわりに お互い 一元さんという わけのわからなさ。 音話に 今後ドーマン PC話に 金話。 スマートに時間が過ぎる 軽く 奢ろうかと思って 財布を見たら 1000円ちょいしかなく すまねぇ まじすまねぇ ユキノリくん! その後 仕事の電話で あれやこれや応対した後 ウチにプリンタとりにきはるも ケーブル的に難しいのでは ということで 保留 その後 アルカイックスマイルの ねーやんと メールでやりとりしつつ ヨーヘイ君に メッセンジャーで データを送りつつ 発声しつつ 掲示板にレスしつつ 今日は 物憂げな一日だ。 BGMは なぜか nearly god 頭ん中は ナツメンと ジーザスフィーバー

ギュ―ンナイト5

昼間ボスエビ様から 電話があって なにごとかと思ったら 例のchinaさんの一件で 珍しく総帥と バカトーク以外のトークをする。 なんかけだるく過ぎる一日で 夕方ファンダンゴに向かう マフマフラーさんの途中より へー スハラさんが弾いてはる ってな具合で 鑑賞 メロディが良いと思われ もっかいちゃんと見たかったですな んでもって 我らが夢中夢 なわけで 随分見慣れない編成になっていたが いつもの曲から始まり。 「いやいや そこでなぜそのメタルフレーズやねん」的 アレンジに エライタイミングで はいるヨダ雄たけびが かなり笑えました 久しぶりにみると 雰囲気もかわるもので 満喫させていただく。 メリケンさんの物販をそーっと 手伝ってみたりしつつ 口元まで マフラー巻いてたら ごまりさんに気づかれなかったり こうし君から フライヤーをいただき サタニャンコミナガワさんと ようやく絡んでみたり なんか共通の知り合いが 妙にいたりする。 スハラさんにようやく ちゃんと挨拶させてもろたり そんなウチに 山海さんが始まる。 弾き語りでしか見たことなかったのだが しんみりしててバンド編成でも 良かった。 キャリアが長い人達は それだけで いいものをもってはったりする。 継続は力ずらね と、しみじみ。 んでようやく 「カリスマ」あかまっつぁんに 声をかけて 絡んでみるも 結局 chinaさん話で なにやらしんみりしてしまう。 はちすさんと話してて 横にいたはったカナンさんてのが 知り合いの知り合いである事が発覚したり。 遅れて登場した イトウサンは ハロプロ帰りで 今日のダブルユーはいまいちだったらしい うーん、、、奥が深いお方だ。 しかし短時間で多数の 人にであった気がする一日で。 ややこしい用事があって 途中でやむなく帰る マイマイさん お世話になりました。 夢中夢は メンバーの入れ替え等 があっても、 その世界は 失わなかった。 勝手に盟友 励みになりました。 はちすさんもお疲れ!
記事検索
  • ライブドアブログ