ウリョン君とであったのは
どうやら、2012年のようで、middle9という大阪のバンドの主催フェス
Room special」にて。調べたらレポートが残っていた
ライター、ボビーやがな。ええテキストね。

5月26日
NATSUMEN / ペトロールズ / LITE / L.E.D / sgt. / 環ROY / dry river string / キツネの嫁入り / Talking Dead Goats45 / WUJA BIN BIN / fresh!

5月27日
toe / LOSTAGE / Ovall / stim / ホテルニュートーキョー / kim-wooyong(ex.cutman-booche) / Laika Came Back / LOW-PASS / middle9


改めてみたら、このイベント面子えぐいな。(笑
一介のバンドが主催する規模ちゃうがな

この日は、確か、12:00とかそんぐらいの出番で、「明るい」「野外」という全くそぐわない環境だが、テンションあがりぎみの、我々というか私は柄にも無く「Room special盛り上がってっかー」的MCをしてせっかく盛り上がる準備をしてくれたお客さんに全く踊れない変拍子をたたきつけるというひどい有様だったのをよく覚えている

あ、この日そういえば、ツイッターでめっちゃディスってくる人がいたんやった、リツイートとかしたら削除されて残念やったなぁ。懐かしい。

話を戻すと、我々の後にキムウリョンくんのライブで、cutman-boocheの音だけ知っていた私は、どうせ、よーわからんオシャレ野郎なんやろなと思ってたら、
歌めっちゃいいし、曲めっちゃいいし、完全に会場の空気もっていっとるがなと思って
話しかけたら、妙に意気投合したのが思い出深い。

その一ヶ月以内ぐらいに別イベントで顔あわせ、そっからはすっかり仲良くなったかね。
磔磔のレコ発に呼んでくれたり、我々の主催イベントスキマアワーでは、THA BLUE HERB前に出演してもらい、一緒にBOSSさん打ち上げ同行(with 高田)した夜は恐らく一生忘れない。

東京いったら、よく見に来てくれるし
関西きたら、とりあえずいっとこかと思ってまうし、よく忘れ物するし、よく飲む人やけど、とりあえずええ歌うたわはる。

それが基本でそれが全てかなぁ。音楽やってて仲良くできる人ってそういうものだ。

そんな彼から、ひょんなことで、今回のオファー
Greensを介したり、あの曽我部恵一さん呼んで、大好きシャングリラ
何か手伝える事はってので、ポスターフライヤーデザイン製作
割引設定山ほど用意して、ラジオでまくりで望む明日。

どうあっても、楽しい夜になることだろう。

「カンパーイ」ゆうてはるんが目に浮かぶな。

関西の皆様、どうか
明日シャングリラでお会いしましょう。

キツネの嫁入りは
急遽、ギターの西崎参加によるフル編成。
諸事情により、そう見れるものではありません(笑

では、皆様、会場で。




0518_A3


時々、酔いどれ吟遊詩人みたく表現される彼。ははー、妙にハマるなと思う。酔ってようが酔ってなかろうが、誠実で義理堅い人には違いない。そんな彼から発せられる歌はにやにやしてしまう温かさと愛おしさがあるのだ。
ゲストにサニーデイサービスの曾我部恵一さん。まさか、ご一緒させていただける日が来るとは。
キツネの嫁入りは、ビブラフォン加入後初シャングリラ。あの素晴らしい音環境できっといい夜になります。

■2018.5.18(金) @梅田シャングリラ
金 佑龍の音のろけ〜Here comes Kaikou〜
「ヒア カムズ カイコウ」

キツネの嫁入り
曽我部恵一
金佑龍

DJ ヨシノリ isn't it(朱歌酒尊 Sunny)

OPEN/START/18:00/19:00
ADV/DOOR/3800YEN/4300YEN(D別)


チケット発売日 3月3日(土)〜
チケットぴあ [Pコード予約] 0570-02-9999 Pコード:108-816
ローソンチケット [Lコード予約] 0570-084-005 Lコード:54027
イープラス

モバイルサイトGREENS!チケット
会場発売 : Shangri-La / 06-6343-8601

主催 : GREENS

お問い合わせ
GREENS
TEL : 06-6882-1224(平日11:00~19:00)

会場 : 梅田Shangri-La
〒531-0075 大阪市北区大淀南1-1-14
TEL : 06-6343-8601



チケット予約こちらのフォームから
http://madonasi.com/kitune/

4th


踊れない?踊れるよ。とりあえず、二回聴いてみな。群れに埋めつくされて、溺れそうな君たちへ。

メンバーの脱退、転勤、結婚、出産等、活動の危機全てを武器に、最新にして最強の布陣で、キツネの嫁入り4枚目のアルバムを満を持してP-VINE RECORDSよりリリース。
RECODING エンジニアに、盟友「岩谷啓士郎」(LOSTAGE・トクマルシューゴ・Nabowa)、ゲストにチェロ奏者「徳澤青弦」を迎えて歴史に残る名盤が完成。
トランペットとエレキギターを加え、よりグルーブィにより立体的に、変拍子をベースに作り込まれた世界に、叩きつけられる日本語の歌。「個性」という言葉は彼らのためにある。京都発、異端にして最先端。世界を覆う不安や不信が生み出した未来。これが音楽、これが「キツネの嫁入り」だ。



2018kitune



〈profile〉
マドナシ、秋窪尚代、鍵澤学、西崎毅、松原明音、猿田健一、佐藤香
2006年より活動開始。純粋に自分達の音楽を追求するために日々の時間を削る事をいとわない人と、それを昇華しなるべく多くの人に聞いてもらいたいと思うメンバーにより構成された音楽集団。gyuune casetteより1st Album「いつも通りの世界の終わり」。2ndAlbum「俯瞰せよ、月曜日」、P-VINE RECORDSより3rdAlbum「死にたくない」、2016年に活動10周年を記念して会場限定シングルをリリース。プログレ・ジャズ・ロック・フォーク・パンク、ごちゃ混ぜになった音塊は、変拍子を基軸に、文字通りジャンルを超え幾層にもなって複雑な世界を構築する。その上に朗々と置かれる言葉の数々は、毎日のふとした瞬間に、突き刺さる、気づかされる歌。その音楽性に加え、主催イベント「スキマ産業/スキマアワー」では、廃校・ライブハウスなどで、UA、ジム・オルーク、THA BLUE HERB、山本精一、大友良英、向井秀徳、トクマルシューゴ、高野寛、二階堂和美、キセル、石橋英子、タテタカコ、predawn、テニスコーツ、コトリンゴ、MUSIC FROM THE MARSといった多種多様なアーティストを招聘し“独自”な活動を続けている。2017年9月、前作から4年ぶり、待望の4thAlbum「ある日気がつく、同じ顔の奴ら」をP-VINE RECORDSよりリリース。レコ発ツアーにて東京・青山月見ル君想フ、京都・木屋町UrBANGUILDではワンマンショウ、梅田シャングリラではdownyと2マンなど盛況に終える。2018年、新たに新メンバービブラフォン奏者佐藤香を迎えて新たなフェーズへ突入。