キツネの嫁入りマドナシのブログ「まずいラーメン屋は滅びてしまえ」

バンド「キツネの嫁入り」、イベント「スキマ産業(〜vol.49)」「スキマアワー(〜vol.6)」主催。2017年P-VINE RECORDSより 4thAlbumリリース。サメ映画とホラー映画ばかり見てる。

音楽

会社員の同僚達と 音楽の話とかするのが好きだ。

AC43C960-81DA-442C-906C-12944F267795


会社員の同僚達と
音楽の話とかするのが好きだ。

彼らはいわゆるマジョリティーな人達で

・インディーズ
 →は?興味ないっす

・エグザイルとか流行ってるの好き
※エグザイル流行ってたんか、むしろファン全員サクラと思ってたぞ

出世とか金の方が興味があって
音楽に対するこだわりなど微塵もない
※そりゃそうです

その手の人と話していると

バンド運営大変
→やめたら

ツアーしんどい
→やめたら

新曲なかなかできへん
→つくらんかったら

収支たいへん
→やめたら

と、いう至ってシンプルなやりとりが発生する。


つまり一言で言うと


好きでやってんねやろ?
別に義務でもなんでもないし、
やらんと生きていけへん→稼がれへん
でもないんやったら、やめたかったらやめたらええやん

てなもんで。

元も子もねえなぁ、
その辺の熱いバンドマンなら
激情しそうだなと思いつつ

世のほとんどの人が
そういう温度感かもしれないというところで
違和感を感じながら生きるのは
割と楽しいものだ。


金にならんけど
やってる時が一番楽しい
ので、楽しくあるために
めんどくさい事もやる

の、個人的バンド感ではあるが

時々、「オレには音楽しかねえ」というバンドマンに出会うが
そういう奴に限って、親が裕福だったり
誰かに甘え倒してもそこに自己嫌悪や、自信喪失・自己責任を問う事もなく
健康に生きていける奴だったりする
全員やあらへんけど。

説得力って大事よねぇ。

そういう意味では
温度感ってとこでは
前述の同僚とオレはかわらんのかもしれんな。


<<<次回キツネの嫁入り LIVE情報>>>

DhGDY14V4AIJbsP


日程:2018年9月22日(土)
BOTANICAL HOUSE vol.03
会場:磔磔
時間:開場16:00 / 開演17:00
料金:前売2,500円 (1ドリンク別)
問合:SMASH WEST 06-6535-5569

出演:志磨遼平(ドレスコーズ)/ ギリシャラブ / キツネの嫁入り

[チケット]
7.21(土)より発売
チケットぴあ(P:122-239)
ローソンチケット(L:52826)
e+(pre:7/11-16)
※主催者先行予約
7.3(火)12:00〜7.10(水)23:59


チケット予約こちらのフォームから
http://madonasi.com/kitune/


■キツネの嫁入りについて
S__97222683_g



〈profile〉
マドナシ、秋窪尚代、鍵澤学、西崎毅、猿田健一、佐藤香
2006年より活動開始。純粋に自分達の音楽を追求するために日々の時間を削る事をいとわない人と、それを昇華しなるべく多くの人に聞いてもらいたいと思うメンバーにより構成された音楽集団。gyuune casetteより1st Album「いつも通りの世界の終わり」。2ndAlbum「俯瞰せよ、月曜日」、P-VINE RECORDSより3rdAlbum「死にたくない」、2016年に活動10周年を記念して会場限定シングルをリリース。プログレ・ジャズ・ロック・フォーク・パンク、ごちゃ混ぜになった音塊は、変拍子を基軸に、文字通りジャンルを超え幾層にもなって複雑な世界を構築する。その上に朗々と置かれる言葉の数々は、毎日のふとした瞬間に、突き刺さる、気づかされる歌。その音楽性に加え、主催イベント「スキマ産業/スキマアワー」では、廃校・ライブハウスなどで、UA、ジム・オルーク、THA BLUE HERB、山本精一、大友良英、向井秀徳、トクマルシューゴ、高野寛、二階堂和美、キセル、石橋英子、タテタカコ、predawn、テニスコーツ、コトリンゴ、MUSIC FROM THE MARSといった多種多様なアーティストを招聘し“独自”な活動を続けている。2017年9月、前作から4年ぶり、待望の4thAlbum「ある日気がつく、同じ顔の奴ら」をP-VINE RECORDSよりリリース。レコ発ツアーにて東京・青山月見ル君想フ、京都・木屋町UrBANGUILDではワンマンショウ、梅田シャングリラではdownyと2マンなど盛況に終える。2018年、新たに新メンバービブラフォン奏者佐藤香を迎えて新たなフェーズへ突入。

先週末、SIRMOSTAD LainyJGROOVE 雨 週末ソロライブ

IMG_20180609_234752


写真は週末食った千本丸太町あたりのなんとかいう
鶏白湯ラーメンだ。あえておすすめはしないが、かといって
まずいわけでもない。愉快な話のアテにいいぐらい
いつ行っても店員さんの眉毛がつながってる気がして突っ込みそうになるのをこらえるのが必至

週末は、基本夜の外出を控えているのだが
随分以前から誘ってもらっていたイベントがあったので
珍しく二日ともライブを見に行っていた。

それにしても、ここんとこ
クラムボンだ、高円寺百景だ
見たい人達が大挙。なんなら今週末はコトリンゴさん。
だが、身体はひとつ。職場は大阪。。。

Growlyは音がダウナーなハコだ
AYNIW TEPOのかずや(今日からそう呼ぶことにした)と話してて合点がいったのだけど。どこまで意図的なのだろうかとも思う。




SIRMOSTADにそれはマッチしていて
さらにKEHAI WORKS魚森さんの照明もあいまって
水槽の中感あって恐らくはバンドのイメージにマッチしていた。
お客さんもレコ発とあって、久方ぶりに来たっぽい
彼らの同世代、つまり私よりはいくつか下の
見たことあるようなないようなな人達がたくさんで
レコ発感ありありでよかった。




彼らの音楽はシューゲザイーや所轄90年代〜00年代のオルタナとでも形容されそうな音に阿部氏の中性的な歌声があいまって牧歌的でありながらそうでもない不思議な音楽で、不思議だなと思っているうちに大体ライブは終わってしまう点で興味深い。つまりあんまり飽きない。これ大事。メンバー同士ニコニコしているのは見ていて気持ちいいもんだ。

よそのバンドにコンセプチュアルをみいだすと、はて、私ならどうやって彼らを売るだろうかという目線でアー写からMVまで妙に具体的にイメージが沸く事がある。
AYNIW TEPOは、そんな感じで見てたら終始面白かったが、リーチすべきフィールドはもっと歌の方かもなぁと、一度「ど」アコースティックでも見ていたいと思うのであった
みさとちゃんの赤コーデ素敵。本人にも伝えましたがボトムまでの徹底ぷりに勝手ににやけてました。

秋が、ええPAしてたな。人柄でるよね、音って。意外と耳に優しかった。これも大事。

最初のHITOTONARIという子達も見てみたかったので残念。
フロアもなんだか楽しそうな人達がたくさんいて、いい夜でした。

関西は梅雨前線ってことで雨だったが、そこまで降り続けるわけでもない妙な天気。

ちょっとしたご縁の最近ある
とっとと売れたらええのにでお馴染み
Lainy J GROOVEワンマン、メトロ満員御礼




知り合いの顔から他ジャンルの方に若者まで
随分人気ものだこと、といった具合

いつもよりやや滑りのMCのワンマンっぽい。
ゲスト勢いかつすぎたが、あれを一同に介して
あすこまで盛り上げるのはレイニーならではなんであろうな。
新曲の終わり方よ(笑 

キツネの前バンド、ドーマンセーマン時にネガポジで対バンして以来か。
随分太ったな(笑 今が一番脂がのってるって事実が頼もしいよな。

会場は個人的に京都フォトジェニックPAチームにも出会えて
ついでに謎の人生相談も繰り広げ大層愉快でした。


IMG_20180610_225250


お互い、今を更新していきたいものね。


毎日生きてるだけで色々あって
しょーもない事が脳裏をかすめ
足をとられてしまうが、
まぁええかと思える時間を大事にしたいものだ。


さて、腱鞘炎は治ってきたというか
痛みに慣れて来た感ありありだが。

週末はソロライブでグッゲンハイム邸だ。

みなさま、よきロケーションでお会いしましょう

02ff997a44704e756841b7c33949bfca


〜ミサトとトンカツ「ふたりの行方」レコ発〜 ■2018年6月16日 (土)
open 18:00 / start 18:30
開催場所:旧グッゲンハイム邸
(兵庫県神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17)
JR山陽塩屋駅徒歩5分
料金:予約 2,700円 / 当日 3,000円

かくら美慧
トンカツ(PANICSMILE、uIIIn)
マドナシ(キツネの嫁入り)
児玉真吏奈

[出店]
招き猫餡舖 ホットドッグ部

[主催]
夜のしわざ

[共催]
塩屋音楽会

[予約方法]
neronero2626@gmail.com
※件名を「チケット予約」として、日時と場所、お名前、枚数、電話番号を明記のうえメールでご送信ください。こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。


<<<次回キツネの嫁入り LIVE情報>>>
image


ワールド・民族・ファンク・ジャズ・ロック、すべてをごちゃまぜにして超絶テクニシャン達による唯一無二グルーブをたたき出す大人数バンド「WUJABINBIN」が、久しぶりに大阪公演!光栄にもキツネの嫁入りと2マンさせていただきます。

プログレ好き、最先端音楽好き、ダンスミュージック好き、パーティー好き。全員集まるべし。

以下、ケイタさんからのコメント↓

WUJA BIN BIN ケイタイモと申します。皆様に忘れられぬよう、東京ワンマン、そして久方ぶりに大阪・名古屋と参ります。我々は基本的に13人編成という大人数で動いております故、必ずしもフットワークは軽くありませんが、この実力派メンバーで紡ぎ出す音楽には絶対の自信を持っておりまして、アルバム発売ツアーやフェスなどのタイミングに関係なく、なるべく多くの皆様とお会いできる機会を設けたく思い、今回のツアーを企画しました。本公演には、秋頃からレコーディングを開始する次作アルバムに収録予定の新曲を幾つか持って行けたらと思っております。我々WUJA BIN BINのひとつひとつ丁寧に積み重ねで持って、ゆっくりながらも一歩ずつ着実に進化している過程を、是非体験しに来てください〜皆々様、何卒よろしくお願い致します!

日程:2018年6月29日(金)
会場:東心斎橋 CONPASS
時間:開場19:00 / 開演19:30
料金:前売3,500円 / 当日4,300円(共に1ドリンク別)
問合:SMASH WEST 06-6535-5569

出演:WUJA BIN BIN / キツネの嫁入り

※22歳以下500円キャッシュバック(身分証明書をご提示願います)
[チケット]
チケットぴあ(P:113-923)
ローソンチケット(L:53698)
イープラス
FLAKE RECORDS

※コメントでもチケット予約受付ます。


チケット予約こちらのフォームから
http://madonasi.com/kitune/

■WUJABINBINについて
wb_ap2014_max

ケイタイモ(ex.BEAT CRUSADERS /ex.Mong Hang)の妄想から生まれた楽曲を具現化する為に結成された総勢13名の大所帯プログレッシヴ吹奏楽バンド。ケイタイモ自身の本来のベーシストとしてのプレイは圧巻。プラス多方面で活躍中の個性豊かな 豪華メンバーが集まりJAZZ、FUNK、ブラジル音楽、映画音楽、等々を内包した「WUJA BIN BIN」という音楽ジャンルを確立すべく活動中。フランク・ザッパなどの変態性とデューク・エリントンなどの正統性、ジャコ・パストリアス・ビッグ・バンドのような確かな演奏力を武器に、ROVO、菊地成孔DCPRG、渋さ知らズなどに対する次世代の解答というべき音楽を展開している。2014年FUJI ROCK出演。2016年PS4ゲームソフト「ドラゴンボールゼバース2」への楽曲提供など各方面で話題となっている。

■キツネの嫁入りについて
S__97222683_g


踊れない?踊れるよ。とりあえず、二回聴いてみな。群れに埋めつくされて、溺れそうな君たちへ。

メンバーの脱退、転勤、結婚、出産等、活動の危機全てを武器に、最新にして最強の布陣で、キツネの嫁入り4枚目のアルバムを満を持してP-VINE RECORDSよりリリース。
RECODING エンジニアに、盟友「岩谷啓士郎」(LOSTAGE・トクマルシューゴ・Nabowa)、ゲストにチェロ奏者「徳澤青弦」を迎えて歴史に残る名盤が完成。
トランペットとエレキギターを加え、よりグルーブィにより立体的に、変拍子をベースに作り込まれた世界に、叩きつけられる日本語の歌。「個性」という言葉は彼らのためにある。京都発、異端にして最先端。世界を覆う不安や不信が生み出した未来。これが音楽、これが「キツネの嫁入り」だ。

最近聞く音楽。

IMG_7756


今、一番好きなドラマー
マークジュリアナ経由で
ふらふらyoutubeを徘徊してると
とんでもない人にであったりする



Dhafer Youssef's

誰か全然知らんが異様にかっこええ
ちょっと調べたら
ボーカリストのおっちゃんらしい

アレンジが妙。

マークジュリアナのドラムは
なんつーか引き際が素敵

そりゃそうかもしれんが
昨今の界隈でみかける
見た目だけ派手なインディーズドラマーの人は
参考にしたらいい気がする。

あの、叩いてへん時にも
グルーブがうねってる感じが
よだれが出そうになる。

個人的にはこっちの
マークジュリアナのが好きだが。

アビシャイとのそれである



これをおかずに
何杯飯を食えるのか。





職場で
資料作って
家帰ってからも
なんか資料作りに追われている

夏へのとある企画のためだ。



月並みかつ
誰でもわかってる事だが

誰も行ってないとこに
行こうと思ったら
それなりにリスクを負わないといけない。
今までだってそうしてきたし
それが生きる道なのだ。

さて、もうひとふんばり


最近
いいニュースを二件
立て続けに聞いた。

そういうのは嬉しいものだ。



大切なものは
そんなにたくさんあるものではないし

それでいいと思う。

地球の裏側のやつまで
幸せにはできない

隣のおばちゃんから
笑顔にしてやればいいと思う。



それにしても
うちに町内会の役員になって
思うに、不明瞭な点が多数

気になったらおしまい
一個一個つぶしていこうと思う。


桜が散りつつあるよね。


子供が
馴らし保育に行きはじめた

他の子が
おお泣きだったが

彼女は、一人でおもちゃで
遊んでいたらしく

母親の姿をみて
ほっとしたように
甘えはじめたらしい


家はいつでも帰る場所として
ありたいものだ。


平日に街をふらふらしてたら

おや

という友人に立て続けに出会った。

京都は狭い街だ


この場合は、いい意味だが。
さて、ええ加減に寝るか

































>>>以下、キツネの嫁入りライブ告知


★最近のキツネの嫁入り



Jim O'Rourke ジム・オルーク


昨年は13年半ぶりとなるヴォーカル・アルバム『Simple Songs』のリリース、この新たな歴史的名盤と共にFUJI ROCK FES’15への出演、『ジム・オルーク完全読本』も刊行され音楽ファンを驚喜させていたジム・オルーク。京都でもクリスチャン・フェネスとの初の本格的デュオでとてつもないLIVEを披露した彼が、今回、絶大なる信頼を置く日本の音楽家達、石橋英子、山本達久、須藤俊明らとの「ジム・オルークとレッド・ゼツリン」にて来京します!迎え撃つは、主催イベント『スキマアワー』『スキマ産業』でも多種多様なアーティストとの競演を重ねながら、京都の音楽シーン全体を揺さぶり続ける「キツネの嫁入り」。音楽がしっかりと身体に沁み込む、音楽の愉しみそのものを味わう夜。

http://www.metro.ne.jp/schedule/2016/02/0512/index.html

■2016年5月12日(木)@CLUB METRO
α-STATION 25th Anniversary Special LIVE!
『スキマ産業 Vol.43 〜ジム・オルーク with レッド・ゼツリン in Kyoto〜』
OPEN 19:00/ START 19:30

ジム・オルーク
with レッド・ゼツリン(石橋英子、山本達久、須藤俊明)
キツネの嫁入り

Supported by α-STATION 京都FM




▼TOTAL INFO/チケット予約
http://madonasi.com/kitune/contact/



その他のライブ情報はこちら

ライブ終わり。

人気ブログランキングへ

今日はライブであった。

メトロは
単純に照明が暑いぜ


リハが
奇跡の入り12時という具合だったのでそっから
田村さんと打ち合わせしつつ
子供に相変わらず
号泣されつつ

久しぶりにいった王将は
餃子の香りだけで
恐ろしく癒され

この匂いのお香あったら
即買いやという話でもりあがる

一旦帰宅して
あーだこーだで
とんぼ返り

結局のところ
ジャンル違い倒しだったが

久しぶりに見るの
NOTIIBELIKESOMEONE
BURNING SIGN
のハードコア具合は
ちょっとライブ前でなかったら
ぎゃーぎゃーやってしまいそうな
素敵テンションであった。

我々はってと
今日は
会場の雰囲気で
セットリストかえようぜの
試みだったため
直前まで悩むの巻


結果コレ↓

ヤキナオシクリカエシ
ブルー
エール
雨の歌
せん

やー
ライブは実験よね
と思いつつ
細かいミスなぞが
あったりで
反省な日々


最後
uhnellysが
おしまくっての
お客さんが
ちょっと減ってしまったのが
残念であったなぁ

でもまぁ
ライブ自体
最高だったので
いいとしようではないか

二人とも久しぶりだったし
楽しかったぜ


遅くまで
残っていただいた
皆様
共演の皆様

ありがとうございましたぜ



そういえば
メトロで
ライブやって
打ち上げなかったん初かもな
と思いつつ

爺は
明日に備えて寝るのであった。























京都市の選挙が不安だ。つまんねーラーメン屋にいく。交渉人つー映画を見る。

人気ブログランキングへ

どうにもじじいだ。

風邪なのか
花粉なのか
体調がよくない

どしても
仕上げたいものがあったため
ずるずるいいながら家にいた

メトロ行きたかったな。

近頃の動向としては
京都市の選挙結果に
いたく不安を感じつつ。

まぁ若者が元気いいのは
いい気もするが。

最近の民主党なぞや
野党になって
それはもう
界王様んとこで修業して地球に帰ってきた瞬間の
孫悟空ばりに
気配ゼロの自民党
なぞを見ていると

政治が
クリーンである必要って
紙一重な気がしてきた。

対諸外国
国内のあらゆる摩擦を
クリアするには
相当
ずるがしこくて
根回しができて
かつうまいこと
ポーズとれる奴が
大将のがいい気がする。

少なくとも
どこかに歪みが
生じるなら
統括的に
うまくやってくれたらいい気もする

そんな事を考えていた矢先の京都市の選挙は
微妙だったなぁ

まぁ決まったからには
応援できるところは応援したいと思う。

与野党にしたって
色々あるが
一応
選挙で決まったもんを
ずるずる足ひっぱって
それが「日本」の低下につながるんなら
一年とか
好き勝手やらせてもいい気がする

少なくとも
責任とって
「やめる」ってのは随分楽な手法だなと思う。



そんなことをぼんやり
考えつつ
作業しつつ
ギター弾きつつ
テレビでやってた
交渉人
つー
米倉さんが出てる映画を見てみたが
2/3すぎたあたりからの
映画のテンションの下がりっぷりが
半端なかった
なんか突然キーマンが消え去る感じが
まー面白かった


それはともかく
近所の押小路に
でけたラーメン屋に
やっと行った

閉まるのが早いのと
微妙な距離感に行きかねていたわけで

なんつーか
コピーバンドを卒業したての
大学生が
オリジナルで
「新しい音楽をつくるんだ!」
と、エフェクターならべまくって
叫びまくって
なんとなく過激な事歌ってみて
ライブ見た元彼女に
(元ってあたりが冷静な意見を述べる)
「うーん、かわってるかもしれんけど、
あんましかっこよくない」
と、言われて
撃沈する感じの味だった

唐揚げと
嫁のつけ麺と
ピータン豆腐と
ワシは醤油食ったわけだが

唐揚げ

仕込みが足らん
ベースの味がしみとらん、表面だけや

ピータン豆腐

素人の味がする

つけ麺

冷めたら何回でも
テーブルのIHで温めますと
妙にぬるい状態でだすあたりに
根性が感じられん

醤油ラーメン

手打ちで麺がんばってるのは
わかるが、不味いから止めた方がいい
味はまぁ
コンセプトAで作ってたら
「あれ、これノリ的にはBやけどええんでない?」
の方向だったのが
気がつけばコンセプトDまで行って
なんかよくわからんが美味しい気がするし
これでいこう

つー味だった。


ラーメン屋には
三度いくのアタクシだが
次行くのは
三か月スパンで
諸々見直すとして
おそらく8月以降だ。

せいぜい旨いやつ作ってくれ






寝る前は



Arthur Russellだ









トックンとこの
llama
レックもうまくいったみたいだ
友人が喜んでいる姿は
純粋にうれしい。

キツネはキツネとして

色々うまくいくとええなぁ
と思う。
















東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバム『Play for Japan』に参加しました。

人気ブログランキングへ

その曲が適切かどうかは
さておき

「来つ寝世鏡奇譚」
http://kitsuneyo.com/
という映画用に作った曲を表題の
東日本大地震救済支援コンピレーション・アルバム『Play for Japan』
に提供いたしました。

詳しくはこちら
http://ototoy.jp/feature/index.php/20110401

今回も、販売に当たっては、クレジット決済手数料約5%と、著作権管理事業者に登録している楽曲に関しては著作権料約7.7%を除いた全ての売り上げを、東日本大地震の義援金として、日本赤十字社を通じて寄付致します。

今私たちにできることは、日常を取り戻す作業と被災地を応援する作業。どちらかに偏るのではなく、どちらも平行して進めなくてはいけません。被災地の復興には、まだまだ長い時間が必要です。息の長い支援をしていきたいと思っています。

『Play for Japan vol.7〜vol.10』。4月1日17:00-発売です。私たちの気持ちが、少しでも被災地に届きますように。そして、聞いてくださった皆さんが、この音楽を楽しんでくださいますように。

ということだそうです。
ちなみに我々参加の
vol.9は下記のアーティスト収録


なんだったら普通に欲しいぞ


1. 気楽な稼業 / 俺はこんなもんじゃない×WEEKEND
2. one(2002/Remix Ver.) / GROUNDCOVER.
3. Wme / 4CE FINGER × sakuHana × Mitsunori Sakano
4. a black rectangle(Tsubame Version) / BALLOONS
5. Reach For Tomorrow (Halfby and Coconut Remix) / Handsomeboy Technique
6. Time has come / BEAT CARAVAN
7. 夜になるまで待って / Currots
8. ニューライフ明日 / ドブロク
9. 草原ヘッドフォン / fishing with john
10. size / 白波多カミン
11. 景色 / gimmickaholic
12. ヴァーチャファイター20XX / FLUID
13. SKYBOYZ Always Play for Your Smile. / GAGAKIRISE
14. koe / キツネの嫁入り
15. 天仰ぐ / SOSITE
16. 流星 / 笹口騒音ハーモニカ(太平洋不知火楽団)
17. scene / Vampillia
18. 子供の歌 第一番〜第三番 / スガダイロー
19. ほんとうにスキな人 / 柳原陽一郎


柳原さんと同じアルバムに参加というあたりが
個人的に非常にうれしい。



ちなみにキツネの嫁入りの
この曲だが


カギ→ジャンベ
とっくん→コンバス

というちょっと久しぶりな編成。

今年頭に
マザーシップスタジオ
http://www.ne.jp/asahi/studio/mothership/

ラリーさんにお願いして
さくっととったのであった。

でもって
ひーちゃんが
メインボーカルで
アタクシは裏で
あーだこーだいってるだけという
素敵曲なのである。

そちらも
お楽しみあそばせ

こういう機会をいただいた
ototoyの皆様

Limited Express (has gone?)
のいーちゃん

ありがとう。


ミュージシャンやってて良かった。


















昨年末のライブ動画あげてみた。言葉はいつも足らないのだ。

人気ブログランキングへ

昨年のワンマンの抜粋みたいなんを
ちょっとアップしてみた





■世界の逆




■カラマワリ

手拍子してはる人の
拍がさっぱりわからん

まぁ知る人ぞ知るところの
右足が腐ってやがるの頃のライブなので
そゆ意味貴重かも


ジムオルークに教えてもらった
CDを片っ端から
聞いてみている。

なんつーか
オレが今まで聞いてきた音楽は
随分スタンダードだったのだな
と改めて。

なかなか参考になる。

彼とは
先日メトロで再会したが
相変わらず
あの辺の話が愉快かつ
酔って弾いてた曲の
完成版が聞けて
満足であった。


そはともかく

言葉はいつも足らないから
メールでも
なんでもなく
願わくば直接話したいものだ。

そはともかく
一乗寺の彩華ラーメンが
つぶれたのがショックすぎる。

でもって
HPがchromeでレイアウト崩れているのが
余計腹立つ

そはともかく
メールならまだしも
twitterや
ブログで
何か書いて
伝えたい人に伝えたい事が
伝わっていると思うのは
危険信号だ。



そはともかく
オレは会社員むいとらんなと
改めて思う。










先日メトロは随分楽しかったというあたりで

人気ブログランキングへ

鯨は
若さゆえのという具合が
それでいいんではないかという具合で

FLUID先生は
よりソリッド
悪さ全開で
よかった

やっぱし
レック向けてるとテンション違うよな。

どこまでもいってしまえばいいのだ

我々はってっと
タッキーは
随分苦戦してもらったみたいだが
楽しかった


ブルー
東西南北
エール
せん
ヤキナオシクリカエシ

せんが
9分ぐらいあるため
このセット

事細かに
依頼したおかげか
照明も
いい感じだったみたいで

ごりごり感満載の
ライブはどうだったんであろうか

様々な課題が残ったが
それはそれで
次回への糧にしようではないか

新生
panicsmileは
panicsmileでしかなく
圧倒的であった

まさかの
popsongをやってくれたりと
それはそれ
素晴らしかった

終わってから
吉田さんと
たくさん
話たが

グレーにしていた点が
明確になって
気分よかった

folkenoughは
井上さんの
カリスマ感を
間の当たりにした
ライブだった。

すばらしい

彼らは
ライブバンドよなー
でもって
ライブバンドよなー
って呼ばれるの最高や

遠方組みは
高速の兼ね合いで
即帰ってしまったため

地元組みで
飯食いにいく

まぁ
4年ぐらいあたためていた
告白をしたりと
打ち上げも
延々と楽しかった

タテ号に拾いにきてもらい

朝まで
家で談笑

さすがに
仕事は
へろへろ
おまけに風邪気味

某御仁が
もう一泊の
家で皆で鍋

鍋は人が多い方が楽しい
かつ
旨い

で、奇跡の
某録音が
先ほど
行われた

ふーん

これ面白いな
ちょっと
試してみたい事が
多々

諸々
メールだ
データ入稿だ
すませ


やっと就寝が近い


とりあえずは

メトロに来ていただいた
大勢のみなさん
ホントにありがとう

結婚式と

リリパは
外すなという言葉は
マジでそうだ

井上さんの
ご機嫌な顔が
忘れられない





水面下で
同時進行で
様々な事が
起きている


とっとと
まとめるか

















ただのライブ告知と、この数日と、キツネの嫁入りを応援してくれている全ての人へ。

人気ブログランキングへ

この三日間というのは
京都に居を構えていて
ホントに良かったと思う。

ここだから
ここでしか

出あえない
共有できない事がある。

それはきっと非日常がゆえ
なのかもしれない。

いや、そういうのはどこにいっても一緒か

出会うべくして
人は出会うのであろう。


サインをもらったら
友達じゃなくなりそうだったので
やめておいた。

なんせ、
メモ書きならたくさん残っている(笑

多分、オレはツイてるんだろうな


音楽は日常だ
ライブはどうだ?







週末、
福岡からfolk enoughが来る。
東京からpanicsmileが来る。
今の体勢になって初共演のFLUID
初ライブから見てるけど初共演の鯨

楽しみにしていたライブだ。
詳細は下記に記す。

キツネの嫁入りを応援してくれている人全てへ
キツネの嫁入りをたいして好きでない人全てへ
オレの事を尊敬してやまない全ての人へ
オレの事が嫌いで仕方がない全ての人へ






・・・・なんでもいいから
現場に来てください。


metro

http://madonasi.com/kitune/?p=409



2011年3月27日(日)京都CLUBMETRO http://www.metro.ne.jp/
『梵』〜folk enough release tour in KYOTO!!!!!
LIVE:PANICSMILE / folk enough / キツネの嫁入り / FLUID / 鯨
open 18:00 / start 18:30
前売¥2000 別途1drink  当日¥2300 別途1drink
前売はチケットぴあ (0570-02-9999/0570-02-9966、Pコード:130-246) 、
ローソンチケット (ローソンLoppi、Lコード:58235)にて1/29より発売
※前売発売場所:ぴあカウンター、セブンイレブン、サークルKサンクス、ローソン
—————————————————————-
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpでも受け付けています。
前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。
前売料金で入場頂けます。
—————————————————————-

福岡のジャンク・ブルース・ロック・バンドfolk enoughがニュー・アルバム『DISCO TAPE』を完成! ナンバー・ガール、MO’SOME TONEBENDER、スパルタローカルズ、パニックスマイル… めんたいロック以降、対向するように現れた福岡のオルタナティヴ・ロック・バンド達。 そんな中一際輝き、現在も福岡シーンを先導する主役が彼らである。ベースに新メンバーの柴田剛を迎えて初のリリースとなる本作は、彼との2年間の巡業の末 に辿り着いた、誰も聞いた事のない極上のポップ・ミュージック、まさにこれぞオルタナティブ!この世界は是非とも京都の音楽好きにも体験してもらいたい!、、と言う事で、ここメトロで国内外のオルタナティブな音楽を発信するライブイベント「梵」が彼らのニューアルバムリリースパーティーとして久々開催決定!!!
共演にはどうやら再び活動を始めたらしいPANICSMILE!(詳細一切不明!一体どんなサウンドが!?)そして地元からは絶賛新作録音中『僕の京都を壊して』を主催するショートカットロッカーズFLUID、こちらも『スキマ産業』を主催し独自の立ち位置から確かな音を鳴らすキツネの嫁入り、さらに日本人離れした音像で、すでに各所で話題のバンドOUTATBEROのメンバーも参加するソリッドなサウンドにシンセが絡み合う新世代バンド鯨!
とにかくカテゴライズされない濃くて、強力で、一筋縄で行かない音が集結する一夜!是非現場へ!

こっちでも予約可能





madonasi@gmail.com









オレは朝起きて
うつらうつらと仕事に行き
生きるためと大切なモノのために
金を稼ぎ
大好きな連中と音楽をする。
でもって、時々ラーメンを食う。

これ、
何も変わらない。




変わったのはおまえだ































色々ありすぎた数日間とマジで身体が二つ欲しかった今日

人気ブログランキングへ

というわけで
金曜は
打ち上げで場所を吉田屋さんに移動し(飯が異様に旨い)
打ち上げな時間
FMN石橋さんとムーライダース鈴木慶一さんの
話を聞いていると
俺、全然音楽知らんなという事を
再認識
鈴木さんは随分温かい人だった。

素敵時間。

だいぶ夜遅くなったので
寝坊気味

土曜はってと
ノリで車を買い
その足で
谷町はポコペンへ。

大和川レコードわたる氏と
むぐらが一周するまで佐藤氏の
企画だが。

色々奇跡がありすぎて
相当おもしろかった。

まさの会場ダブルブッキング
結果うまく行ったので
随分だったが
まさかの事実であった。

メリーと
ちょっと色々話

さとさん
ワタルさん

ありがとうございましたぜ
また、こんなんやりたし

帰りは
わざわざ電話して
聞いた
はいからちゃんの言うラーメン屋に
いけそうになかったため

藤平つーとこでしめ
まぁ、割と悪くなし

んな今日は
朝から
おばあちゃんのお見舞い

英子さんのリハに顔だし
夜は
似非浪漫ドラム
雀吉の結婚式二次会であった

新郎新婦共々
ホラー映画好きということで
まさからの入場から
おどろおどろしい感じで
愉快であった。

新譜の衣装が半端なかったが
それはまた。

英子さんのリハを見てしまったため
どうしてもいきたかったが
かなわず。

残念だったなぁ

だが、それはともかく
結婚式の二次会

間違いなく一生に一度
楽しそうな雀吉が最高であった。






友人のそういう場に呼ばれるというのは
ホントうれしいである。

立ち会えてよかった











京都は雨だ。










記事検索
  • ライブドアブログ