2004年09月20日

機会は自分で作る


0dcf8537.jpg
藤本隆宏さんは『日本のもの造り哲学』(日本経済新聞社)の中で、カルロス・ゴーンさんは、ミシュランの発展期に若くして参画出来たことが大変幸運だったのではないかと、藤本さんは分析しています。私もそう思います。加えて、私は、組織の発展期に居合わす幸運がなくても、機会は自分で作ればいいと思っています。アマゾンで購入
藤本さんの本には、大変たくさん、感銘を受けるフレーズがありました。総集編はいずれお届けするとして、藤本さんのカルロス・ゴーン評の一部から、私の思うところを書きます。


自分を成長させる機会をたとえば自分が勤めている会社だけに期待してしまうのはもったいない気がします。現実には、自分が勤めている会社が自分にちょうどいいチャレンジングな機会を与えてくれるとは限りません。

機会は、自分で作ればいいと思います。ボランティアでも地域のコミュニティーでもリーダーとしての役割を期待される仕事をすることで一番成長があると思います。

リーダーとしての機会を会社だけに期待するのは確立から言って難しいと思います。ただ、ある時期に責任を感じ、自負を持って仕事をしないと、能力開発はなかなか進まないと思います。

組織の方も能力開発の機会としてリーダとしての役割を果たさせることが重要であることはわかっているのですが、現実には、良い機会を全社員に用意することはできません。とくに、若年層よりも中高年層が多くなっている現在の日本では、一つの組織で人材の育成を果たしていくのは非常に難しくなっていると思います。

1人の人が、ある組織では、歯車のように働き、ある組織では一歩も引かない退路を断ったリーダーとして働き、またある組織では、ビジョンを語るすがすがしい先駆者として、などさまざまな役割を果たせばいいのではないかと思います。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/aera20040922/7001376
この記事へのトラックバック
私も「カルロス・ゴーン経営を語る」を読み、若くしてミシュランの経営に参画できたことが後のゴーンさんにとってある意味で転換地点になったと感じている。 私が初めて人をまとめる立場に立たざるを得ない状況に追い込まれたのは大学時代だ。所属していたダンスサークルで
機会を見つけることについて【勘違いブログ〜仕事編】at 2004年09月23日 19:24
人口減少経済のインパクトは大きい
人口減少経済の公式【ITワークスタイルフォーラム】at 2004年10月02日 10:35
 その昔、11月末日に始まって12月ギリギリまで、なんと28回も忘年会 にお呼びいただいた年があった。  あまりにも連日連夜であることをPRしすぎたら、その後、幸か不幸かあまり お声がかからなくなったが、それでもお声をかけてくださるところもある。ど うもあ
シュウカツとビジネスに役立つクリパをゴッゴル!?【渋谷ではたらく女社長のblog】at 2004年12月20日 01:33