2010年05月20日

残念な大人


今回のブログテーマは、「残念な大人」です。




残念な大人。いますなぁ、たくさん。

そもそも私、大人自体が残念な生き物だと思っていた節があり

人間嫌いと言うよりは大人嫌いな思春期を過ごしてきたもんで。




ずっとずっと大人になんかなりたくないと思っていたのは、

責任やら義務やらを背負いたくなかったのもあるけれど

自分自身が汚くなっていくことへの嫌悪感が強かったのかもしれませぬ。




だってさ、大人って平気で嘘つくでしょ。

子供だって嘘つくけど、子供が嘘をつくときは罪悪感がある。

それがなく嘘をつく人種ってのが、私には理解ができなかった。




社会人になって何年も経つけれど、未だに苦手です愛想笑いも社交辞令も。

一応空気を読んで合わせたりはするけれど、そんな自分に吐き気がするわ。

汚いなぁ自分、ってさ。




ま、その話は置いといて、私が残念だなぁと思う大人について。

まずは、交通ルールを無視する人ですかね。

別に優等生ぶって言ってるわけじゃないし、交通違反に対して云々ってことじゃなく

たとえばウインカーあげない人とか。

車間距離とらない人とか。

どんな動きをするのかを、周りが把握する必要があるんだよ。

自分さえよければいいって性格がすごく出てるような気がする。




あと、停止中に車のドアを開けて、灰皿のごみを車道に投げる馬鹿とか。

停止中に車のドアを開けて、道路に痰を吐くジジイとか。

殺意すら覚えます。




余談だが、私は道路に痰を吐く奴が大嫌いなのです。

汚いもの見せんなよ。せめて人がいないところでやれ。

ていうか、自分ちの敷地内とか車内とか家ん中ではしないんでしょ?

なんで公道でだけするの?

こういうオッサンたちが「だから今のゆとり世代は…」

とか言っちゃってんだろうか。寒いわ。




あとね、荒々しい運転を得意げにしている男性タイプと反対側にいる、

「ワタシ交通ルール守ってますけど何か?」的な顔をして

後ろが大渋滞になろうが、何十台の車に追い抜かれようが

ひたすら追い越し車線を法定速度のマイナス30キロくらいで走ってる人。

迷惑かけようが、何しようが、「違反してないから」みたいな。




運転マナーに例えたけれど、これって運転以外のこと全般にも当てはまる。

その場の空気読まずに「これが私だから」とか、デカイ顔して言うなよと。

子供時代って、「これが私だから」と思う前に、

「こんな私でいいのかな」って不安が先にくると思う。

でも人間って年をとる毎に図々しく、ふてぶてしくなっていくものだから

そうやって自分を省みることが出来なくなっていくような気がします。




人の意見に素直に耳を傾けるってこともだんだんしなくなっていくし、

年をとるほど人の話を聞かない人も増えてくね。




まぁ誰しも好き好んで年食ってるわけじゃないだろうけどね。

自分も含めた残念な大人たちは、年齢だけにとらわれず

子供や若者たちから学ぶことも、見習うべきところも

実は案外たくさんあるのじゃないかと思うのです。




でもさ、素敵に歳を重ねることって至難の業だわよ。

そういうフレーズが好まれてよく使われたりするけれど、

そんな簡単にできることじゃない。

人のふり見て我がふりナオコーラ。




aeri46 at 20:41|Permalink

2010年05月19日

ギャンブル


ブログテーマからの投稿です。

「今までギャンブルで勝った最高金額は?」




私がギャンブルで勝った最高金額は、一晩で220万円くらいかなぁ。

記憶が正しければ…だけど。

ちなみに負け額も同じくらいっす。




20代のときに違法賭博にハマッていたので、百万単位の勝ちも負けも

割と頻繁にあったりしました。

私はポーカーゲーム機賭博をやっていたんだけど、ダブルアップ中毒でさ。

まぁ簡単に言えば、倍になるかゼロになるかの勝負というか。

それを、最後までやっちゃうんですね。

途中でテイクができない。

まさに人生そのものというか、生き方そのものでした。

守るべきものがある今は、絶対できない打ち方ですが。




一晩で100万円とか200万円とかの現金を持ってくるもんだから

当時の彼氏には、「何かヤバイことやってんじゃねぇか、この女…」

と、あらぬ疑いをかけられたりもしましたよ。

失礼ね!まぁヤバイことっちゃあヤバイことだけどね。




んで下手すりゃサラリーマンの年収ほどの大金を一晩でゲットして、

一体それを何に使ったの?ってよく聞かれるんだけど

そんなもん謎ですよ。バブルです。泡のように消えます。

多分、なんだかんだ結局またギャンブルで負けてるんだろうね。

一度にまるまる負けることもあるだろうし、ちょこちょこ負けて

結局手元には残らないっていう、要するに「あぶく銭」。




ちなみに私はコレ以外のギャンブルは、ほとんどしません。

カジノ、競馬、競輪、競艇、宝くじ…ほぼやらないに等しい。

なんか当たる気がしないんだよね、こっちは。

競馬にはノミ屋なんてのがあって、一歩間違えば何百万円っていう借金を

一夜にして背負うことになっちゃったりもする。

勝てば勝ち分を貰え、負ければ負け額を工面するという後付けみたいなシステムなので

手持ちがなくても大勝負できるようになってるんだな。怖いね。




麻雀は大好きなんだけど、雀荘でやったことは数える程度しかありません。

フリーとかで入ったことはない。それはちょっと無理…。

たぶん私はあらゆるギャンブルの中で麻雀が一番好きだけど、お金のために

やりたいとはあまり思わないんだな。

好きだからこそ、かもしれませんが。

仲いい友達とか、兄弟とかとあーだこーだ言いながら卓を囲むのが好きなのだ。

麻雀のルールを考えた人を本気で尊敬しているし。←なんかアホっぽい




そういやパチンコでは、一ヶ月で150万円くらい勝ったこともありましたなぁ。

なんか知らんけど、行くたび勝ってたときがあったんだよね。

ポーカーして頃はパチンコなんて単なる暇つぶしだったから、

別に本気で勝とうだなんて意気込みもなく、ただなんとなくやってただけなんだが。

そしてその金は全部ポーカーのほうに流れましたけどね…。

ギャンブルなんて、そんなもんです。

aeri46 at 20:42|Permalink

2010年05月18日

右 or 左


最近あんまし書くことがないんだよね…。



書くことがないというか、日々の出来事みたいな日記は

書く気が起きないというか。

今日は何をしました、休みの日はどこに行きました、

みたいなレポート的な記事は、書くのも読むのもつまらなく感じてきた。

かと言って時事ネタなんかもなるべく語りたくないというコダワリもありけり。



そんな感じでして、先日マイPCも届いたことだし

近々レンタルブログからも卒業するだろうし(いつになるのか未定だが)

せっかくだからそれまでの間にブログサービスでも利用してみよっかなっと。

しばらくはブログテーマから投稿していきます。飽きるまで。

しょーもねー話のオンパレードになるかもしれないけんども。



ちなみに、万が一ワタクシの日常に興味を持って下さる奇特な方がおられましたら、

ぶーブログのほうで垣間見れますので、よろしければそちらでどうぞ↓

DFDG





というわけで、第一回目のテーマは

「デートで手をつなぐとき、右手?左手?」

でございます。

いいねぇ、この「どっちでもいいよ!」感。

こういうどうでもいいこと山の如しな文章を書きたいの、ぼくちん。



んでワタクシはどうなのかというと、左手です。

誰も興味ないとは思いますが。ちくしょー。



私は誰かと一緒に歩いているとき、相手に左にいて欲しい派なのです。

自分の右側に人がいると、落ち着かないタイプ。

ぶーと歩いていても、ぶーが右側に来たら全力で左側に押しのける。



昔、オンナを堕とすノウハウみたいな何かに

「目当ての女性と並ぶときは、左側に回るべし!」

みたいなことが書いてあったのを読んだことがある。

心臓に近い側に誰かがいると、人間は安心感を覚えるんだって。

何でかは知らんけど。

でも実際に私自身がそうなので、なるほどなぁと思いました。



ちなみに私は右利きです。超が付くほどの。

左手では携帯メールを打つのも苦痛なほど、全部右手。

きっと右脳が麻痺しているのでしょう。


aeri46 at 21:34|Permalink