2010年04月15日


「ありのままの自分」でいるのが正しいのか。

それとも「なりたい自分」になる努力をすることが正しいのか。

最近わからなくなる。

最近って、ここ数年の話なんだけど。



周りにいる友達を見ていると、「どうかずっと変わらないままでいてくれ」と思う。

自分を凡人だと言っている天才を見ると、自覚がないだけで強烈な個性を放ってますよと思う。

ちなみに天才は、かなりの確率で天才であることを自覚していない。

凡人に限って、「私変わってるってよく言われるのぉ〜」とか言うものです。





自分をさらけ出して生きている人に、憧れる。

かっこ悪い自分を見せられる人ほど、かっこいい人はいないと思うから。



そんでも私は不器用だし嘘つけないし、正直っちゃあ正直なんだけど、このままでいいのかよって気持ちも強い。

自分らしくいながら、大人になることも大事。多分。



自分の色って何色ですか?

赤とか青とか、割り切れる?

赤もあるけど、青もあるよ。

両方ある。ごちゃまぜだよ。

だからと言って美しい紫にもなりきれていない。

それでいいのだとも思うけど、それじゃあ中途半端な気がしちゃうから自信が持てなくなる。



自分に足りないものは、何なのか。

たぶん「信念」だ。

揺るぎない信念を持って生きている人は、強烈な色を放っている。

圧倒される。

惹かれる。

それがオーラなのだと思う。

みんなのレッズ
あなたの子レッズ
ぷりんすマーブル
竜巻のピー!

aeri46 at 09:27│