2010年04月28日

証明


子供の頃、お風呂の中でずっと考えていたことがある。



私の目の前にある、この丸い洗面器。

これは本当に丸いものなのだろうか?

私には丸く見えているけれど、もしかして弟には三角形に見えているかもしれない。

絶対に丸いものだと思ってはいるけれど、確証できることなんてホントはどこにもない。



私には丸く見えているものが、誰かには三角形に見えているとする。

その誰かに、「この洗面器の絵を書いてみて」と言ったとすれば。

その人は、三角形の洗面器を描くだろう。

しかし、私にはその三角形の洗面器の絵もまた、丸いものにしか見えないのではないか。



…この仮説、どうやって証明したら良いのだろう。

と、幼かった私は悩んだ。

悩んだけれど、あまり賢くないので、結局答えは出なかった。

こんな話とか、時間の始まりとか終わりとか、宇宙の最果てとか。

むしろ頭が弱いので、考えても分からないことを考え続けていると、頭が痛くなって気持ち悪くなってくる。

大人になった今でも、これらのことは私の中では全く解決していない。



昔からぶーがよく言っていること、

「点も線も面積は存在しないハズなのに、点や線を描けば必ず面積ができる」

この疑問も、なるほどと思う。

思うけど、答えなんて全然わかんない。

数学の本とか専門的なのを読めばどこかに答えが書いてあるのかもしれないが、そんなもん難しくて理解できない。



こういうことって、子供の頃に誰でも考えることじゃないのかな。

疑問に思っていてもまだボキャブラリーが足りないし、うまく言葉では説明できなかったりするかもしれんけど。

だから誰か頭のイイ人が、子供とか私みたいな大人(ちょいアホ)にも理解できるように、やさしい言葉で説明してくれればいいのにと思う。

いつも思う。常に思う。

ちょいアホ(私)はともかく、頭が柔軟で吸収力もあって脳細胞が活発に動いている子供にヒントを与えれば、そこから何かを発見してしまう可能性もある。

大人みたいに知識や常識がない分、おもしろいことを言い出しそうな気がするんだけど。



というわけなので、よろしくお願いしますよ@頭のイイ人


aeri46 at 08:41│