2007年10月14日

【芸能ニュース】なりふり構わず「汚れ役」に挑戦するしかない 相田翔子

“代議士の妻”は夢に終わってしまうのか。元Winkの相田翔子(37)が“婚約者”と破局したとささやかれている。
 相手は元経済企画庁長官・相沢英之氏と女優・司葉子夫妻の三男の相沢宏光氏(36)。宏光氏はかつて麻酔科医だったが、現在は政界進出の準備のために休職中といわれている。
 2人はこれまで何度もデート現場を報じられ、「結婚秒読み」との声もあった。しかし、ここにきて暗雲が立ち込めている。発売中の「女性自身」で、父の英之氏が結婚を否定しているのだ。
「年内にも結婚? それは絶対ありませんね。彼女も、もういい年でしょう。息子より年上だからねぇ」
 英之氏も葉子夫人も三男に地盤を継いで代議士になって欲しいと考えている。そのため、相田との結婚に反対しているという。
「葉子夫人も元女優ですが、東宝の看板女優だった司葉子と、アイドル歌手上がりの相田とは格が違います。しかも、相田はこれまで数々の男性スキャンダルに見舞われている。京本政樹との不倫交際や妻子持ちの有名カメラマンとの半同棲生活が報じられ、有名弁護士との不倫をマスコミからマークされていたこともありました。これでは、代議士の妻としてイメージがよくありませんからね」(マスコミ関係者)
 相田はこのところ必死に働いている。
 9月公開の映画「涙でいっぱいになったペットボトル〜カンペの手紙〜」では大胆に肌を露出してセクシーな演技を披露。10月末には映画「虹の女神」も公開される。
 今月4日からは新レギュラー番組「いいはなシーサー」(テレビ朝日)がスタート。来年1月には市川猿之助演出の舞台「ジンギスカン〜わが剣、熱砂を染めよ〜」でヒロイン役を務める。
“代議士の妻”という玉の輿(こし)に乗ることが難しくなったことで、仕事に精を出しているのだろうか。生き残るために“汚れ役”でも“フルヌード”でも、なりふり構わず挑戦するべきだ。

afdfghasfghd at 16:44│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔