2009年11月

2009年11月26日

パイ恋愛 2

EU本部4
EU本部 1
EU本部2
EU本部3
撮影:「同じ建物でもパイのように分けて見るとまったく違って見える」/ ブルッセル 普通に見ると普通のかたち。真下から見ると真下のかたち。横から見ると横のかたち。ななめから見るとななめのかたち。違った角度で見るとまったく違ったものが見えてくる。それが愛です。
 
2009年7月

知人のマリ(仮名)のケースを考えてみようと思います。
マリには3人の恋人がいます。一人は40代後半で日本人、一人は30代半ばのアメリカ人、一人は20代後半のフランス人です。3人ともマリの理想とする恋人の要素を30%ずつ持っています。彼女は、30%ずつの愛情のパイを与えているようです。彼らとは週に1回(金、土、日のいずれか)の割合で逢っています。シングルにとって、土曜日は本命の恋人と逢うことが多く、常識化されています。そこで、マリもその3人と月に1回は土曜日に逢うよう工夫しています。ただし、彼らとの関係のシーソー具合で恋愛感情の度合い(パイの大きさ)がその時々で変化します。

それぞれの恋人に対して

*コメント等はaffairwindows@livedoor.comへどうぞ


affairwindows at 23:14  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年11月19日

パイ恋愛

人々による戦い
撮影:「人々が入り混じり、さまざまな愛の形が絡みあう」/ ブルージュ 出逢ったら縁がある。つきあったら縁+愛が加わる。結婚したら縁+愛に運命が加わる。
もし離婚したら、経験として実になっているすべてを次のステップに活かせる。
 
2009年7月

もし、あなたの恋人がパイ恋愛をしていたら・・・どうしますか?
パイ恋愛とは、一人の異性にすべてを求めるのでなく、複数の恋人で自分の理想とする恋愛関係を100%満足させることです。理想の恋人を探そうとしてもそうはいないのが現状です。そこで、その理想像の要素を持っている複数の異性と同時に付き合い、100%の理想の恋人を存在させるテクニカル恋愛です。その数名の恋人達への愛情のパーセンテージもそれぞれです。自分の理想像が100%のパイで、それに近い人への愛情のパイは自然と高い比率となります。プレイガールやボーイの恋愛と違う点は、ただの遊びで何人とも深い関係ではなく、好きな感情はすべての恋人にある点です。

*コメント等はaffairwindows@livedoor.comへどうぞ


affairwindows at 10:57  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年11月12日

いまどきの男女関係 5

腕を組む後姿の男女
撮影:「うまくいっているカップルは後姿にも幸せ感が出る」/ ラスベガス べたべたせず、かといって離れ過ぎもせず、ちょうどいい距離感がある。そんなカップルは、ほど良い刺激とほんの少しの不安があるからマンネリにならない。
 
2008年12月

ふたりの気持ちがアンドレアとMISAのようになるか、どうか。それはあなたしだいです。女性次第です。女性側が執着や束縛をせず、男性が自由に、気軽につきあいができる。そんな雰囲気を出すことで、男性の心が女性へと少しずつ動きだします。動き出せば、女性は忍耐と努力を続ける必要があります。
女性のほうが、男性よりも恋をしたい気持ちが何倍も強いのです。だから、女性から恋を成熟させる、そのきっかけを作ることです。男性の気持ちをじわじわと少しずつ変化させていく。
あなたと彼との関係が恋人+アルファとなったら本望です。それはじっくり、深く味わえる大人の恋です。
女性が、夢のような恋を求める。その心は誰にもあるので、否定しません。ただ、いまどきの男女のギャップと現実を知り、どうしたら本物の愛になるか。そう考えたほうが近道で賢明でしょう。

*コメント等はaffairwindows@livedoor.comへどうぞ


affairwindows at 22:20  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2009年11月05日

いまどきの男女関係 4

有名チョコショップ ブルッセル
撮影:「80%甘くて20%苦い関係が巧くいくコツ」/ ブルッセル 異性・恋愛・結婚は切っても切れない関係。行き詰ったときにはあえて"関係の無いことをする"、"反対のことをする"、"違った場所に行く"などにトライする=アイデアが出て道が開かれていく。
 
2009年7月

そうなると女性たちは考えすぎてしまいます。「私(女性)と付き合うメインの理由は、何なのかしら?」と。男性が求めているのは、愛と体の両方なのか、片方だけなのか、それとも何なのか、答えが解けません。
イタリア人のアンドレアとMISAのカップルはとても上手くつきあっています。かれこれ3年になります。10代のような、簡単な」盛り上がり、夜も眠れなくなるほど想い、彼(または彼女)を考えて1日中過ごすことはありません。
逢わない期間があいたかと思うと、どちらからともなく連絡しあい、不定期に逢います。決して途切れることはありません。しばらく逢わないでいると、ぽっかり感がでて、なんとなく連絡したくなり、逢いたくなる気持ちが出るのです。これは、30代以降の大人の恋(つきあい)には大事な「心の動き」です。

*コメント等はaffairwindows@livedoor.comへどうぞ


affairwindows at 15:49  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索