2010年10月

2010年10月28日

番外編 風変わりな帰国子女 2

brussels town 2girls
撮影:MIW/2010年7月/ブルッセル/女性の友人と話す話題の多くは男性のこと。好きな男性とうまくいっていると、顔・しぐさ・言葉にも幸せ感があふれ出る。
タイトル:女性なら誰でも、いつでも、どこでも綺麗で輝いていたい

イギリス生活が長かったコウスケ(オリンピック選手と同じ康介)・英語名はディミトリアス(イギリスでは、アメリカと違って名前を省略すると失礼だったりする)がいう。
「今度の彼女と結婚したい気持ちはあるんだけど、純日本人なんだよね。今から躾しとかないと」
女性とつきあう度に、周りに同じセリフを繰り返す。

彼は結婚してもいいなーと思い始めると突然、「金の管理は結婚しても僕が行うからね。いい? 納得できないなら結婚はできないから、別れるほうがいいね」と付き合う女性に強制的な言い方をする。
( 完全に好きになっている女性にそんな酷なことが何故いえるの? それってちょっと脅迫に近いじゃない? いつまでも結婚できない理由はもしかしてその強制的なところ? )。女性としてはなんだか、とっても切ない。

日本人女性と結婚するとお金の管理ができないことを異常に恐れている日本人である彼。でも、これって彼だけかと思い、友人の外国人と帰国子女の男性に確認してみた。
「僕も本心を言うと、彼と同じ意見。彼の言う躾というか、結婚する前にその点をクリアしておきたいね」。
(本音はそうなのね? )

恋・愛だけなら綺麗ごとだけで済む。結婚となると、そうはいかない。現実的なこと、例えば“お金”やその他の嫌なことについても話さなければならない。
女性としてはとっても複雑な心境です・・・。

連絡先は:affairwindows@livedoor.com



affairwindows at 10:10  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年10月21日

<恋愛天国、愛の国・フランスの「アムール」とは? 9>

rome 3people
 撮影:MIW/2010年8月/ローマ/映画やテレビのワンシーンのようにきまっているローマ人。
タイトル:老若男女に関係なく、美景観に溶け込んでいる人々

MIW コメント:なぜ、こうもセクシーでいられるのか? 男は女の視線を、女は男の視線を味方にして、更にセクシーになれる国、それがイタリア。

<パートナーへの態度の差>

考え方がこんなに違うフランス人と日本人のパートナー。どうしたらうまくやっていけるのでしょう?

 次回は、離婚になった編

どちらの国がお得? 
法律はどちらの見方? 
子供にかんしての違いとは?
その他の違いとは?

「結婚をするときには離婚のことも考えましょう」と言われているフランスとの差についてです。

連絡先は:affairwindows@livedoor.com


affairwindows at 10:12  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年10月14日

<恋愛天国、愛の国・フランスの「アムール」とは? 8 >

rome  piazza del popolo 2girls
 撮影:MIW/2010年8月/ローマ/ここには人々ををうならせる魅力がありふれている。
タイトル:セクシーで素敵な女性が沢山いる町

MIW コメント:「センスのレベルは歴史でつくられる」。イタリアは世界で断トツ、センスの宝庫を誇る国である。

<パートナーへの態度の差>

フランス人は、相手に対してずけずけと思ったことを言うから日本人は傷つく。でも、それはフランス人にとっては当たり前で、「言いたいことを我慢しているから、何を考えているのか理解できない。本音を言わないのに、パートナーを本当に理解できるの?素直に嘘をつかず、我慢しないほうがいい。なんでも話し合って譲歩しあわないとね。」と口をそろえて言う。一方の日本人は、「そんなに根掘り葉掘り聞かないでほしいし、逃げ場がなくなるまで突っ込まないでほしい。言いたくないこともあるし、何でも言えば良いわけではない。相手を考え、自分のことを考えたら、言葉を選ぶから口数は少なくなるだけで、嘘をついているわけではない」と。考え方が

連絡先は:affairwindows@livedoor.com


affairwindows at 11:09  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年10月07日

<恋愛天国、愛の国・フランスの「アムール」とは? 7>

ブルッセル ロンドン式ホテル
撮影:MIW/2010年7月/ブルッセル/行き交う人たちは、関わり合っていないようで関わり合っている。地球という同じ世界で生きているから。
タイトル:笑いあう家族、思いが違う家族、気難しい顔で小走りに歩く女性。

MIW コメント:人をよく観察すると面白いことがわかる。もしかしたら、人の気持ちが良く分かるプチ占い師になれるかもしれない。

<日本とフランス比較>

結婚にかんして

日本(日)とフランス(仏)の総結婚数における国際結婚率
            
(日)1998年 国際結婚 29636件(総数784595件)3.9%   
(仏)1998年 国際結婚 26606件(総数278525件)9.6%
 
(日)2008年 国際結婚 36969件(総数726106件)5.4%   
(仏)2008年 国際結婚 33634件(総数265404件)12.7%

MIWからのコメント:総人口がフランスの2倍ほどある日本の状況を考えると、結婚率の高さ、国際結婚率の低さがわかります。恋愛と結婚に対する考え方の違いが、統計にも出ています。

<パートナーへの態度の差>

連絡先は:affairwindows@livedoor.com

affairwindows at 12:08  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索