2013年10月

2013年10月31日

「世界で最も影響力のある人物」で意外?納得?

【AFP=時事】米経済誌フォーブス(Forbes)が選ぶ毎年恒例の「世界で最も影響力のある人物」の2013年番付が30日発表され、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領がおととし、昨年と連続で1位だったバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領を抜いて1位に選出された。米露関係が冷え込む中、オバマ大統領は3年ぶりに2位の座に甘んじることとなった。

 フォーブス誌は、選考理由について「プーチン氏はロシア国内の統治を強めている。一方、オバマ氏は任期2期目の大統領としては異例の速さで影響力を失いつつある。最近では米政府機関閉鎖の混乱が良い例だ」と説明している。

 ロシアは8月、米国家安全保障局(National Security Agency、NSA)の元職員で大量の機密情報を漏えいさせたとして米当局に訴追されたエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者の一時亡命を認めた。その1か月後には、米国がシリアに対するミサイル攻撃も辞さないと警告する中、シリア政府との交渉で化学兵器破棄計画をとりまとめ、米国の攻撃を回避させた。

 フォーブス誌は「今年のシリアとNSAの問題をめぐる対局を見ていた人なら、個人の影響力の構図が変わったことが誰の目にも明らかだろう」と書いている。

 3位には中国の習近平(Xi Jinping)国家主席が入った。4位はローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王、5位はドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相だった。

 2013年の「世界で最も影響力のある人物」全番付は「www.forbes.com/power」で公開されている。
【翻訳編集】AFPBB News

http://news.livedoor.com/article/detail/8208798/

affairwindows at 17:29  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月30日

被災者と東電=天国と地獄ほど差がある!

http://matome.naver.jp/odai/2131287268645378701

affairwindows at 20:11  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月29日

東電電気料金で 国組織指導の粉飾決算

affairwindows at 12:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月27日

太陽光発電装置 日本がドイツ抜く

海外メディアの報道によると、太陽光発電装置の設備容量で、日本は2013年第1四半期(1〜3月)に前年同期比270%増となり、年間の売電収入を指標にすれば、今年、ドイツを抜いて世界一に躍り出る。証券時報が伝えた。

マーケットリサーチ会社IHS iSuppliによると、今年第1四半期、日本では1500兆キロワット規模の太陽光発電装置が稼動している。昨年同期は400兆キロワットであった。日本の太陽光発電の売電収入が世界市場全体に占める割合は、2013年に24%まで上昇すると見られている。12年と11年はそれぞれ14%と9%だった。

日本市場の大きな潜在成長性を見て、世界の太陽光発電設備供給の関係業者は欧州市場を離れ、日本市場へシフトしようとしている。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/347783/2/



affairwindows at 22:23  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月25日

未来の選択はこれもあります!

ガスタービン複合発電(GTCC)とは

写真:GTCC外観

近年は太陽光や風力などによる新たな発電方法が注目されていますが、現在の電力供給の6割以上は、石油や天然ガス、石炭といった化石燃料を使用する火力発電所によってまかなわれています。これまで火力発電が発電の主力となってきた大きな理由は、昼夜の時間帯や季節の変動による電力消費の増減に安定した対応ができ、また発電コストがリーズナブルだったからです。今後も、私たちは火力発電による電力を使用していくことになるでしょう。だからこそ火力発電には、CO2(二酸化炭素)の排出量削減という社会的要請に応え、さらに資源の有効利用のためにもより効率よく電気をつくる「高効率化」が求められるようになってきました。

こうした社会の期待に応える一つの回答がガスタービン複合発電(GTCC:Gas Turbine Combined Cycle)です。GTCCとは、まずは天然ガスなどを原料にガスタービンで一回目の発電を行い、次にその排熱を使って蒸気をつくり、蒸気タービンで二回目の発電をするという仕組み。従来は排気されていたガスタービンの排熱を再利用するという効率的な発電プラントです。
実際にガスタービン、蒸気タービンそれぞれ単体の発電の熱効率は40%程度ですが、複合させることで50%以上の高効率な発電が可能になります。三菱重工のGTCCでは、世界最高水準の約59%の発電効率を達成しています。また発電時に排出される二酸化炭素や大気汚染の原因物質も低く抑えることができます。

1,600℃級の燃焼ガスで回る三菱重工の「J形ガスタービン」
三菱重工はGTCCプラントの開発、設計、製作から工事、試運転、アフターサービスに至るまでのすべてを自主技術で行える、国内唯一の企業です。
なかでも、現在開発中の最新の「J形タービン」は、タービン入口温度が1,600℃級で世界最大容量•最高効率を誇ります。この「J形」は、1,500℃級G形に比べ100℃の温度上昇に耐えられるよう、遮熱コーティ ング技術と冷却技術を改善。さらに三次元設計による改良型翼の採用等により、複合火力全体での発電端熱効率は現状において世界最高レベルの60%以上(低位発熱量)に到達しました。また、単機出力では従来の最大容量機であるG形を使ったGTCCの1.2倍に達する一方で、窒素酸化物(NOx)の発生は従来と同等レベルに抑えられており、総合的に環境性能の向上も果たしています。

続きは:http://www.mhi.co.jp/discover/earth/learn/gtcc_igcc.html

affairwindows at 21:50  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

WHOの数値は信用できぬ

MIWから一言:WHOは原子力組織の持ち組織みたいなものですからこの数字は信用できませんね。あきらかに少なく見積もっているでしょう。用心に越したことありません。

【前川浩之=ジュネーブ、大岩ゆり】世界保健機関(WHO)は28日、東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)による健康影響に関する報告書を発表した。大半の福島県民では、がんが明らかに増える可能性は低いと結論付けた。一方で、一部の地区の乳児は甲状腺がんのリスクが生涯で約70%、白血病なども数%増加すると予測した。日本政府は、「想定が、実際とかけ離れている」と不安を抱かないよう呼びかけた。

 WHOはまず、環境の線量などから被曝線量を推計した。計画的避難区域の住民は事故後4カ月避難せず、県内産のものしか食べなかったという前提で推計した。この線量をもとに、当時1、10、20歳の男女の甲状腺がんと乳がん、大腸がんなどの固形がん、白血病になるリスクを生涯と事故後15年で予測した。

 この結果、被曝線量が最も高いとされた浪江町の1歳女児は生涯で甲状腺がんの発生率が0・77%から1・29%へと68%、乳がんが5・53%から5・89%へと約6%、大腸がんなどの固形がんは29・04%から30・15%へと約4%増加、同町1歳男児は白血病が0・6%から0・64%へと約7%増加すると予測した。

http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY201302280465.html

affairwindows at 16:28  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月24日

Nature 「Japan nuclear error」

科学雑誌のネイチャー(Nature)が、9月3日に掲載した福島第一原発に関する論説が話題になっている。日本政府の行動の遅さと、情報公開のおそまつさを指摘する厳しい内容だ。思想家の内田樹氏は、「自然科学のジャーナルが一国の政府の政策についてここまできびしい言葉を連ねるのは例外的なこと」と、同記事の内容を紹介している。

【原発汚染水・関連記事】
【福島原発 汚染水漏れ】「日本人は助けを求めるのがヘタ」と海外から懸念の声も
福島原発から汚染水流出 海外紙はどう伝えた?
汚染水漏れ「福島の状況は深刻」英独の専門家
汚染水、タンク4か所以外に配管からも漏洩 東電、受け皿を置いて対策
ネイチャーの指摘する内容はどのぐらい厳しいものなのか。

記事は「Nuclear error」と題され、「日本はもっと世界に助けを求めるべきだ」という副題がついている。福島第一原発事故の事故は東京電力の手に負えないほどのものとした上で、政府が先頭に立って対応するということを決めた時期が遅すぎると非難している。また、漏れた汚染水の放射線量が、最初に報道されていた状況よりも18倍も高かったことや、報道が遅れたこと、監視体制の甘さなどを挙げ、情報に精通した海外の専門家に助けを求めるべきと助言している。

日本が海外の力を借りるべきとする意見を出しているのは、ネイチャーだけではない。

ドイツ出身のエネルギーコンサルタント、マイケル・シュナイダー氏は、ハフィントン・ポストUK版の取材について、「現在の課題は、彼ら(日本政府)の現実逃避的な姿勢を崩すことだ。これは組織的な現実逃避だ。ここでは日本の持つプライドが問題になっているが、プライドが現実逃避の態度へと変わってしまうと、このような問題は本当に危険なものとなる。彼らは人々を、高まり続けるリスクにさらしている」と述べている。

アメリカの科学者、チャールズ・ファーガソン氏も、ロシアやノルウェーには、汚染水が海洋生物にどのように影響があるかを調べる専門家がいることなどを挙げ、日本が他の国から多くの専門家を呼び込むべきだということに同意している。

また、ロシアの国営原子力発電所操業会社ロスエネルゴアトムの第一副社長、ウラジミール・アスモロフ氏は、「原子力業界はグローバル化しており、事故が国内でとどまることはない。国際的な問題だ」と述べ、ロシアとしても支援する用意があると述べたという。

ネイチャーは、福島沖の海洋汚染の問題を挙げ、安倍首相が掲げる科学振興に言及して次のように述べている。

安倍首相と政権は、科学振興を推進すると述べている。世界中の研究者が、(汚染された海洋データを)調査しシェアしていくことを支援するべきではないか。チェルノブイリの事故後にはこのような機会がなかった。しかし、福島ではまだ遅くはない。
(ネイチャー「Nuclear error」より。 2013/09/03)
東京電力は、相澤善吾副社長が8月21日の記者会見において、海外を含む国内外の叡智を結集して汚染水の対応にあたると話している。一刻も早い対応が期待される。

http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/07/nuclear_error_nature_n_3884364.html#slide=2862319

affairwindows at 00:25  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月23日

東電の能力疑問視 延期決定

原子力規制庁:柏崎刈羽の審査延期 東電対応能力を疑問視
毎日新聞 2013年10月23日 12時01分

 東京電力が福島第1原発の汚染水対策と柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理を両立できるとした報告書について、原子力規制庁は23日、東電の対応能力を疑問視する見解を示した。原子力規制委員会がこの日の定例会で報告書の評価を下すが、東電が柏崎刈羽6、7号機の再稼働に向けて申請した安全審査の開始は、当面見送られる見通しとなった。

 規制庁は汚染水対策で相次ぐトラブルを問題視。「単純に業務が膨大であることのみに起因するとは考えにくく、他の事業者や以前の東電の対応能力と比較しても現在の状況はやや異質」と指摘し、「柏崎刈羽できちんとした現場管理ができるというのであれば、福島第1でなぜ(汚染水漏れの)問題が生じているのか」と批判した。

 そのうえで「福島第1の対応能力向上のため、柏崎刈羽からの支援が必要ではないか」と問題提起し、「現場管理問題は経営そのもの」と、東電としての技術的、経済的な対応能力を疑問視した。

 福島第1では、今月2日に傾斜地に設置した貯蔵タンクに水を入れすぎて汚染水が漏れるなど、作業ミスによるトラブルが続発。規制庁が改善策や柏崎刈羽の管理能力などを報告するよう求めた。東電は15日に報告書を提出し、汚染水対応要員を約80人増やすなどの強化策を提示。柏崎刈羽の安全管理は適切に行えるとしていた。

 規制委の田中俊一委員長は9日のインタビューで、柏崎刈羽の安全審査について「福島の状況を見極める。報告書に書いてあることが実際に行われているかを見る」と審査入りが遅れる可能性を示唆している。【岡田英】

http://mainichi.jp/select/news/20131023k0000e040186000c.html



affairwindows at 13:32  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

自民案 原発事業分離で一本化

 10月23日(ブルームバーグ):自民党は、東京電力 など9電力会社と日本原子力発電 、Jパワー から原子力発電事業を分離し、原発専業の受け皿会社に一本化する案を検討している。福島第一原発の事故処理費用は東電単独で賄うのは難しいと判断。原発部門の統合で効率化を進め、賠償や廃炉、除染に必要な資金を捻出する。また、国も新会社への出資や補助金で安全面や人材育成を側面支援する。
自民党資源・エネルギー戦略調査会会長の山本拓氏が、同党の中長期的な東電改革案の一つとして、ブルームバーグとの取材で明らかにした。今国会で成立を目指す電気事業法の改正により、発送電分離に向けた電力システム改革が進むのを機に、具体化を目指す。

同案によると、電力自由化に伴い、東電から送電部門を分社化するとともに、発電部門の原子力、火力、水力、再生可能エネルギー部門をそれぞれ独立させる。原発部門については、東電を含めた全原発事業者が施設を売却やリースの形で、新たな原発会社に一本化させる。これにより、運営コストを削減できるほか、将来再稼働した原発からの電力収入で事故処理費用を賄う。

山本氏は、福島第一の廃炉、除染、賠償費用は、「東電が死ぬまで働いて払うべきだ」と強調した。ただし原発運営は「一般の発電所と違って廃棄物やテロ対策など非採算部門が足を引っ張るので、ある程度国が関与していかなければならない」と指摘。民間企業では手の及ばない対テロ安全対策や人材育成、廃棄物処理技術の開発などの面では、政府が出資や補助金で資金援助するという。
東電広報担当の沼尻剛氏は、原発事業の分社化・統合案について「詳細が分からないため、何も申し上げられない」とし、「賠償・廃炉・安定供給を実際にやりぬけるのは東電しかないと考えており、そのためには最大限の努力を払う覚悟だ」と述べた。

受け皿候補
同党内では、塩崎恭久政調会長代理らが東電から原発の事故対応や廃炉などを扱う分野を切り離し、廃炉専門会社を設立する案を主張。これに対し、山本氏は「建設と廃炉は一体だ」として、廃炉専業では事故処理に必要な資金収入が十分に得られないとの考えを示した。
山本氏は、新たな受け皿会社の担い手候補について、原発専業の日本原電や関西電力 の原発部門などを挙げ、原子炉メーカーの東芝 、日立製作所 、三菱重工業 からも原子力関連の人材を集めるとしている。
新会社設立の狙いは事故処理費用の資金捻出のほかに、原発輸出で成長戦略を後押しする側面もある。東南アジアを中心に原発新設計画が目白押しのなか、同氏は「日本が参加しなかったら、中国やロシアなどが安いコストで請け負ってしまう」と述べ、受注からメンテナンス、廃炉処理まで一貫請負をアピールしていくべきだと述べた。

事故処理費用10兆円
東電は、福島第一原発事故の被災者への賠償金に充てるため、交付国債という形で政府から原子力損害賠償支援機構を通じて最大5兆円の支援を得ている。しかし、東電は昨年11月、廃炉費用が1兆円を超え、除染や賠償金の負担を加えると10兆円以上必要になりそうなことから、「一企業のみの努力では到底対応しきれない規模となる可能性が高い」との見解を発表した。
これを踏まえ安倍晋三首相も「国が一歩前に出る」方針を示し、賠償資金とは別に、8月以降顕在化したタンクからの漏えいなど汚染水問題の対策費用として470億円の国費を投入することが決定している。
電力会社にとって原発の停止が事業の収益に与えるインパクトは大きい。事故以降、新たな規制の基準導入で定期検査後の運転再開に時間がかかっていることなどから、現在は国内に50基ある原子炉のすべてが運転を停止しており、赤字転落した電力会社が相次いだ。

7月の新規制基準の施行を踏まえ、北海道電力や関西電力など4社が12基の再稼働に向けた安全審査の申請を提出。さらに、東電も9月に柏崎刈羽原発6、7号機の審査を申請している。
記事に関する記者への問い合わせ先:東京 佐藤茂 ssato10@bloomberg.net;東京 稲島剛史 tinajima@bloomberg.net;東京 油井望奈美 myui1@bloomberg.net;東京 占部絵美 eurabe@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Katrina Nicholas knicholas2@bloomberg.net
更新日時: 2013/10/23 00:00 JST

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MV1RYX6TTDT201.html



affairwindows at 01:08  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月22日

恐るべし!海洋汚染の事実詳細

http://bww.jp/r/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E6%B8%AC%E5%AE%9A%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF/%E6%B5%B7%E6%B4%8B%E6%B1%9A%E6%9F%93/

affairwindows at 23:11  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索