2014年09月

2014年09月30日

世界が驚いた 「あのエイズ治療薬で生還!」

記事

医者がエボラ出血熱患者にHIV治療薬を投与、13人が生還- 新華ニュース(2014年9月30日10時34分)

米CNNテレビの27日付報道によると、エボラ出血熱の感染拡大が続き、患者数が病院の収容人数を遥かに上回っている。今も感染者数が絶えず増加し、援助やワクチンは影も形もなく、絶望の中でリベリアの医者は患者にHIV治療薬を投入するほかないが、これにより思いがけない効果を得た。

タブマンバーグの隔離センターで医者のローガン氏はすべてのエボラ出血熱感染者にHIV治療薬のラミブディンを投与し、感染者15人のうち13人が生還した。死亡率は70%から7%に下がった。生還した患者らは感染して5日以内にラミブディンを服用したという。

(翻訳 王秋)


affairwindows at 10:54  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月29日

まるで映画? 「アメリカにはやはり住めない!」

MIWからひと言:あれだけの国でこんなことが起きてしまうアメリカ・・・住んだことがあり恐い思いをしたことがあると、「映画の世界は現実である。」とつくづく思う。
裏・策略がありすぎるこの国はやはり危なすぎる。
『住みたくない国ベスト3』のうちの一つである。

記事

読売新聞

 【ワシントン=井上陽子】米紙ワシントン・ポストは28日、2011年11月にホワイトハウスに銃弾7発が撃ち込まれたが、大統領警護隊(シークレットサービス)が少なくとも3日間気づかず、オバマ夫妻が激怒していたと伝えた。

 同紙によると、銃弾はホワイトハウスから約650メートル離れた通りに停車した車から発砲されたが、シークレットサービスは当初、建設車両の音と判断していた。銃弾は2階の居住部分に撃ち込まれており、当時、次女のサーシャさんがホワイトハウス内にいたという。職員が壊れた窓ガラスに気づき、4日後に事態が発覚した。

 ホワイトハウスでは今月19日、刃物を持った男が侵入する事件が起き、警護態勢の甘さに批判が上がった。


affairwindows at 22:32  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

イタリア・ローマで北海道出身者が人気者に!

MIWからひと言:こういうニュースは本当に嬉しい!
日本語でニュースにはならなくても活躍している日本人は世界中にいる。どんな事でもいいから「日本人はやはり凄いよね〜」と思われることが出来たら・・・人生にはずみがつくこと間違いなし。

記事

【ローマ=青木佐知子】「勝者は彼で決まり」「ブラボー」――。

 イタリアのスター発掘番組で、北海道釧路市の田村優策さん(35)がイタリア語でポップスを歌い、一躍人気者になっている。動画投稿サイトの視聴回数は、番組放送後10日間で58万回を超えた。

 田村さんは18日放送の番組「Xファクター」に着物風の衣装で登場し、伊人気歌手マルコ・メンゴーニの「レッセンツィアーレ(不可欠なもの)」を歌った。日本語も交えた独特の歌い方に観客は総立ちで沸き、4人の審査員全員が「合格」と判定した。約6万人が応募する人気番組で、田村さんは約50人のプロデビュー候補に残った。

 イタリアのポップスが好きという田村さんは、イタリア人の友人の勧めで番組に応募。現在、北部ボローニャで短期の語学学校に通っている。「放送後、町を歩いていると写真を撮りたいと言われた。信じられない」と反響に驚いている。


affairwindows at 19:06  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月27日

世界中で歓喜?

記事

放射性物質を食べるバクテリアが発見される! 核廃棄物の処理研究が大きく前進か?- tocana(2014年9月26日13時00分)


 私達の暮らしに欠かせない電気。その多くを供給するのが原子力発電なのは言うまでもないだろう。原子力発電により私達の暮らしは、より便利で豊かなものになった。しかし、原子力発電には人間をはじめとする生物の命を脅かすリスクも伴う。その一つが核廃棄物なのだが、もしかしたらそれを減らす事ができるかもしれないというニュースが、9月10日付の「Daily Mail」で報じられている。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/09/post_4874.html】


■新たな発見に期待大!

 イギリス・マンチェスター大学の科学者達は、放射性物質の処理場地下にある古い石灰窯に入った土に、極限条件下のみで増殖するバクテリア「極限環境微生物」が存在することを初めて確認した。

 微生物生態学の総合専門誌「ISMEジャーナル」は、この極めて小さな単一細胞のバクテリアが廃棄物を食べることで、イギリスが頭を抱える「増える一方の核廃棄物の問題解決に一役かってくれるかもしれない」としている。

 これが本当ならば現在の日本にとっても朗報であることは間違いない。


affairwindows at 12:37  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月25日

今や「不衛生 不信 不安全」世界一?

MIWからひと言:ちょうど1週間前ほど、日本に住んでいる中国人の友人と中国について話した。かれらは中国の血が100%流れてはいるが、「中国のことは人生の歴史から完全に消したいほど恥ずかしく思う」と嘆いていた。一刻も早く中国とのつながりをなくしたいとのこと。
そして最後に「綺麗な部分しか知らない日本人は中国にいくことは絶対にやめたほうがいい。人間不信になるから。取り返しつかないことになることはできるだけ避けたほうがいい」と。はて、さて・・・。

記事

デング熱:感染拡大とまらず患者数6000人突破、死者も=中国・広東- サーチナ(2014年9月25日09時35分)

 広東省で、デング熱流行がさらに拡大している。過去2か月間の感染確認者は6089人になり、3人が死亡した。中国新聞社が報じた。

 2014年になってからのデング熱感染者は例年の約10倍に達した。省政府は24日、デング熱対策のためのテレビ電話会議を開催。同会議で過去2か月間のデング熱感染者は6089人と発表された。

 21−23日の3日間で、感染者は約1200人増加するなど、流行は収まる気配を見せておらず、むしろ深刻化している。23日早朝までに、重症患者は98人に達し、3人が死亡したという。患者が特に多い広州、仏山、中山、江門、珠海の5市では、感染拡大を阻止するための専門チームを結成することが決まった。

 上記5市では、10月1日の国慶節(建国記念日)までに、少なくとも2−3回の蚊の全除活動を実施する。その他の市でも、最低限1回は実施する。デング熱患者が散発的に発生している場所では、感染の爆発的拡大を阻止し、学校、幼稚園、工場など人が集まる場所で、すでに深刻な感染が発生している場所では、重症例や死亡例の発生を、極力防止する方針だ。

 省政府は省内各地の関係部門に、「冷静に判断せよ」、「そのうち何とかなるといった考えを持つな。しっかりと責任をとる態度で、感染拡大防止の各作業を着実に実施せよ」と指示した。(編集担当:如月隼人

affairwindows at 11:36  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月17日

弁護士「こんな事態は初めて」

記事

■釣り銭預かりサービス、あだに

 大阪府南部で店舗を展開していた地場スーパーの倒産をめぐり、約1万3千人の買い物客が債権者となる異例の事態が生じている。スーパーが客の釣り銭をカードに記録して預かり、一定額に達すると預かり額を上回る額面のギフト券と交換するサービスを提供していたためだ。消費者心理をくすぐる“お得なカード”は社会にあふれているが、発行元の倒産時に権利を失うケースも多く、あらかじめリスクを把握しておくことが大切だ。

 8月、大阪府富田林市の女性(42)宅に大阪地裁から郵便が届いた。「裁判員裁判の案内かも」。女性は急いで開封し、予想外の中身に驚いた。近所のスーパーの倒産を知らせる文書で、「債権者各位」と書かれていたからだ。

 債務者は「スーパーやまもと」(同府松原市)。倒産前は松原、富田林の両市で2店舗を展開し、女性も長年ひいきにしていた。

 女性が債権者になった背景には、スーパーの独自サービスがあった。精算時にスーパー側が100円未満の釣り銭を預かり、合計2千円をためると、2500円分のギフト券などと交換できるカードを発行していた。女性は83円の釣り銭をカードに預けた結果、債権者になったのだという。

 「債権といっても切手代と変わらないわね」。女性は苦笑まじりに話す。

 ◆配当は期待薄

 スーパーの破産管財人を務める弁護士によると、地裁は7月29日に破産手続きの開始を決定。その後、スーパーの事務所でカードの利用者名簿が見つかり、財産上の請求権があるとみられる約1万3千人に同様の文書が郵送された。総額数十万円にも上る切手代はスーパーが負担したという。

 企業が倒産すれば、債権者には取引先の銀行や業者が連なるのが一般的だ。弁護士は「こんな事態は初めて」と困惑を隠さない。

 破産手続きでは、破産管財人が破産者の財産を整理して得た金銭を、債権額などに応じて債権者に分配する「配当」がある。

 だが、スーパーの負債総額は概算で約11億円。従業員の賃金や税金が未払いになっており、2千円未満の少額債権しかない買い物客への配当の見込みは低いという。

 そもそも名簿には預かった釣り銭額が記載されておらず、客の一人一人の債権額も不明だ。文書には配当希望者にカードを保管するよう注意書きもあるが、仮に配当が確保されても債権者の多さから手続きは難航する恐れがある。

 ◆失効ケースも

 今回のように客の釣り銭を預かる形のカードを発行している例は珍しいが、特典を設けたポイントカードを発行する小売店や企業は数多い。しかし、発行元が破綻した際のポイントの扱いについて、債権と認めるかどうかなどの具体的なルールは存在しない。

 平成22年に会社更生法の適用を申請した日本航空のケースでは、再建を主導した企業再生支援機構が、消費者の混乱を避けるため、飛行距離に応じてポイントが付くマイレージの継続利用を認めた。だが、この措置は例外的で、実際には倒産と同時にポイントが失効するケースが多いという。

 消費者問題に詳しい加納雄二弁護士(大阪弁護士会)は「今回のスーパーも、債権額が2桁違えば消費者問題になっていただろう。例えばプリペイドカードのような金銭と同等の価値があるカードを利用する人は、入金額が高額になりすぎないよう注意が必要だ」と指摘している。

affairwindows at 18:32  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月14日

大問題

記事
三井も大批判される

MIWから一言:モスバーガーなどの日本の大企業(三井)も大批判を浴びている。知っている人は知っているが、三井系なら三井不動産がマフィアさながらの商売方法でぼったくり。ヤマト運輸の現地採用のスタッフ(台湾人や中国人)の態度や対応はどちらが客なのか!と仰天商売。
知らぬが仏。いやいや知ったら地獄。
どちらがいいのかは難しいところだが・・・
神や仏に頼らずに、常に問題意識だけは忘れないこと=自分の身は自分で守るという逃げない精神が鍛えられる。

affairwindows at 00:12  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月13日

世界の願い=腐敗撲滅により息の根を止める

記事

中国広東省幹部が姦通と腐敗で摘発 習氏の共青団閥潰し続く- NEWSポストセブン(2014年9月13日07時00分)

中国では最高指導者、習近平・国家主席の肝いりで厳しい腐敗取締りキャンペーンが大々的に展開されているが、そのなかでも広東省での腐敗幹部摘発は異常な状況になっている。

 同省では配偶者や子供を海外に移住させて、不正に蓄財した資産を国外に移したり、不正発覚の際には自身も国外逃亡を図る「裸官」といわれる腐敗幹部が多数摘発されている。その数はこれまでに2190人で、そのうち高級幹部が34人も含まれている。

 最近身柄を拘束された「裸官幹部」のなかで、とりわけ悪質なのは広州市元副市長の曹カンリョウ氏だ。曹氏も妻と子供は米国におり、米国籍を取得している。広東省政府は曹氏について、「妻子が海外に居住していることを良いことに、長期間にわたって11人の愛人と姦通(中国語では『通姦』)関係をたもち、不適切な男女関係を続けていた」と発表している。

 曹氏はこれらの愛人にマンションや自動車を買い与えたり、毎月の手当として10万元(約170万円)を渡していたというリッチぶりだったという。この資金は業者からの賄賂で、省政府は「現時点で分かっているだけでも7000万元(約12億円)もの賄賂を受け取った」ことを明らかにしている。

 曹氏の腐敗が暴かれたのも、曹氏に最近つれなくされていた愛人の一人が広東省政府に曹氏の悪行を通報したためで、「このほかにも、2億元(約34億円)の収賄事件について取り調べを受けている」(省政府)という。

 広州市では、市トップの万慶良・市党委書記が今年6月に重大な規律違反と違法行為の疑いで身柄を拘束され、全職務を解任されており、万氏に続いて、副市長までが解任されたことで、市政府はがたがただ。

 このようななか、中国共産党中央組織部は8月下旬、市の組織立て直しのため、万氏に代わる市トップに任学鋒・天津市副市長を充てる人事を発表した。広州市は広東省の省都だけに、これまでは広東省の有力幹部が就くことが多く、省外からの起用は極めて異例だ。

 任氏のような省外幹部の広州市トップ就任は33年ぶりで、1978年末に改革・開放路線が導入されてからは初めて。

 任氏は天津市の産業開発区幹部を長く務め、海外企業との交流が多く、英語も堪能とされる。北京の共産党筋は任氏について「父親が北京市の元幹部で、習近平氏が中心的役割を果たす太子党(高級幹部子弟)閥の一員でもあり、習近平氏の覚えもめでたいとされている。敵視する共青団(中国共産主義青年団)閥色の強い広東省攻略のために、習氏が任氏を広東省に送り込んだのは間違いない。これで一層、省トップで共青団閥の有望な幹部である胡春華氏の立場は悪くなった」と指摘している。


affairwindows at 16:42  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月12日

前日に引き続き

記事

エボラ出血熱の流行止まらず 東大「最悪28万人の恐れ」- 共同通信(2014年9月12日00時00分)

 西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱は、1人の患者から1・5人前後に対してウイルスが広がり続け、流行が止まらない状況だとする解析を東京大の西浦博准教授らが11日付の欧州の専門誌に発表した。

 西浦氏は「この状況が続くと、最悪の場合、年内に27万7千人の患者が出る恐れがある」と警告。一方で「患者の半数以上を隔離できれば、流行の拡大を抑えることができる」と話している。

 西浦氏らは、3月下旬から8月下旬に世界保健機関(WHO)が患者か感染の疑いがあると発表した計3069人の情報を統計的に解析。1人の患者が平均何人にうつすかを示す指数を計算した。


affairwindows at 11:35  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年09月11日

中国の汚物を吊し上げた元貧困男

中国に9人の実力者(絶対にタッチしてはいけない)がいる。
その9人中の最高TOPを習近辺が捕まえたという衝撃が全世界を駆け巡った。
習はその男の財産を没収し、牢屋に入れた。
このことのより他の8人も汚職に関して話さざるをえなかった。

では習は汚職をしていないのか?
彼は貧しい家庭に育ったので、汚職に関して想像を超える憎しみを持ち続けていた。
だからこそこの9人を吊し上げることができたのだ。

これにより中国が近代化が大きく進んだこととなる。
中国はある意味変われるかもしれない。

世界が大注目しているのは言うまでもない。



affairwindows at 22:16  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

BROGRAM
blogramによるブログ分析
ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索