2015年08月

2015年08月30日

EUにおける差別は頭おかしいレベル3

IMG_0576
IMG_0602
周りの人たちは私たちの会話を始終みつづけていた・・・。コンサートを見つつ、この醜い争いも楽しんでいるかのように見えた。
コンサートも中盤に入りかけた頃、年配のオランダ人がシワおばとシワおば友に何かささやいていた。
それからこの醜い嫌がらせは無くなった・・・。

その後、PARISIENがステージ前で写真を撮りまくっていた時、若手のオランダ人男性(30前後)と40歳ちょっとすぎのオランダ人と知り合ったが、
”アジア人初めてみた〜 ここまでよく来たね〜 YOUR WELCOME!”
”この一番良い席に座ったらいかが? 何かのみますか?”

私の気持ちはAngry MAXから徐々にHAPPY MOOD MAXへと変わった・・・。

Parisien達の話によると、やはりオランダ人はフランス人が大嫌い。だからオランダ人が多く住む場所や、オランダ人のterritoryにはいったら英語を話さなければならないらしい。
同じEUなのにこのばかばかしい差別!
アメリカ人がアジア人を馬鹿にするレベルと同等!
オランダ、オランダ人に対するimage downは当分、いや一生消えないかも?
つい2日ほど前、アラブ人から
”アムステルダムはとてもきれいだし、食べ物もとても美味しいよ〜”
と言われたが、うなずくはずもない。

私の中にINPUTされたイメージと結論は「オランダ人おばさんは嫉妬心が強く、キモい踊りをSEXYと勘違いする頭がおかしいところがあるけど、オランダ人男性は優しいのね〜。う〜ん また来よっと!」
何が起きても懲りない私。どこでも生きていける?

後日別な驚くべき差別の話を聞いた・・・
同じベルギー内での差別の話
brugeというところでは、フランス人が話すフランス語はOKだが、ベルギー人が話す訛りのあるフランス語は大嫌い。カナダ人が話すフランス語もいまいちらしい。
イギリス人がアメリカ人の話すamerican englishが大嫌いなように、ベルギー国内でこんな小さすぎる差別があるなんて!

さらに言い切ると、americanはFrancaisにかなり憧れ大尊敬の念を持つが、多くのFrancaisはamericanが嫌い。横暴で品がなく偉そうに能天気なところが嫌いだそうな。そして歴史が短くArtなどの優れたcultureのない後進国が世界を支配したことに対するjealousyもあるらしい。
francaisはEUの共通語(main)であったし、FranceはEUでNO1だったから尚更だそうだ。

affairwindows at 12:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月28日

TV DRAMAのような実話8

IMG_0528
突然、私宛(L2は私のfirst nameを覚えていた)に

"私は貴女とhusbandが深い仲だということを随分前から知っています。私たちはもう長いこと同じベッドに寝ていないし、MLもしていない。夫婦としては終了している。しかも私にはfrancais BFがいる。face to faceで是非、正直に色々話しませんか?”

など、普通なら書かないような(あまりにもダイレクトな内容はここでは書かないことにする)long letterを送ってきた。
あまりにも突然ではあったが、いつかは彼女と話す日が来るのでは?と予測していたので、corm downな私だった。

そのlong letter内容は、あくまでもfriendlyでniceであった。no blame,no fighting...
つきあっているBFのwifeからこんな長くてdirectすぎる不思議なletterをもらうのは初めてだったが、不思議と嫌な気持ちはなかった。
数日返事をしようかどうか迷っていたが、彼に話すことに決めた。

彼は少し驚いただけで
”何? letter? 返事しなくていい。そんなことよりも早く2りで住むAPARTMENT rentして”
そう彼から”2りで住む所を港区で探して”と言われていたのだ。しばし考えた私は、彼女に返事を書くことに決めた。あくまでもpolite&friendlyに。
それから毎日何通かのmailが届いた。躊躇していた私は最初は警戒しながら慎重に短めに時々しか返事をしていなかった。だが彼女の持つhonest,directかつfriendlyなcharactorのおかげか、特別な秘密を知り合う友人同士のような感覚になり、少し楽しみ(?)な気持ちで返事を待つようになっていった。
彼は時々
”まだWIFEとメール書きあっているの? 私のことは書かないでくれ”

そんなこんなが数ヶ月続いた頃、彼にpromotion(ある国に赴任し大出世)の話がきた。
これを機に、私は彼女に
”もうすぐ日本を離れるでしょう? 嬉しい? 私はとても寂しい・・・”
彼女は
”今までおつきあいしてくれてGrazie!貴女は彼が入れ込んだだけあるlovely,nice,friendly&wonderfulな女性。貴女のことは一生忘れない...”
その後、カソリックの厳しい規則にのっとってしゅくしゅくと離婚手続き(イタリアは長い期間を要する)を済ませた2りであった。
さてその後、彼と私の関係はどうなったのか?想像におまかせしま〜す!

長くなるので、その後のことはまた別の機会にでも!


affairwindows at 11:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月23日

EUにおける差別は頭おかしいレベル2

IMG_0654
IMG_0594

















対女同士、そしてオランダ人とフランス人男性との口争いを見ていた他のオランダ人が英語で
”まあまあ、今日は楽しい日なのだから喧嘩はやめて、enjoyしましょう!”
などとPARISIENに説得かけるオランダおじさん。それはあなたの友人のオランダ人おじさんにいうべきでしょう? PARISIENはやはり何も答えず無視。オランダ人だらけの中、文句を言われ恥をかかされそうになったのに、素直に言うことを聞けるわけがないし楽しめるはずがない!
オランダ人とフランス人の言い争いは続いていた。

そうこうしているうちに一旦収まったかのようにみえたオランダ女と日本女との戦い。
彼らの口論が終わったかいなや、このシワおば!私の背中を強く押し、椅子を私の体にぶつけるように押し続けた。ここで私は切れた!!
”ちょっとおばさん!なんで押すのよ!汚いから私の体に二度と触るな!OK!!”
シワおば
”だって見えないからさ〜 邪魔なんだよね〜 他行ってくれない?”

シワ無し私
”ここはあんたの席じゃないでしょ?同じVIPなんだからシワおばからそんなこと言われる筋合いはない!!”
そしたらこのシワおば、踊り出してわざと私にぶつかるわ、ぐいぐい押すわで更に私は切れた!!!
シワ無し私も負けじと
”おばさん、その踊りSEXYでもないし、きもいんからやめてくれない??ほんといい年のおばさんがきもい!あんたの踊りを見て喜ぶ人いると思っているの??”

このシワおばの友人のシワおば友が皮肉モードで
”ねえ、楽しい日なんだから笑ったらどう?ねえ、スマイル!”
とまたまたキモい踊り(きも友)をしながら話しかけてきた。
ばかか!笑えるわけがない!
Angry MAXの私に油をそそぐシワおば友。私はシワおば友に何を言われても無視を決め込んだ。
シワおばはあいかわらずキモい踊りを続けながら大きいお尻を振り続け、押しながらぶつかってきた。もう一人の更に年配のシワおば友は始終、大きなお尻を振りながら迷惑踊りを続けていた。話しかけてこないだけいいけど・・・この3人の共通点。大きなお尻でキモい踊りを平気で見せつける・・・。あ〜ほんとうに見るのが苦痛・・・。

私はここで大きく出た。
”シワおばさん、あんたの差別と嫌がらせと暴力をある場所と大使館にリポートしたから〜 バカなオランダ人がこうこうこういう嫌がらせを続けている。それ以外のこともリポートしたから!これ以上押したりぶつかったりなど嫌がらせをし続けるなら覚悟しなさい!”


affairwindows at 16:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月21日

TV DRAMAのような実話7

IMG_0533
そう、平凡な言い方だけど、『いろいろあったけど、生きていて良かった!世界中で一番HAPPY!』と心の奥から思える日々が繰り広げられた。

もちろんSTRONG LOVEなだけにjealousyやargumentも時には起きた。
for instance、ある大使館のEVENTに一緒に参加したとき、奇遇にも男性の知人に会ったのだが、その知人とはだいぶ前からの知り合いであった。彼が 
”mail address 変えたでしょう?MAILが送れないので、教えてほしい”
と言ってきた。当たり前のように教えたら、
”君はそうやってただの知人にもMAIL ADDRESSを軽く教えてしまうのか?”
今思うと呆れるほど幼稚なことだけれど、LOVEしあっている2人にはそんなことさえもjealousyの対象になってしまう。致命的なことさえ言わず、しなければjealousyも妙薬となり、2人のLOVEをSTRONGERにする。

こうしてSAME YEARSのHISTORYが重ねられ、柵となり、TIEとなっていった。

しかし、ここであるISSUEが起きた。忘れてはいけない、L2の存在。
ここまでのSOME YEARSを黙って見過ごしたふりをしていたL2が突然、大胆な行動に出た。
それはA2も私も想像を超えた、想定外のことであった。
ある日の夜、突然

affairwindows at 11:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月16日

EUにおける差別は頭おかしいレベル1

MIWから現地での実体験報告

8月4日にParisienとbig music event に出かけたこの日に”差別事件”は起きた。
予測していなかったことが起きたことにより、真実と実感を味わった。

半数以上のオランダ人はフランス人が嫌い。
歴史的な背景もあるが、とにかくオランダ人はフランス人、そしてオランダ語を話さない人たちをひどく差別する。
その差別の仕方と言ったら幼稚というか、頭がおかしいのでは?と思うほど。

私が経験したのは・・・
VIPの場所に行き、見やすい場所を探していたところ、オランダのおばさん(55歳はすぎていいるが格好だけは若手風。だが首のしわと目尻のシワがひどい)がオランダ語で、
”ちょとあなたたち、ここに立たれたら邪魔だし、他の人たちも迷惑だと思うからここに来ないで!”
私はすかさず、
”は?英語ではなしてくれない?英語!英語わかる?”
オランダおばさんもまけじとオランダ語でまくし立てる。
私は無視し
”だから英語!英語!”

そうこうしているうちにparisienに別なオランダ人男性たちがこのシワおばさんと同等の文句を言ってきた。彼も負けじでわざと英語で
”ここは誰の席でもない。同じVIP ticketを持っていて同等なのだから、文句を言われる筋合いはない!なんの権利があってそんなことをいうんだ?”
私は彼らの会話を聞きつつ、その文句を言ってきた男性を少しバカにしながら睨んだ。
そして同時にシワおばさんの反応を見た。その時のこのシワおばの意地悪な顔!今でも忘れられない!対女同士、そしてオランダ人とフランス人男性との口争いを見ていた他のオランダ人が



affairwindows at 16:00  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月13日

現地の反応は? 最後は?

MIWから一言:Canadian,Belges,japonaise and francaisもほとほと呆れています。恥さらしの阿部の面の皮はどこまで厚くなるのか・・・最後が見ものです。

http://www.mag2.com/p/news/25281
http://www.mag2.com/p/news/25281/2
http://www.mag2.com/p/news/25281/3

affairwindows at 18:57  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月10日

またまた新たな展開が

日本を離れて早1ヶ月が経過
vancouver滞在中は、オフィシャルなアポや長年の友人夫妻や日本人会のトップの方とお会いしたりで超多忙で記事アップは全くできませんでした。
ブリュッセルでも毎日お出かけ、夜遅めに帰る毎日でアップできず。
今パリ滞在にて、出かける前の朝のちょっとした時間にこうしてアップできる時間が少しだけ作れるようになりました。
ブリュッセルでもいろいろありましたが、ここパリではまたまた新たな素敵な出会いが!
やはりAmour pari!
1時にfrench restaurantでアポありなので、今から急いで用意しなければ間に合いません。
夜もParisienと待ち合わせなので中途半端ではありますが、また時間を見つけて実況記事アップしようと思います。

affairwindows at 18:49  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月09日

TV DRAMAのような実話6

しばし沈黙があったのには2つの理由があった。
だが、あえてそれには触れないでおこうと思う。
これも超個人的なことであり、特定される材料になってしまうから。

その後両手を倍にしたかしないの数ほどDATEをした後、彼はMAILにこんなことを書いてきた。
”君とのDATEはいつもとても楽しい。だが今度のDATEは特別になるだろう。いや、したい。”

すでに、一緒にEVENTやCONCERTに何度かJOINし、MOVIEも頻繁に観ていた。互いの好き・嫌い、ふるまいや行動パターンはある程度解ってきていた。

そして、その特別な日になろうである(?)日がやってきた。
『人生はDRAMAの連続である』のone sceneが脳裏と人生に刻み込まれた瞬間である。

その日を境に、MAILはevery day、頻繁に送り送られ、more privateな質問と返信が繰り返された。
内容も日に日にescalateしていった。

『HAPPY TRUE LOVE』
中は互いをstimulateし、『もっと素敵な男性(女性)になりたい。彼女(彼)がpleasedすることをしてあげたい。HAPPY TIMEをshareしたい…etc』とAdrenalineが出っ放しの状態。

これは時に、Impossibleなことさえもpossibleにする作用さえも起こし、super miracleに変えてくれる。

何よりも

affairwindows at 10:30  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月05日

様々なことが

今ブリュッセルに滞在中です。

楽しいこと、嬉しいこと、初めてのこと、嫌なこと多々ありで多忙きまわり、、、。

ネット環境が不便&充電できる場所が限られなどの理由により皆さんへのポチがままならず、、、ごめんなさい。

今週土曜日からパリなので環境は随分変わります!

ここで起きた諸事情について語りますね^_^


affairwindows at 22:58  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

BROGRAM
blogramによるブログ分析
ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索