2017年04月

2017年04月25日

韓国などに滞在 勝てることを信じて

MIW:久々に勝負しに行きます!カジノで勝てることを信じて(勝っても負けても内緒。いろいろと面倒なので)〜
ただし、今回コンプうけるかどうかは思案中。担当と交渉中で内容がよほどよければ受けようと。ラスベガス等と比較してみるとやはり劣るので、現地行って面談で最終確認。
ある国で入国時に日本円に換算して300万以上持ち込み申告し忘れたら調べられたことがあるので、以前のようにカジノも楽しめなくなり、海外に行く時はよほどの用事がないと行かなくなりました。テロあり、ネットサイバーあり、資金あぶり出しありで、ほんと嫌な世の中になっていく。。。

affairwindows at 11:33  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月13日

女の果てしない欲と恋愛、結婚での勝利術 10

39. 男性よりも長い人生を、充実したものにしていくことができるだろう。

40. 女性が結婚相手として願望するのはルックス良きマザコンではない男性だが、私から見れば、そういう相手との結婚は非常に苦労することが多い。まずはルックスの良さは、最終的にはどうでもよい価値の低いポイント。そしてマザコンでない男は独立心が強いかもしれないが、それだけに平気で妻を裏切る人間であることを意味する。マザコンでない男は、飽きるとすぐに別の女に乗り換える、道徳観にかけるタイプの人間が多い。ルックスよくマザコンでない男は女性にはモテるだろうから、よけいに裏切る可能性が高くなる。その点、マザコン男は真面目で妻を裏切ることはないだろうし、奥さんの尻に敷かれてくれる。

41. 負け犬を自称する女性ほど、よく口にする言葉がある。それは「いい男はみな、早く結婚してしまうのよ」というものだ。いい男にもいろいろな価値基準があるが、一般的に女性が好む「ルックスよくマザコンでない男」は、たしかにモテるので早く結婚してしまうことが多い。しかし、こういうタイプの男は、すでに述べたように結婚してから黒いさせられることが高いことを忘れるべきではない。

42. それでは負け犬女性たちがいうように、30歳を過ぎると結婚に適した男はすでにいないというのは、ほんとうだろうか。彼女たちがいう言い分は単なる勘違いとしか思えない。現代は女性の非婚化、晩婚化がしばしば話題になり、結婚しない女性が増えているといわれている。負け犬論争が話題になるのも、30代、40代で独身の女性がそれだけ多くなっているからと思われる。

43. ところが、最近の日本社会には、結婚できずにいる男性がゴロゴロいる。女性よりも男性の方が結婚しない、できない確率が高くなっているのだ。そのことを端的に示すのが、国立社会保障・人口問題研究所の算定による「性別生涯未婚率及び初婚年齢」のデーターだ。売れ残っている男性についてはいろいろな理由が考えられる。女性が社会に出てそこそこの生活力をみにつけてきたために、あまり経済能力がない男性は相手にしてもらえなくなったのかもしれない。最近の女性は現実的な考え方をするようになってきているために、男性を見る目が以前よりもシビアになっているのかもしれない。

44. とはいっても、これだけ

affairwindows at 17:37  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年04月02日

女の果てしない欲と恋愛、結婚での勝利術 9

MIWから一言:HKで長年の友人?に久々にあった。彼はニュージーランド人。友人の紹介で10年ほど前からのおつきあい。BF&GFになる一歩手前で完全友人とは割り切れない友人関係となった。久々にあったが、その気持ちは今でもある。だが深い関係にはまだなっていない。今回、彼とは2回あったのだが、彼は開口一番に
”昔の君と同じでほとんど変わっていないね!凄いことだ!前にも増して、セクシーでスウィートで自信にあふれているね。”
と嬉しいことを言ってくれた〜。
どうやら彼もConrad hotelのアジアアート展に行ったとのこと。奇遇である。ただし彼の場合は17日のVIP限定の日に行ったとのこと。通常の場合と VIPの日の違いは?と聞いたら、別にさほど変わらない。complimentaly のワインが赤と白もあったことくらいかな?と。HKの経済、生活環境、教育状況などを教えてくれた。貴重な情報であった。また是非会いたい。

36の続き:性的なものは、武器としての効果が怪しくなってきたのが現代である。(中略)よく”女は愛嬌”と言われるけれど、男性には持ち得ない女らしさ、やさしさといったものが母性であり、女性にとって母性は男性をいつの間にかてなずけてしまう最強の武器。自分がこの武器を手にしているのか否かによってある程度、勝ち組と負け組に分かれてしまうといっても過言ではない。

37.女性の勝ち組といえばバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンの姿を思い浮かべるかもしれない。しかし本当のところ、長い目で見たときに勝ち組と言えるのは、専業主婦になること。主婦といえばヌカミソ臭いイメージを持つかもしれないが、そんなことはない。30代、40代になっても若々しい美しいミセスが、今時の主婦の姿。そのうえ、既に述べたように、結婚すれば女性は亭主がどんなに偉い肩書きを持った男であろうと、その上に君臨することが出来る。子供が生まれれば、その子を味方につけて家庭全体を制覇することも容易。

38.家庭を掌中に収めておけば、結局は夫に浮気を許さないというメリットもある。私の知るところでは、家庭内で立場が弱かったり、夫に浮気されている女性は、多くが共稼夫婦。本来共稼ならば男女共対等な立場にあるはずなのに、働く主婦は夫には逃げられやすいとは皮肉としか言いようがない。

39.賢い主婦ならば、日常の仕事をビジネスに発展させることもできるだろう。例えば子育てや親の介護の経験を生かして塾を開いたり、介護サービスを始めるといったこと。あるいは昼間のフリータイムを利用して資格試験の勉強をしたり、大学の社会人講座に通う。そうやって自分を磨くチャンスに恵まれているのも、主婦ならではのこと。たとえ結婚や出産のために仕事を辞めたとしても、考え方一つで第2の仕事人生を始めることが十分に可能。男性よりも

affairwindows at 11:21  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
<感謝の意>沢山の拍手を頂き、感謝を申し上げます!
メンバーリスト
プロフィール

MIW

BROGRAM
blogramによるブログ分析
ブログ村
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
 政治ブログ 世相批評へ
 ニュースブログ ニュース批評へ
ニュースブログへ
 恋愛ブログへ
インフォブログランキング
人気ブログランキング



FC2
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
ブログパーツ
月別アーカイブ
記事検索