2017年05月07日

女の果てしない欲と恋愛、結婚での勝利術 11

MIWから:お気に入りの曲2つ。一つは賛美歌と愛(このボーカルの名前が同じ。。。とても懐かしい)聴くと元気、やる気と希望が湧いてくる。
http://mimiuchi.info/?p=108

もう一つは運命の出会いで幸せを掴む。
http://lyrics-jp.blogspot.jp/2014/12/rihanna-diamonds.html
多くの人が幸せであることを怖れてるように思う
他の人はそうは思わないかも知れない
…だけどみんな受け入れることを怖れてる
自分を受け入れ 自分を愛し
人を愛し そして 自分が幸せになることを―

44. とはいっても、これだけの男性が売れ残っている事実を、女性は忘れるべきではない。果たして本当に、結婚するに足るいい男は売れ残っていないのだろうか?経済力がない男は論外としても、実際にはエリートと呼ばれるような男性も結構な数が売れ残っている。(中略)
結婚したいけれど、いい男がいないと嘆いている女性はこの際、もう少し意識を変えて周囲を見回してはどうだろうか。ルックスがいい男ばかり注目するのはやめて、少々は年を食っていても仕事一筋に生きてたというような男性を見直してみるのだ。機会さえあれば結婚していただろう彼があなたの視線に気づいたとき、新しい人生がそこからスタートするかもしれないではないか。自分は負け犬などと、諦めていてはいけない。

45.女性はもはや、相手の年齢など考慮しない方がいい。相手の男性が甲斐性のある人物である限りは、50代、60代であろうと気にしてはならない。例えば60代の男性と30代の女性が結婚したとしよう。男性が平均寿命の78歳で死亡したとしても、女性はまだ50歳前後。昔と違って今の女性ならば、たとえ50代であっても異性を惹きつける魅力は十分にある。

46.まして経済的に恵まれた生活をしていれば身なりにも美容にも、それなりに気を使って入られたはずで、未亡人になって隠居生活を送るどころか、新しい相手を見つけて、いくらでも人生をやり間推せるだろう。結婚相手は自分の年と相応でなければいけないという幻想を捨てることによって、女性は人生を2倍楽しむことができる。

47.結婚は一生に一度しかできないものという不文律があった頃には想像もできなかった生き方が、今の女性には可能。お爺さんのような人とはどうしても結婚する気になれないというなら、年下の男性と一緒になる道もちゃんと開けているので、心配ない。というのも女性が実際の年齢よりも若く、美しく見えるようになってきたことにより、最近は年下の男性と結婚するケースが多くなっている。女性のルックスが若くなっている一方で、大生には母親的な優しさ、癒しを求める傾向が強くなっている。(中略)

48.肝心なのは、

affairwindows at 11:56 
メンバーリスト
livedoor プロフィール
BROGRAM
blogram投票ボタン
FC2
人気ブログランキング
ブログ村
 恋愛ブログ 国際恋愛へ
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
  恋愛ブログへ
 政治ブログへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ ニュース批評へ
 政治ブログ 世相批評へ
ブログランキング ドット ネット
BLOGRAM
blogram投票ボタン
月別アーカイブ
記事検索