2017年06月28日

女の果てしない欲と恋愛、結婚での勝利術 15

MIWから一言:以前から賛否両論で話題に上っていた『子宮委員長はる』の本を3分の2ほど読み終わった。読む前は「タイトルは面白いが内容は?」と思っていたが、女性必読の素晴らしい内容だった。子宮を活性化することがどんなに大事か、気持ちの良いMLなどのがもたらすメリット、健康、美、男女関係、人生を好転させるための納得できる内容が盛りだくさん。『お参りに行って願い事を仏様や神様に叶えてもらうこともいいが自分自身で叶えることができる』というような内容にも納得。要は自分自身で人生を切り開き変えていくという事。
その一部分を紹介すると

「是非、子宮に意識を向けて下さい。それは、あなた自身を生きる魂の旅の始まり。あなたが、『本当のあなた』を生きる時、あらゆる願いが叶います。」
「カルマ粒は口からしか浄化されない」「カルマ粒を溜めると病気になる」

58.昨今は女性の社会進出が進んできたといっても、エリートの職場には、まだまだ男性が圧倒的に多いからだ。英会話を習おうと思っているなら、初心者向けのトラベル英会話を習ってはいけない。もっとレベルの高い、TOEFL対策のゼミナールのような海外赴任直前の大異性が通うビジネス英会話教室に行く事。なぜなら、エリート男性が多いうえに、男性の方でも海外のビジネススクールに留学する前に同行してくれるパートナー(あるいは結婚相手)を探していることが珍しくない。

59.2りでアメリカに行ったなら、周囲には日本人がほとんどいない環境で、男性があなたを頼ってくるのは請け合いである。世間的に見ればビジネススクールを出たバリバリエリートでも、アメリカでは男女平等で、夫の後に1歩さがっている必要はない。そのうえで、日本的な優しさを持って接するようにすれば、あなたは必ずや夫を尻に敷ける。

60.子供の話になるが、(中略)赤ちゃん時は、勉強の成績や運動神経の良し悪しは関係ない。しかし、初めて公園デビューは、「可愛い」か「可愛くないか」が問われる勝負の場になる。「まあ、可愛い赤ちゃん!」と言われれば母親としては悪い気がするわけがない。反対に周囲の母親たちの反応が気のないものだと、母親の中には敗北感が芽生える。他人から「可愛い」と言われるかどうかなど、まったく些細なことに思えるが、当の母親にとってはここが最初の勝ち組か前k組の分かれ道。(中略)
まさに子供がかわいいだけで勝った気分のなってしまうのが母親なのだ。

61.子が可愛くなくても子供を勝ち組にしたいと考える場合には、


affairwindows at 11:39 
メンバーリスト
livedoor プロフィール
BROGRAM
blogram投票ボタン
FC2
人気ブログランキング
ブログ村
 恋愛ブログ 国際恋愛へ
 恋愛ブログ 恋愛・結婚の豆知識へ
  恋愛ブログへ
 政治ブログへ
 ニュースブログへ
 ニュースブログ ニュース批評へ
 政治ブログ 世相批評へ
ブログランキング ドット ネット
BLOGRAM
blogram投票ボタン
月別アーカイブ
記事検索