おつにょん。マホです!
今日はついにジャポネスク×ロマネスクの発売日、の前日。
つまりはフラゲ日ですねー。
もうじっくり聴いてくれた先輩はいるかな?




せっかく皆さんの手元に歌詞カードが届くタイミングでもあるので、ジャポロマに入ってる曲の考察でもしようかなと思いまして。

今日は表題曲の「ジャポネスク×ロマネスク」。



単刀直入に言うと、私はこの歌は夢オチなんだと思いました。
昼下がりの図書室で課題宿題に追われるっていうことは、高校生の女の子。
個人的にはこんな感じかなと↓

スペック
高校1年生。オタク。
進学校に入学するも勉強についていくのが大変で、趣味の乙女ゲーム不足。

ちょうど日本史の課題やってたこともあって、お江戸の夢を見ちゃうんですよ。
しかし乙女ゲーム不足の彼女の夢には、自分の周りに並ぶ着物姿の美少年たち。
王子様系、ツンデレ、鬼畜眼鏡、眼帯、スポーツ少年、やんちゃショタ!根暗ショタ!生意気ショタ!!天才ショタ!!!(12歳が最高!!!!!)
忍者!?サムライ!?時代劇!?嘘でしょ……(大歓喜)
って感じです。

その後、現代の制服姿の彼女は浮きに浮いて怪しい者だと思われ警察に捕まっちゃうんですね。
お白州(奉行所、法廷が置かれた場所)に連れて行かれた彼女は気付くんです。
この奉行人、さっき足りないと思った王道の俺様キャラだ…と。
そして最初に出会ったのショタたちが駆けつけてくるのです!こいつは悪いやつじゃない、と。
女の子に一目惚れしてしまうも気持ちを受け入れられないヘタレな俺様くんは、女の子を刑に処そうとするのです。

あとは、一か八かと踊ってみた女の子にみんながつられ踊り出し魔法となり、現代に戻ってきた(目が覚めた)って話だと思いました。
最後雑ですけど。
これ考察じゃなくてただの妄想ですね。


そんなことを考えながらマホはジャポロマを歌っていましが、実際は、アフィリア・サーガのメンバーがお江戸にタイムリープしちゃって、ダンスという魔法で自ら帰ってくる歌なんですね。
タイムリープするのが自分たちだったとは!
着物姿の生意気ショタに出会いたかった!



そんな「ジャポネスク×ロマネスク」、あした発売です!
今日は18:00〜SHIBUYA TSUTAYAさんで発売キャンペーンだよー。サンタ服で待ってます!
握手会とかとかあるよー!きてね!フラゲしようね!
今週日曜日まで毎日都内でキャンペーンやってるので、ぜひきてください!




次はカップリング曲「セピア」について考えます。
じゃあねん


マホ
twitter:@mahosv