昔5階建てのカラオケでバイトしてた時のお話 



3階の部屋が客で埋まったら4階に、4階が埋まったら5階にって感じで部屋を回すのがお決まりだった 
一つでも部屋を使うと最後に閉めって言ってそのフロアを全部掃除しなきゃいけないもんで 
3階が埋まってても5分ぐらいで部屋が空きそうなら「今満室なんですよー5分程…」って感じで客待たせて4階を使わないようにする努力してたw 
流石に待ちが二組以上だったら4階開放してたけどね 

その日は平日だってのにめずらしく4階まで埋まってて。出てくるような客もいなかったから仕方なく5階を開放したんだよね 
つっても5階に入ったのは父母子供二人の4人家族一組だけ んで部屋案内して1時間ぐらいたった時かな 
その家族部屋から苦情が来た、何やら5階を走り回る子供がいるらしい 
インターホンに出た店長はすぐに注意しにいきますのでってな感じで謝ってた。 
んで店長が部屋の人数とか年齢をチェックしたんだけど5階の家族部屋以外に小学生以下の子供がいるような部屋は無かった 
俺らにも「今日って子供入ってたっけ?」って聞いてきたけど「今日は子供入ってないっすね」って感じで返した 
取り合えず3、4、5階見回りしたけど子供は見つからなかった 
「やっぽ子供はいないですねー」って報告してたらインターホンがなった もちろん家族部屋から 
曰く、子供が益々騒がしく走り回ってるとのこと こりゃまいったなーwと思い取り合えずお飲み物でも出そうって事になった 

「申し訳ありません、これ、サービスになります」って飲み物渡して一階に下りると店長が「ちょっとフロント見てて俺上言ってくる」って小走りで上行った 
まさか5階かwなんて思ってたら家族部屋からトゥルルルって…出てみると店長で「N(俺)ちょっと脚立と懐中電灯もって部屋きて」って頼まれた 
うほwって思いながら脚立もって5階の家族部屋に行った 







部屋につくと何やら店長と父親が話してた、上見ると普段は鍵がないと開けられない天井裏に行くため?のドアが開いてた 
蓋?がプラ~ンとなってて溜まった埃がフワフワと降ってきてる感じだった 汚ねwって思った 
「N、脚立押さえてて」って言うと店長が脚立に上がってそこの穴に上半身突っ込んで何やら点検してる感じ 
「鍵が壊れちゃってるみたいですね~申し訳ありません」って店長が申し訳無さそうに言った 
しっかし子供がうるさいわ天井のドアが開くわでこの家族も災難だなw今日は料金頂くわけにはいかないな とか考えてた 

「どこの部屋の子かしら、親御さんは心配してないかしら?」って子供二人に抱きつかれた母親が俺に聞いてきた 
天井の事で文句言われると思ってたから反応が遅れた「3階の方かもしれないですね(嘘)あはは;」って感じで返してたら 
「どうやって上がったのかしらね、そんなに簡単に上がれるものなんですか?」って言われた 
「エレベーター以外にも階段がありますから、なので階段を使って上に来ちゃったんじゃないですかね」と返した 
一呼吸おいて父親が俺に向かって言った 
「歌ってたら急にバン!って上の蓋が勢いよく開いて、ビックリして(家族四人共)上見たら知らない子供が頭出して部屋を覗いてたんですよ」 

ゾワっとしたわ!wブルっとしたわ!wおいマジかよ店長w言えよ馬鹿wこえーよ俺早く下戻りてーよwって思った。 
「私達ビックリしちゃってしばらく何も言えずにじーっと見詰め合ったんです」と母親が 
「ボク危ないよ?って言おうと思ったらスっと顔引っ込めて逃げちゃったんです」と父親が 
「こえええええ!」って子供の心の声がハッキリと聞こえた。今思えばあれは俺の心の声だったのかもしれない 
店長が「誠に申し訳ありません、すぐ別の部屋を用意させて頂きます」と言うと俺に別(3階か4階)の部屋に案内するよう指示した 
飲み物などは全てそこに置いて新しい部屋に案内し「今回は御代の方は結構ですので」と新しく飲み物をサービスした 
思わぬ展開に家族は喜んでた。思わぬ展開に俺はブルってた。 



5階の部屋に指示通りやった事を報告しに戻ると店長がニヤニヤしながら「こえええww」って言ってきたw 
俺もだ馬鹿wって思ってたら「いやさ、鍵壊れてるつったけど実は鍵壊れてないんだよねwうははw」って俺はあの時、チビったのかな? 
どうやら何とか誤魔化そうと鍵が壊れてるって事にしたらしい。上半身穴に突っ込んでるときは正直「やべええwこんなとこ覗きたくねぇw」って思ったとか 

取り合えず蓋閉めて鍵閉めなおして部屋片付けてフロント戻った。 
何がこえーってさ、俺思い出したんだよ。店のルール。 
「一部屋でも使ったらそのフロアは掃除しなくちゃいけないって事」一人で、店を閉める夜中の3時付近に。 
店長が何か言いたそうにじーっとこっち見てたのを覚えてるよ。 

俺は0時で帰ったw 

翌日出勤すると店の中はその話題で持ちきりだった、何やらあの後遅番の人が5階閉めに行ったら天井のドアがまた開いてたらしい。 
技術専門スタッフに来るよう本社に連絡入れたあとしばらく5階に客は入れなかった。



一昨年の夏休みの出来事。
車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途中の山奥で道に迷ってしまった。
まあ高速代を浮かすために勘のみで見知らぬ峠道を走ってみたんだけど、案の定はまってしまった。
…時間は深夜をまわって人家も全くないし、行けども行けども山を脱出できない!
参ったなと焦りはじめた頃、峠を下る歩行者を発見!
こんな山奥でも住んでる人はいるんだな~と思いながら徐行して近づいてみた。
それはベビーカーを押した若い女性だった。
きっと赤ちゃんが夜泣きでもしたためにこんな時間に散歩してるんだろうな。大変だな~と、ノンキに考えて通り過ぎようとした。
しかし!すれちがい様、アレッ!?と思った!
…何かこの女変だな?髪はぼさぼさで、服も泥で汚れている。手足はすりむいたのか、あちこち血がにじんでいる。
何よりこの女、裸足で歩いてる!
…僕はもしかしたら何か事故とか事件に巻き込まれた可能性があると思い、あわてて車を止めて降り、女性に声をかけた!
「あの…大丈夫ですか?」
しかし振り向いた彼女を見て僕はゾッとした・・・この女に声をかけてしまった事を後悔する事になった!

ベビーカーに乗せた赤ちゃんは、何と死んでいるではないか!
腐った肉の匂い!目玉の部分がぽっかり空洞になっている・・・素人目に見ても明らかに死んでいた!
この女は!赤んぼの死体を押して歩いてる!

「うわッ!」

僕はあまりにビックリして、のけぞりひっくり返りそうになった!
だがよろめく僕の手を彼女がしっかりとつかんだため転ばずにすんだ・・・が、その後ものすごい腕力でグイィと引っ張り上げられて彼女と至近距離で目があった!
目の焦点がおかしい・・・いわゆるイっちゃってる状態・・・
で、女は僕に顔を近付けて突然叫びだした!

『私の赤ちゃん!赤ちゃん!赤ちゃん!赤ちゃん!』

・・・!!かなりパニックになった僕は女を突き飛ばして、車にダッシュで戻りその場から逃げ出した!

と、まあここまではよくある話というか、ただのキ〇ガイ女ジャネ?って事で終わるはずなんだけど更に続きがあるんだよ!


何とかガクブルしながら山のふもとの町までたどりついた僕は、一睡もできず朝になると同時に近くの交番へ駆け込んだ!
『死体の赤ちゃんを連れた女が歩いてる』
なんて話信用してもらえないんじゃないか?
とも考えたが、僕はありのまま起こった事をお巡りさんにはなした。
年配のお巡りさんは最初ニコニコしながら黙って僕の話を聞いていたが、くわしい話をしている内に真剣な顔つきになり、最後には真っ青な顔色になった。
・・・しばらくの沈黙の後、お巡りさんは他言無用との約束で「真実」を話してくれた。その事件の内容を以下にまとめ記します。



お巡りさんの話
「・・・先月の話、二週間程長雨が続いて久しぶりに晴れ間が見えた日の事。
その峠は豪雨が続くと危険防止のため通行止めになるらしい。
たまたま通りかかった地元の人がガードレールがなぎたおされているのに気付き110番通報。
間もなく警察官が到着、約100㍍下の崖下を捜索すると、やはり転落したであろう大破した乗用車を発見。
だが多少の血痕は確認されたが乗員の姿は何処にも見当たらなかった。
この年配のお巡りさんももちろん現場に居合わせて、すぐに乗員の捜索が始まった。
車のナンバーと持ち物から、事故にあったのは近くに住む若い女性らしいとすぐにわかった。
捜索は続き夕方、他の捜査員が赤ちゃんの死体を発見。
車が転落した際、車外に放り出され即死したらしい。





・・・しかしこの遺体。奇妙だ!首が一度切断した後に無理矢理ホチキスで縫合した後が見られる。
年配のお巡りさんは怒鳴った!母親は生きてるかもしれん!急いで探せ!と。
・・・どうやら気の動転した母親が、息子の死体を何とか生き返らそうと無理矢理生首と体をくっつけた・・・そんな感じだったそうだ。

そして翌日母親の遺体も発見された。
必死の形相で助けを求めて、崖を這い上がる途中で息絶えていたそうだ。

えっ・・・?
お巡りさんの話を聞いて僕は震えがとまらなくなった!じゃあ昨日見たベビーカーを押す女は・・・幽霊なのか!?

お巡りさんは幽霊なんて信じないそうだ。
でも母親の遺体を最初に発見したのはこの年配のお巡りさんだとの事。
あまりの酷い遺体にショックを受けたのか、精神的に不安定で、夜道で女の声とベビーカーをカラカラ押しているような音を聞いたり、部屋で寝ていると女が窓から覗いていたりとすっかりまいってしまったよ!
苦笑いしながらお巡りさんは語ってくれた。

・・・あれからしばらくの月日が流れ、きっとあのお巡りさんは元気にしている事でしょう。
なぜなら「あの女」はどうやら今、僕に憑いてきているから!
押し入れの中から一晩中睨まれていたり、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたり・・・
何故?・・・あの時助けを求めてきた女を置いて逃げたから?それとも・・・



まあ当方、婿入り経験のある男なんだが…。





入った先ってのは東北の中でも豪雪地帯だった。
そんな真冬の夜の話…。
俺達の部屋は2階でコタツの脇に布団をしいてた。
こたつがあって俺、子供、かみさんの順ね。
・・・で電気消して寝たんだけど寒い。
なんとなく、腕をコタツの中に伸ばしてコタツのあしを掴んでた。
中はまだ暖かい。
グイ・・・と引き込まれそうになった。
何かに掴まれてるような感じはしない。
はじめは感電でもしてるのかと思ったよ…でも違う。
こたつのあしは木でできてるし全身にこの感覚はきてない。
いつのまにか肩口まで引き込まれた俺は懸命に掴んでるあしを
押してた。
パチリ・・・電気がついた。俺がうんうん唸ってる声聴いてかみさんが目を
覚ました。
その瞬間、自由になったよ・・・あれはなんだったんだろ?
金縛りに近いような気もするけど…。
なにより気になるのはあのままコタツの中に頭まで引き込まれてたら
俺は何をみたんだろうってこと…。


てか今思ったんだが…一番手前のあしつかんでたはずなんだよ。
引き込まれる前でもそんな深く入りこむはずないんだが…?
あんとき俺は何つかんでたんだ。


↑このページのトップヘ