一昨年の夏休みの出来事。
車であてのないぶらり一人旅をしていたんだけど、新潟から長野へ向かう途中の山奥で道に迷ってしまった。
まあ高速代を浮かすために勘のみで見知らぬ峠道を走ってみたんだけど、案の定はまってしまった。
…時間は深夜をまわって人家も全くないし、行けども行けども山を脱出できない!
参ったなと焦りはじめた頃、峠を下る歩行者を発見!
こんな山奥でも住んでる人はいるんだな~と思いながら徐行して近づいてみた。
それはベビーカーを押した若い女性だった。
きっと赤ちゃんが夜泣きでもしたためにこんな時間に散歩してるんだろうな。大変だな~と、ノンキに考えて通り過ぎようとした。
しかし!すれちがい様、アレッ!?と思った!
…何かこの女変だな?髪はぼさぼさで、服も泥で汚れている。手足はすりむいたのか、あちこち血がにじんでいる。
何よりこの女、裸足で歩いてる!
…僕はもしかしたら何か事故とか事件に巻き込まれた可能性があると思い、あわてて車を止めて降り、女性に声をかけた!
「あの…大丈夫ですか?」
しかし振り向いた彼女を見て僕はゾッとした・・・この女に声をかけてしまった事を後悔する事になった!

ベビーカーに乗せた赤ちゃんは、何と死んでいるではないか!
腐った肉の匂い!目玉の部分がぽっかり空洞になっている・・・素人目に見ても明らかに死んでいた!
この女は!赤んぼの死体を押して歩いてる!

「うわッ!」

僕はあまりにビックリして、のけぞりひっくり返りそうになった!
だがよろめく僕の手を彼女がしっかりとつかんだため転ばずにすんだ・・・が、その後ものすごい腕力でグイィと引っ張り上げられて彼女と至近距離で目があった!
目の焦点がおかしい・・・いわゆるイっちゃってる状態・・・
で、女は僕に顔を近付けて突然叫びだした!

『私の赤ちゃん!赤ちゃん!赤ちゃん!赤ちゃん!』

・・・!!かなりパニックになった僕は女を突き飛ばして、車にダッシュで戻りその場から逃げ出した!

と、まあここまではよくある話というか、ただのキ〇ガイ女ジャネ?って事で終わるはずなんだけど更に続きがあるんだよ!


何とかガクブルしながら山のふもとの町までたどりついた僕は、一睡もできず朝になると同時に近くの交番へ駆け込んだ!
『死体の赤ちゃんを連れた女が歩いてる』
なんて話信用してもらえないんじゃないか?
とも考えたが、僕はありのまま起こった事をお巡りさんにはなした。
年配のお巡りさんは最初ニコニコしながら黙って僕の話を聞いていたが、くわしい話をしている内に真剣な顔つきになり、最後には真っ青な顔色になった。
・・・しばらくの沈黙の後、お巡りさんは他言無用との約束で「真実」を話してくれた。その事件の内容を以下にまとめ記します。



お巡りさんの話
「・・・先月の話、二週間程長雨が続いて久しぶりに晴れ間が見えた日の事。
その峠は豪雨が続くと危険防止のため通行止めになるらしい。
たまたま通りかかった地元の人がガードレールがなぎたおされているのに気付き110番通報。
間もなく警察官が到着、約100㍍下の崖下を捜索すると、やはり転落したであろう大破した乗用車を発見。
だが多少の血痕は確認されたが乗員の姿は何処にも見当たらなかった。
この年配のお巡りさんももちろん現場に居合わせて、すぐに乗員の捜索が始まった。
車のナンバーと持ち物から、事故にあったのは近くに住む若い女性らしいとすぐにわかった。
捜索は続き夕方、他の捜査員が赤ちゃんの死体を発見。
車が転落した際、車外に放り出され即死したらしい。





・・・しかしこの遺体。奇妙だ!首が一度切断した後に無理矢理ホチキスで縫合した後が見られる。
年配のお巡りさんは怒鳴った!母親は生きてるかもしれん!急いで探せ!と。
・・・どうやら気の動転した母親が、息子の死体を何とか生き返らそうと無理矢理生首と体をくっつけた・・・そんな感じだったそうだ。

そして翌日母親の遺体も発見された。
必死の形相で助けを求めて、崖を這い上がる途中で息絶えていたそうだ。

えっ・・・?
お巡りさんの話を聞いて僕は震えがとまらなくなった!じゃあ昨日見たベビーカーを押す女は・・・幽霊なのか!?

お巡りさんは幽霊なんて信じないそうだ。
でも母親の遺体を最初に発見したのはこの年配のお巡りさんだとの事。
あまりの酷い遺体にショックを受けたのか、精神的に不安定で、夜道で女の声とベビーカーをカラカラ押しているような音を聞いたり、部屋で寝ていると女が窓から覗いていたりとすっかりまいってしまったよ!
苦笑いしながらお巡りさんは語ってくれた。

・・・あれからしばらくの月日が流れ、きっとあのお巡りさんは元気にしている事でしょう。
なぜなら「あの女」はどうやら今、僕に憑いてきているから!
押し入れの中から一晩中睨まれていたり、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきたり・・・
何故?・・・あの時助けを求めてきた女を置いて逃げたから?それとも・・・



まあ当方、婿入り経験のある男なんだが…。





入った先ってのは東北の中でも豪雪地帯だった。
そんな真冬の夜の話…。
俺達の部屋は2階でコタツの脇に布団をしいてた。
こたつがあって俺、子供、かみさんの順ね。
・・・で電気消して寝たんだけど寒い。
なんとなく、腕をコタツの中に伸ばしてコタツのあしを掴んでた。
中はまだ暖かい。
グイ・・・と引き込まれそうになった。
何かに掴まれてるような感じはしない。
はじめは感電でもしてるのかと思ったよ…でも違う。
こたつのあしは木でできてるし全身にこの感覚はきてない。
いつのまにか肩口まで引き込まれた俺は懸命に掴んでるあしを
押してた。
パチリ・・・電気がついた。俺がうんうん唸ってる声聴いてかみさんが目を
覚ました。
その瞬間、自由になったよ・・・あれはなんだったんだろ?
金縛りに近いような気もするけど…。
なにより気になるのはあのままコタツの中に頭まで引き込まれてたら
俺は何をみたんだろうってこと…。


てか今思ったんだが…一番手前のあしつかんでたはずなんだよ。
引き込まれる前でもそんな深く入りこむはずないんだが…?
あんとき俺は何つかんでたんだ。




昔ある女と付き合ってた




平凡な子で性格外見とかは普通で別に変わったことはないが、左耳の聴力がほとんどない
子供の頃にヤブ医者の中途半端な治療で中耳炎がきちんと治らなかったから、らしい

でもある夜見てしまった
夜中にトイレに起きて、彼女の隣に戻って寝ようとしたら
彼女の左耳をふさぐ半透明の手が・・・・

それから彼女の顔をきちんと見て話せなくなったし
二人と歩く時には彼女の右側を努めて歩くようになった
左側だと半透明の手が耳を塞いでるのが見えたりするからだ
右耳しかうまく聞こえない彼女は「気を使って右に立っててくれる」としか思ってないようだったが
ひどい考え方だが俺には何も問題ないので、そこまでは普通に付き合ってた







ある日彼女が「肩こりが酷い」と愚痴を言ってきた
その時点で嫌な感じがしたが、慣れていたので普通に接してスルーした
その日の帰り際、家路につく彼女の後ろ姿を見てさすがに驚いた

俺は「左耳を塞ぐ手が肩を痛めつけている」と思っていた
ところが左耳の半透明の手はそのまま耳を塞いでいる
右肩のあたり?には後頭部だけのモノがいた。俺は思わず声をかけた
振り返った彼女の右肩には、すごい形相をした女が噛み付いてるのが見えた

それから彼女が体の不調を訴えるたびに半透明の何かが見え
手や足、顔が7~8ヶ所見えるようになった。さすがに別れた
その頃には複数の手足や顔に纏わりつかれてたな

別れて会わないまま二年以上経つが、最近思い出してカキコした
あれはなんだったんだろう


↑このページのトップヘ