NakaharaさんのCADデータ変換ソフト「JacConvert」(シェアウェア)の Ver.3.01e が公開されました。開発中のベータ版です。

ダウンロードは 建築フォーラムの以下ページより
  http://www.farchi.jp/filemgmt/index.php?id=871

以下、ドキュメントより抜粋
開発途上のベータ版です。安定性を重視される方は正規版を利用ください。
1、今回の変更内容
2010/11/05 Ver3.01e
◆追加
・DWG入力出力:EveryDWGの後継版TeighaFileConverterを利用可能にしました。このソフトをインストールするとAutoCAD2010DWGが読込み可能です。TeighaFileConverterは次のURLから入手できます。
 http://www.opendesign.com/guestfiles/
 インストールプログラムを標準設定のままで実行すればJacConvertが自動認識します。
◆お詫び
Ver3.01cより開発環境を変更しています。これが原因と推測される障害が発生しています。(現在調査修正中です)
Ver3.01c以降の概知の障害
・関連付けでの起動(ファイル名を右クリック、JacConvertで開く)ができない。
・JWW保存で不正データを生成するケースがある。


JacConvert画面より
[DWG変換するには]
■DWG変換を行なうためには
  JacConvertにはDWGファイルを直接読込み・保存する機能がありません。
  DWG変換を行なうためには、別途TeighaFileConverterをインストール
  してください。

■TeighaFileConverterインストール
(1)TeighaFileConverterインストールプログラムのダウンロード。
  Open Design AllianceのPublicDownloads(http://www.opendesign.com/guestfiles/)よりTeighaFileConverterをダウンロードします。

(2)TeighaFileConverterインストールプログラムを実行。
  すべて初期設定状態で実行してください。

(3)JacConvertはTeighaFileConverterを自動認識します。
  インストールが終了すればDWG変換が可能になります。


こちらでは既にTeighaFileConverterを任意フォルダに入れてしまっているので、JacConvert は TeighaFileConverter を認識しませんから、動作確認は出来てません。アンインストールして再インストールする気もないから、以前の EveryDWG 使用で良しとするか〜。建築フォーラムの会議室で既に書いた後だけども、フォルダ指定を手動で出来るようにして欲しかったな。まぁいいか。