Jw_cad作者さんのサイトの掲示板で以下のような発言がありました。
http://hpcgi2.nifty.com/jw_cad/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=19388;id=003
しかしこのツリーは、最初のほうはともかく、何や よく分からんな。

Jw_cad から 3DS形式を出したって、別に、いいじゃん。

3DS形式を扱えるソフトは、本家の 3ds max 以外にも、たくさんありますよ。Autodesk社が「イカン!」って言うんなら、既に存在する色々なソフトに対して既に制限入ったり、してると思います。私の使っている3D-CGソフトの「CARRARA 4 PRO」にも、3DS形式ファイルを開く機能はあります。 SKP形式ファイルを開く機能はないので、私的には、SKP形式対応よりも、3DS形式対応のほうが、より汎用的であるので、良いと思います。

私は「Script!3D」で COLLADA(.dae)形式の保存に対応させる機能を付けましたが、これは別に、スケッチアップ8で対応されたから、というだけでなく、3D-CGソフトで今後も利用されるかもしれないファイル形式だから、って事と、仕様がオープンになっているので、作るほうとしては、作りやすいから、っていう事もあります。別に、obj形式やSTL形式でもいいと思います。 3DS形式を扱えるライブラリが公開されていて、それが使えるから、というのもあったかもしれないですね。 SKP形式も、グーグルサイトで確かSDKが公開されていたはずなので、それを使えば対応可能かもしれませんが、作ったところで、スケッチアップでしか使えないのであれば、より多くのソフトで使えるであろう 3DS形式のほうが、より多くの人に利用されるかもしれない、って判断されるかもしれない、っていうのは理解できます。

まぁ、安定版 1.3 ではなく、RC1版の 2.0 を使っているのは何故だろう?とは思いますけれども。

あぁそうそう、
Jw_cad での 2.5D で、面データな3D図を作って、3DS形式にして、CARRARA 4 で開く、っていうのは、ちゃんと、うまく行ってます。線だけのデータは、うまく取れていないみたいですけれども。

まぁ仮に、Ver.7.12 になって、例えば、SKP形式出力対応となったとしても、線だけのデータというのは、線として出力されるだけの話なので、SKP形式にしたところで、状況は、DXFも 3DSも 同じだと思います。SPEED形式ファイルに限っていうのであれば、SPEED形式ファイルから、メッシュデータ化したものを、3D面の集まりとして取り込めるようにしないといけない。3D三角面の場合は、(x1,y1,z1)、(x2,y2,z2)、(x3,y3,z3) の3座標が必要となりますので、これをもつことが出来るデータ要素を 追加してしまえばいいと思います。陰面処理が面倒だったら、OpenGLを使って描画をして、それを画像ファイル化して、その画像ファイルを貼り付けた状態にして、画面表示・印刷、みたいな事でも面白いかもしれません。・・・ おっと、これだと、データ構造も変わっちゃうし、これではきっと、Ver.7.12ではなくて、Ver.8 になってしまうかも? :)