Jw_cad作者さんのサイトの掲示板で以下の発言がありました
「寸法設定」ダイアログで矢印の「長さ」を「5」とし、「/」コマンドのコントロールバー「−−−>」にチェックを付けて線を作図した場合に限り、「05YajirushiNagasaDebug」と表記された「jw_win」ウィンドウが開きます。
「長さ」を「6」にした場合には、このウィンドウは表示されません。

ウィンドウを閉じれば、矢印付の線は作図されているので実害はないのですが、このウィンドウが気になります。
これについてご存知の方はいませんでしょうか?

Jw_cadのバージョンは8.03aです。

矢印だけでなく、黒丸にしたときでも 出てますね。

多分、矢印をソリッド図形で作図する機能を追加したので
そのときのテスト・デバッグ用に メッセージを表示させていたのでしょう。
それの消し忘れでしょうね。

私も プログラミングするときのテスト用に メッセージ表示させたりする事はあります。もちろん、あとで消すかコメント化しますけど。そういうのはよくある話。