Jw_cad作者さんのサイトの掲示板で以下の発言がありました
図面を保存し次に開くと
図形がブロック化となっています
ブロック化にしたくないのですが
よい方法を教えてください

良い方法を教えたとしても、この質問者は、ノンレス主義者。
回答者と挨拶や会話をする気もなければ
結果報告すら一切しない。
多分、回答者を人間ではなく、ロボットか、応対ソフトウェアだと思っているのでしょう。

そんな質問者に、回答をするのかしないのかは
全て あなた次第www

図面を保存して それを開いたら勝手にブロック化されている、というケースで考えられるのは、図面で縮尺の指定をしていて、ファイルの保存形式を SXF形式(SFC形式・P21形式)で行った場合でしょう。
SXFでの縮尺指定を行う際の部分図は、Jw_cad ではブロックを利用して開かれるようになっています。なので図形1つ1つが個別にブロック化されているって事ではないですが、まぁ、それと勘違いされる可能性はゼロではありません。

それ以外で、図形が勝手にブロック化されて保存される、或いは、開く際に図形がブロック化される、という事は、あり得ません。

JWC/JWK ・・・ そもそもファイル仕様にブロックというものが存在しません
JWW/JWS ・・・ 自分や他人がブロック化していない限りは、ブロックは存在しません
DXF ・・・ 自分や他人がブロック化していない限りは、ブロックは存在しません また DXFの寸法図形やレイアウトはファイルの仕様上ブロックを利用している為、Jw_cad でこれを開く際にブロックとして見える可能性が大です
SXF(SFC/P21) ・・・ 前述

というわけで、
1)図形属性をブロックと勘違いしている
2)図形がもともとブロック化されていた(ブロック化して図形登録したものを利用していた)
3)その図面を作成した人が、意図的に、図形に曲線属性を付加して図形登録をしていたか、図形を開いた後に曲線属性を付加していて、曲線属性をブロックと勘違いしている
4)もっと別の 何らかのモノを ブロックと勘違いしている 或いは ブロックツリーで表示されるものを図形だと勘違いしている
という事が考えられます。

確認事項としては

1.図面内にブロックがあるのかどうかをブロックツリーで確認する
2.そのブロックツリーからブロック編集を行い、その図形1つだけが表示されているのかどうかを確認する
3.その図形を、図形コマンドで開いて作図し、それがブロックになっているのかどうかを確認する
4.JWW形式で図面保存を行い、Jw_cad を終了し、再度、Jw_cad を起動し、その図面を開き、その図形がブロック化されているかどうかを確認する
※ブロック化されているかどうかの確認は
 ・ブロックツリー
 ・マウスポインタ―を図形に合わせた状態で属性取得→ブロック編集に移行するかどうか
 等で可能です

というアタリ。

ブロックツリーは、ブロックの確認及び編集を行うために存在するものだから、どんどん利用して下さい。


追記:
SXF保存・開くをしたのでは?というコメントが付いていて、超珍しく「ありがとう」というコメントはありましたがそれだけでした。その後どうなったのかは、謎のままw まぁ何も書かれていないという事はきっと上手く行ったのでしょう。