Jw_cad作者さんのサイトの掲示板で以下の発言がありました
アイソメ寸法を作図する外部変形に円と正多角形を作図する外部変形を同梱しました。
少しずつアイソメ作図関連のツールを増やしていく予定です。

https://miscellaneous-data-storage2.blogspot.com/2018/01/blog-post.html

ご興味のある方はどうぞ。

おっと、お疲れ様です〜

円・正多角形の作図ですね。

15°用のアイソメグリッドを描いてないと、中心点位置指定が不確定なので、中心点も座標入力があるといいなぁ。原点からのオフセット指定でも出来るんだけど。というかそれが仕様って事かな?
l=Left=左、r=Right=右、というのはいいとして
t=Teimen=底面?
底だったらボトム=b 、
下だったらダウン=d、或いは ビロウ=b
う〜ん、いまいち、t って出てこないw
t となるとつい厚みって思っちゃうw

というかそれよりもまず、アイソメグリッドの作図をよろw

「sample2.jww」参考図で、
batパラメタ入力を、
マル3「r6:15,++50,,」と入力すると、座標は別にして、
直径30の楕円に内接する、6角形が作図されると思いますが、

ときに、同じ数値入力(パラメタ)で、
直径30楕円の外側に6角形が作図されることがあります。

作図した6角形に、マル2「r30---」の楕円を重ねてみると、
異常なときは、6角形の内側に直径30楕円が、ぴったり内接しています。

再現状況報告等できれば、原因追及も早いのでしょうが---すみません。
よろしくお願いします。

オフセットの「++50,,」だから
前回値よりも更にX座標を+50するのだから
中心点が同じなのであれば、更に外側に行くのは
仕様通りだと思うんですがー

6角形を描いた後、6角形の中心を取るのは面倒臭いと思うから、多分、元の円の中心点をそのまま取ると思うんだけど、そうなれば、1回目の作図で多角形を描いた後(オフセット50,0,0)、同じ中心点位置・同じパラメであれば、2回目の作図は当然仕様通り、更に外側の オフセット 100,0,0 に作図されるでしょうね。3回目はオフセット 150,0,0 に作図。

仮に Jw_cad でアンドゥ(戻る)をすると、外部変形内の設定がアンドゥされる訳ではないのだから前回値をそのまま保持する訳なので、2回目の作図をしたあと、アンドゥをして、3回目の作図をすると、中心からのオフセット 50,0,0 の位置に作図されるのではなく、オフセット 100,0,0 の位置に作図されます。

まぁ、具体的に、どういう作図をしていて
どういう点指定・パラメ入力をしているのかが
よく分からないので何とも言えないんですがー

取りあえず、オフセットで ++、-- (インクリメント・デクリメント)をする際には、前回値がどこかをしっかり把握してないとまずい訳だから、それを明確にされていないと作者もなんとも言えないと思いますけどー。



別にそのスレッドに横から参加してる訳じゃないから、茶々入れのつもりはないけど、第三者的に見るとそんな感じがするから書いてるだけです。