エンバカデロ社からメールが来てました。
BLACK FRIDAYセールとかで
Delphi 10.4 Pro版
C++Builder 10.4 Pro版
RadStudio 10.4 Pro版
を35%OFFセールなんだとか。
Delphiエンター版は以前持ってたけど使わないし年間保守料金も高いから、もう辞めたんだけど、そのときに Pro版にダウングレードとか出来ないか?って聞いたら、出来ない、新規で買え、とか言われたんですが、う〜ん。 あまりにも使わないから無料のCommunity Edition でいいや、って思ってたんですが、このコミュ版も 10.3.3 のあとアップデートされてなかったけれども(今現在は「?」)、CEはここで終わって 今後は Pro版でどうぞ、って戦略かもしれないなぁ。昔の Start版みたいに。

なぜエンター版にアップしたのかというと
Pro版はもともと、iOS/Android用の開発が出来なくて別途オプション購入という事になっていたのですが、それだと面倒臭いし、エンター版の販売キャンペーンがあって少し安かったからエンター版に乗り換えたのですが、そのあと、Pro版でもモバイル開発が出来るようになったとの事で、エンター版の意味がほとんど無くなったんだよなぁ。データベース関連とかでエンター版の方が良い場合も多いらしいんだけど、最近はもうデータベース云々は使わなくなったし。

さて、Pro版を購入する意味があるかどうかwww
今現在使用しているのは、XE4 だしなぁw