Jw_cad作者さんのサイトの掲示板での発言
複線コマンドを使用して帯状の図形を書いているのですが、その帯に多角形のコマンドでソリッド図形を描画して着色し、図形の枠線を消去した際に、残った帯状の図形の曲線の部分が少し細くなってしまうことがあります。小さいサイズの図面ではこの現象は起きないのですが、大きめの図面ではどうしてもズレてしまいます。これはJw_CADの仕様なのでしょうか。
・具体的にどんな図なのか不明なので何とも言えない
・線幅は、線の両側に幅が反映される
  ↑  −−−−−−−−−−
  線:●−−−−−−−−−−●
  ↓  −−−−−−−−−−
 どんなCADでもどんなプリンタでも大抵同じ
・ソリッド図形の塗り潰しは
  輪郭線:●−−−−−−−−−−●
      |//////////|
      |//////////|
      |//////////|
  輪郭線:●−−−−−−−−−−●
 輪郭線に幅は付かず囲まれた中身が塗り潰される
 どんなCADでもどんなプリンタでも大抵同じ
 (塗り潰し図形に線幅指定が出来る場合を除く)
・故に
 ソリッド図形の輪郭線上に通常の線を作図している場合は、線幅の半分だけ大きい状態となる。逆に、輪郭線上にあった通常の線を消せば、線幅の半分ずつ小さい状態になる。
・小さい図面・大きい図面、という事ではなく
 線に指定した線幅がどれくらいなのか?に依る