AFsoft World

AF日記。 コンピュータ・CAD・漫画・アニメ・ゲーム・スポーツ等についてのたわいもない話、などなど。

CAD

JacCv「DXF・DWG=>JWW変換時の線色変換詳細設定」

建築フォーラムの掲示板での話

現在 Ver.3.13p ですがこのボタン、押せないですね。
いつからこのボタンあるんだろう?
この PC内に残ってる 3.13h にもあるけど押せないです。
ヘルプにも書かれていないので
たぶん、そういう機能を実装しようと想定していて
まだ実装してない、みたいな話だと思うんですが〜

うちのソフトでも、基本8色とSXF 256色のどっちか
しかないけれども、そうですねー どの色をどの線色に
割り振るか?設定みたいなのは、付けてないですね。
AutoCAD フルカラーは、まぁどうでもいいとして
AutoCAD 255色をどれに割り付けるのか? ってのは
想定してないっつーか 考えてなかったとゆーか・・・

取りあえず、そのボタンがいつからあって、
当初から使えなかったのか、あるバージョンまでは使えたのか
使えた場合、どんな画面が出てどんな設定ができたのか等、
状況がよく分からないのでとりあえずコメント出来ないな〜

面積計算

むか〜しむかし

わしが まだ DOS版ドローソフトを作って売ってた頃の話じゃ

あれは確か、R社さんからの紹介じゃったかな?
某H市にあるN建設さんで わしのソフトを1本
買ってもらったのじゃった
確か、ろーらんどでーじー社の卓上ぷろったぁも
購入されて うちのソフトで作図して カラー図面を
プロットして いたく喜んでもらえたような 記憶があるのじゃ

そこの会社さんは、道路の舗装をしてその面積を出す、という
業務がかなりおおくて、それまでは、NEC N5200というPCで
表計算されておった

図面はこれまで手書きで 各値はもちろん手入力じゃった

それをうちのソフトで作図し、三角形分割しておいて
その三角形を範囲選択して表にして CSV出力をし
それを表計算ソフトに受け渡す、、、
図面上で表を作図する、、、 あれ? どっちじゃったかな?
忘れてしもうたわいw
そういう追加プログラムを作った記憶があるのう・・・

そのとき、底辺・長さ・各面積は、必ず「切り捨て」で計算し
表の数値を使って計算をして結果も必ず「切り捨て」に
しないといけないのじゃ
四捨五入をして 1mm でも増えてしまうとダメで
減る分には構わないのだそうな

もう、かれこれ、30年位前の話じゃな

今はもう、なにもかもが 懐かしいw

3点群データかぁ

Jw_cad は 2D-CAD だから Jw_cad 単体ではどうしようもないと思うけどw(Speed Data入力ってのはあるけれども、フォーマット評議会終了となったあとどうなったのかよく分からんな〜 ただ、3点群データを Speed Dataに変換するソフトがあれば可能かもしれない)

昔スケッチアップで3点群データをインポートして三角パッチして取り込むプラグインがあったけれども、それはそれでアリだとは思うけれども(というわけで 3Dソフトであれば可能なソフトも色々とあると思うけれども)、以前、仕事で トプコン社の測量機器を使ってデータを取り込むソフトを作ろうとしたことがありましたが、それは、レーザー&360度プリズムを使って距離計測するシステムでしたが、それとは違って、カメラ→写真→3D測定、とか、3Dレーザー測定するような測量機器もあったと思いますが、そういうのはたぶん、3点群データになるのだろうなぁと思います。

で、トプコン社のサイトを見ると、X,Y,Z,色 のデータを出せるらしく? ブラウザ表示するモノを見ると、三角パッチではなくて、色を持つ点(というよりは球?立方体?)を描画している感じがあるんですが、それもアリなのか〜 などとwww

3Dデータを作ってぐるぐる回すだけなら私も昔「Script!3D」というので作ったけど、これは Delphi 6で OpenGL で作ってたと思うけど、Delphi XE/10 の FireMonkey(FMX) であれば、Winなら DirectX で、MacならOpenGL/Metal で描画するプログラムが作れますが、Canvasに線を描かせるように 3DCanvasに面を描かせるって方法がよく分からないんですよねw コンポーネントはあるから、コンポーネントを追加・追加・・・は出来るけどイマイチ・・・ モデル表示コンポーネントに、objや collada を読ませて表示させるってのはあるので、これになるのかなぁ? イマイチよく分からないんですよねぇ・・・

ビューイングはまぁいいとしても、そこからどうやって 2D に落とすのか?ってのもあるし〜 陰線処理とか気にしなくていいのならイケイケでやればいいんでしょうけどねw 結局、3Dデータを扱って2Dデータ化する際には、OpenGL/DirectX とか無関係に、3Dプログラミングが必須になってきますから〜

ODA FileConverter 23.5

ODA を見ると
https://www.opendesign.com/guestfiles/oda_file_converter
23.5 が出ていましたのでダウンロードし
インストールしました

「vcruntime140.dll」というファイルは入ってますが
「vcruntime140_1.dll」というファイルは入っていませんので
23.4 と同様、
Visual C++ 再頒布可能パッケージ(2015-2022)
https://aka.ms/vs/17/release/vc_redist.x64.exe
をダウンロードして入れる必要があると思います。

※ODA FileConverter のWindows版は 64bit版しか提供されていないようですので、64bit-Windowsが必要になりますし、上記の再頒布可能パッケージも 64bit版を利用する、という事になります。

ODA FileConverter 23.4

ODA を久しぶりに見ると
https://www.opendesign.com/guestfiles/oda_file_converter
23.4 が出ていましたのでダウンロードし
インストールしました



20220601p

というメッセージが出て動きません
(「vcruntime140.dll」というファイルはある
 これをリネームしても今度は「vcruntime140.dll」がないと出るので
 「vcruntime140.dll」を補完するためのDLLなのでしょう)
(これをかわしても別のDLLでエラーが出る)

Viewerにも DrawingsExplorerにも入ってません
これらも動きません

パッケージングのミスでしょうかね

当分、ODA対応待ち でしょうか〜


追記:マイクロソフト社のサイトから、
Visual C++ 再頒布可能パッケージ(2015-2022)
https://aka.ms/vs/17/release/vc_redist.x64.exe
をダウンロードして入れたら動くようになりました。

建築フォーラムでの JacCV 3.13p での文字化けの件

建築フォーラムの会議室の件
https://www.farchi.jp/forum/viewtopic.php?showtopic=10086
コメントして1週間、返信ありませんなw

まぁ、「これやったら全て解決!」って解答コメントじゃないから、スルーされているんだろうけれども、「コミュニケーションの場」で無視されるってのは、正直、つまんないな。最近、忙しいのか、Jac作者氏も出てこられないし、第三者ではなく作者からのコメント待ちをしているのかもしれないけれども、そうなるともう、私のよーな第三者は 逆に コメントしないほうがいいのかもしれませんね 質問者も、おまえなんぞ、お呼びじゃねーよ!とか思ってるかもしれないしw

それはともかく
とりあえず、「M7」にて、四角描いて、寸法線書いて、寸法値編集して「φ」をつけて、DXF保存して、そのDXFファイルをテキストエディタで開き、別の寸法値にも「φ」などをつけて、JacCVで開いてみた。「M7」では寸法要素はちゃんと「DIMENSION要素」で出力されるのだ。で、DIMENSION要素で参照するブロック「*D〜〜」のところをテキストエディタで編集。
結果、問題なし
UTF8保存をしても別段問題無し
「φ」「Φ」「鵝廖%%c」「¥U+2205」全て問題無し

あとはもう、AutoCAD、AutoCAD互換CADでテストDWGデータを作って実際にやってみるしか無いね〜 って、そんな実験のためだけに、AutoCADや AutoCAD互換CADを買うのもバカバカしいし、仕事でそういったCADソフトを使うのならまだしも・・・
そういや
ソースネクスト社からまた「CorelCAD 2021」の5周年記念セールってのが出ていたけれども、う〜ん、いや〜、買ってもいいんだけれども買う気にならない・・・「AutoCAD互換CAD」って感じではないようだし(操作体系は似てるって話なんだけど)
AutoCAD互換CADといえば
・IJCAD
・BricsCAD
・ZwCAD
・ARES
・DraftSight?
・TurboCAD?
・CorelCAD?
あたりでしょうか?
(昔は IntelliCADもあったけど、IJCADに移行とか?だけど海外ではまだあるみたい)
実際に買うんであれば、3Dがあったほうが面白そうだしw、しかしながら減価償却の絡みで10万円を超えたくないし、年間契約モノは避けたいし 等々で結局、買う予定は心底無かったりするw 仕事無いしねw

本「ビジュアル解説 CAD・CG基本用語集」

本「ビジュアル解説 CAD・CG基本用語集」を
古本で購入しました。



ISBN4-7693-5084-8 定価¥1,845+税
B6 本文210ページ 1994年6月初版

基本用語ですので古くても別段問題ないでしょうw
多少の懐かしい感はあります。
1用語2ページで右側に写真や図があります。
基本的な勉強のお供にでもw

「変数」が使えるCAD

昔「fg」(フォーマット・ジェネレーター)というツールを作って利用してましたが、これは、CADモドキ画面で見積書や伝票などのフォーマットを作図し、文字を記入するところに「変数」(データベース・フィールド名)を割り当てて(文字内容=変数指定可能)、データを作ったら Delphi の Pascalコードを出力し、それをそのまま Delphi でのプログラミングに利用し、Delphiプログラムから「印刷」とやれば、その見積書や伝票などを印刷させる、みたいなツールでした。
まぁ、Delphiでの QuickReport/Rave/FastReport みたいなもんですね。
そいつに、Jw_cad の両ボタンドラッグでの拡大縮小移動な機能を突っ込んで、1人で笑ってましたw(仕事で使うツールだから一般公開してない;一時的に出したけど需要無いのですぐ消した)

そのツールの場合、「変数」は、文字内容にのみ反映されるものでした。

しかし今回のお話は、そうではなく、座標値等に「変数」を使えるように、みたいなお話。

一般的な 2D-CAD の場合
データベース上での各要素データの座標や各数値は、基本的に、定数値です。倍精度CADであれば、double型の数値になります。
が、そこに「変数」を使えるようにする、ということは、そのお約束パターンが使えない、という事になります。基本的には、各座標値・各数値等は、文字型となります。そして、画面描画のたびに、その文字データの内容を評価・計算し、数値化して、画面に図形を表示します。
例えば線データの場合
レイヤー:lay:string
線色  :col:string
線種  :typ:string
線幅  :wid:string
開始点:p1,x : string
    p1.y:string
終了点:p2,x : string
    p2.y:string
のようなフィールドとなり、これを変換(式評価)、
レイヤー:lay:string → nlay : integer
線色  :col:string → ncol : integer
線種  :typ:string → ntyp : integer
線幅  :wid:string → nwid : integer
開始点:p1,x : string → np1.x:double
    p1.y:string → np1.y:double
終了点:p2,x : string → np2.x:double
    p2.y:string → np2.y:double
として画面に描画する訳ですが、式の評価ってのはそれなりに時間が掛かってしまうので、別途、
レイヤー:lay:string
レイヤー:nlay : integer
線色  :col:string
線色  :ncol : integer
線種  :typ:string
線種  :ntyp : integer
線幅  :wid:string
線幅  :nwid : integer
開始点:p1,x : string
    p1.y:string
    np1.x:double
    np1.y:double
終了点:p2,x : string
    p2.y:string
    np2.x:double
    np2.y:double
のようにデータを持ってしまう手もあるかもしれません。そうすれば再描画のたびに式の評価を行って遅くなってしまう、というのは避けられるかもしれません。

なお、STEP的に、座標点ってのを別データとして持って
線データ
レイヤー:lay:string
レイヤー:nlay : integer
線色  :col:string
線色  :ncol : integer
線種  :typ:string
線種  :ntyp : integer
線幅  :wid:string
線幅  :nwid : integer
開始点:p1:#1
終了点:p2:#2

座標点データ
#1:x : string
  y:string
  nx:double
  ny:double
#2:x : string
  y:string
  nx:double
  ny:double
のようにしてしまうのもアリかもしれません。

式の評価は、一般的に、「式」な文字列を1文字ずつ解読して、定数・変数・演算子・関数に切り分けて、逆ポーランド記法に変換し、計算を行い、結果を得ます。この辺は「コンパイラ技法」な本の最初の方に出てくると思いますのでそういう本を参考にすれば良いと思います。
インタープリター的に実行するのか、コンパイラー的に実行するのか、は、ご自由に。

パラメトリックなCADの場合、拘束条件というものがあります。まず、線データの場合
・2点指定
・水平線
・垂直線
・角度指定線
・ある線に対して平行な線
・ある線に対して直交な線
・ある線に対して角度指定な線
・接線

そして、値が取り得る範囲の指定、こういう値・条件になったら作図出来ませんよという制限指定、データベースとのリンク、他のデータとのリンク・オブジェクト指向等、等が組み込まれているのが通例です。

例えば、ねじの作図をして、タップ穴の作図をして、それを組み立てるような場合、ねじとタップの関係に整合性が無ければエラーを発生させます。そういうのがすべてのオブジェクト、および全体としての整合性の評価が行えないといけません。まぁ、そこまでしないにしても、少なくとも干渉チェック程度は出来ないとお話にならないと思います。

各部品は、テキトーな作図は出来ません。
2D汎用CADでお気軽にテキトーに線などを作図していく、なんて事も出来ないかもしれません。
さ、果たして
このような 2D-CADがあったとして
有効活用できる人がどれくらい居るか?
ま とりあえず
標準部品データを一通り揃えろや!って事にはなると思いますがw

M7 → sfc → Jw_cad

取りあえず手元に SXF出力が出来るソフトは M7 しかありませんので、M7 にて、四角と引出し線を作図し、SFC保存をし、Jw_cad でそれを開きました。

通例通り、画面全体がブロック化され
その中の1つの引出し線も 1つのブロックとなっていました。
その中にブロックはありません。
ブロック名は「DIMENSION_001_」です。

そのままの状態で、SFC保存をしてみました(上記と別名)。

一旦新規状態にして、そのSFCファイルを開き、
ブロックツリーを見てみると
-001-レイヤグループ1
 -000-DIMENSION_001_
  DIMENSION_001_
という具合になり、引出し線の矢印部分が「DIMENSION_001_」としてブロック化されていました。線と文字は「-000-DIMENSION_001_」の中にあります。テキストエディタでこれを見ると、この矢印部分が文字無・線無しの引出し線データとして保存されているようです。この際、「文字無」のところに、稀に、変な文字が入る場合があるようです。

さらにこれを SFC保存をしてみました(上記と別名)。
一旦新規状態にして、そのSFCファイルを開き、
ブロックツリーを見てみると
-003--001-レイヤグループ1
 -002--000-DIMENSION_001_
  -000-DIMENSION_001_
   DIMENSION_001_
という具合になりました。これは勝手にブロック化され引出し線データとして保存される特殊な矢印部分がずっと残ることによって、SFC保存するたびにどんどんブロックツリーが大きくなっていく異常状態であろうと思われます。

というわけで、適時ブロック解除をしていかないとダメのように思います。

で、おそらく Jw_cad でのSXF対応で、引出し線の対応で色々と考えられて作られたのであろうと思われますがそれが中途半端なまま残っていて、このような状況になっていると想像されます。引出し線データの文字・線分が分解され、それがそのまま、文字データ・線分データになるのであれば、引出し線データとして保存するのは無意味だと思われますので、こういった特殊な矢印ブロック生成→中身のない引出し線データ保存、という仕組は除去された方がいいと思います。

Jw_cad 作者氏掲示板で DraftSight の質問か

Jw_cad 作者氏掲示板で DraftSight の質問か〜

それがOKなのであれば、Jw_cad 作者氏掲示板で
AutoCAD の質問とか
最近流行?の Dracad の質問とか
BIMの話などもあったついでに、ArchiCAD の質問とか、REVIT や CIVIL3D の質問とか、
そういうのもアリなのか?

いやいや、それだと、Jw_cad 作者氏へのリスペクト無視じゃね? だって、そこの掲示板は、Jw_cad 作者氏がレンタルサーバーなり何なりで契約しててドメイン費用も掛かっているんだと思いますし掲示板のメンテナンス等も Jw_cad 作者氏が行っているんですよ? そういう場所で、Jw_cad とは無関係なよそのCAD、しかも市販CADの質問とか、アリエナーイ

市販CADの質問なら、そのメーカーのサポートや関連掲示板等で聞けばいいんじゃね? 少なくとも一般CAD質問用掲示板で聞けばいいんじゃね? なぜ、Jw_cad 作者氏の個人の掲示板で質問するかね? 意味が分からんね 話の流れで質問が出る可能性はあるかもしれないけど全然そうじゃないしー

ちなみに
DraftSight の無料版は消滅して有料化しましたが、私はそれ以来触ってないです 動かなくなったからアンインストールしたと思います なので現在、DWG/DXFのチェックは DWG TrueView しか無いw (うちのPCは遅いので少し古めの版)


画面の各部位の位置関係が乱れるのならまず、Windowsの画面の個人設定で、すべての項目のサイズを小(標準、100%)にする 次にアプリの修正パッチが出ていないかを確認して有ればそれを当てる 次にアプリをアンインストールし再起動し管理者権限ユーザーでサインインし再インストールする
それでダメなら、旧バージョンに戻し新たな修正パッチが出るまで待つとか、画面が乱れるだけで印刷は出来るのなら画面は無視して印刷する等

不具合ではなく新仕様になったのであれば修正パッチが出る可能性は低い 高DPI対応という事である程度の高解像度が必要になった、という事であれば
・画面の解像度を上げる
  例:640×480 → 3840 × 2160
・ディスプレイ・VGAの解像度が上げられない場合は、可能なものに交換 或いは増設(マルチディスプレイ状態にして解像度が高いほうに表示して利用する)

なお、ダッソーのサポートがイマイチ、という話は昔から言われているので今更感 海外メーカーだからという事なら国内のAutoCAD互換CADを利用すれば良いだけの話、サブスク契約であれば別のAutoCAD互換CADにチェンジすれば良い

ランダム線か・・・

取りあえず Jw_cad 以外で ランダム線種 ってのがあるCADソフトを見た事はないなぁ〜 CADソフトはいくつか見たけれども。
見た目で一番似ているのは、AutoCAD の ZIGZAG線かなぁ。でもこれはピッチも高さも指定値で固定だから、画面倍率で見た目がぜんぜん違ってくる Jw_cad のランダム線とは全くの別物だし、ピッチも高さもころころ変わる。
それがどういう風にどういうロジックで描画されるのかが分からないので、ビューワーソフト等を作る時には、完全再現させるのははっきりいって、無理w やるにしても、取りあえず、それっぽく作るって事しか出来ない。

Jw_cad 自身、DXF保存やSXF保存の際、ランダム線を ランダム線の見た目通りに 変換したりはしない。もし、ランダム線を再現するような線種、或は、補完線分化されるのであればそれを参考にして数値化出来るのだろうけれども。

しかしまぁ、そういった Jw_cad 特有なところが、Jw_cad の面白さの1つになっているのかもしれないので、それはそれでいいんだろうけれども、Jw_cadデータを扱うプログラムを作る時には、悩みどころの1つ、ではあるw

属性

CAD上で積算処理をする、という事は
CADで作図された部品を集計する、という事である。

部品というのは、意味のある図形である。
ただの四角ではなく、ただの円でもない。
「机」を示す四角であり、円であるのならば、
図形に「机」という情報を与えなければならない。

例えば、ブロック名「机」により四角や円をブロック化する。
或は、ブロック化された四角や円に対して、属性情報「机」を付加する。

例えばその机にメーカー名や型番があるとすれば
ブロック名に、それをそのまま入力するのか
それとも
属性情報として「メーカー名」=「○○」、「型番」=「△△」を付加するのか
それをどうするのかは、個人個人が決める事ではなく、社内規格として定義するなり、標準規格として定義されたものを利用するなりして、共通化を図る。でなければデータはぐちゃぐちゃになり、積算処理プログラムを作るのも難儀する事だろう。

属性情報には、材質、重さ、外形寸法、標準価格、等々入るかもしれない。文字だけではなく、例えば重心位置のような座標値(点情報)や、中心線やピッチ線のような線情報・円情報等も必要かもしれない。或は何らかの計算式のようなものも必要かもしれない。


普通の一般的な2D-CADの場合、
属性、といえば、
レイヤー、色、線種、線幅、ハッチング線、寸法線、グループ
等のようなものを指す場合が多い。
しかし、より自由度のある情報付加手段が求められおり
例えば AutoCAD では
属性定義(ATTDEF)・属性文字(ATTRIB)
というデータが存在し、ブロック内に属性定義を記述し、そのブロック図形を配置する際に、属性定義された項目名に対する値を入力して(属性文字付加;入力せず固定的な内容=定数の定義も可能)、意味を持たせた図形を扱う事が出来る。属性書き出しコマンドというものもある。

Jw_cad ではどうか?というと
Jw_cad にブロック化の機能はあるが
属性定義・属性文字の機能はない。
従って、それは別のもので代用すれば良い。
文字であれば、文字データとして記入する(印刷させたくなければ補助線色にする)。だがしかし、前述したとおり、Jw_cad の外部変形仕様では、ブロック図形内にアクセスする事は出来ないため、それなりの別手段を取らざるを得ない。その文字データの内容も、通常の文字とは差別化する必要があるかもしれない。

そして、その図形データの作成方法をきちっと決めて、それに従って、図形データの作成を行う必要がある。例外は認めない。

仮に
1メーカーの標準部品数が 5000 あるとすれば、その 5000のデータを作成する必要がある。メーカーが 30 あれば、30×5000=150,000のデータを作成する事になる。パラメトリックなエンジンを作成すれば負担はある程度軽くなるだろうが、それでもデータ数は多くなるであろうから、それなりの工数は必要になるだろう。

ワケがわからないよ(Qべぇ)

Jw_cad作者さんのサイトの掲示板での発言
皆さんお騒がせしてごめん、そしてありがとう。

 以下の様に理解しました。
私が行おうとしているのは、cadに対して見かけ上の寸法値を自動表示しなさいということで、cadではあり得ないことを期待していました。

 寸法図形解除というのは、
元の図形線が持っている寸法値そのものをフリーにするのではなく、表示した寸法値を見かけ上の寸法値として編集可能にするための機能。

 従って、倍率複写した線を元図の寸法値と見かけ上同じ値にするには、寸図解後、各線の寸法値を手書きで編集することになる。

表現が今一ですが、この解釈で良いでしょうか。
解釈以前に、何を言っているのか、ワケがわからないよw

「見かけ上」=見たまま、外観、って事で
見かけ上の寸法値、というのは
 その図形の見たままの寸法値=その図形の寸法値そのもの
 例えば 10mm×10mmの矩形を倍にして 20mm×20mmに
 したとしたら、見かけ上の寸法値は、そのままの値、
 つまり、20mm×20mm となる

「見かけ上」=実際には見たままとは限らない、というニュアンスならば、テキトー(いい加減)な内容を表示するのか、それとも、CAD操者の脳内を自動スキャンして表示するのか、それとも、人工知能で適当だと推定される内容を表示するのか、、、まぁ「あり得ない」事は無いが、そんなCADシステムを使いたいと思う人は稀だろう。自分が脳内で想像したモノが CADシステム上でそのまんまその通りに具現化されると、それはそれで面白いとは思うが、仕事にならないだろう。ビルの設計をしてる途中でコーヒー飲んだら、CAD上でビルの上にドデカいコーヒーカップが描画されたりして。それはそれで笑えるが。

自身で「自動表示」と言っているんだから
 寸法値は図形に合わせて「自動的」に変化し、
 10mm×10mmを倍にしたら 20mm×20mm となった方が良い

その自動寸法の機能が「cadではあり得ない」って意味は不明。遥か昔のソフトなら寸法値も普通の文字データとして扱っていたりして、自動的に変化してくれなかった、っていうのはある。しかし文字に「寸法属性」が付いて、この文字は普通の文字ではなく寸法値だよ、という事で識別して、拡大縮小時に文字内容を変化させる、というCADソフトが出た。しかしそれでも不都合があるので、寸法図形データという新しいデータ形式が追加された。AutoCAD でいえば、GX3→GX5 での大きな変革だった。詳しく調べていないが 1985年だろうか?(GX5で3D座標になったが、Autodesk社の動画では「AutoCAD3D=1985年」とあるので)今から36年前の話。
JW_CAD(DOS版)でも 寸法図形データというのは無かったが、Jw_cad (Windows版) では Ver.1.10 から存在する。

但し、製図でもあるように、寸法線の寸法値に「A」「B」等の文字を描いておき別表で A値は〜、B値は〜、という記述法はあるし、参考寸法や理論寸法を記述する場合もあるから、自動的にそのままの値が表示されず、意図した内容で記述できるように、という機能もCADには存在する。例えば AutoCAD であればオブジェクトプロパティで寸法値の欄に、その描きたい文字を入力すれば良い。Jw_cad にその機能は無いため、寸法図形を解除し、古来の、線データ+文字データ、という状態にして文字データの文字内容を編集する。


別の発言で、体積や面積等を計算して云々、という事を書かれているが、図形を作図し拡大縮小して寸法値はいい加減な内容になっている状態であれば、CAD上で面積測定をしてもそれは 想定している値での計算では無いから想定外な値になるし、そこから体積を計算しても同じく想定外の値になるので、CAD上での評価は全く不可能で、見たままの ただの絵と文字、そして脳内での計算&結果、になる訳だから、パソコンやCADを使うまでもなく、紙と鉛筆を使う事でも良い訳で、一体、何のために「CAD」を使うのだろう?とは思う。

所謂「脳トレ」であれば、それ用のソフトは幾らでもあるし、キーボードを叩くよりは、鉛筆やペンで絵や文字を描く方が遥かに「脳トレ」になると思う。パソコンを使っているとよく実感するんだけれども、ペンで文字を描くとどんどん下手になっているな、と思うし、漢字が思い出せなかったりする。目も悪くなるし、肩もこる。
電子化してペーパーレス、とか言っても、どこにデータを保存したのか忘れると問題だし、間違ってデータ消してしまう事もあるし、バックアップしてもどのディスクに入れたのか分からなくなる等も有り得るし、ハードディスクやパソコン自体が壊れるとお手上げだったり。

「CAD」を使うのなら、せめて、CADの機能をもっと有効且つ便利に利用した方が良いと思う。まぁ、ソフトをどう使おうが、使う人間の自由であるが。

文字重なり回避プログラム?

ある特定の外部変形プログラム内に埋め込むのではなくて、文字重なり回避プログラムとして別に作った方が、他にも利用出来るし良いんじゃないかと思います。

文字の重なり回避をしたいのなら
がさっと範囲選択して
文字枠の矩形が、他の線・円弧・文字・ソリッド等と交差しない、内部に含まれない、それらを内部に含まない、という条件を満たせば良い訳なので、選択した全ての文字に対して処理を行う、条件を満たさない場合は、上下左右斜めにちょっとずつずらしながら検証していく、という事をすれば良いと思います。まぁ、どれくらいのデータがあると、どれくらいの時間が掛かるのか?については、プログラム処理系にも依る(スクリプト等インタプリタ系よりもC等のコンパイラ系の方が速い)、けれども一番の問題は、
文字をずらした結果の図が、自分が思ったような綺麗?な図になるのかどうか?
って所だろうなぁw

結果的に、そんなの 人間が見て、人間がちゃちゃちゃと
文字移動してしまったほうが遥かに速い
って事に
なるかもしれませんねww

B版の図面

取りあえず新規で図面を描くんであれば
B版よりも A版で作図するっていうのが
基本だと思います。

でもま、既に存在するB版の図面(手書き)を
トレースしてデータ化するっていうだけなら
別段、そのまま B版で書いてしまっても
構わないと思います。
実際に印刷するんであれば、その用紙サイズに
合わせて図面枠作って、そこにコピペして
別のデータとして保存・印刷すればいいだけだし。

ただのアーカイブであれば
元々の状況を再現するという意味において
B版だったのなら B版として作るという事に
意味はあるかもしれないし。

宇宙戦艦ヤマト2199 が 元々の「宇宙戦艦ヤマト」と
基本骨子が同じだとしても全くの別物であるとして
2199に賛否両論あるにせよ
2199は 2199として評価されるべきだと思うし
元々のヤマトをそのまま、現代の新技術で再現して欲しかったって人も居るかもしれない。(仮に、そうしたからといって、3D-CGが何か違う、とか、声のイメージが全然違う、とか、それはそれで賛否両論は出てくるに違いない)
って何の話だよ?w

まぁ仮にトレースするにした所で、
手書きの文字のフォントを再現する事は出来ないし、それを「MS ゴシック」にするのか極細フォントにするのか等は作図する人に依るし、線種だって細かく再現する事は出来ないだろうし、寸法値だって紙図面で正確に書かれているのかどうかすら分からない。何度も出てくる記号などはいちいち作図するのも面倒になるだろうから図形登録するかもしれないし、ロゴや印鑑等はどうするかってのもあるかもしれないし、その他などなど 色々あるかもしれない。

作図していく事で、製図の勉強、Jw_cad の勉強、いろいろ出来るのではないかと思います。

あ、そうそう
現在使用中のプリンタの用紙一覧に B2 が無いんなら
PDF作成ソフトでも入れて、B2 を選べばいいと思います。

[JWW] Re:Jw_cadは3Dスキャンファイルをどのように扱うのですか?

Jw_cad作者さんのサイトの掲示板での発言
現在、私たちの会社はAutoCADを使用していますが、来年からAutoCADのサブスクリプションをキャンセルする予定であり、代替ソフトウェアを探しています。Jw_cadは、Artec Studioソフトウェアの3Dスキャンを扱うことができるソフトウェアであれば、良い選択肢になると思います。これは正しいですか?
Artec3Dソフトウェアの仕様 - https://www.artec3d.com/ja/3d-software/artec-studio#specifications.
・正しいか正しくないか?
 正しくない
 →Jw_cad は 2D-CADであり
  3Dデータを扱う事は出来ない
  (XY平面への投影図となる;
   3Dプリミティブは反映されない)
 →Jw_cad は 3D-DWG/DXFを
  正しく読み書きする事は出来ない
・AutoCAD互換CADを導入すれば良いと思われる
 ZW3D
 https://zwcad.co.jp/ZW3D/index.html
 IJCAD PRO
 https://ijcad.jp/

[HOC] Re:hocadからjww

Jw_cad作者さんのサイトの掲示板での発言
元請の方からhocadでデータがきました。jww cadしか使ったことがないのでjwwで開きたいのですがどうしたら良いでしょうか?
cadに関しては全くの素人です
・まず HO_CADpao をダウンロードしてインストールする(HO_CADpaoは有料ソフトだが「ベータ版0.9.1.0」がダウンロード出来る)
 http://www.ho-cad.com/
・ファイルを開く
 ※最新データ形式である場合?ファイルは開けないかもしれない
  その場合は、有料ソフトを入手する必要がある
・ファイルを Jww形式で保存する
・Jw_cad でそれを開く

・有料ソフトでないとダメな場合は、有料ソフトを導入する
 費用を支払いたくない場合は、相手さんから、Jww形式ファイルで保存をして送ってもらう

BIM...

BIM といえば やっぱり
アメリカのコンピュータのメーカーだよな?
   ・・・ それは、IBM

だったらやっぱり、MicroCADAM にあった
独自の中間ファイルの仕様か!?
   ・・・ それは、BMI

・・・

BIM といえば、前の前の職場で IFCうんたらと一緒に
ちょっと話題になってたネタだったような気もするけど
私には全く関係無かったので ちゃんと勉強してないなぁ
ライフサイクルがどーのこーの
工程表がどーのこーの
って PDM みたいなもんか?ってアバウトなイメージしか無い

そういえば
先日から トプコン社のサイトを見たりしてたんだけど
そこでも、BIM うんたら〜 って言葉が飛び交っていて
う〜ん 結構 守備範囲広いんだなーと。

・・・

「BTOOOM!」に出てくる爆弾の事だな!?w
BIM は 有効活用しなくちゃね!ww

AutoCAD のポリライン

AutoCADのポリラインは現在
 従来のポリライン と
 ライトウェポンポリライン が
あると思います。もしかすると全く別のポリライン要素が出来てるかもしれませんw(※私は最新のAutoCADは知りません)

以前の AutoCADには、線等に線幅のデータを持たせる事は出来ませんでしたが、ポリラインだけは、幅を持たせる事が出来たのでした。しかも、区間の始点側・終点側で異なる線幅が持てる上に、線種を指定する事が出来るという。そして、R(円弧)を含める事も出来るという、結構エグい仕様なのでしたw(異CADデータ交換ではポリラインの完璧な再現性を備える変換ソフトやCADソフトは相当に稀な状態でした)
私のDXF変換ソフトもポリラインの完全再現は出来ないです。

WindowsGDIや Direct2D等でのポリラインは基本、連続の線分となります。ただ、GDI+、Direct2Dでは「パス」という複合曲線のような仕組みはあります。SXF仕様では線分の連続の「折れ線」というのはありますが、別に、複合曲線というのもあります。複合曲線は、連続する線・折れ線・円弧・楕円弧・曲線をグループ化したようなものです。

Jw_cad には、ポリライン要素も、複合曲線要素もありません。
が、曲線属性番号を使ったグループ化のような機能はあります。しかし、それは連続する線・円弧・楕円弧を保証するものではありません。あと、外部変形では曲線属性番号はマトモに扱えない事と(線・ソリッド図形のみ有効)、ブロック化すると曲線属性番号がリセットされてしまう、という事があるため、中々使い難い面はあります。
※以前に存在した、曲線属性番号の値がおかしくなる、という不具合は現在バージョンでは修正されているようです。

Jw_cad でのSXF対応で、ネイティブ対応のためにはまず、折れ線対応は必須ですよね?という事で作者氏と昔、話をした事はありますが、現在まで、実現されていません。ま、仮にそれが実現されたとしても、線分の連続という事になるとは思います。

AutoCADのポリライン要素の良い所は、やっぱり、周長・面積がパッと出せる、という所と、線種の連続性を保つ事が出来るという辺りでしょうか? PEDITも簡単に出来ますし、結構扱い易いアタリも味噌のように思います。

そゆ訳で私も昔から Jw_cad にポリライン要素が出来ると良いかも?とは思ってますし、それがダメであっても、外部変形やブロックで曲線属性の扱いをもうちっと何とかしてもらえないかなぁ?等とも思っています。

Re: 推薦できる無料3Dcadを教えてください

Jw_cad作者さんサイトの掲示板での発言
題意のとおりです。
実際に使われていて、これはというソフトを教えてください。
よろしくお願いいたします。

・Jw_cadユーザーでは、無料3Dソフトとして以前「スケッチアップ」というソフトが人気があった
 →Googleから Trimbleに移行され
  無料版は商用利用不可になったため
  薦められる事は無くなった
・オートデスク Fusion360
  個人・学生の場合は無料で利用できるが、商用利用不可
・DesignSpark Mechanical
  エクスポート機能や2D図面作成機能は有料

というわけで現行、よく利用されている商用利用可能な無料3D-CADというのはほとんど無い。スケッチアップの古いGoogleのバージョン(Ver.5〜7)を使っている人が居るという程度。

3D-CADといっても、機械系なのか、建築系なのか等の業種によって異なってくるし、絵を描きたいだけなら 3D-CGソフトで良い場合もある。

図形の基準点

えー 私も昔は 機械部品の電子カタログとか
CADの図形データとか
そういうのを作っていた頃がありますので
(一部は昔、M7用に作ってウェブで公開してますので
 興味のある方は御自由にご覧下さいw)
部品図形に「基準点」ってのがあるってのは承知の上であります。はい。

例えば歯車の側面図であれば、あそこだよね
というのはありますが、そういうのは、
実際に機械部品(モノ)を取り付ける際の位置である事が
多かったりするのでありんす。
ですので歯車の場合は、軸(シャフト)を付ける位置であったり、相手歯車との噛みあい位置という場合もあったりする訳です。まぁ、噛みあい位置の場合は大抵、噛みあいPCDを作図しておいて、その交点に、というケースが多い訳ですが。あるいは、中心位置計算をして云々な話です。
ねじ・ボルト・ナット・ワッシャー等も同じ。

で、CADでは具体的に
基準点を決め、そこを(0,0,0)点として、作図を開始する訳ですが、まぁあれです。図形を描いてしまってから基準点をここにする〜という後決めパターンもある訳で。で、AutoCADであれば、昔から「複合図形」(ブロック図形)という機能がありまして、機械部品図等のようなものはそれを使ってやると後で利用しやすくなったりする訳です。デザインセンターという機能も追加されたり等。
で、AutoCAD(=DWG/DXF)でのブロック図形データというのは、基準点は(0,0,0) でなくても良い訳なのですよね〜。落合氏の「DXFハンドブック」では、ブロックの基準点は通常0 って書かれてますけれども、0でないデータもかなりあったりします。
なので、基準点には、マークがないと、図形の基準点がどこなのかわかんなくて、図形を選択する時に困ってしまう場合も あるかもしれませんね。

なお、Jw_cad でのブロック図形の基準点は (0,0)点である、って仕様です。けれどもまぁ、Jw_cad には定義ブロック図形一覧選択の機能はありませんから、アレですけど〜。ただ、図形コマンドで参照する図形ファイル(JWS/JWKファイル)には、まぁフォーマット公開されてませんから断定は出来ませんが、配置基準点というのはあります。ですので、図形コマンドでの図形のファイル選択一覧では、配置基準点のところに赤丸が表示されてます。けれどもそこに点データが必ずしもある訳ではありません。図形データを作った人がそこに点データを作図していれば、あります。

最新のAutoCADは知りませんのでアレですが
昔からのAutoCADには、補助線って属性がありません。
Jw_cad には、補助線色や補助線種というのはありますが。
なので AutoCAD では、画層(レイヤー)で分類し、印刷しない画層に線や点を描いて 補助線として使う みたいな感じになっています。
それについては Jw_cad でも同様に、表示のみレイヤーにして表示のみレイヤーは印刷しない設定にするとか、非表示レイヤーにするって感じで似たような事は可能です。

AutoCADでは、寸法図形(DIMENSION)要素を利用する際、その基準点等が「DEFPOINTS」という印刷されない特別な画層が用意され、そこに入るようになっています。ですので、ブロック図形の基準点等も ブロック図形を作図する人がそこに基準点を作図しておいてくれさえすれば、後々のブロック図形利用でも有効に働く、のかもしれません。
なお
AutoCADでいう「点」とは
Jw_cad の黒丸な「点」ではなく、
1ドットの点、+、×、〇、〇と×の重なり、□、□と+の重なり
のうちから選択 って事になってます。
Jw_cad のように 寸法線の端点に使う等は考えられてません。
1ドットの点は ほんと 見えませんので
基本的にはそれ以外が利用されると思いますが〜
なので
AutoCAD(DWG/DXF) と Jw_cad とでは点については
てんで違うモノ と思っても差し支えないかもしれませんw

ODA FileConverter 20.12.0

出てました。

ダウンロードしてインストールして
動作確認。

DXF/DWG 2018形式まで対応との事。

JacConvert 3.13b で
取りあえず、Jw_cad 同梱の「Aマンション平面例.jww」を
DWGに変換してみましたが、別段 問題無さそうです。

また、その DWGファイルを
JWWに変換してみましたが、別段 問題無さそうです。

DRAFTSIGHT 2018

というわけで何度かダッソー社から
DraftSight の無料版が終了なので有料版へ
というメールが来てましたが
取りあえず公式サイトでのダウンロードは、30日使用可能なトライアル版となって、無償版はもう無いよという事になっているようですね。で、2018以前の DraftSight は昨年末で終了、という事に。

で、先ほど DraftSight 2018 を動かしてみたところ
取りあえず まだ 動作しているようです。

これは 30日間トライアル版状態なのか
次回のアクティベーションで使えなくなるのか
その辺はまだよくわかりません。

でもまぁ、DXF検証のために動かしているだけですが
いまのうちに作業はやっておいた方がいいかも?
みたいな感じはします。
どのみち最新版のDWG/DXFのチェック等はしませんから
常に追い掛ける必要はないと思っているのですが。
それだったら
本家本元のAutoCAD LTを短期間分だけ購入すればいいかな
という気はしてます。

[JWW] Fusion360からのDXFデータ?

というわけで少し興味があったので、
オートデスク社の Fusion360 体験版をダウンロードしてみました。

うちの安価PCは、i3どころか ただのモバイル Celeron 2GHz
う〜ん 遅いw
メモリも少ないし、VGAもマザーオンボード

ダウンロード&セットアップも1回失敗して PCフリーズするしw
なんとかダウンロード&セットアップは終わって
(してる間はPS4でマイクラして遊んでたw)
起動するのは超遅い、マウス操作も超遅い、
こんなの動かすだけで 超遅すぎて 使えません〜状態だけどw

それでもまぁ、
四角描いて、自由曲線書いて、中に円を描いて穴開け状態にして
押し出しをして 3D図にしてみた。

それをそのままデザイン画面でエクスポートでDXFにしたら
フツーに 3D-DXF になりました。
多分。
オートデスクのDWG TrueView2016 で確認。
オービットで回転表示出来る。

そのDXFデータは、Jw_cad 8.10b でも一応、開きました。
縮尺がアレなので、1/10くらいにしたけど。
自由曲線んところは全然出てないけど。
まぁそれは想定通り。

次に

図面シート状態にして、
ファイルのエクスポートは効かないから、
リボンメニューの一番右のボタンの DXFでシートを出力云々の
メニューを選んで DXF保存。

それを Jw_cad 8.10b で開いてみましたが、
まぁ想像通り、正常には開けませんでしたが、それなりに
強制終了とかせず、開きました。
DraftSight で開いてみましたが、ちゃんと見えてますね。

まぁ想像通り、レイアウト&ビューポートは使われてると思います。

しょぼいPCだし、超遅いんだけども、超簡単なデータだけど
強制終了とかは しませんでしたね〜

逆に、強制終了するデータというのを見てみたいので
どこかにアップロードしてくれないかなぁ?w

「M7」の作者氏が

2D-CAD「M7」の作者・博山氏が

今年の4月に亡くなられていたそうです。

・・・

私もオフ会で2、3度お会いした事があるだけですが
まだお若い方だったと思いますけれども
・・・残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

博山さんのM7サイト

にアクセスが出来ません。

サーバーのメンテナンスとかなら まだいいんですが
ひょっとして
・・・
M7 終了?

建築フォーラムでのレジストについての質問も
そのまま状態になってたし・・・

本業が忙しくなったという事かなぁ?

終了ということなら残念ですが
まぁ、ほとんど完成してたと思いますし、
今まで お疲れ様でした m(_ _)m


フリーウェアの2D-CADは、Jw_cad をはじめ、色々なものがありますが、シェアウェアの需要というのはどんどん低下しているのかもしれません。う〜ん、私も 新規に作っても仕方がないかも?www 等と思いつつ。

DraftSight 無償版 今年末に終了

ダッソー・システムズより
https://blogs.3ds.com/japan/draftsight2019_announcement/
2011年の公開から長きに渡りご愛顧いただいております2D CADソリューション「DraftSight」はこの度、最新版リリースに伴い、無償版のご提供を終了することとなりましたのでお知らせいたします。今後は全ての製品パッケージが有償(期間ライセンス)でのご提供となります。

現在お使いの無償版DraftSight(バージョン2018/Xおよびそれ以前のバージョン)は、2019年12月31日をもって使用できなくなります。無償版DraftSightのダウンロードも米国東部時間2019年3月19日をもって終了します。

ほんとだ 知らんかったw

まぁ、無償版を提供してても多分 誰も有償版のPro版とか全く買わなかったんだろうなぁ。で、会社としては採算が合わないので、ヤメ、という事だろうか。私もダウンロードさせて頂いて、DXF入出力のチェック等で利用させてもらいましたから、今まで有難うございました、という所かな。

M7の試用が出来ない?

建築フォーラムの掲示板での質問。

M7を入れて動かそうとしたら試用期間が終了したとのメッセージが出て試用出来ないとの事。

2年前に新品で買ったPC との事だけど
初めて入れた、との事だけれども
昔に入れてすぐ消して 忘れているだけのような気がします。
2年前でしょう?
私でも2年も使ってなかったら忘れていると思います。

Win10のPCに 試しに入れてみようかな?と思ったら
既に入れてたw すっかり忘れてたw

何らかのキーを設定するとして、当然、
超・独自のキーなのだろうから、偶然に よそのアプリと
かぶったりするような事は無いと思います。

仮に 試用版であっても、試用期間が終了したあとに
試用期間を開始時に戻す、という事をするんであれば
それは クラッキング行為になるのではないでしょうか。
従って
調べる行為自体も、一切、やるつもりはありませんが
仮に
調べようとしても時間の無駄に終わるような気はしますwww

どうしても試用したいのなら、別のPCを利用すればいいと思います。
その1台しかないのなら、M7は Win95〜で動作するんだから
中古PCでも買えばいいと思います。
え? 中古PCを買う位なら レジストする方が安い?
ごもっともwww

PCのHDDを初期化して、Windows10をセットアップして
アプリ入れて 綺麗にしてやってから M7を試用してみるとか。
それで試用できるのなら
やっぱり以前に 一度入れて 消しているんだと
明確に分かるでしょう。
あ、必要なデータ等は事前にバックアップするのを忘れずに。
まぁ
1日作業になるかもしれませんけれど。

アプリのインストール等はともかく
メーラーの設定とかが一番面倒臭いw

DXFの複数レイアウト

というわけで、AFjww2dxf の作業をしようとしていて、複数レイアウト対応をしようと思っているんですが、どーにもこうにも 思ったように行かなくてw

何故だろう?

というわけで再度、DraftSight で単純な図で確認作業をしてました。

う・・・

そういう事だったのか!w

1つ目のレイアウトは、67フラグとハンドル指定で思ったように行きましたが、2つ目以降のレイアウトについては、なんと、ブロック化をしないといけなかったのか! いやぁ全然想像していませんでした。テンプレートをブロック化して差し込むんならその方がてっとり早い、みたいな話なのだろうか。

謎は1つ解けたのはいいけど修正が大変だなぁwww


追記:
DXFでの BLOCK_RECORD で
*Paper_Space、*Paper_Space0、*Paper_Space1、・・・
となっていって
そのあとの BLOCKで
まず、
*Paper_Space、*Paper_Space0、*Paper_Space1、・・・
の定義をしたあとで
通常のブロック定義がされるけれども、
レイアウトの中でブロックを使っていると、DXFの原則である子ブロック先定義から外れてしまうんだけれども、この場合は例外事項として扱われるみたいですね。

DRAFTSIGHT 2018 SP3

が公開されたようです。メールで来てました。

Win32bit版、Win64bit版、MacOSX版(β)、Fedora版、Ubuntu版
だっけ?

上書きセットアップは出来たようですが(設定移行ツールあり)
アクティベーションは再度 やりなおしでした。
Recent Comments