自転車で痩せぬオタクブログ

 自転車が趣味のデブオタクのブログです。  自転車始めてそろそろ5年になりますが、全く痩せる気配がありません。  基本的に自転車に乗った話と映画を見た話しか書きません。  カテゴリ「スポーツ」に「自転車」がないのは何故なんだか と思ったのカテゴリを変えました。  

セントラル インテリジェンス

コミックマーケット93 当選しました。

日曜日 東ホール テ 55b 

アフガン航空相撲研究会
 です。

体脂肪30%超の山登り 六 を書く予定。とりあえず表紙を作りました。

表紙

全然進んでません。マジヤバイ。

 セントラル インテリジェンス を見ました。



 かつて高校の卒業生代表、今はしがない会計士のケヴィンの元に同窓生のボブと名乗る男から飲みの誘いがあった。誰かわからず行ってみるとそこで待っていたのは・・・

 心当たりのない知り合いと名乗る人物から誘いを受けて、行ってみたらそこで待っていたのは

 ザ・ロック様

 

 という下手したら逃げ出したくなるシチュエーションから物語が始まります。話を聞くとこのロック様、かつて高校でいじめられっ子、卒業式のときいじめっ子にフルチンでみんなの笑いものにされた過去を持つ男でした。

 ロック様改め ボブと意気投合したケヴィンの家に、CIAが訪ねてきます。彼らが言うには

 CIAエージェントだったボブは国家を裏切って、機密を他国に売り渡そうとしている らしい。
  

というように

ロック様が高校時代いじめられっ子

1km先でも個人認識出来そうなロック様がスパイ

この時点で出オチのようなアクションコメディ映画でございます。

アメリカの学校って、スクールカーストが激しい、というのは聞いてましたが、

高校時代に絶頂を経験した人の悲哀

というのは中々理解しにくいものがありますね。ティム・バートンがハリウッドで成功したあと、高校の同窓会に出席、嘗てのスター選手たちの現在を嘲笑した、という話のほうに共感を覚えてしまいます。
 当のケヴィン、高校卒業をピークに人生下り坂、と自分が思い込んでる中で、嘗て最下層、今現役ヒーローのボブと冒険を繰り広げる中で、自分を再発見?というのでしょうかね。少なくとも、ケヴィンは高校時代、唯一ボブをバカにしなかった人物で、だからこそボブも彼に会いに来た、というあたり、

 つるの恩返し っぽくもありますね。

 当然ロック様主演のアクション映画です。インターネットには、時々、半ば冗談で 全ての問題は筋肉が解決する、と主張される方々がいらっしゃいますが、ボブも全て筋肉で解決します。

 まぁ、国家敵陰謀を筋肉が解決するのは珍しくないですが、いじめ問題からトラウマの克服まで、本当に全て筋肉が解決する、というのは大変アメリカンで面白かったですよ。

まぁ日本人は ロック様も筋肉もあまり好きじゃないみたいなので、公開も小規模ですが、機会があれば見て損はないですね。

ポイント

・ハリウッドは凄いですね。高校時代デブでいじめられっ子だったロック様、という役者が普通に存在するとは。スターウォーズEP2のオーウェンおじさんの若い頃以来の衝撃です。

・アクションシーン見てて思い出したののがこの動画


ジャスティスリーグ KUBO クボ 二本の弦の秘密

コミックマーケット93 当選しました。

日曜日 東ホール テ 55b 

アフガン航空相撲研究会
 です。

体脂肪30%超の山登り 六 を書く予定。とりあえず表紙を作りました。

表紙

全然進んでません。マジヤバイ。

KUBO クボ 二本の弦の秘密 をみました。



 アメリカ人の手による日本の民話風ファンタジー物語です。日本が舞台なのにキャラクターの性格が微妙にアメリカンなのが少し気になります。

 が、この映画の肝はそんなところではなく、ストップモーション・アニメだということでしょうか。

 私はあまり詳しくありませんが、ストップモーション・アニメとは、可動式の人形を少しづつ動かしながら、一コマ一コマ撮影する技法のことだそうです。

古いところでは アルゴ探検隊の骸骨剣士


タロス


スターウォーズのスノーウォーカー



なんかが有名ですね。

で、このKUBO~という作品、予告編にある映像全て、コマ撮りで撮影されているんですね。いやはやなんとも凄いことです。


ジャスティス・リーグ 見ました。



 異世界からの侵略者の存在を察知したバットマン・ブルースウェインは、能力者たちを集めてチームを結成、これに当たるべく奔走していた。そんな中、ワンダーウーマンの故郷、アマゾン島が何者かに襲撃される。

 スーパーマン、バットマンなどを要するDCコミック、クロスオーバー作品の大目玉満を辞しての登場です。作品としては、バットマンVSスーパーマン の続編、という立ち位置です。



 今回はバットマンと前作より登場しているワンダーウーマンに加えて、アトランティスの王、アクアマン、高速で動けるフラッシュ、全身機械に覆われたサイボーグが悪と戦う展開となっております。
 まぁぶっちゃけ今時の若い人には

 スーパーマン、バットマンが出てくるアベンジャーズみたいなの

 と説明するのが一番分かりやすそうな作品ですね。昔はDC映画化のニュースで、

 スーパーマン新作にはブルースウェインが出るらしいぞ とか聞いてワクワクしていた人間としては、とうとうここまで来たか、という思いがないではありません。が、同時に

 もう10年早く実現してたらもっと楽しみだった、という、まるで

タイガー・ジェット・シン対アブドーラ・ザ・ブッチャー 

のような企画であるのも事実なのでございます。


 私の気持ちは正直↑の試合で、すっかり怖くなくなった両悪役の激突に義理で歓声を上げてる観客の如く、でございます。

 で、この映画を見終わっての感想は

 ワンダーウーマンはカッコよかった。


 の一言につきます。あとはまぁ、なんというか、


 ねぇ

 ほら




 面白くなかったです。理由はわかってます。


 昔ガンダムOOの第1話を見てある人が、

 なんでも知っている風なキャラがシャアみたいに一人いたら十分だ。何人もいたら話が進まない。

 と言ってた人がいましたが、ジャスティスリーグを見て同じことを思いました。

 ヒーローとしての自覚がぶれて悩むキャラはチームに一人いれば十分だ。

 これにつきます。

 個々のシーンには目を見張る部分があるだけに残念ですね。

はじめの一歩 大洗 等

コミックマーケット93 当選しました。

日曜日 東ホール テ 55b 

アフガン航空相撲研究会
 です。

体脂肪30%超の山登り 六 を書く予定。とりあえず表紙を作りました。

表紙


諸々について

はじめの一歩 が話題になっていたので読んでみました。こんなツイートもあったことですし、長年付き合ってきた義務として目を通す必要があるかと思ったのです。


 それまでピンピンしてた主人公がラスト前いきなり瀕死状態になることを友人は モロボシ・ダン 状態と呼んでるのですが、一歩もまさにそのまんま。かつての鷹村の入場曲が ウルトラセブンのテーマ だったことを考えると、もしかして連載開始時からこのつもりだったのか と思ってもいないことを言ってみたくもなります。




・久しぶりに大洗に行ってきました。定番スポット ガルパンカフェに行ってみると
IMG_3948

IMG_3943
IMG_3942

 メニューが充実してます。

 そして以前から気になっていた 大洗アウトレットモール

IMG_3957

素晴らしいほどの閑散ぶり。
IMG_3959

 
IMG_3962

 ガルパンギャラリーとまいわい市場のみ客がいる、というのは中々物悲しいものがあります。

 その後少し足を伸ばしてあんこう鍋
IMG_3963

を食したあと、幕末と明治の博物館 に行ってみました。
IMG_3964

 だろうとは思ってましたが、
IMG_3965

おりょうさんがいました。
IMG_3966

 今更いうのもなんですが、このファンによる奉納って、宗教儀式の一種なんでしょうかね。

 博物館には各種 幕末有名人の書簡や、やんごとなき方々の服などが展示されてました。

 その後 神社にお参り

IMG_3969

いつもの痛絵馬
IMG_3971

を鑑賞します。
IMG_3970

 なんだか凄いですね。

・コンビニでこんなものが売っていたので買ってしまいました。
IMG_3972

何冊目なのか思い出すこともできません。版を重ねるごとに追加されてるのはせめてもの良心、ということなんでしょうかね。



 今日も全く原稿が進みませんでした。

 一体なんでだろう。

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ