自転車で痩せぬオタクブログ

 自転車が趣味のデブオタクのブログです。  自転車始めてそろそろ5年になりますが、全く痩せる気配がありません。  基本的に自転車に乗った話と映画を見た話しか書きません。  カテゴリ「スポーツ」に「自転車」がないのは何故なんだか と思ったのカテゴリを変えました。  

パシフィックリム アップライジング見ました。

 5月6日(日)に開催されます、文学フリマ という同人イベントにサークル参加することにしました。コミケ以外のイベントは初めてです。

スペースは キー19 アフガン航空相撲研究会 です。

表紙

関係ありませんが、グーグル先生に「文学フリマ」と入力すると、
文学フリマ

 こんなことになるので辛いです。

・私が好きな漫画「山と食欲と私」のイベントが金時山で行われたそうです。仕事で行けませんでした。残念。


パシフィックリム アップライジング を見てきました。



先の戦争で人類を守った英雄の息子、ジェイクは未復興地の非合法廃品回収で生活していた。そんなおり、同じく廃品でイェーガーを自作する少女、アマーラと共に捕まったジェイクは教官として防衛軍に入隊、スカウトされたアマーラ等パイロット候補生を指導することになった。
 一方、怪獣の再来に備えて、新たに無人イェーガーのプロジェクトが中国企業の手により進んでいた。無人イェーガーをあらかじめ世界各地に配備、緊急時は遠隔操作で怪獣に対処できるのだ。プロジェクトの可否を決める国際会議に嘗てのパイロット、マコが出席することになり、ジェイクもイェーガー、ジプシー・アヴェンジャーで護衛任務についた・・・

 怪獣とロボットのど付き合い映画、パシフィックリムの続編です。

 前作より10年後の物語、主人公は前作でカミカゼ原爆特攻で人類の危機を救ったスタッカー司令官の息子と、彼の教え子であるイェーガーパイロット候補生たちで、その脇を嘗てのパイロット、マコや、ニュート、ハーマン両博士が固めています。

 相当に復興は進んでいるかつて滅びかけた世界、

 世界を守るために日々過ごす少年少女とその上司、

 彼らの存在を不要にするかもしれない新技術の誕生

 それらを取り巻く陰謀


 私はアニメとかロボットとか詳しくありませんが、どこかで聞いたような気がしますね。

 これだ



間違えた。こちらです。



となるとこの計画の行くすえも想像できようというものですね。

しかしまぁ時代はかわりました。中国の巨大企業が世界を救うプロジェクトに参画、というのは2012でもありましたが、



 あの時はまだ、こんなもん作れるのは人件費も安くて口止めも可能な国は中国くらい というニュアンスでしたが、この映画ではただ未来予想としての最先端中国企業を描いてます。まぁ中国資本のレジェンダリー制作で、前作も中国で大ヒットしたわけですから当然です。ただ、ストーリーが進行していくうち、

 これはネトウヨが怒るかも知れない内容だなぁ 

と思わずにはいられませんでした。本当に怒る馬鹿がいたらちょっと困りものですが。

 今回のクライマックスは イェーガー4機と怪獣軍団の大激突、前作以上の超ヘビーサイズのど付き合いが堪能できます。


 いやぁ本当に映画っていいもんですね。


気になった点 ネタバレありかも

・イェーガー、4機もいるけどみんな同じ機体の別バージョン。例えるならザクとシャア専用ザクとザクキャノンとザクマリンタイプが並んでいるようです。リアリティを考えるとそうなるのはわかるのですが、そんなもの観客は求めてるんですかね。チェルノアルファの後継機 とか出てきて欲しかったです。




ダンガル きっと、つよくなる

事情があって真面目にダイエットに取り組むことになりました。

それに当たって、カタチから入るたちなのでブログを新たに開設、日々記録することに。そのうちこちらにも書きます。

ダンガル きっと、つよくなる 見ました。サブタイトルいらないと思います。



 レスリングインド代表になりながら、生活のために選手を続けることが出来なかったマハヴィル。彼は自分の望みをこれから生まれてくる子供に託すことにした。

 「俺の息子がインドに金メダルをもたらすんだ」

 しかし、生まれてくるのは女の子ばかり。望みを断たれ、日々生活をおくるマハヴィルの元に自分の娘が近所の男の子をボコボコにした、という知らせが届いた。

 娘達は俺の才能を引き継いでる!



主演はアーミール・カーン。ボリウッドの大スターで、現地では

シャー・ルク・カーン


サルマーン・カーン


キラーカーン



と並んで4大カーン と呼ばれているほど。(一部嘘)

日本では
きっとうまくいく


チェイス!


PK


などが公開されていて、日本における認知度はかなり高い人ですね。個人的には何を考えているのかわからない奴を演じさせたらピカイチなのではないかと思ってます。いかにも怪しげ、な人間ではなく、パッチリ開いた眼が何とも言えない狂気を感じてしまうのです。


 で、映画 ダンガル きっと、つよくなる です。

 予告編でわかりますように、息子が生まれてきたらレスリング選手にするつもりだった元選手が、娘を鍛えることにした、という

 巨人の星 と ベルサイユのばら

 のミックスにインド社会の問題をふりかけた作品でございます。

 日本も女子が格闘技をするなんて、という声が昔はありましたし、今でも心良く思ってない人が少なからずいますが、この映画の舞台はインド、そもそもダンス以外の身体活動が許されているのかすら疑問なお国です。突如

 明日からは脂やスパイスの入ったものは食べさせない

 と言い出してランニングさせ始める父親に対して本人たちは無論、母親や周囲の人々も反対します。でも父親は怯みません。

 かなり無茶なことをして娘たちにレスリングに邁進させます。星一徹もかなり理不尽な男でしたが、アーミーカーンも負けず劣らず理不尽です。

 ただ、そこには彼なりの インド社会の理不尽に対する反抗心があることが徐々に分かってきます。

 理不尽な社会に対する怒りを理不尽な形で娘にぶつけたりするわけで、普通グレルんじゃないか、と思わないでもないですが、さすがインド、マイナスにマイナスをかけるとプラスになるように、理不尽×理不尽=道理という公式が成立してしまいます。


 いやインドって本当に凄いですね。



 気になった点 一部ネタバレあるかも

・最後は娘が英連邦大会で優勝して終わるわけですが、現実では世界選手でラスボス 吉田沙保里との対決&敗北があるかと思うと世の中は厳しいと思わずにいられない。

・アーミール・カーン、きっとうまくいく では肌の艶を出すため2L/日の水を飲んだり、PKではビルドアップした肉体を披露したり 肉体改造傾向の強い役者だなぁと思っていましたが、

 今作は レスリング選手並にビルドアップして登場したり、10数年後、運動しなくなってボッテリとお腹が出てしまったり、と1作中で恐らく
体重差20kgくらい増減させてます。

 
まさにボリウッドのロバートデ・ニーロ。


最近のアレコレ

最近あったアレコレについて

りゅうおうのお仕事アニメが終了しました。今期は某クソアニメが巷の話題になってましたが、私としてはこの作品に出会えたことが最大の収穫でしたね。


実のところアニメよりも原作小説が素晴らしい。何がすごいって、

 将棋のことなんか読む前も読んだ後も全くわからない私が読んでて凄く面白いのですから

 まぁよく考えたら、今までも格闘技ものを普通に楽しんでましたから、本当に面白ければ、そのジャンルについて興味がなくても面白く感じるものなのですね。いやいや。


・諸般の事情で夕食後に軽い運動をすることになりました。外を散歩したりでもいいのですが、つい先日まで寒い上に、歩くってのは運動としてあまりよくない。なので固定ローラーで自転車を漕ぐことにしました。


 思いのほか好調で漕いでいるうちに、自転車熱が再燃してきたので、こんなものを買ってしまいました。


・上記FLY6を購入していて、海外通販、というのを初めてやってみました。中々面白かったので、日本国内では中々売ってないものを探してみました。

 アメリカのアマゾンにアカウントを作成して、商品を選んで、約2週間、

 届きました。
キャップ

アイアンマン

 コンプレッション系のスポーツウェア、アメコミ柄です。

https://www.amazon.com/gp/product/B01MTQOMZA/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

家で自転車こぐ時に丁度いい。
しかしこれ、アメリカアマゾンに注文したら中国から海外郵便で届きました。グローバル化とはこういうことなんですねぇ。

・30分間ローラーをただ漕ぐ、っていうのは実のところ大変退屈です。現在はタブレットで動画を見ながらこいでるわけですが、問題は何を見るのか、ということです。

 とりあえず現状は、ネットフリックスで海外ドラマを見ています。


 


とりあえず現状は満足です。




記事検索
プロフィール

コェル

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ