自転車で痩せぬオタクブログ

 自転車が趣味のデブオタクのブログです。  自転車始めてそろそろ5年になりますが、全く痩せる気配がありません。  基本的に自転車に乗った話と映画を見た話しか書きません。  カテゴリ「スポーツ」に「自転車」がないのは何故なんだか と思ったのカテゴリを変えました。  

ベランダビオトープ(馬場民雄)と最近読んだ本

ゴーストバスターズ を見ました。



が、終盤あまりに退屈で寝てしまいました。カットされたダンスシーンがあれば避けられた事態です。製作陣には猛省を促します。

ヤングアニマル電子版にて

ベランダビオトープ が掲載されてました。

来ましたね。


ベランダビオトープがオッサンの趣味として認められる日が。

長かった。本当に長かった。思い起こせば4年前にセッティングして以来、延々とメダカとエビを相手にする毎日でした。

立ち上げ

生物投入


それはそれとして、今日姫睡蓮が花を咲かせていました。

IMG_2423[1]

 初期投入植物も いくつか亡きものになっており、自然の厳しさを思い知る毎日です。

読んだ本をいくつか

第七異世界のラダッシュ村 蝉川 夏哉


最近のラノベ一大ジャンル 現代人の主人公が異世界に行く 話です。この手のものは現代人の武器や技術、文化などを駆使してチート状態を楽しむのがどうしても多くなりがちなのですが、この小説はタイトルからわかる通り、

異世界に放り込まれた現代人(正確には違います)が、一から畑を耕したり、家を建てたりする話です。丁寧にも、現地人の協力、指導がなければとても維持できないようにできてます。まだ始まったばかりなのでこの先どうなるかわかりませんが、少し期待。

銀河英雄伝説 3 藤崎竜



 第6次イゼルローン要塞攻略が舞台です。原作で言えば外伝3巻の内容ですね。ポイントは


 ワイドボーン大活躍 です。

 こうなってくるとこの先、原作では名前しか出てこなかったキャラの活躍が期待できそうです。

ヴィンランド・サガ 18 幸村誠



 不殺を誓ったトルフィン受難の巻。つーか、不殺とは言ったけど傷つけないとは言ってない、トルフィンの暴れっぷりが凄い。

タクマとハナコ ある日夫がヅカヲタに 1  はるな檸檬



 ここ3ヶ月以内で最大のヒット(わたし的に)。宝塚オタク夫婦の楽しい日常マンガに過ぎないのだけれど、それだけでは決してない。後半の展開は凄い。

板垣退助 週刊マンガ日本史39

少し前のニュースになりますが、 喧嘩芸骨法 の 堀部正史氏 が亡くなられていたそうですね。



堀部正史氏と言えば、プロレスラーに骨法を教えたり、総合格闘技に挑戦して色々あったりした人なわけですが、大体の人は彼の姿を見たら、



骨法


という感想が第一に浮かんでくるのは間違いないでしょう。大体現代日本において髭をたくわえる、というのはそれだけで珍しい趣向の持ち主であると言えますね。で、日本史において髭と言えば

板垣退助 であることは異論の余地がないでしょう。てなわけで
百円

板垣退助 週刊マンガ日本史39 です。

P8253475

漫画は樋口大輔 ホイッスル!の人ですね。

 幕末、戊辰戦争にて活躍した土佐の乾退助(後の板垣)、
P8253477

戦後、政界に入るも、薩長中心の新政府に嫌気がさして下野、自由党を立ち上げ、全国を遊説。

P8253476

 日本全国に自由民権ブームを巻き起こします。

 にしてもアレですね。この板垣、髭成分が足りません。板垣の髭はこんな無精ひげではありません。実際の板垣は顔の輪郭が隠れるほどの髭がチャームポイントだというのに寂しい限り。どうも樋口大輔、若い男子のキャッキャウフフは描けても、髭のオッサンは描きたくないみたいですね。

 信長の時も思いましたが、朝日新聞出版局担当は狙ってるとしか思えません。

 しかし好事魔多し。遊説先で暴漢に襲われて、
P8253478

 負傷はするものの反撃します

 で、お決まりのセリフ
P8253479

 なんか私が聞いてた歴史と違うような気がしますが、これはこれで良いでしょう。


 この週刊マンガ日本史を読んだ小中学生が、
板垣退助の髭はたいしたことない とか 
襲われて反撃した、
とか思って成長するかと思うと、楽しみでしかたありません。

 

空海 週刊マンガ日本史6

 映画「剱岳 点の記」において、剱岳登頂のための下見に富山を訪れた浅野忠信の前で、立山講の案内人が、地図を指差し、口上を述べます。

 こちらが死の山、剱岳。かの弘法大師が三千足のわらじを履きつぶしても踏破できなかった山でございます。



 まぁネタバレしてしまうと、陸軍測量部の前に修験者が既に登頂していたのですがそれはさておき、このセリフから分かることとして、

 日本では、何でも弘法大師がNo.1 という事実です。

 これは他にも

 弘法筆を選ばず や

 弘法にも筆の誤り のような正反対のことわざの主役になったりすることからもわかりますね。

 てなわけで、

空海 週刊マンガ日本史6 です。

P8213472

 漫画は 箸井地図。 

 弘法大師 空海 とは何者か、ウィキで調べてみると、

平安時代初期の弘法大師(こうぼうだいし)の諡号921年醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。俗名幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお[1])。日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。

 だそうです。確かに凄い人ではありますが、何でもかんでもNo.1にされてしまう理由がよくわかりません。で限られたページ数で描くにはどうすればいいか、その答えが

P8213473

 テレビ特番風に語る。という手段にでました。インタビューという形式で空海が何をやって、何を伝えてきたかを伝えるのですが、

P8213474

 正直よくわかりませんが、なんとなくわかったような気にはなりました。

 漫画って本当に素晴らしいですね。


 週刊マンガ日本史 あと5冊。


 







 
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ