1月25日(木)『どんぐりひろば』会場のお知らせ

キョンです。

冷たい雨が降っている東京です。

さて、来週木曜日に『どんぐりひろば』郡がスタートします。
いつもは井の頭公園三角広場でおこなっておりますが、1月と2月は室内開催となります。

チラシのお知らせでは、会場が【子育てひろば〜てくてく〜】となっておりますが、井の頭公園駅から近い 【井の頭地区公民館】 の和室をおかりすることができました。

それに伴い 開始時間を10時半 からとさせていただきます。

変更点にご注意いただきまして、参加のご検討、お申込みくださいますようお願い致します。

どんぐり三期表写メ
どんぐり三期裏写メ















※『どんぐりひろば』開催日の【てくてく】は閉まっておりますのでご注意下さい。

開所日:月・火・木(但し祝日はお休み)10時〜15時
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ひとりひとりの歩幅で
 それぞれの歩みが響き合う
〜子育てひろば〜てくてく
e-mail tekutekunohara.asobo@gmail.com
担当 平川恭子
〒181-0016 東京都三鷹市深大寺1−3−3
tel 0422-26-4381 / fax 0422-26-4382
(アフタフバーバン内)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

初春の田辺!

E622B546-F6E8-429A-9D59-41CC65A828CC


北崎圭太です。
北島、竹原と共に昨日、今日と和歌山県田辺市に、
大人の講座、幼児のまるごとにんじゃ、でうかがってきました。

大人の講座では、
これまで繋がってきたたくさんの方々が、
また新しい方々と出会い、繋がる力をくれていることを感じました。

幼児の忍者では、
年長児たちに流れているステキな時間や
心の動きに胸が熱くなりました。

北島が講座の中に大人に向かって言いました。

「(とある会の)忍者開始5分前のやりとりだけで、
こんなにも子どもの躍動する命と響きあえた。それならよりたくさんの時間を子どもと共にする私たちおとなには、もっとできることがあるのではないか?」と。

もっとできることがある!
もっとやりたいことがある!
一緒にやりたい人がいる!

と、毎回のようですが、
改めて感じた田辺路でした。

カルチャーofキッズの皆様

西部エンパワーメント、天神児童館の皆様

本当にありがとうございました!

新春!ケアタウン獅子舞作り!

04A80D25-845F-4868-9CB2-DA7C66354863

北崎圭太です。

みなさま、あけましておめでとうございます!


1月13日、ケアタウン小平にて、
恒例の「獅子舞づくり」を行なってきました!

集まった人数は今年度最高人数!
たくさんのご参加がありました。

新春恒例、中川さんからの おとそ クイズに始まり、

大人たちの年末年始の出来事を五七五にして、
誰のことかを予想してタッチに行く「大人カルタ」を遊んで、

それぞれの獅子舞を作りました。

9C001CB3-E1D4-4BB5-B6EA-F64535C7B5C8
6376D459-853F-4CAD-B546-6B5E090001A3
4478CBF5-7E0E-43F9-94EA-FE6E1283DC23


作り方を親子で相談したり、
道具や材料を友達と交換したり、
そうそう全体を見渡して足りない材料を届けてくれる役になった男の子もいました。

ケアタウンのピアノの上には、
これまでの子どもたちが作った獅子舞がいくつか残っていて、
その中でも最古の部類に属する「ひもでアゴが動く仕掛けの獅子舞」を作った当時の小学生は、なんとその日、センター試験を受けていました!つまり10年前のもの!

その獅子舞の仕掛けに魅了された男の子が、
「こんなのを作りたい!」とお母さんと作成を始め、
そして早い段階で男子はお母さんに発注。
お母さんは次第に熱中。

でもうまくひもとアゴの仕掛けができなくて、他のベテランお母さんに相談…


そう、このベテランお母さんこそ、
元祖ひも付き獅子舞を作った男の子のお母さん!
息子かセンターを受けている日中、
家だとドキドキしちゃうからーと、ケアタウンに来てくれていたのです。

自分の親ではない大人と一緒に夢中で獅子舞を作る幼児。

たくさん工夫しながら、でも「こんな風にしたいけどどうしたらいい?」と大人に尋ねてくれる小学生。

相談、試行錯誤、工夫、達成…

アクティブラーニング?いえいえ、遊びです。
それを支える、歴史と温かな文化があるケアタウンの力です。

そして作った獅子舞がこちら!

85DE2E2B-D147-4140-B63C-1E5085986991
C44C4872-38A8-4A0F-B180-53D1C9DA5256
4293B0BD-AFF5-451E-8901-7506E9D5F959
3A71943C-C27F-42B8-B324-A2226CDBB1B6
EE62E89C-5DDE-4021-AFDC-3EEE874B1978
03339C5B-B526-437A-8814-0D00B4C45862


BA63974B-5A18-41BC-8F2A-58865552BA70
FB9CF1C5-E364-445B-B150-3A0CB5421D4A


もちろん時間内では終わらなくて、
持ち帰ってさらに深まる獅子舞たちもいます。

2月、この獅子舞たちとともに、
ご近所を巡ります!

【2017年12月 どんぐりひろばの報告&写真集】

_MG_7816














あけましておめでとうございます。

2018年がスタートしました。
子どもたちが未来に希望がもてる社会であってほしいと、願うばかりです。
今年もたくさんあそんで、たくさん笑って、生きる喜びを、育つ喜びを、出会う皆様と共にしていきたいとおもっております。
どうぞよろしくお願い致します。



■いろんなことを持ち越しのキョンです。
年をまたいでしまいましたが、2017年12月の『どんぐりひろば』のご報告です。

_MG_7818















12月14日(木)、空気はひんやりとしておりましたが、お日様がポカポカとあたたかい陽気の中、『どんぐりひろば』を開催することができました。

_MG_7851














_MG_7848














_MG_7884


















_MG_7864















_MG_7878













_MG_7888














_MG_7892














_MG_7887














_MG_7877
















この日のおはなしは、『もうすぐクリスマス!ツリーをかざろう♪』
ぴょんぴょん野原では、クリスマスの10日前にクリスマスツリーの点灯式が行われます。
みんなでその点灯式に参加です。
ところが・・・
(いつものことですが・・・)
なんと、ぴょんこちゃん、クリスマスツリーの飾りつけを忘れてしまっていたのです。
大変だ大変だと大騒ぎ。

でも、集まった親子のみんなは慌てません。
大丈夫大丈夫、みんなで飾ればいいんだよ〜。

子どもたちは、自分の見つけてきたものが役に立つということを、もうすっかり理解しているようでした。
おとなたちは、みんながビックリするようなものを探すぞ!と意欲満点。
_MG_8191
















_MG_7902














_MG_7905














_MG_7968














_MG_7983














_MG_8022














_MG_8001














_MG_8025














_MG_8019















クリスマスツリーを横目に、石ころに夢中の男の子も安心して、自分の気になることに夢中になっている様子が伝わってきます。
自分の気になるところにスタッフを誘ったり、見つけたものを見せてくれたり、まったく無関係でいるわけではないのです。知らせたい相手がそこにはいるのです。

飾りつけのためのセロハンテープをビーーーーーっと引っ張り出す子があらわれると、我も我もと仲間が増えていきます。
まったく使いものにならなそうな引き出されたセロハンテープを、そのままくっつけて飾りにしちゃえ!ってペタッとお母さん・・・(笑)
_MG_8030














_MG_8048














_MG_8107
















こうやって飾られたクリスマスツリーは、なんとも南国風?!!!
ずいぶんあったかい感じがするツリーになったね〜と、みんなで大笑いなのでした。
_MG_8035














_MG_8064














_MG_8086














_MG_8099
















_MG_8120














_MG_8114


















_MG_7926












_MG_7921














_MG_8129













_MG_8134














_MG_8140














_MG_8145














井の頭公園の三角広場の木たちには、物をつけることを禁止されてしまった挟・・・。
気持ちがしょげることもありました。
が、そんな中でも、できることを、みんなの表現・みんなの思いが見合えることを、目指そう!という私の気持ちに、参加親子・スタッフのみんなが思いを寄せて、力を出し合って創りあうことができた挟。
そうなったな〜と思います。

_MG_8197
















風が吹いたら倒れちゃうクリスマスツリーを、みんなで支え合うように
 子どもたちの成長を
 一人一人の思いを
 一人一人の歩みを
支え合っていきたいな〜と感じる2017年の最後なのでした。




■おまけのショット!!
_MG_8161-001














_MG_8166














_MG_8170














_MG_8171














_MG_8176














_MG_8169















_MG_8177
















■2018年最初の『どんぐりひろば』は1月25日(木)です。
会場が【井の頭公会堂の和室】となりますので、ご注意ください。

皆様のお申込みお待ちしております。

文章:平川恭子
写真:千葉知江子 



※2018年は1月9日(火)がてくてく初めとなります。

開所日:月・火・木(但し祝日はお休み)10時〜15時
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
ひとりひとりの歩幅で
 それぞれの歩みが響き合う
〜子育てひろば〜てくてく
e-mail tekutekunohara.asobo@gmail.com
担当 平川恭子
〒181-0016 東京都三鷹市深大寺1−3−3
tel 0422-26-4381 / fax 0422-26-4382
(アフタフバーバン内)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ぱくぱく12月

さとうりっちゃんです。
もぐもぐに引き続き、ぱくぱく12月のご報告です!

ぱくぱくはなんと、半年ぶりの開催でした!
というのも
8月→参加者が集まらず…断念。
10月→台風と重なり…断念。

その都度「今回は中止です」メールを送り続け、私は本当に辛かったのです。
冨士川カヨちゃんと、二人、「う〜ん」と顔を見合わせてばかり。
でも、今回は違いました!…曇りだったけど。…前の日に雨が降ってたけど。
やっとみんなに会える〜!!!!

そんな嬉しさいっぱいのぱくぱくの会でございました。

さて、今回のテーマは…。

・フランス語で「円くて薄いもの」という食べ物。
・フランスの郷土料理
・そば粉で作ってあるものが多く見られる

さぁ、わかりましたか?

「ガレット」
で、ございます。

私が子どもの頃には、「ガレット」なんて、食卓に上がったり、レストランで食べたことなんてありませんでした。皆さんはいかがですか?
本当に、海外のお料理が身近になってきているのですね。
作ってみよう!と思えるお料理との出会いに感謝です。

でも。子どもたちにとっての「ガレット」はやはりまだ身近とは言えないかもしれません。

実は、言葉としてはもう少し身近な…。
薄くて円くて空を飛んで、見つけたらかなりびっくりするものといえば…。

「UFO」!!!

今回は、スペシャルです。
なんと、地球を飛び出して、「ガレット星」のスペシャルな郷土料理「ガレット」を教えてもらおう!
ということに。

みんなでロケットに乗り、ワープして向かったガレット星。

ロケットを降りてみると。そこには。


「ガロピポガロベピリオアジフォジョrv@ン@ラjフォ@アc@」
出た!ガレット星人!

でも。ガレット星の言葉なんてわからない。。

そこへ我らがカヨちゃん!なんと通訳をしてくれました。

どうやら…

・ガレット星の大切なUFOが磁気嵐でバラバラになってしまった。
・頑張って集めようとしたけれど、体力の限界。
・どうしたらいいか困った。

と、いうことらしい。
冴えていたのがカヨちゃんの交渉力!
なんと、UFOの部品を集めて、修理する代わりにスペシャル「ガレット」の作り方を教えてもらえることになったのです。

部品を集めていくと、こんなに集まりました!

thumb_IMG_0001_1024


ぱくぱくは3歳〜6歳(未就学児)の親子対象です。
物語が始まると、すっとその世界であそびが始まる年齢。

だからこそ
「部品全部集めないと!」
(冨士川邸の庭一面にばらまいたこの部品を全て集めて部屋の中に持ってきたのですよ)
「この部品、どうやったらUFOになるの?」
のつぶやきが生まれます。そのつぶやきに大人も「面白い!」の気持ちが動きます。

この部品、どうやったらUFOになるのだろうねぇ。。
こんな風に飾ってみたら?
あら?こんな風にも飾ってみれるよ。

あらあら?いつの間にか、部品でファッションショーが始まりました。
thumb_IMG_0002_1024


thumb_IMG_0004_1024

私の頭のリボンは「もらって、りつこを」の意味。。へへ。飾ってもらったのです。かわいいでしょ。

thumb_IMG_0003_1024


そんなことをしていると。
「あのさ!これじゃUFOにならないでしょ!」
と、いうことで。。

野原に部品を集めてみると…

ぐるぐるぐるぐる〜!!!!

う、う、動いた〜!!!!!!!!!
(動画でお見せしたかった。あそびに夢中でやっぱり写真がありませぬ)


そこでもう一度「ガレット星人」を呼んでみると…
「ガロピポガロピポ! アリガトー・オレイニコノレシピヲ…」

と、カヨちゃんにテレパシーを送ると…。
ガロピコーンガロピコーン!と飛んで行きました。

さぁ!私たちも地球に帰ろう!
ワープで帰ってきた地球でいよいよ「スペシャルガレット」を作ろう!!


なんと、「スペシャルガレット」の材料は「じゃがいも」
ガレット星にもじゃがいもがあったとはびっくり。

みんなで千切りしましたよ。
手に気をつけながら。親子でそ〜っとね。
thumb_IMG_0008_1024


thumb_IMG_0009_1024


thumb_IMG_0005_1024


こんなにあっという間に千切り!びっくりだ〜!!
thumb_IMG_0006_1024


この千切りがガレットに??
そう!薄く円く焼いていきますよ。
この時、水には決して晒さないこと!
じゃがいものでんぷん質で、くっつき合います。

今回は、チーズと人参の葉っぱを入れました。
thumb_IMG_0014_1024


thumb_IMG_0015_1024


thumb_IMG_0010_1024


thumb_IMG_0011_1024


薄く焼くから、あっという間に出来上がり!

thumb_IMG_0016_1024


thumb_IMG_0013_1024


そば粉のガレットよりは固めですね。
でも、このままでも美味しかったですよ〜。

あとは、ウィンナーとかハムやチーズを挟んで食べても美味しそう!

お酒も飲みたくなる味でした。
thumb_IMG_0017_1024


あそんでいくと生まれる物語。
そして、物語の中を生きるということ。

子どもたちの「大きくなったねぇ」が溢れ出る時間でした。

実は、今回の細長い新聞紙という素材。子どもたちは破ったりするかな?とかぐしゃっとしちゃうかな?とか考えていたのです。でも、そのあそびの方向には向かなかったのです。
それは「部品」という言葉の意味を知っていて、ガレット星人にとってどれくらい大切なのか思いを馳せ、自分たちが治すんだ!という「目的意識」がしっかりあったからこそなのです。

「あそべる子」「あそべない子」と、最近は分類するような言葉を多く聞きます。
それは、大人のフィルターを通してだけなのでは?と思うことがどんどん増えます。
「参加している」とか「参加していない」とかもそうです。

でも、一人ひとりの心の動きは、その子自身にしか分からないですよね。
動いてなくても、ちょっと見た目には、フラフラしてよそを向いているように見えても。そこに「一緒にいるよ」というつなぎ役の大人が関わりを持っていたら、み〜んな参加者です。

今回も、最初は様子を見ていたり、ドキドキしたり、ハイテンションだったり、キーパーソンのような役割を突然になったり。
いろんな物語が、一人ひとり違う心の動きで生まれていました。

赤ちゃんから幼児期。この時期に獲得する感情や、言葉、表情、動きはたくさんあります。
「あそびが生まれる」ということは、その獲得した全てのものを使って、自分なりに工夫したり、発見した結果、相手と面白がる方向性が見つかっていくということなのだなぁ。と、あの時間を振り返りながら実感します。

一人ひとり違うんだ。と、いうこと。

「〜できる」から面白いのではなくて、そこに生まれる感情を一緒に「ああだ。こうだ」と言い合えるから面白い。その関わりには、大人が欠かせなくて、その大人自身もあそびの中で「面白い〜!」という感情が動いている。

久しぶりのぱくぱくの会は幼児期の表現あそびの大切さが詰まった「ぱくぱく」でした。

あ〜また来年も楽しみがいっぱいだ!!

年明けのぱくぱくは、2月12日(月・祝)です。
また来年も宜しくお願い致します〜!!

写真byまりこさん






月別アーカイブ
livedoor プロフィール
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ